パラオ基本情報 【治安・情勢編】~アルコールの購入時間にはご注意を!~

5,141

views

0

南国の小さな島国であるパラオの治安は比較的良いといわれていますが、具体的に何が良くて、何に注意すべきかなど、現地の治安に関する情報をご紹介します。

パラオの治安

親日家の多いパラオの治安は比較的良いとされています。また、コロール州では夜間外出禁止令(18歳未満で午後10時から翌6時まで)が定められています。旅行者にも適用されるため、違反した場合は拘留されることもあります。
※21歳以上の同行者がいる場合を除く。

レンタカーのトラブル

観光客が遭遇するトラブルの例として、車を返却する時に起こるレンタカー会社とのいざこざが挙げられます。返却時には必ず双方立ち合いのもとで返却手続きを行いましょう。ホテルなどにキーだけを預け、レンタカー会社が車をピックアップする場合、キズや故障がないにもかかわらず、それらがあるからと補償を促されたといった報告もあります。

レンタカートラブルの事前対策

出典: www.alamo.com

対策としては配車時に写メなどで車の全体写真を撮影しておくと、万が一に備えられます。また、相手に一筋縄ではいかない人間であるとイメージづけることもできます。

薬物・麻薬について

パラオでは薬物や麻薬は違法です。現地の人の中にはマリファナなどを軽視する人もいるので、たとえ現地で仲良くなった人が誘ってきたとしても軽はずみな行動は避けましょう。

分別ある行動を!

いくら治安の安定しているパラオでも、100%安全という保障はありません。薬物中毒者や酔っ払いによる事件、空き巣被害、放火、殺傷事件なども起こっています。旅行者の対策としては、夜道や人通りの少ない場所へは行かないことです。
※パラオ人の中には血の気も多い人もいて、泥酔状態での暴力事件も少なくありません。

夜間の行動は要注意!

治安の良いパラオでも、夜はどこに危険が潜んでいるかわかりません。夜間に外出する場合は必ず車で移動してください。タクシー利用の場合でも、女性一人でのタクシー利用は避けるのが無難です。

滞在中は少額の現金で行動

パラオ滞在中は、ショッピングや観光、食事以外の場所(ダイビングや無人島ツアーなど)では、必要最低限の現金のみを持参して、貴重品はすべてホテルのセキュリティーボックスへ預けることをおすすめします。盗難よりも紛失の可能性が高く、そうした場所では現金はドリンクやスナックなどの少額で済むからです。立ち寄る場所で必ず何か買うという方も、できるだけ大金は持ち歩かないようにしましょう。

旅行中に気を付けることリスト

・パラオには州によって旅行者立ち入り禁止エリアがあるので従う。
・写真撮影禁止場所や規制場所は看板などでチェック。
・タクシー運転手や若者が闇ルートを利用してマリファナの売買をしているので、誘われてもはっきり「NO」と断る。
・現地の人が多く集まるクラブや波止場では自分の行動に責任を持ちましょう

お酒は屋内で

パラオでは屋内での飲酒が習慣となっています。外国人も現地の習慣に従いましょう。
販売時間外のアルコール類の購入は罰金が科せられるので要注意です。
・ストアーの販売時間:07:00~24:00
・ナイトクラブの販売時間:月~金曜日(16:00~翌2:00)/金~土曜日・祝日前日(16:00~翌4:00)

さいごに

パラオは自然も美しく、親日家も多い平和な国です。旅行中は慢心せずに、最低限注意すべきことを守って行動するように心掛けましょう。

Lindos77

沖縄でウェブライターとしてストレスフリーな生活を満喫しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事