サイパン発マニャガハ島レンタルアイテムリスト!マリンスポーツを楽しむアナタ向け

2,615

views

0

サイパン島の沖にあるマニャガハ島は美しい自然が残された無人島です。透明度の高い海に囲まれたマニャガハ島を訪れるなら、マリンスポーツを楽しむのがおすすめ。マニャガハ島ではマリンスポーツに必要なアイテムがレンタル出来ます。どんなアイテムがレンタルできるのか知っておけばお手軽旅行が出来ますよ!

南の島ならではのアイテム!ビーチパラソル&チェア(beach umbrella&chair)

海で長時間過ごすときに欠かせないビーチパラソル&チェア。透き通った美しい海を眺めながら読書をしたり、ランチを食べたりするときに必要になるビーチパラソル&チェアが借りられるのは嬉しいですね。ターシセットを借りたいと言えば、ビーチパラソル1本とチェアが2つ、$55で借りられます。

泳げない人でも安心!浮き輪(swimming ring)

海で遊ぶときに欠かせない浮き輪も借りられます。大・中・小の3つの大きさの浮き輪がありますので、子どもにぴったりのサイズも見つかるはず。浮き輪は膨らませるのも大変ですから、現地で膨らませた状態の浮き輪が借りられるのは助かりますね。浮き輪のレンタル料金は$5~。

人気アクティビティのアクアボード(aqua board)

出典: www.x-trip.jp

色々なメディアで紹介されてから人気急上昇中のアクアボード。なかなか難易度が高いアクティビティですが、トレンドのアクティビティはぜひ体験してみたいですね。アクアボードのレンタル料は$20~と意外とリーズナブル。レクチャーしてもらえばすぐに立てるようになるかも⁉

南の島でもぜひやりたいボディボード(body board)

サイパンの海は波が穏やかなことで有名ですが、ボディボートを楽しむこともできます。ボディボートは持っていこうとするとかなり荷物になりますから、レンタルできるのは嬉しいですよね。$10ほどでレンタルできますから、気軽に楽しんでみては?

バナナボート(Banana Boat)

複数人で楽しめるマリンアクティビティといえばバナナボート。$30ほどでレンタルできるバナナボートは、複数人で割ればかなりリーズナブルですね。ウミガメを見に行くツアーなどもありますので、ぜひ参加してみましょう。

ライフジャケット(Life Jacket)

安全にマリンアクティビティを楽しむために欠かせないライフジャケットももちろんレンタルできます。子ども用もあって料金は$10。ライフジャケット着用が決められているアクティビティをするときにはきちんと着用しましょう。

シュノーケルセット(Snorkeling Gear)

間近で可愛いお魚やウミガメが見られるサイパンの海は、穏やかな海なので初心者でも気軽にシュノーケリングができます。特にマニャガハ島は海の透明度が高いのでシュノーケリングはぜひやっておきたいアクティビティ。シュノーケルセットのレンタル料は$15で、子ども用もあります。

砂遊びセット(Sandbox Beach Set)

出典: fanblogs.jp

小さいお子さん連れにおすすめのアイテムが砂遊びセット。これがあれば、まだ泳げない子どもたちでも十分遊ぶことができます。レンタル料は$5。

バレーボール(volleyball)

白い砂浜でバレーボールをしたいなら、バレーボールをレンタルしましょう。他のアクティビティと比べると$10とちょっとお高めですが、泳げない人や砂浜でも遊びたいという人にはおすすめです。

アイテムをレンタルしてマニャガハ島を満喫しよう!

出典: www.nachan.jp

マニャガハ島では色々なアイテムが借りることができますが、基本的に事前予約不可なので当日行ってみたらすべて借りられてしまっていたということもあります。どうしても必要なものだけは自分で持っていくと安心かもしれません。
ぜひ、世界屈指の透明度を誇る海と白い砂浜が美しいマニャガハ島でマリンスポーツアクティビティを楽しんでくださいね!

マニャガハ島(Managaha Island)
住所:
Managaha Island, Northern Mariana Islands
アクセス:
サイパン島のマイクロ・ビーチから船で10分
aya_3104

国内外のおすすめの観光スポットやお土産など、旅をもっと楽しめるまとめを作っていきたいです。よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパン旅行で活用したい4つの移動手段まとめ

    手軽なビーチリゾートとして人気のサイパン島。島の面積は約185平方キロメートル。日本で例えると、瀬戸内海に位置する小豆島と同じ大きさというコンパクトな島です。滞在中に気になるのは島の移動手段。そこで今回はサイパン滞在中の移動手段を4つご紹介します。

  • サイパンの伝統料理「チャモロ料理」人気レストランおすすめ2選

    サイパンに行ったらぜひ食べたいのがチャモロ料理。国際色豊かな食事が楽しめるサイパンですが、もともとは先住民チャモロ人に継承されてきた地元の料理があります。今回はサイパンが初めての方でも安心して訪れることのできる、おすすめレストランを2つご紹介します。

  • サイパンを満喫!繁華街ガラパンの知っておきたい基本情報

    サイパンは、日本から直行便を使えば約3時間で行ける常夏の島。日本からの観光客が多く、大変人気のスポットです。観光の拠点となるのがサイパン随一の繁華街である「ガラパン」。今回はガラパンでの過ごし方について詳しくご紹介します!

このエリアの新着記事
  • サイパンでおすすめのアクティビティ4選!思いっきり海遊びし...

    サイパンと聞いてイメージするのはやはり青い海と白い砂浜が広がる南の楽園。マリンアクティビティをするために存在する場所といっても過言ではありません。そこで、日本から3時間半の常夏、サイパンの海を思い切り満喫できるオススメのアクティビティを4つご紹介します。

  • サイパン旅行を楽しむ6つのポイント!人気リゾート地を徹底的...

    人気のリゾート地サイパン。サイパンに旅行に行くならぜひプランに組み込んでほしいポイントがあります。サイパンを思いっきり楽しむために、ぜひポイントをおさえてスケジュールを立ててみてください。

  • サイパンで人気のダイビングスポット5選!透明度抜群のスポッ...

    自然が多く、海がきれいなサイパンには魅力的なダイビングスポットがたくさんあります。ダイビングツアーや現地のダイビングショップも充実しており、ダイビングを楽しみたい人にはうってつけ!今回は数多くあるサイパンのダイビングスポットの中から、特にオススメしたいダイビングスポットを5カ所ご紹介します。

  • 現地で困らない!サイパン旅行前に知っておきたい基本情報

    サイパンへの旅行を決めたら、知っておきたいのが現地の基本情報。通貨や服装などの基本中の基本からチップの習慣など、知っておくと便利な情報をご紹介します。海外で快適に過ごすためには事前の下調べは必須。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • サイパンおすすめホテル4選!ファミリー向けの島南部のステイ先♪

    サイパン島南部に位置するススペ地区には大型リゾートホテルが数多く在ります。ススペ地区には観光客向けのお店が少なく、サイパン1番の繁華街ガラパン地区までは車で約10分と徒歩圏内ではありませんが、静かにゆっくりとホテルライフを満喫したい方にはオススメです☆今回はそんな島南部にあるファミリーにおすすめのリゾートホテルを4軒ご紹介します!

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • 北マリアナ諸島基本情報 【気候・服装編】

    北マリアナ諸島というとピンとこないかもしれませんが、日本からも多くの観光客が訪れるサイパンがある場所です。素朴でのんびりとした雰囲気が漂うサイパンのほか、ダイバーに人気のロタ島、テニアン島など、北マリアナ諸島には魅力たたくさん!本記事ではそんな北マリアナ諸島の気候や服装について紹介しましょう。

  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパンダイビングで出会うカラフルな魚たち!ダイバー憧れ...

    ダイバーが憧れる美しい海に囲まれたサイパン。サイパンの海ではカラフルでかわいい魚、珍しい魚に出会えます。今回はサイパンの海で出会える魚をまとめました。海の中のチャンスを見逃さないためにもサイパンダイビング前に要チェック!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事