ポーランド基本情報 【お金編】~両替するなら”KANTOR(カントル)”~

13,284

views

0

ヨーロッパの国であるポーランドでは、どんな通貨が流通して、換金はどこですればお得か、チップはいるのか?といったポーランドのお金に関する情報をご紹介します。

ポーランドの通貨

ポーランドの通貨単位は、ズウォティ(zloty)または国際標準通貨コードに基づくポーリッシュ・ニュー(略称PLN)です。補助通貨としてグロシュ(grosz)が用いられます。
※ズウォティの値段表記は「zł」 グロシュの値段表記は「gr」

ズウォティ(zł)の為替レート

1zł/1PLN(=100gr)は日本円にして約29.8円です。現時点では、ポーランドのユーロ導入は未定なので滞在中はズウォティのみの利用となります。
※2017年5月時点

両替参考サイト

通貨と種類について

出典: japoland.pl

出典: tabimap.net

出典: tabimap.net

ポーランドの通貨種類は5種類の紙幣と9種類の硬貨が流通しています。
紙幣:10zł・20zł・50zł・100zł・200zł
硬貨:1gr・2gr・5gr・10gr・20gr・50gr・1zł・2zł・5zł

両替場所について

日本円からズウォティ(zł)への両替は成田空港や関西国際空港でもできますが、両替手数料だけでも現地で両替するより1zł あたり5円近く損をします。少額の両替ならレートは良くないですが現地の空港か中央駅で行い、滞在中に必要なお金は町中にある両替所"KANTOR(カントル)"で行うのがベストです。ポーランドでは銀行で外貨への両替をする人はほとんどいないので、両替なら両替所を利用しましょう。

日本円をズウォティ(zł)に両替できない両替所も…

ポーランドの地方都市や都市部でも小さな両替所の中には、日本円をズウォティに両替できない両替所もあります。理由は、ユーロ・ポンド・米ドルといったヨーロッパでの流通量の多い通貨に比べると、日本円はあまり流通していないマイナーな通貨だからです。もし、立ち寄った両替所が日本円を扱っていない場合は、別のところを探しましょう。KANTORは街の至る所にあるので、歩き回ることはないはずです。

覚えて得するポーランド語

両替時によく目にする両替所のレート掲示板の「Buy」と「Sell」。ポーランドでは、表示もポーランド語なので最低でもこの2単語は覚えておくと便利です。

KUPNO= Buy(両替所が両替希望者の通貨を買うときのレート)
★両替希望者がズウォティへの両替時にチェックする表示。

SPRZEDAŻ= Sell(両替所が外貨を売るときのレート)
★両替希望者が帰国時(旅行者の場合)に余ったズウォティを日本円に換金するとき参考にする表示。

クレジットカードやデビットカードでキャッシング

換金手数料率は約15%かかりますが、両替所での手間や多額の現金を持ち歩きたくない人には、現地のATMからのキャッシング(現金引き出し)もおすすめです。

クレジットカード払いなら

支払いをクレジットカードで決済する場合の注意点は、決済通貨をズウォティにすることです。また、クレジットカードの種類はVISAやMASTERはカード払いが可能な場所ならどこでも利用できますが、JCBやAMEXは断られる場所もあるので、最低1枚はVISAかMASTERを用意しましょう。

チップは必要?

ポーランドはチップの習慣はないので、特にチップを気にする必要はありません。ホテルやレストランなどは、サービス料も含まれて請求されるので、特別なサービスを受けた時などは多くても5zł(コイン1枚)を渡せば喜ばれます。

最後に

どこの国でも多額の現金を持ち歩くのは安全とは言えません。クレジットカードが少額からでも利用できるポーランドなら、多額の現金は持ち歩く必要はありません。滞在中の出先では、少額の現金とクレジットかデビットカードを携帯しましょう。

Lindos77

沖縄でウェブライターとしてストレスフリーな生活を満喫しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事