サイパンでおすすめのアクティビティ4選!思いっきり海遊びしよう

1,671

views

0

サイパンと聞いてイメージするのはやはり青い海と白い砂浜が広がる南の楽園。マリンアクティビティをするために存在する場所といっても過言ではありません。そこで、日本から3時間半の常夏、サイパンの海を思い切り満喫できるオススメのアクティビティを4つご紹介します。

1.ウェイクボード(Wake Board)

ウェイクボードとは、ハンドルにつかまりモーターボートに引っ張られて、水面を滑るマリンスポーツ。簡単にいうと水上スキーとサーフィンが合体したようなものです。初心者は陸上で15分程度の練習をしてから、いざ体験。上級者になるとジャンプやスラロームという大技を繰り出すことも可能です。

ウェイクボードに挑む際の服装は、水着だけで十分。日焼け対策に速乾性のTシャツやハーフパンツを着用する人も多数。冷えが気になる人はウェットスーツでも大丈夫です。ウェイクボードは速度が速く、落水することも多いので、安全のためにライフジャケットとヘルメットを着用することもあります。

ウェイクボードを体験する際の必需品は、海水浴同様、タオル、防寒着、ビーチ用サンダル、日焼け止め、飲み物です。

2. シュノーケリング(Snorkeling)

シュノーケリングとは、シュノーケル、マスク、フィンの3点セットを着けて、水面に浮かび、水中の観察をして楽しむアクティビティです。ライセンス、重くて複雑な機材、体験料が不要であるため、誰でも気軽にそして安全に、透き通った海で泳ぐトロピカルな魚の姿を堪能することができます。

シュノーケリングは体の冷えや日焼けの防止に、ウェットスーツまたはラッシュガードを水着の上に着るのが一般的。寒がりの人は中にホットカプセルやエアースキンと呼ばれるインナーウェアを着用しても良いでしょう。
必需品は水着と基本3点セットのシュノーケル、マスク、フィン。そして寒さやケガから身を守るため、ウェットスーツ、ラッシュガード、グローブやマリンシューズまたはシュノーケリング用のシューズがあると良いでしょう。

3. ボードセイリング(Bard Sailing)

ボードセイリング、別名ウィンドサーフィンとは、大型のサーフボードに帆を張り、風を受け、体重移動で進む、サーフィンとヨットを足して2で割ったようなスポーツです。波が無くても楽しめるのが特徴です。

服装は夏場は水着だけでも大丈夫ですが、それ以外の季節そして泳ぎに不安のある方は、水着の上にウェットスーツを着ることをオススメします。またライフジャケットやマリンシューズも事故やケガの防止に役立ちます。
必需品は水着、ビーチサンダル、日焼け止めやタオルなど海水浴同様の準備をすれば十分です。

4. 水上バイク(Personal Water Craft)

水上バイクとは、その名の通り、水上のバイク。特殊小型船舶の一種で、ハンドルバーを操作しながら、体重移動を用いて操縦し、水面を走ります。乗車人数は1人乗りの立ち乗りタイプ、2人、4人乗りの座って乗るタイプがあり、ダイナミックな走りで、スピードや景色を楽しみ、爽快感を味わうことができます。

風を受けて走るので、寒さ対策のために水着の上にウェットスーツを着用するのが一般的ですが、暑い夏であればラッシュガードでも大丈夫です。またライフジャケットは必需品です。できればマリンシューズも用意した方が良いでしょう。

体験できる場所は?

サイパンでマリンアクティビティを楽しめるスポットは多数あります。そして上記の人気アクティビティ体験をサポートしてくれるショップの数も多く迷ってしまいます。

その中でもオススメはサイパン島に属する無人島、マニャガハ島です。マニャガハ島は周囲1.5キロメートルの国立公園で、白い砂浜、透明な海、豊富な自然が魅力の世界屈指の美しさを誇る島です。

マニャガハ島において上記で紹介したマリンアクティビティに島までの送迎が付いたプランを申し込むなら、スーパーフィッシュダイビングサイパン(Super Fish Diving Saipan)がオススメ。上記4つのアクティビティ全てを網羅しているだけではなく、バナナボートやパラセーリング、ダイビングのプランも。もちろん各種組み合わせてもOKなので、思い切りマニャガハ島を満喫できますよ。

まとめ

いかがでしたか?サイパンの綺麗な海を満喫するなら、断然マリンアクティビティがオススメです。降り注ぐ太陽の下、思い切り体を動かして楽しんでみてはいかがでしょうか?

スーパーフィッシュダイビングサイパン (Super Fish Diving Saipan)
住所:
Unived Front Co., Ltd. PO Box 10003 PMB1222, Saipan MP96950-8903
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
+1-1-670-323-7772
定休日:
なし
料金:
ウェイクボード:35~50ドル、シュノーケリング:35~100ドル、ボードセイリング:43ドル、水上バイク:40ドル
アクセス :
サイパン国際空港から車で約10分
umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパン旅行で活用したい4つの移動手段まとめ

    手軽なビーチリゾートとして人気のサイパン島。島の面積は約185平方キロメートル。日本で例えると、瀬戸内海に位置する小豆島と同じ大きさというコンパクトな島です。滞在中に気になるのは島の移動手段。そこで今回はサイパン滞在中の移動手段を4つご紹介します。

  • サイパンの伝統料理「チャモロ料理」人気レストランおすすめ2選

    サイパンに行ったらぜひ食べたいのがチャモロ料理。国際色豊かな食事が楽しめるサイパンですが、もともとは先住民チャモロ人に継承されてきた地元の料理があります。今回はサイパンが初めての方でも安心して訪れることのできる、おすすめレストランを2つご紹介します。

  • サイパンを満喫!繁華街ガラパンの知っておきたい基本情報

    サイパンは、日本から直行便を使えば約3時間で行ける常夏の島。日本からの観光客が多く、大変人気のスポットです。観光の拠点となるのがサイパン随一の繁華街である「ガラパン」。今回はガラパンでの過ごし方について詳しくご紹介します!

このエリアの新着記事
  • サイパン発マニャガハ島レンタルアイテムリスト!マリンスポ...

    サイパン島の沖にあるマニャガハ島は美しい自然が残された無人島です。透明度の高い海に囲まれたマニャガハ島を訪れるなら、マリンスポーツを楽しむのがおすすめ。マニャガハ島ではマリンスポーツに必要なアイテムがレンタル出来ます。どんなアイテムがレンタルできるのか知っておけばお手軽旅行が出来ますよ!

  • サイパン旅行を楽しむ6つのポイント!人気リゾート地を徹底的...

    人気のリゾート地サイパン。サイパンに旅行に行くならぜひプランに組み込んでほしいポイントがあります。サイパンを思いっきり楽しむために、ぜひポイントをおさえてスケジュールを立ててみてください。

  • サイパンで人気のダイビングスポット5選!透明度抜群のスポッ...

    自然が多く、海がきれいなサイパンには魅力的なダイビングスポットがたくさんあります。ダイビングツアーや現地のダイビングショップも充実しており、ダイビングを楽しみたい人にはうってつけ!今回は数多くあるサイパンのダイビングスポットの中から、特にオススメしたいダイビングスポットを5カ所ご紹介します。

  • 現地で困らない!サイパン旅行前に知っておきたい基本情報

    サイパンへの旅行を決めたら、知っておきたいのが現地の基本情報。通貨や服装などの基本中の基本からチップの習慣など、知っておくと便利な情報をご紹介します。海外で快適に過ごすためには事前の下調べは必須。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • サイパンおすすめホテル4選!ファミリー向けの島南部のステイ先♪

    サイパン島南部に位置するススペ地区には大型リゾートホテルが数多く在ります。ススペ地区には観光客向けのお店が少なく、サイパン1番の繁華街ガラパン地区までは車で約10分と徒歩圏内ではありませんが、静かにゆっくりとホテルライフを満喫したい方にはオススメです☆今回はそんな島南部にあるファミリーにおすすめのリゾートホテルを4軒ご紹介します!

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • 北マリアナ諸島基本情報 【気候・服装編】

    北マリアナ諸島というとピンとこないかもしれませんが、日本からも多くの観光客が訪れるサイパンがある場所です。素朴でのんびりとした雰囲気が漂うサイパンのほか、ダイバーに人気のロタ島、テニアン島など、北マリアナ諸島には魅力たたくさん!本記事ではそんな北マリアナ諸島の気候や服装について紹介しましょう。

  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパンダイビングで出会うカラフルな魚たち!ダイバー憧れ...

    ダイバーが憧れる美しい海に囲まれたサイパン。サイパンの海ではカラフルでかわいい魚、珍しい魚に出会えます。今回はサイパンの海で出会える魚をまとめました。海の中のチャンスを見逃さないためにもサイパンダイビング前に要チェック!

このエリアの人気記事