サイパン旅行で活用したい4つの移動手段まとめ

7,555

views

0

手軽なビーチリゾートとして人気のサイパン島。島の面積は約185平方キロメートル。日本で例えると、瀬戸内海に位置する小豆島と同じ大きさというコンパクトな島です。滞在中に気になるのは島の移動手段。そこで今回はサイパン滞在中の移動手段を4つご紹介します。

タクシー(Taxi)

ハワイやグアムならホテル街がダウンタウンというところも多いのですが、サイパンのホテルは、大自然でのリゾートを満喫してもらうため、郊外にあるというところも多いのです。また、空港からホテルへの公共バスもないので、個人旅行の場合、空港からホテルの移動でまずはタクシーということもあります。

海外でタクシーというと不安になる方もいるかもしれませんが、サイパンのタクシーは流しのようなものはなく、空港やショッピングセンターなどの決まった場所でしか乗客を乗せることができません。

また、車内には日本と同様に政府公認の身分証明書が掲げられています。初乗りは2.5ドルで、約400mごとに75セントが加算されます。降車の際には、料金の10%程度のチップをお忘れなく。

シャトルバス(Shuttle bus)

DFSギャラリアエクスプレス(DFS-galleria Express)

サイパンには公共バスがありませんが、2種類のシャトルバスが運行しています。まず一つ目は朝10時から夜7時半まで運行する「DFSギャラリアエクスプレス」。DFSギャラリアサイパンを起点とする無料のシャトルバスで、往復約50分をかけて市内の主要ホテルを回ります。

イブニングショッピングシャトル(Evening Shopping Shuttle)

午後5時から10時半までの夜間に運行するのが「イブニングショッピングシャトル」。DFSギャラリアエクスプレス同様にDFSギャラリアサイパンから出発するシャトルバスです。こちらのシャトルバスは、一回券5ドル、1週間フリーパス10ドルと有料になりますが、サイパンのナイトタイムを楽しむための便利な交通手段になります。

ツアーバス(Tour Bus)

サイパン島を効率よく観光するなら、オプショナルツアーのバス観光を利用するのもおすすめです。こちらのユニークな形の「サイパンだバス」では、サイパンの観光名所を日本語ガイドと共に回れるツアーを敢行しています。

第二次世界大戦中は多くの日本人が派遣され命を落としたサイパンの地。ガイドツアーではサイパンと日本にまつわる深い歴史を知ることができます。

レンタカー(car‐rental)

そんなに広くないサイパン島。気ままに旅をするならレンタカーを借りるというのもおすすめです。空港や主要ホテルにはレンタカーの窓口が設けられていますから、日本で予約をしておけばスムーズに車を借りることができます。

サイパンでは、30日以内であれば日本の運転免許証で運転をすることができます。サイパンの車は左ハンドルで右側走行。慣れるまでは怖いかもしれませんが、道が広く運転しやすいのでそんなに心配する必要はありません。

サイパン島は半日もあれば島内をぐるりと一周することが可能です。レンタカーなら時間に追われることもなくゆっくりとドライブを楽しむことができますよ。

サイパン旅行に使える4つの移動手段をご紹介しました。安価なシャトルバスに政府公認のドライバーが運転するタクシー、効率よく観光ができるツアーバスに気ままなレンタカー。お好みの移動手段でサイパン旅行を楽しんでくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • サイパン旅行で活用したい4つの移動手段まとめ

    手軽なビーチリゾートとして人気のサイパン島。島の面積は約185平方キロメートル。日本で例えると、瀬戸内海に位置する小豆島と同じ大きさというコンパクトな島です。滞在中に気になるのは島の移動手段。そこで今回はサイパン滞在中の移動手段を4つご紹介します。

  • サイパンの伝統料理「チャモロ料理」人気レストランおすすめ2選

    サイパンに行ったらぜひ食べたいのがチャモロ料理。国際色豊かな食事が楽しめるサイパンですが、もともとは先住民チャモロ人に継承されてきた地元の料理があります。今回はサイパンが初めての方でも安心して訪れることのできる、おすすめレストランを2つご紹介します。

  • サイパンを満喫!繁華街ガラパンの知っておきたい基本情報

    サイパンは、日本から直行便を使えば約3時間で行ける常夏の島。日本からの観光客が多く、大変人気のスポットです。観光の拠点となるのがサイパン随一の繁華街である「ガラパン」。今回はガラパンでの過ごし方について詳しくご紹介します!

このエリアの新着記事
  • サイパンでおすすめのアクティビティ4選!思いっきり海遊びし...

    サイパンと聞いてイメージするのはやはり青い海と白い砂浜が広がる南の楽園。マリンアクティビティをするために存在する場所といっても過言ではありません。そこで、日本から3時間半の常夏、サイパンの海を思い切り満喫できるオススメのアクティビティを4つご紹介します。

  • サイパン発マニャガハ島レンタルアイテムリスト!マリンスポ...

    サイパン島の沖にあるマニャガハ島は美しい自然が残された無人島です。透明度の高い海に囲まれたマニャガハ島を訪れるなら、マリンスポーツを楽しむのがおすすめ。マニャガハ島ではマリンスポーツに必要なアイテムがレンタル出来ます。どんなアイテムがレンタルできるのか知っておけばお手軽旅行が出来ますよ!

  • サイパン旅行を楽しむ6つのポイント!人気リゾート地を徹底的...

    人気のリゾート地サイパン。サイパンに旅行に行くならぜひプランに組み込んでほしいポイントがあります。サイパンを思いっきり楽しむために、ぜひポイントをおさえてスケジュールを立ててみてください。

  • サイパンで人気のダイビングスポット5選!透明度抜群のスポッ...

    自然が多く、海がきれいなサイパンには魅力的なダイビングスポットがたくさんあります。ダイビングツアーや現地のダイビングショップも充実しており、ダイビングを楽しみたい人にはうってつけ!今回は数多くあるサイパンのダイビングスポットの中から、特にオススメしたいダイビングスポットを5カ所ご紹介します。

  • 現地で困らない!サイパン旅行前に知っておきたい基本情報

    サイパンへの旅行を決めたら、知っておきたいのが現地の基本情報。通貨や服装などの基本中の基本からチップの習慣など、知っておくと便利な情報をご紹介します。海外で快適に過ごすためには事前の下調べは必須。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • サイパンおすすめホテル4選!ファミリー向けの島南部のステイ先♪

    サイパン島南部に位置するススペ地区には大型リゾートホテルが数多く在ります。ススペ地区には観光客向けのお店が少なく、サイパン1番の繁華街ガラパン地区までは車で約10分と徒歩圏内ではありませんが、静かにゆっくりとホテルライフを満喫したい方にはオススメです☆今回はそんな島南部にあるファミリーにおすすめのリゾートホテルを4軒ご紹介します!

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • 北マリアナ諸島基本情報 【気候・服装編】

    北マリアナ諸島というとピンとこないかもしれませんが、日本からも多くの観光客が訪れるサイパンがある場所です。素朴でのんびりとした雰囲気が漂うサイパンのほか、ダイバーに人気のロタ島、テニアン島など、北マリアナ諸島には魅力たたくさん!本記事ではそんな北マリアナ諸島の気候や服装について紹介しましょう。

  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

このエリアの人気記事
新着記事