サイパンでおすすめの水着ショップ3選!現地調達ならきっと見つかるお気に入り♡

5,409

views

0

サイパンは一年中、海水浴が楽しめる常夏の島。そのため、島内のショップでは水着やビーチアイテムがいつでも豊富に揃っています。日本ではシーズンオフに水着を調達するのはなかなか大変。だったら、サイパンでサイパンらしい水着を選んでみませんか?今回は、そんな水着選びにおすすめのショップをご紹介します。

ホテルの1階で楽々お買い物♪ブティキ(Boutiki)

ホテル、パシフィック・アイランド・クラブ・サイパン(PICサイパン)の1階にあるショップがブティキ(Boutiki)です。ホテルの1階という、宿泊客にとってはこれ以上ない場所が魅力。水着だけでなく、日用品など何でも揃うコンビニエンスストアのようなお店です。

ビーチに似合いそうな水着やウェアがたくさん!どれにしようか迷ってしまいます。滞在中は毎日でも通えるのが嬉しいですね。

ホテルのロゴが入ったオリジナルグッズもあります。こちらはラッシュガード。ロゴがいかにも、という感じではなく、さりげないのがおしゃれ。これなら帰国してからも長く使えそうです。オリジナルTシャツなども種類豊富なので、ぜひ見てみてください。

ブティキ (Bputiki)
住所:
Beach Rd, Afetna, Saipan 96950
営業時間:
8:00~10:00
アクセス:
サイパン国際空港より車で10分、パシフィック・アイランド・クラブ・サイパン内
定休日:
なし
電話番号:
234-7976(PICフロント)

オリジナルデザインの水着が買える!ロコ・ブティック(Loco Boutique)

本社はハワイにあるレディスウェア専門店ロコ・ブティック。日本の雑誌などでもたびたび紹介される、オリジナルデザインの水着が大人気のショップです。圧倒的な品揃えを誇り、サイパンの店舗でも水着を中心に2000着以上のウェアがあるというから驚き!きっとお気に入りの1着が見つかるはずです。

ロコ・ブティックでは、上下別々に水着を買うことができます。自由に組み合わせができるので、パターンは無限大!まるで洋服のようにコーディネートを楽しむことができますよ。

南国サイパンでは、水着は何枚あっても困らないもの。日本のビーチでは勇気が必要な、ちょっと大胆な水着にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。ロコガールになりきって、おしゃれにきめてみてはいかがでしょうか?

ロコ・ブティック・サイパン (Loco Boutique Saipan)
住所:
Hafa Adai Shopping Center Beach Road, Garapan Saipan, MP 96950
営業時間:
10:00~22:00
アクセス:
ガラパン「Tギャラリア・サイパン」より徒歩1分、ハファダイショッピングセンター内
定休日:
なし
電話番号:
670-233-5581

ストリート系におすすめ!ボーダーライン(Boarder Line)

ディーシーやエレメンツ、フォックスなど、ストリート系ブランドが揃うショップがボーダーライン。地元の若者たちにも人気のおしゃれなお店です。カジュアルウェア、水着などの他に、スケートボード、サーフアイテムも豊富に取り扱っているのが特徴です。

サイパンの海でもかっこよくストリート系に決めたい方は、ぜひ一度足を運んでみてください。取り扱いブランド数も多いので、シックなアイテムからカラフルでポップなアイテムまで、好みに合ったデザインのウェアがきっと見つかるはずです。

メンズ、レディース両方あるので、カップルで行くのもおすすめのお店です。お互いに相手のウェアを選んであげるのも楽しいですよ。

ボーダーライン (Boader Line)
住所:
Hafa Adai Shopping Center Beach Road, Garapan Saipan
営業時間:
10:00~22:00
アクセス:
「Tギャラリア・サイパン」より徒歩1分、ハファダイショッピングセンター内
定休日:
なし
電話番号:
233-7588

おわりに

いかがでしたか?サイパンには水着が買えるスポットがたくさんあります。もともと持っていたとしても、もう1着欲しくなってしまうに違いありません。現地調達した水着は、やはりその土地の空気にぴったりマッチするもの。これからサイパンに行く方は、無理に日本で用意していかなくて大丈夫!ぜひサイパンで素敵な水着を見つけてみてください。

tanakana

出かけることが大好きです。特に神社が好きで、旅先では神社巡りがメインになることもしばしば。あとは美味しいものがあれば言うことなし♪
これから行きたい気になるスポットや旅先の素敵な景色、「楽しかった」、「美味しかった」体験を少しずつ紹介していきたいと思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • サイパン旅行で活用したい4つの移動手段まとめ

    手軽なビーチリゾートとして人気のサイパン島。島の面積は約185平方キロメートル。日本で例えると、瀬戸内海に位置する小豆島と同じ大きさというコンパクトな島です。滞在中に気になるのは島の移動手段。そこで今回はサイパン滞在中の移動手段を4つご紹介します。

  • サイパンの伝統料理「チャモロ料理」人気レストランおすすめ2選

    サイパンに行ったらぜひ食べたいのがチャモロ料理。国際色豊かな食事が楽しめるサイパンですが、もともとは先住民チャモロ人に継承されてきた地元の料理があります。今回はサイパンが初めての方でも安心して訪れることのできる、おすすめレストランを2つご紹介します。

  • サイパンを満喫!繁華街ガラパンの知っておきたい基本情報

    サイパンは、日本から直行便を使えば約3時間で行ける常夏の島。日本からの観光客が多く、大変人気のスポットです。観光の拠点となるのがサイパン随一の繁華街である「ガラパン」。今回はガラパンでの過ごし方について詳しくご紹介します!

このエリアの新着記事
  • サイパンでおすすめのアクティビティ4選!思いっきり海遊びし...

    サイパンと聞いてイメージするのはやはり青い海と白い砂浜が広がる南の楽園。マリンアクティビティをするために存在する場所といっても過言ではありません。そこで、日本から3時間半の常夏、サイパンの海を思い切り満喫できるオススメのアクティビティを4つご紹介します。

  • サイパン発マニャガハ島レンタルアイテムリスト!マリンスポ...

    サイパン島の沖にあるマニャガハ島は美しい自然が残された無人島です。透明度の高い海に囲まれたマニャガハ島を訪れるなら、マリンスポーツを楽しむのがおすすめ。マニャガハ島ではマリンスポーツに必要なアイテムがレンタル出来ます。どんなアイテムがレンタルできるのか知っておけばお手軽旅行が出来ますよ!

  • サイパン旅行を楽しむ6つのポイント!人気リゾート地を徹底的...

    人気のリゾート地サイパン。サイパンに旅行に行くならぜひプランに組み込んでほしいポイントがあります。サイパンを思いっきり楽しむために、ぜひポイントをおさえてスケジュールを立ててみてください。

  • サイパンで人気のダイビングスポット5選!透明度抜群のスポッ...

    自然が多く、海がきれいなサイパンには魅力的なダイビングスポットがたくさんあります。ダイビングツアーや現地のダイビングショップも充実しており、ダイビングを楽しみたい人にはうってつけ!今回は数多くあるサイパンのダイビングスポットの中から、特にオススメしたいダイビングスポットを5カ所ご紹介します。

  • 現地で困らない!サイパン旅行前に知っておきたい基本情報

    サイパンへの旅行を決めたら、知っておきたいのが現地の基本情報。通貨や服装などの基本中の基本からチップの習慣など、知っておくと便利な情報をご紹介します。海外で快適に過ごすためには事前の下調べは必須。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • サイパンおすすめホテル4選!ファミリー向けの島南部のステイ先♪

    サイパン島南部に位置するススペ地区には大型リゾートホテルが数多く在ります。ススペ地区には観光客向けのお店が少なく、サイパン1番の繁華街ガラパン地区までは車で約10分と徒歩圏内ではありませんが、静かにゆっくりとホテルライフを満喫したい方にはオススメです☆今回はそんな島南部にあるファミリーにおすすめのリゾートホテルを4軒ご紹介します!

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • 北マリアナ諸島基本情報 【気候・服装編】

    北マリアナ諸島というとピンとこないかもしれませんが、日本からも多くの観光客が訪れるサイパンがある場所です。素朴でのんびりとした雰囲気が漂うサイパンのほか、ダイバーに人気のロタ島、テニアン島など、北マリアナ諸島には魅力たたくさん!本記事ではそんな北マリアナ諸島の気候や服装について紹介しましょう。

  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

このエリアの人気記事
新着記事