ポーランド基本情報 【治安・情勢編】~夜道の女性の一人歩きは大丈夫⁉~

2,490

views

0

親日家が多く、美男美女も多いことで知られるポーランドは、2016年より成田からの直行便も運航しています。若者を対象にしたワーキングホリデー制度の協定も結ばれたことで、より身近になったポーランド。ここでは、そんなポーランドの治安や情勢についてご案内します。

ポーランドの治安

ポーランドの治安は他の西ヨーロッパの国々と比較しても良い方だといえます。年々減少傾向にある犯罪率からもうかがえるように、警察への信頼度も高く、大きなテロが起こっていない(※2017年5月時点)のも安全な証拠です。実際のところ、ワルシャワなどの大都市でも夜道の女性の一人歩きも他国に比べれば安全です。

軽犯罪には要注意!

比較的安全な国「ポーランド」ではありますが、犯罪率は日本の倍以上です。観光客が特に注意したいのは、スリや窃盗といった軽犯罪です。

スリや窃盗対策

・多額の現金や貴重品は持ち歩かない
・公共交通機関を利用しての移動時などは手荷物から目を離さない
・両手がふさがらないようリュックサックなどに荷物をまとめる
・人の多い場所などはできるだけ避けるか手荷物に注意を払う   など

公共交通機関には防犯カメラも設置

ワルシャワ市内では、公共交通機関(メトロ・バス・トラムなど)には防犯カメラが設置されています。しかし、ラッシュアワーなどの混雑する時間帯などは特に、密集した車内の隅々までを防犯カメラがとらえることはできません。本数の多いバスやトラムは、できるだけ人の少ない車両に乗ることをおすすめします。乗る場所は、運転手の近くや前方車両に乗りましょう。一概には言えませんが、スリの多くは後方車両のドア付近に集中する傾向があるようです。

デビットカードを有効活用

ポーランド人の多くは現金を持ち歩かずに、銀行などのデビットカードを持ち歩いています。現金が必要な時はATMから引き出して、カードで支払時には自分の銀行口座などから直接引き落とされるので、口座残高が不足していない限り使用できます。多額の現金を持ち歩かずにすみ、町の至る所で利用できて、スリの心配も軽減できるのでとても便利です。万が一、盗難被害を受けた場合も、ネットバンクか発行した金融機関の窓口にすぐにカード停止を依頼できます。

日本のデビットカードも利用できる!?

日本で発行されたデビットカードも、現地で使用できるものもあります。デビットカードをメインに使用する方は、一度、デビットカードを発行している金融機関に問い合わせてみてください。

夜道の注意点

女性が夜道を一人で歩いても安全とは言われていますが、アジア人の少ないポーランドでは日本人は目立ちます。万が一のことがあってからでは遅いので、できるだけ夜道を一人で歩くことは避けるように心がけましょう。

このバスだけは避けて!

ショパン国際空港から市内への移動方法として、175番の市バスを利用する方法があります。ただし、この路線は特にスリ被害が多発しているので利用は避けてください。同じ料金(4.4PLN)で、しかもバスよりも移動時間の短い鉄道の利用をおすすめします。

ぼったくりタクシーに注意!

観光客が最も被害を受けるのがぼったくりタクシー。空港からのタクシーを利用する場合は、客引きを行う違法のタクシーではなく、空港のタクシー案内カウンターが手配する正規のタクシーを利用しましょう。町中で流しのタクシーを利用する場合は、宿泊するホテルで呼んでもらうか、メトロ・トラム・バスを利用しましょう。特に観光地で客待ちをしているようなタクシーは、ほぼぼったくりタクシーです。

最後に

比較的治安の良い国ポーランドを快適に旅するためには、出発前に現地の最新情報をチェックしておくと役立ちます。特に軽犯罪には注意するよう心がけましょう。

外務省海外安全ホームページ

Lindos77

沖縄でウェブライターとしてストレスフリーな生活を満喫しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事