サイパンのウォーターパーク「ウェーブ・ジャングル」 人気アトラクション5選

3,906

views

0

日本から飛行機で3時間半と比較的短時間で行けるトロピカル・リゾート・アイランドのサイパン。そのサイパンにある「ウェーブ・ジャングル」は、ポリネシア最大のウォーター・パークです。今回は、訪れた人が大満足するこの人気の施設をご紹介します。

1. ウェーブ・ジャングルとは

サイパンで最高にホットなスポットをご紹介します。

それはウェーブ・ジャングル。
サイパン・ワールド・リゾート・ホテルに併設されたミクロネシア最大級のウォーター・パークです。

ここにはテーマごとに趣向を凝らした7種類のプールとエキサイティングな4種類のスライダーがあり、一日遊んでも飽きません。

またプール横にある海ワールド・ビーチでは、道具の無料貸出しもあってシュノーケリングや、シーカヤック、ペダルボートなどが楽しめます。

もちろん食事や休息のためのスペースも充実していて、小さな子供から大人まで一日楽しめますよ。

それでは、ウェーブ・ジャングルの人気のアトラクションをご紹介します。

2. アマゾン・リバー Amazon River

流れるプールはわりとどこにでもありますが、ここのプールは一味違います。
アマゾン・リバー…テーマはもちろんアマゾンのジャングル・リバーの探検。

口から水を吹き出す大きなマスクがあるアマゾン・エリアからスタートです。
浮き輪やボートに乗ってプカプカと浮きながら流れて行く途中、噴水のアタック!

真っ青なサイパンの空を眺めながらさらに流れて行くと…

突然北極エリアに突入!

雪だるまやペンギンさんの前を通り過ぎたら…

日光浴をするシロクマさんのお出迎えです。

なんとなく涼し気ですね。

3. ウェーブ・プール Wave Pool

ウェーブ・プールは波が起こるプール。
船の汽笛は波がやって来る合図です。さあ浮き輪を持ってプールに入りましょう。

最初は小さな穏やかな波からスタート。

波は徐々に大きくなっていきます。
勇気のある人は最前列の最大で2mの波が来るところまで行ってみましょう。
上下に揺れる感覚はけっこうやみつきになりますよ。

4. キッズ・プール Aqua Adventure

てっぺんの象が目印のキッズ・プールは子供向けプールだから大したことがないなんて侮ることなかれ。

ここにはいろいろな仕掛けが施されています。

一番子供たちが興奮するのが、てっぺんの象が起こす仕掛け。
一気にバケツがひっくり返されそこら中に大洪水のようなシャワーが。

その他にもきのこのシャワーや、ジャングル・ジムの仕掛けなど、お子さんと一緒に探してみると面白いですよ。

またスライダー・ゾーンのスライダーが身長制限のため遊べない、小さな子供用の滑り台とチューブ・スライダーがここにはありますよ。

5. スライダー・ゾーン Slider zone

マスター・ブラスター Mater Blaster

スライダー・ゾーンの一番人気はこれ!
マスター・ブラスターという超過激アトラクションです。

全長なんと286m!専用のフロートに乗っていきなり真っ逆さまに落ちていったと思ったら今度はコースを上がっていくというなんとも変わったスライダーです。もちろんジェット水流の力でかなりのスピードが出ますよ。

絶叫マシン好きな人はぜひチャレンジを。

なおこのゾーンの全てのスライダーは身長が120cmに満たない人は利用できません。
子供連れの方はご注意ください。

ブラック・ホール Black Hole

スリリングな点では、マスター・ブラスターに劣らないのがこのブラック・ホールというアトラクションです。

このアトラクションは3段仕立てとなっています。
まず上からチューブ・スライダーで加速しながら滑ってくると、いきなりルーレットのようなところに放り出されて円を描きながら滑り落ちていき…

真ん中の穴からプールにドボーン。

楽しそうですね。

ウェーブ・ジャングル (Wave Jungle)
住所:
P.O.BOX500066, SAIPAN MP. 96950
※点検の為12:
00~13:00各スライダーとウェイブプール、15:30~16:00の各スライダーの使用はできません
料金:
1日ウェーブジャングル&ランチビュッフェ 12歳以上 $85、6~11歳 $60
1日ウェーブジャングル食事なし 12歳以上 $60、 6~11歳 $42
定休日:
なし
電話番号:
+1-670-234-5900
アクセス:
サイパン国際空港から車で10分、一部ホテルへの送迎あり
lyrica

趣味はマリンスポーツと海外マラソン参戦。秘かに世界中の海の制覇を目論むバイリンガル主婦です。海外アクティビティ系の情報を中心にわくわくする記事をお届けします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • サイパンの伝統料理「チャモロ料理」人気レストランおすすめ2選

    サイパンに行ったらぜひ食べたいのがチャモロ料理。国際色豊かな食事が楽しめるサイパンですが、もともとは先住民チャモロ人に継承されてきた地元の料理があります。今回はサイパンが初めての方でも安心して訪れることのできる、おすすめレストランを2つご紹介します。

  • サイパンを満喫!繁華街ガラパンの知っておきたい基本情報

    サイパンは、日本から直行便を使えば約3時間で行ける常夏の島。日本からの観光客が多く、大変人気のスポットです。観光の拠点となるのがサイパン随一の繁華街である「ガラパン」。今回はガラパンでの過ごし方について詳しくご紹介します!

  • サイパン旅行で活用したい4つの移動手段まとめ

    手軽なビーチリゾートとして人気のサイパン島。島の面積は約185平方キロメートル。日本で例えると、瀬戸内海に位置する小豆島と同じ大きさというコンパクトな島です。滞在中に気になるのは島の移動手段。そこで今回はサイパン滞在中の移動手段を4つご紹介します。

このエリアの新着記事
  • サイパンでおすすめのアクティビティ4選!思いっきり海遊びし...

    サイパンと聞いてイメージするのはやはり青い海と白い砂浜が広がる南の楽園。マリンアクティビティをするために存在する場所といっても過言ではありません。そこで、日本から3時間半の常夏、サイパンの海を思い切り満喫できるオススメのアクティビティを4つご紹介します。

  • サイパン発マニャガハ島レンタルアイテムリスト!マリンスポ...

    サイパン島の沖にあるマニャガハ島は美しい自然が残された無人島です。透明度の高い海に囲まれたマニャガハ島を訪れるなら、マリンスポーツを楽しむのがおすすめ。マニャガハ島ではマリンスポーツに必要なアイテムがレンタル出来ます。どんなアイテムがレンタルできるのか知っておけばお手軽旅行が出来ますよ!

  • サイパン旅行を楽しむ6つのポイント!人気リゾート地を徹底的...

    人気のリゾート地サイパン。サイパンに旅行に行くならぜひプランに組み込んでほしいポイントがあります。サイパンを思いっきり楽しむために、ぜひポイントをおさえてスケジュールを立ててみてください。

  • サイパンで人気のダイビングスポット5選!透明度抜群のスポッ...

    自然が多く、海がきれいなサイパンには魅力的なダイビングスポットがたくさんあります。ダイビングツアーや現地のダイビングショップも充実しており、ダイビングを楽しみたい人にはうってつけ!今回は数多くあるサイパンのダイビングスポットの中から、特にオススメしたいダイビングスポットを5カ所ご紹介します。

  • 現地で困らない!サイパン旅行前に知っておきたい基本情報

    サイパンへの旅行を決めたら、知っておきたいのが現地の基本情報。通貨や服装などの基本中の基本からチップの習慣など、知っておくと便利な情報をご紹介します。海外で快適に過ごすためには事前の下調べは必須。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • サイパンおすすめホテル4選!ファミリー向けの島南部のステイ先♪

    サイパン島南部に位置するススペ地区には大型リゾートホテルが数多く在ります。ススペ地区には観光客向けのお店が少なく、サイパン1番の繁華街ガラパン地区までは車で約10分と徒歩圏内ではありませんが、静かにゆっくりとホテルライフを満喫したい方にはオススメです☆今回はそんな島南部にあるファミリーにおすすめのリゾートホテルを4軒ご紹介します!

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • 北マリアナ諸島基本情報 【気候・服装編】

    北マリアナ諸島というとピンとこないかもしれませんが、日本からも多くの観光客が訪れるサイパンがある場所です。素朴でのんびりとした雰囲気が漂うサイパンのほか、ダイバーに人気のロタ島、テニアン島など、北マリアナ諸島には魅力たたくさん!本記事ではそんな北マリアナ諸島の気候や服装について紹介しましょう。

  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

このエリアの人気記事
新着記事