タイの人気お土産おすすめ15選!タイ限定から定番のお土産まで全部ご紹介します!!

50,998

views

0

タイのお土産にはどんなものがあるのだろう。東南アジアに位置するタイ王国。同じ仏教圏ですが日本とはまた違う文化を感じることができる人気のスポットです。そんなタイで買いたい人気のタイのお土産を厳選してお届け。どれも要チェックなアイテムばかり。

ヤードム

タイ人の必須アイテム「ヤードム」。珍しい物好きのあの人におすすめのタイのお土産です。メントールの香りのする嗅ぎ薬で、「ヤー」が「薬」で「ドム」が「嗅ぐ」という言葉の意味そのものの商品名。モンスーン熱帯気候のタイでは、都市部の年間平均気温が29℃で湿度も高め。蒸し暑い中での勉強や仕事に「鼻スースー」はマストですよね。リップクリーム?と、旅行中に一度は目にしたことがあるはず。頭がボーッとしたときや眠気覚ましなど、リフレッシュにはもちろん、鼻づまり解消や頭痛にも効果があるそう。メントール、ユーカリなどのスーッとした成分が入った液がタンクに入っているので、キャップを外して鼻に突っ込んで使います。(液を補充して使い続けることもできます!)。

ミントの香りが強いものやハーブの香りの強いもの、オレンジの香りのするものなど、種類がいくつかあるので、男性向けと女性向けで買い分けてもいいかも。爽やかな気分になれるので受験勉強の追い込みで寝不足の人や花粉症対策に重宝すること間違いなしです。タイを代表するスーパー「Big C Supercenter」などで購入可能。お値段も100円程度と超お手頃です。

ビッグシースーパーセンター(Big C Supercenter)
住所:
618/1 Phaholyothin Rd., Samsen Nai, Phaya Thai, Bangkok 10400 タイ
営業時間:
09:00~23:00
電話番号:
+66 2 616 7555
アクセス:
バスターミナルบิ๊กซีสะพานควายから徒歩3分
定休日:
なし

コアラのマーチ

日本でも人気のお菓子「コアラのマーチ」にタイ限定の味があることはご存知ですか。
タイの代表的なフルーツといえば、そう、マンゴーですよね。マンゴー味のコアラのマーチです。袋を開けるとスイートなマンゴーの匂いがふわっとして、食べるとマンゴーそのものを食べている気分になります。パッケージもとってもキュート。コアラが「ワイ(合掌してお辞儀するタイの挨拶)」していたりと、南国情緒あふれるタイらしいデザインです。また、箱の裏にはタイの地図も載っていてお土産にぴったり。旅の思い出話も盛り上がりそう。箱の中には小分けになっているパックが7つ入っているので、会社や学校で配るのに便利。1パックの大きさがちょうどいい感じなんです。日本ではおなじみのおコアラのマーチですが、タイのお土産にチョイスするのも面白いですよね。

地元のスーパーやお土産屋さんで購入できます。タイ在住の日本人御用達の「UFMFuji Super」でも購入可能。日本人のお客さんが多いので安心して買い物できます。海外の日本式スーパーに行ってみるのも楽しいですよ。「日本だけど日本じゃない」感覚を味わえます。

フジスーパー (UFMFujiSuper)
住所:
593/29 ซอย สุขุมวิท 33/1 Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ
営業時間:
08:00~22:00
電話番号:
+66 225806979
アクセス:
バスターミナルสุขุมวิท ซอย 24から徒歩5分
定休日:
なし

ハーン

美意識の高いあの人へのタイのお土産には日本でも大人気の「ハーン」のスパプロダクトが一押し。ナチュラルにこだわって作られたラインナップは、他ではなかなか見られないライスプランオイル(米ぬか油のことで、抗酸化作用を持ち「美のビタミン」とも言われるビタミンEが含まれている)が主成分です。バンコクのホテルでアメニティーとしても使われていることも多いので、使用感が気に入ったという人も多いのではないでしょうか。タイにある数々のスパプロダクトの中でも老舗ブランドです。

ヘアケア、ボディーケア、フェイスケア、ハンドケアなどのアイテムが揃っていて、香りはジャスミンをはじめ、オリエンタルをイメージしたエキゾチックなブレンドになっています。また、パッケージやボトルのデザイン性も高く、「特別な贈り物」といった風格があります。一番人気は米の形の石鹸。フェイスとボディーのどちらにも使える優れものです。9種類のバリエーションがあり、贈る相手を思いながら選ぶ時間も優雅に過ごせそう。スパが併設されたお店もあるので、お土産を選んだら自分へのご褒美にケアを受けるのもおすすめです。

ハーン(HARNN)
住所:
227A, The Emporium Shopping Complex, 622 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Tan, Klongton, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
+66 96 910 0477
アクセス:
バスターミナルสวนเบญจศิริから徒歩1分
定休日:
なし

プリッツラープ味

タイの家庭料理の定番「ラープ」。ラープとは、お肉の入ったおかずサラダで、タイ北部ではメジャーな料理です。スパイスが効いてやみつきになる人が続出中ですが、そんなラープの味をコリアンダーと魚醤パウダーで再現したプリッツが、日本人向けのタイのお土産に大人気。隠し味のライムやミントもインパクト抜群です。南国特有の味つけの「酸っぱくて辛い」、そんなご当地プリッツです。スパイシーさとプリッツのほんのりとした甘味のハーモニーが絶妙で、おやつにはもちろんも、ビールなどお酒のお供にもいいんです。気がつけばいくつも袋が空になってしまう、そんな後引きの味は、現地の人にも大うけです。パッケージの元気なイメージ通り、意外に辛いので、初めてトライする人はそのつもりで。

多すぎず少な過ぎずのサイズもお土産にはぴったり。職場や学校などで気軽に配れるので便利ですよ。爆買いするほど気に入る人も多いのだとか。そんな大量消費型の人には、持ち運びしやすい箱入りのものもあります。日本人向けのスーパーや空港の免税店、高級デパート「エンポリアム」でも購入可能です。

エンポリアム(Emporium Department Store)
住所:
622,626 ถนนสุขุมวิท แขวงคลองตัน Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
+66 2 269 1000
アクセス:
BTSプロンポン駅2番口直結
定休日:
なし

ジム・トンプソン

タイシルクといえば「ジム・トンプソン」が有名です。ジム・トンプソンは、アメリカ人実業家で「タイのシルク王」と呼ばれています。彼は、第二次世界大戦当時、バンコクに赴任していて、そこで終戦を迎えました。しかし、オリエンタルの美しさに魅了され、そのままタイに永住し、私財を投げ打って衰退していたタイシルクの復興と普及に努めたのです。ハリウッド映画「王様と私」の衣装に使われたこともあり、タイシルクの名は世界に広まりました。

美しい光沢がその特徴であるタイシルク。店内に置かれた製品は、すべてが一流品。大切な方への贈り物や自分へのご褒美選びに最適です。洋服やバッグなどをはじめ、スカーフ、ネクタイ、ポーチなどの普段使い出来る小物や雑貨なども販売されています。もちろん、オーダーメイドで洋服も作れますよ。本店は、日本人も多いタニヤ通り近くにあり、カフェが併設されています。ランチに寄ってみるのもおすすめです。バンコクの郊外にはアウトレットもあるので、そちらも要チェック。タイの主要なデパートや空港にもお店があります。タイのお土産の買い忘れがあっても安心ですよね。

ジム・トンプソン・タイシルク 本店 (Jim Thompson Thai Silk)
住所:
9 Surawong Rd. Suriyawong, Bangkok
営業時間:
09:00~21:00
電話番号:
(02)6328100
アクセス:
BTSサラデーン駅から徒歩5分
定休日:
なし

マダム・ヘン

1949年の創業以来、タイで愛され続けている老舗スキンケアブランドの「マダム・ヘン」。知り合いのフランス人や周りの人々がそう呼んでいたことから、ブランドにその名を冠するようになったそうです。選び抜かれたタイのハーブやその他の天然素材を使い、独自のブレンドで作りあげられている固形石鹸は、美意識の高いタイの人たちにも大人気。「使った後はなぜだか肌が垢抜ける」と評判で、その実力は折り紙付きです。愛され続けるには理由がありまよね。50年余りの飽くなき研究でたどり着いた素材の配合が、吹き出物などの肌トラブル、かゆみや体臭の改善に効果を発揮します。また、肌に必要な油分は残して汚れを落とすので、冬場でもスキンローションがいらないほどのしっとり肌が保てるんですよ。数種類のハーブや蜂蜜など、色んなブレンドがあるので、季節によって使い分けるのもおすすめです。

価格も約30バーツからと手頃でありながら使い心地の良い石鹸は、ばらまき用のタイのお土産にも最適です。日本語で書かれた説明書がある点もおすすめポイント。マダム・ヘンの専門店もありますが、デパートの「エンポリアム」やスーパーでも購入可能です。

エンポリアム(Emporium Department Store)
住所:
622,626 ถนนสุขุมวิท แขวงคลองตัน Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ アクセス: BTSプロンポン駅2番口直結 定休日: なし
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
+66 2 269 1000
アクセス:
BTSプロンポン駅2番口直結
定休日:
なし

NaRaYa

若い女性へのタイのお土産におすすめしたいのが、トレードマークのリボンがキュートな大人気ブランド「NaRaYa」のラインアップです。その数、1000種類以上というから驚き。綿素材のものが多く、日常使いにぴったりですよ。タイらしい象をモチーフにした柄や花柄、幾何学模様など、カラフルなものからシックなものまで揃っています。バッグやポーチは、同じ柄でサイズ違いのものもあり、トータルで持つのもいいのかも。

商品のバリエーションが豊富なので、お気に入りが見つかるはずです。お土産選びに迷っているならティッシュケースはいかがですか。日本では当たり前のティッシュケースですが、海外では見かけないものですよね。商品は、企画から製造までを全て自社で行い、ハンドメイドで丁寧に作られています。安定感のあるところが人気の秘密。シーズンごとに新しい柄が出ているので、クリスマスやお正月などの特徴的なシーズンをめがけてチェックするのも楽しそう。手頃な価格で手に取りやすいところも◎。どのアイテムも機能的にデザインされているので、喜ばれること間違いなしです。

バンコク市内にもたくさんお店がありますが、姉妹ブランドも入っているサイアムスクエアワン店が一押し。

サイアムスクエアワン(Siam Square 1)
住所:
1-3 fPhayathai Rd, Wang Mai, Pathum Wan, Bangkok
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
02-255-9994-7
アクセス:
BTSサイアム駅直結
定休日:
なし

プーファー

タイは非常に王室の人気が高い国として有名です。そんなタイのシリントーン王女がプロデュースするロイヤルブランド「プーファー」の製品ならタイの土産として最適です。タイでは、「ロイヤルプロジェクト」という活動が行われています。国民の生活を豊かにするための支援を行うというもので、国王が企画を立案し、政府が一体となってプロジェクトを実施しています。プーファーの製品を購入することで、山岳地域に住み、農業で生計を立てている人々を助けることができるんです。売り上が生産者に還元されたり、技術の導入や技術指導に使われたりしています。そうすることで継続可能な生産を行えるようになりますよね。シリントーン王女は、毎年、干支にちなんだイラストを描くのだそう(タイにも干支があるんですね!)。そのイラストをデザインしたポロシャツ、Tシャツ、雑貨やコスメ、また、生産者の温もりが伝わってくるようなシルク織物、バック、衣類に生活雑貨など、ブランドの名にふさわしい良質なものが揃っています。

カフェが楽しめる専門店もあるので、観光の合間に一息ついてみませんか。

プーファーロータスバンヤイ店(Phufa Shop: Lotus Bang Yai)
住所:
2nd floor, Tesco Lotus Plus Mall (near the food court), 90 Moo 5, Bang Koo Vieng, Bang Kruai, Nonthaburi 11130
営業時間:
10:00~20:30
電話番号:
02-459-2291
アクセス:
バス停โลตัสบางใหญ่から徒歩6分
定休日:
なし

ムエタイパンツ

男性や子供にユニークなタイのお土産を購入したいなら、定番ですが、インパクトのあるムエタイパンツはいかが。カラフルなデザインが多く、夏の部屋着やパジャマにおすすめです。

露店や市場などで販売されています。とはいえ、バンコクのような大都市ではそんな雰囲気のお店は意外に少ないものです。そこで、世界最大級といわれる「チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット」がおすすめですよ。土日のみオープンするマーケットで、15,000を超える数の店が出ています。「タイらしい買い物や食事を体験する」といのも旅の目的の一つですよね。観光も兼ねて行ってみませんか。あらゆるジャンルの品揃えで、タイの屋台も満喫できます。出会ったら「即買い」が鉄則です。とにかく巨大なので、後から戻ることはほぼ不可能。事前にマップを見ておくのがいいかもしれません。暑いので水分補給を忘れずに。また、クレジットカードが使えないお店が多いので現金が必要です。マーケットでの買い物の醍醐味は、やはり値引き交渉ですよね。現地の人との交流を楽しみましょう。電卓でやり取りするのが簡単です。

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット(Jatujak Weekend Market)
住所:
Kampaengphet 3 Rd., Ladyao , Chatuchak district , Bangkok 10900
営業時間:
08:00~19:00
電話番号:
02-272-4575
アクセス:
ガムペーンペット駅の2番出口すぐ
営業時間:
店舗によって異なるので要注意
定休日:
土日以外

カノム モーケン

プリン好きへのタイのお土産におすすめなのがペチャブリ県の伝統菓子である「カノム モーケン」。ポルトガルからアユタヤ王朝に伝わったお菓子なのだとか。タイ版の焼きプリンとも呼ばれ、ボリューミーで甘いのが特徴的。高級ホテルのメニューにも載るほどで、数あるタイのスイーツの中でも一番と言っていいほどの人気ぶりです。「甘党にはたまらない美味しさ!」と喜ばれます。その材料は、タロイモのペースト、ココナッツミルクやパームシュガーなど、タイでは一般的なものばかり。良質な材料が身近にあることで、その味を受け継ぐことができたのではないでしょうか。

日本でプリンといえば、卵の風味の強いものが多いですが、カノム モーケンは、一口食べるとココナッツミルクの甘い香りが広がり、香ばしく焼けたところが味に深みを出しています。食感はどっしりとしてやや重め。素朴ながら作るのには手間暇がかかります。そのままでももちろん美味しいですが、ホイップクリームを添えていただくのも◎。

日系のスーパー「マックスバリュー」や屋台で気軽に購入できます。街角で見かけたら、ぜひ試してみませんか。

マックスバリュー(MaxValu Tanjai)
住所:
3803 QiSS Mall Rama IV Rd., Prakhonong Klongtoey Bangkok 10110 Thailand
営業時間:
00:00~00:00
電話番号:
02-339-3844-46
アクセス:
バスターミナルซอยฟาร์มวัฒนาから徒歩1分
定休日:
なし

ブラッディー・バニー

流行に敏感な10代へのタイのお土産にぴったりなのがタイで爆発的な人気を誇るアニメ「ブラッディー・バニー」のグッズ。日本でもきゃりーぱみゅぱみゅさんとコラボレーションするなど知名度も上がってきています。弟のリトルとともに、日々、敵に挑む姿がおもしろ可愛いんです。ニンジン片手に強力なパンチをお見舞いしたり超高速で走り去ったり、驚異的な身体能力を見せつけるブラッディー。正義感の塊で熱くなる兄に冷静なアドバイスをする弟のリトルとの軽妙な掛け合いが見どころです。シュールなところに惹かれるのかも。そんなブラッディーは、目力の強さが特徴のうさぎのぬいぐるみ。Tシャツ、マグカップ、ぬいぐるみなど、ブラッディーやその他のキャラクターの様々なグッズが販売されています。

そんなグッズの購入もできる「Bloody Bunny & Friends Café」でカフェタイムを満喫するのもいいかも。ブラッディー・バニーの世界観を存分に味わえます。スイーツなみにアレンジされたドリンクやスナック類も美味しそう。店内には大きなブラッディーが椅子に座っていて撮影スポットになっています。

アイテムも購入可能なBloody Bunny & Friends Cafeではカフェタイムを満喫することも。オシャレなタイの若者に出会えるかもしれません。ターミナル21にもお店があります。

ターミナル21(Terminal 21)
住所:
88 Soi Sukhumvit 19, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
+66 2 108 0888
アクセス:
バス亭แยกสุขุมวิท-อโศกから徒歩5分
定休日:
なし

ドウゾ

日本語の「どうぞ」という名前のタイの米を使ったお菓子です。味は日本人にも受けが良いソーセージ味、コーンチーズ味、海苔味など。日本で有名なハッピーターンに似た食感です。おせんべいなので子供から年配の方までみんなで楽しめますよね。ちょっと惜しいカタカナ表記がご愛嬌といったところでしょうか。パリッとした軽い食感で後を引く美味しさ。タイというとスパイシーなスナック菓子が多いなか、癖のない味なので渡す相手を選びません。お酒のお供にもいいですよ。1袋に2枚入ったものが10個入りになっているので、ばらまき用のタイのお土産にぴったりです。色んな味を組み合わせるのも喜ばれそう。パッケージに日本語が書かれていたりキャラクターもゆるーい感じだったり、ほっとして手に取りやすいところがまたニクいでしょ? 日本のものではないのに日本語でのネーミングって面白いですよね。このお菓子の人気のおかげでタイでも「どうぞ」という言葉は、比較的メジャーな言葉なのだとか。タイの人たちの親日ぶりが伺えて嬉しい気持ちになりませんか。

スーパーやコンビニ、スワンナプーム国際空港などに売っているので、手軽に入手できますよ。

スワンナプーム国際空港
住所:
999 หมู่ 1 Nong Prue, Amphoe Bang Phli, Chang Wat Samut Prakan 10540 タイ
電話番号:
+66 2 132 1888
アクセス:
バンコク市内から車で27分

タイインスタントラーメン

インスタントラーメン天国であるタイ。とにかく種類が豊富です。お値段もお手頃で重くないのでお土産にはぴったり。豚エキスがばっちり染みこんでいるムーナムトック味、トムヤム味、グリーンカレータイプなど、スパイシーだけど日本人には馴染みやすい味でおすすめです。本場さながらの辛さに再現できるタイプもあるので、激辛好きにはそんなのもいいかも。ギルティー感のある人には麺に春雨を使ったものはいかが? 変わったところでは汁なし麺などもあります。あれもこれもと試したくなったら、みんなで色んな味を比べてみるのも面白そう。

「で、どれがいいの?」と迷った時には、タイでメジャーなメーカー「MAMA」や「yumyum」の物を選べば安心です。「世界の美味しいインスタント麺ランキング」でMAMAのラーメンは10位にランクインするほどの定評があります。インスタントラーメンの世界も奥が深いんですね。日本人御用達のフジスーパー、タイのコンビニやスーパーで気軽に購入できます。なぜだか無性に食べたくなるインストラーメン。激安価格でお財布にも優しいのでタイのお土産としてだけではなく、自宅にストックしておくのも便利です。

フジスーパー(UFMFujiSuper)
住所:
593/29 ซอย สุขุมวิท 33/1 Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ
営業時間:
08:00~22:00
電話番号:
+66 225806979
アクセス:
バスターミナルสุขุมวิท ซอย 24から徒歩5分
定休日:
なし

アカリコ

最近疲れているあの人へのタイのお土産探しには、厳選した天然素材で作るアロマグッズの専門店「アカリコ」がおすすめ。「アカリコ」とはパーリ語(タイの仏教語のもとになった言葉)で「時間に影響を受けない」という意味だそうです。エッセンシャルオイルやアロマリード・ディフューザー、石鹸など幅広いラインナップで大人気のブランドです。アロマリード・ディフューザーは、火も電気も使わないので置く場所を選ばないのがいいですよね。色んな香りのエッセンシャルオイルがありますが、特に日本人に人気なのがタイハーブの王様、レモングラス。胃腸の疲れを軽減させる効果もあるそうで、その名の通り、レモンのような香りが気分をすっきりさせたい時に重宝します。また、石鹸もお土産にもらうと嬉しいアイテムですよね。

ギフトボックスがアジアン雑貨として通用するほどに手の込んだものなので、詰め合わせて自分へのご褒美にするのも素敵です。忙しい毎日、本物の香りの空間でしばし時を忘れて心を潤してみませんか。買い物に便利なサイアムパラゴンにお店があるのでぜひ覗いてみてください。

サイアムパラゴン(Siam Paragon)
住所:
991 ถ.พระราม 1 แขวงปทุมวัน ปทุมวัน Bangkok 10330 タイ
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
+66 2 610 8000
アクセス:
サイアム[Siam]駅3番出口からすぐ
定休日:
なし

シンハービール

ビール好きへタイのお土産にしたいのが人気の「シンハービール」。1933年の誕生以来、王室からも愛され続けています。大麦のモルトを100%使用していることから、爽やかな飲み口で、さすがにタイ料理との相性は抜群。その人気はタイを飛び越え、「世界の一流ビール500」に選ばれるほどです。アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパの各国で名誉ある賞を受賞するなど、その味は世界中の人々に認められています。ややパンチのあるのど越しでコクのあるシンハー。合わせるおつまみを考えるのも楽しいですよね。ラベルに描かれているのはタイに古来から伝わる獅子「シン(shingha)」です。そのshingha(サンスクリット語)を英語読みして「シンハー」の愛称となっているそうです。そんなシンハーの巨大な像が建てられたシンハー・パークという観光スポットがタイ北部にあります。東京ドーム297個分の広さというから驚きです。興味のある人はチェックしてみて。

日系のスーパーでも多数取扱いされています。ただしタイではお酒を購入できる時間が午前11時から午後2時、夕方5時から深夜12時と決まっているのでご注意を。

フジスーパー(UFMFujiSuper)
住所:
593/29 ซอย สุขุมวิท 33/1 Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110 タイ
営業時間:
08:00~22:00
電話番号:
+66 225806979
アクセス:
バスターミナルสุขุมวิท ซอย 24から徒歩5分
定休日:
なし

タイで素敵なお土産と出会おう

日本とは違う文化を持った国「タイ」。そんなタイでの思い出を胸に今回ご紹介した素敵なお土産を持ち帰りましょう。きっと贈られた人も微笑みの国タイを感じることができて満足してくれること間違いなしです。

さとひろろ

鉄道好きの夫と全国を鉄道で飛び回っています。娘と息子を鉄子にするか悩んでいる今日この頃。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • タイの人気お土産おすすめ15選!タイ限定から定番のお土産ま...

    タイのお土産にはどんなものがあるのだろう。東南アジアに位置するタイ王国。同じ仏教圏ですが日本とはまた違う文化を感じることができる人気のスポットです。そんなタイで買いたい人気のタイのお土産を厳選してお届け。どれも要チェックなアイテムばかり。

  • タイで人気の主要7都市集めました!バンコクからビーチまで...

    「タイに行ってみよう」となったらあなたならどこへ行く?とりあえず定番のバンコクはハズせないし、それだけではもったいない。心洗われるような風景、食欲をそそる絶品グルメ…タイの魅力は一言で表すには奥が深い。そこで今回はタイ旅行に行くならここだけは必ず押さえておきたい7つの主要都市をご紹介!

  • タイ基本情報 【お水事情編】

    サワディーカー。今や駐在したい国人気No.1のタイのバンコク。物価も安いし食べ物も美味しいしまさに天国。そうはいっても旅行でも暮らしでも欠かせないのが、なんといってもお水。暑い国だしお水は必需品!ところで、お水は気軽に飲んでも大丈夫なの?何を飲めばいいの?そんな疑問にお答えしていきましょう!

  • 本当に美味いタイB級グルメ店!厳選3大料理は絶対現地で食べて!

    タイに行ったら多くの人がタイ料理を食べますよね。きちんとしたレストランで美味しい料理を食べるのも1つの思い出ですが、安くて美味いタイの絶品B級グルメに興味はありませんか?今回は「タイのB級グルメ」の定番料理をご紹介していきます。

  • これさえおさえれば完璧!タイのおみやげ図鑑

    物価が安いため、ついつい大量にショッピングしてしまいがちなタイ旅行。 オリジナリティあふれる手工芸品から食品までよりどりみどりで迷っちゃいそう!じっくり時間をかけて選びたい、タイの魅力がいっぱいつまったおみやげにオススメの品々を一挙にご紹介します。

  • スーパーで見つける!チープなタイのばらまきみやげ厳選アイテム

    タイに行った際、お友達へのお土産はもちろん自分へのお土産としてもおすすめなのが地元スーパーでのお土産探しです。タイでしか買えない物、チープなおもしろい物などスーパーでタイのお土産探しをしてみませんか?

このエリアの新着記事
  • タイ一人旅で訪れたい!絶景や歴史を感じる人気の観光名所15選!

    タイは古くからの歴史が残る街。国内には数多くの寺院が存在し、そのどれもが世界中の人を魅了します。その他にも美しいビーチを楽しめるアジア屈指のリゾート大国でもあります!ここではそんなタイ人気の観光名所15選をご紹介します!

  • タイの女子旅おすすめのグルメ・スパ・観光スポット厳選15選!

    タイはおいしいものがたくさんあります。世界一といわれたマッサンマンカレーも本場タイで味わってみたいですね。タイへ旅行するならおすすめは、日本よりお安く気軽にできるスパやマッサージ。疲れた体を癒やすのにはもってこいです。タイへの女子旅でおいしく・美しくなりましょう。

  • タイで絶対行きたい観光スポット15選!人気のオススメ観光名...

    タイは日本からアクセスもよく、人気の観光地です。豊かな自然や遺跡、伝統文化など見所が多く、また治安もいいことから楽しい旅をすることができます。そこで、ここではタイで訪れたい観光スポットを厳選して紹介しましょう。

  • タイ基本情報 【ビザ・大使館・税関編】~楽しくてもオーバー...

    世界中の旅行者に人気の国「タイ」では、観光地巡りをしたり、リゾートを満喫したり、スパやマッサージ三昧だったりと、人によって楽しみ方もそれぞれ。どんな旅行にしても、事前に確認しておきたいビザ・現地の日本大使館・税関情報についてご紹介します。

  • タイ基本情報 【言語・お役立ち会話編】~気さくなタイ人と触...

    タイ旅行をする際に、現地で英語が全く通じなくて驚くこともあります。特に地方へ訪れるとほぼ英語は通じないので、タイ語オンリーの旅行になることも!ここでは、タイ旅行の際に役立つ簡単な会話をまとめていますので、ぜひ活用してみてください。

  • タイ基本情報 【コンセント・電圧編】~出発前の電圧チェック...

    多くの日本人観光客が訪れるタイで日本の電化製品を使用するには、変圧器+変換プラグが必要なものもあります。本記事では、タイ旅行に役立つタイのコンセント・電圧情報について紹介します。

  • タイのおすすめ人気ホテル15選!

    日本人観光客の行き先として常に上位にランクインするタイ。とてもフレンドリーに微笑みかけてくれる人々に惹かれる人も多いのではないでしょうか?今回は、そんなタイにあるおすすめホテルを紹介したいと思います。

  • バンコクのおすすめホテル15選!完全宿泊ガイド!

    タイの首都、バンコク。現在、経済成長真っ只中のバンコクでは、新しい建物がどんどん建設され、街全体がとても賑わっています。そんなバンコクは、年中過ごしやすい気候でもあることから、日本人が多く訪れる町でもあります。今回は、そんなタイの大都市、バンコクにあるおすすめホテルを紹介します。

  • タイアロマの定番!パンピューリを紹介

    スパやアロマを目的にタイへ旅行に行く女性は多いのではないでしょうか?数あるアロマブランドの中から、今回はパンピューリを紹介します。

  • プーケットの絶景バー「ババ・ネスト」で贅沢バケーション!

    美しい海とビーチを眺めながらオシャレなカクテルと美味しい料理で贅沢な時間を…なんて考えたことありませんか?そんな夢のようなひと時が味わえるビーチバーが、世界のリゾート地にはたくさんあるんです!今回はその中でも世界一の絶景バーに選ばれたことがある「ババ・ネスト(Baba Nest)」をご紹介します!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事