低カロリーのお菓子おすすめ20選!コンビニやスーパーでも買える人気商品!

10,469

views

0

低カロリーのお菓子は数多くあります。メーカーやコンビニが開発したお菓子は、カロリーや糖質を抑えた、ダイエットに効果的なお菓子が販売され、気軽に手に入ります。低カロリーなだけではなく、おいしいものが数多くあり驚くでしょう。コンビニ(コンビニエンスストア)やスーパーで気軽に手に入る、低カロリーのお菓子を20個厳選しました。

低カロリーのお菓子って?

食べ物を摂取する際に、体に取り込まれれるエネルギー(カロリー)が高いと、太る原因となります。そのため、エネルギーが少ない、低カロリーのお菓子が人気です。食品メーカーやコンビニが開発したお菓子は、カロリーや糖質を抑えた、ダイエットに効果的なお菓子を多数販売しているため、気軽に手に入るでしょう。

また、栄養、ダイエットのためだけではなく、おいしいお菓子が数多く販売されています。そんなついつい病み付きになりかねない、低カロリーのお菓子を20種類厳選しました。

低カロリーのお菓子1【うましおポテト】

「うましおポテト」は、低カロリーのお菓子のひとつです。うましおポテト」は、セブンイレブンで、地域限定で販売しているお菓子のひとつ「美味しさ丸ごとナチュラルポテト」の中のうましお味のことです。ネットで話題となり、品薄になるほどの人気のため、見つけたら押さえておきましょう。

ヨーロッパ産のポテトを皮付きのまま使っていて、フライドポテトのような形をしています。中身もぎっしり詰まっているため、食べ応えがあり、うま塩味の特徴としては薄くもなく、また塩辛過ぎるでもなくちょうど良い味わいです。

「うましおポテト」の人気は、おいしさだけではありません。1袋235kカロリーという低カロリーであることも人気です。もっぱら袋そのものが一般的なポテトチップスと比べて小さいため、ついつい食べすぎずにすむのも、ダイエットを意識している立場としては、非常にありがたいでしょう。

さらに、ローソンでもノンフライのカップサイズで「うましおポテト」というポテトチップスを砕いたものが発売されています。量は30g、125kカロリーです。

低カロリーのお菓子2【ノンシュガーチョコレート】

お菓子の中で、甘いものの代表格といえばチョコレートですが、たいていはカロリーが高いです。その中で、カロリーを抑えたチョコレートが「ノンシュガーチョコレート」。これはその名のとおり、砂糖をはじめとする「糖類」をカットしたチョコレートで、余計な糖類が入っていない分、チョコレート本来の味が存分に味わえます。極端に苦いわけでもないため、糖類に対して抵抗感がある人にとってはまたとないチョコレートといえるでしょう。

実はノンシュガーとありますが「糖質」という項目があり、それが甘さに関連します。ところが、糖質と砂糖の大きな違いは、糖質(糖アルコール)は、消化吸収されずに排出されるという特徴があります。つまり栄養素として吸収しないため、口当たりに甘みがあっても体から出てくれるので、砂糖のようにカロリーもしくは血糖値への影響が抑制されるのです。甘味はありますが、砂糖入りと比べると抑えられた味です。チョコレート本来のうまみは「カカオ」なので、この機会にカカオ本来の味を、楽しむのも良いかもしれません。

低カロリーのお菓子3【こんにゃくチップス】

低カロリー食品として、人気のこんにゃくを「お菓子」にしたのが、こんにゃくチップスです。サトイモ科の植物で、コンニャクイモから作られるこんにゃくは、300gの大きさで、21kカロリーと非常に低カロリーで、カロリーの摂取を制限する食材として大変重宝します。

カロリーのほとんどない「こんにゃく」を、食べやすくておいしいお菓子にすることで、おいしさとダイエットを両立できるでしょう。ノンフライで作られることが多いのもうれしいところ、それでいてサクサクおいしく食べられます。

その気になれば、こんにゃくから自作で簡単に作れるこんにゃくチップスなので、各社いろいろな種類が販売されています。こんにゃくせんべいと表記しているものもありますが、基本的には同じものと考えて差し支えないでしょう。

販売しているこんにゃくチップスには、のり塩、コンソメなどの味がついているため、ポテトチップス感覚で気軽に食べられます。また市販されている、こんにゃくチップスのカロリー数は、おおよそ60kカロリー台と非常に低カロリーなので、ダイエットの強力な味方といえるでしょう。

低カロリーのお菓子4【タニタ食堂おせんべい】

東京丸の内にオープンしたタニタ食堂は、ヘルシーな料理を提供していることで有名ですが、そのタニタ食堂が監修したおせんべいが、低カロリーお菓子として人気があります。このせんべいは、ダイエットの邪魔をしない工夫が施されています。

それは、パッケージが非常に小包装になっているため食べすぎることがないという点。さらに、硬く作られているので、かむことで満足感が早く得られるという点。そして、カロリーが、1袋あたり70kカロリーを下回るので、安心して食べられるという点です。

ダイエットでも安心のおせんべいの第一印象は「硬さ」です。普通のせんべいと違い、かみきるには時間がかかります。そのため、小袋1つで十分満足感が得られるでしょう。また、かむことで味に深まりが増し、体に良さそうな素朴でやさしい味わいが伝わってきます。

タニタ食堂では、代謝の関係で15時頃に食べるのが理想であるとか、温かい日本茶との相性が良いであるとか、科学的に食べるために最もよいタイミングなどを紹介しています。それに従って食べれば、より安心して食べられるでしょう。

低カロリーのお菓子5【SOYJOY】

SOYJOY(ソイジョイ)は、低カロリーなお菓子です。これはもともと小麦アレルギー対策として造られたお菓子で、大塚食品が出しています。小麦の代わりに大豆の粉を使用したお菓子で、いわゆるグルテンフリー食品であり、低カロリーなお菓子でもあるため、ダイエットでも非常に有効的でしょう。

小麦アレルギーで困っていたり、グルテンフリーなど、食べ物に対するこだわりを持ってる人にも積極的に取り入れられます。

SOYJOY(ソイジョイ)は、健康やヘルシーというだけではなく、味の種類が豊富であることも特徴があります。大別すると「フルーツ系」「ナッツ系」「クリスピー」の3系統があり、そのそれぞれの味はさらに細かくわかれています。2018年に新たに発売されたピーチを入れると、12種類もあるため、好きな味を選びましょう。

植物性の大豆たんぱく質が豊富に食べられ、栄養価が高く、カロリーも1本当たり100~150の範囲で納まっているため、ミラクルなお菓子と言えます。糖質も低い値(低いGI食品)なので、糖質を気にする人にもおすすめです。

低カロリーのお菓子6【冷凍フルーツ】

フルーツは自然の恵みをそのまま食べられますが、季節などにより食べられる品目が変わります。しかし、冷凍フルーツであれば季節に関係なく好きな味を食べれます。

冷凍フルーツの中にはトロピカルフルーツなどもあるため、食べるだけで南国気分が味わえ、余計なものが人工的に入っていないので安全であり、基本的に低カロリーなので、ダイエットの時でもおいしくいただけます。

冷凍フルーツは、スーパーやコンビニでも簡単に手に入るようになりました。セブンイレブンでは、いくつかの冷凍フルーツを販売していて、1袋あたりのカロリー数が最大でも100kカロリーを少し超すくらいで、ほとんどは100kカロリー以下、低いものなら30kカロリーと驚異的に低いものがあります。

そのまま解凍してもおいしくいただけ、夏場なら解凍せずに、アイスとして食べられます。市販のアイスクリームよりも、低カロリーで栄養もある冷凍フルーツは、侮れない低カロリーお菓子といえます。

低カロリーのお菓子7【ドライフルーツ】

冷凍フルーツのように、自然のフルーツそのままをお菓子にしたのが、ドライフルーツです。これは、生のフルーツを乾燥させたもので、グミのようにもいただくことができます。

南国のトロピカルフルーツを現地から生のまま持って帰ることはできませんが、ドライの状態ならお土産としても販売していて、トロピカルな味わいが楽しめます。フルーツそのものを天日で干したり、砂糖で脱水させたり、油で揚げるなどいろいろな方法がありますが、いずれにせよフルーツの栄養素が凝縮されていて、味は申し分ありません。

最も一般的なドライフルーツはぶどう(レーズン)ですが、その他にもいろいろなフドライフルーツが販売されています。基本的には実をドライにします。オレンジやレモンなどでは、実のほかに皮の部分をドライにしたものもあるため、確認が必要です。

最近ではコンビニでもドライフルーツが販売されるようになり、ファミリーマートで販売されているドライフルーツのマンゴーは89kカロリーに抑えられています。乾燥していてもしっとり感と、フルーツ本来の甘みが残っているドライフルーツは、少しお菓子を食べたいダイエット中の人に、オススメです。

低カロリーのお菓子8【北海道産チーズを使ったこんがりラスク】

お菓子の中でも、重要なポジションを占めるパンを二度焼した「ラスク」にも、低カロリーなものがあります。ローソンが出している「北海道産チーズを使ったこんがりラスク」がそれに該当します。このラスクの一袋(30g)当たり160kカロリーに抑えられているため、ダイエット中などカロリーが気になる時にも安心して食べられるでしょう。

商品名のとおり、ラスクに北海道産チーズを利用しており、そのチーズのコクと深みが、ラスクのうまみに相乗効果をもたらしています。

また、糖質が5.3gなので、糖質制限している人でも、安心して食べられます。口の中にマーガリンの香りが広がりますが、塩分もちょうどよく、絶妙のバランスでチーズのコクが味にメリハリをつけています。

低糖質・低カロリーとはいえ、味は申し分ないので、ヘルシーなラスクはぜひ手元に置いておきたいところでしょう。例えば、このラスクをパテや生ハムなどを載せてカナッペのようにして食べるとお酒のつまみに最高です。

低カロリーのお菓子9【パリパリ食感の枝豆チップス】

チップスといえば塩味の効いたポテトチップスですが、ついつい病み付きになってしまい、食べ過ぎてしまいます。同じチップスでも枝豆チップスは、低カロリーなので安心です。ローソンが出している「パリパリ食感」の枝豆チップスは、枝豆を原料にしたチップスで、ノンフライなのがうれしいところです。

1袋あたりのカロリー数は156kカロリー。カロリーが抑えられている分、食物繊維が多く含まれていて、15.8gを摂取できます。便秘の原因になる食物繊維不足をお菓子を食べながら解消できるため、非常にありがたいお菓子です。

さて、その味わいは、枝豆の香りが思ったより強く感じられます。食べてみると「パリパリ」と食感も軽めなので、ついつい何枚も食べてしまいます。ビールのおつまみで、枝豆がない時に十分代用が効くでしょう。

糖質が9.5gというのもポイントが高いといえます。同じような商品で「かっぱえびせん」が60g、「ポテトチップス」が50.5gのため、パッケージが小さい分を差し引いても低い糖質なので安心です。小さなお子様にも安心して食べさせられるため、常備しておきたいお菓子といえるでしょう。

低カロリーのお菓子10【おしゃぶり昆布】

伝統的なお菓子の中でも、異質ですが、昔から人気があるのは昆布でしょう。「おしゃぶり昆布」と呼ばれ、しゃぶりながら昆布のうまみを同時に楽しめるお菓子ですが、最近は健康食品、低カロリーお菓子として注目を集めています。

おしゃぶり昆布のカロリーは大変低く、一袋(12g)あたり、30kカロリーです。みかんのようなフルーツより低いため、海の素晴らしい恵みと言えるでしょう。またおしゃぶり昆布には、カルシウムと食物繊維がふんだんに含まれているので、便秘解消やイライラの軽減に、大変役立ちます。

おしゃぶり昆布を食べると、満腹感を感じます。これには理由があり、少量でも噛む回数が多くなるという特徴があるため、自然と満腹感が得られるからです。実際に食べた量ではなく得られる満腹感なので、むしろダイエット中には非常に有効的な手段と言えるでしょう。ただし、採り過ぎには注意が必要です。

おしゃぶり昆布にはヨウ素が多く含まれています。あまりこのヨウ素を過剰に摂取すると、甲状腺ホルモンの機能が低下するというリスクが高まります。ダイエットには有効的な低カロリー食品ですが、採り過ぎにはくれぐれも注意してください。

低カロリーのお菓子11【SUNAO】

夏場を中心に、ついつい食べたくなるお菓子は、アイスクリームでしょう。アイスクリームは、基本的にカロリーが高めなものが多いのですが、江崎グリコが販売しているSUNAOに関しては例外で、低カロリーなアイスクリームです。原料に豆乳やトウモロコシ由来とされる食物繊維を使うことで、糖質をコントロールすることに成功しました。

そして、単なる栄養の良さだけでなく、おいしさも追求し、独自の配合で濃厚な風味・コクがあります。SUNAOの糖質量は、1回あたり10g以下と極めて異例な数値なので、安心していただきましょう。

カロリーは、カップアイスのバニラは80kカロリー、チョコ最中で80kカロリー、バニラソフトもやはり80kカロリーと、低カロリーを実現しています。ローソンと提携している、宇治抹茶・紫芋の限定アイスに限り120kカロリーと100を越えますが、それでも低い数値といえるでしょう。

いずれの製品もカロリー、糖質が低いだけでなく、味も侮れません。このアイスクリームを一度食べたら、他社のアイスクリームを食べる必要がないと感じるでしょう。大手菓子メーカー「グリコ」の底力を感じるお菓子です。

低カロリーのお菓子12【ライザップコラボ商品】

世界一のボディメイクを推進し、かっこいい体の維持を推進する次世代のトレーニングジムが「ライザップ」です。このダイエットのプロ集団が、ファミリーマートとコラボした、低カロリーお菓子を開発しました。

糖質カロリーを抑えながらも、おいしさを維持する商品が続々登場し、ダイエット中や糖質が気になる人たちの間でも評判になりつつあります。続々と新製品が発表・発売されており、2018年秋から発売が開始された商品は、ショコラケーキやチーズケーキ、アーモンドキャラメルプリンなど、低カロリーとは無縁そうなものばかりです。

ショコラケーキは、チョコレートコーディングを施し、コーヒーを隠し味にしたもので、222kカロリー、チーズケーキは、180kカロリーで、オーストラリア産のクリームチーズを使用しています。また、アーモンドキャラメルプリンは、アーモンドペースと北海道の生クリームを使用したコクのあるプリンで、こちらは200kカロリーです。いずれも、糖質を10g以下に抑えられています。

おいしくて健康的というそれまでの常識とは明らかに異なるコラボ商品は、これからも次々と新しい商品を開発してほしいと、思わず期待してしまいます。

低カロリーのお菓子13【マクロビ派ビスケット】

食事に新たな思想を加味して、玄米を主食に、豆類や野菜を中心にしたナチュラルな食事法を、マクロビオティック(正食)と呼びます。このマクロビオティックの思想は、お菓子にも採用され、それが結果的に低カロリーとなりました。

森永製菓が販売している「マクロビ派ビスケット」もその中のひとつで、ビスケットに動物性の物や精製された調味料などを使わずにつくりました。栄養価の高い、オーツ麦やナッツ類、カカオも含まれているため、栄養面では問題なくかつ健康的になれるビスケットです。

ビスケットのカロリー数は、一袋当たり187kカロリーで低く抑えられており、糖質は19.3gと、決して低いわけではありません。それは大自然のてんさい糖を使っているからです。また、食物繊維や鉄分なども含まれています。

小麦粉が使われているため、小麦粉アレルギーの方でなければ、ダイエット中でも十分食べられるお菓子といえるでしょう。味は「フルーツグラノーラ」と「カカオ」の2種類。いずれもおいしくいただけて、健康食が気になる方にも安心できてオススメです。

低カロリーのお菓子14【おからだから】

大豆から豆腐を作る際に、ベースとなる豆乳を搾り切った廃物がおからです。廃物といいながらも、栄養価の高いおからは、いろいろな料理で使われます。このおからをお菓子にしたのが「おからだから」で、江崎グリコが販売しました。おからを30%以上含んだ、しっとりケーキで「栄養調整食品」に分類されています。

カロリーは1個当たり98kカロリー。1袋の中に小袋が2つ、1個ずつ小分けになっているため、ダイエットの食事としても利用できるでしょう。

おからだからは、「チーズケーキ」「メープル」「チョコチップのしっとりケーキ」3つの味が楽しめます。本当におからが入っているのか疑問に感じる程おからの味はほとんどしませんが、それぞれの味をおいしくいただけ、食べやすいお菓子といえます。

また、ビタミンA、B1、B2、D、Eと5種類のビタミンが含まれており、栄養素は申し分ありません。栄養補助商品としても十二分な効果があるでしょう。

低カロリーのお菓子15【大豆スティック】

低カロリーの食材で頻繁に登場する大豆、この大豆をスティックにしたお菓子を、ローソンが東ハトと共同で開発しました。大豆スティック塩味は、大豆を細かく加工(グリッツ)したものをスティック状のお菓子にしたもので、塩味がついています。181カロリー、糖質は9.9gと低く抑えられ、食物繊維10.1gが含まれています。

ダイエットに適している理由は、食べ応えです。非常にしっかりした、かみ応えのため、少量で満腹感を得られるので、食べすぎることがないでしょう。

「大豆」の風味が、結構強く出ているという味の特徴があります。また、食べ応えがあるため、噛めば噛むほど大豆のうまみが出てきます。そのため大豆そのものが苦手な人には、少しきついかもしれませんが、大豆が好きなら、かむほどにその大豆のうまみがどんどん出てくるので、たまらないでしょう。

病み付きになる人が、続出しているというのもうなづけます。カップの中には結構な量のスティックが入っているので、ダイエット中の食事にもなりえるでしょう。またノンフライと言うのもうれしいところです。

低カロリーのお菓子16【ごまわかめ】

低カロリー食品の中にワカメがあります。糖質も低いため、ダイエット中の箕としては非常にありがたい食品のひとつですが、このワカメをお菓子にした商品があります。「ごまわかめ」とよばれるもので、ワカメをお菓子感覚で気軽に食べられます。

こちらの商品は、各社で販売しており、わかめ以外の原材料などが微妙に異なるため、カロリーや糖質などの栄養素にも微妙な違いがあるため、注意しましょう。ダイヤ製菓が販売しているものには、より食べやすいようにあられが入っていますが、その分若干カロリーが高めです。

コンビニ各社でも同様の商品を開発・販売しており、ローソンのパリパリごまわかめは、70kカロリーで糖質が3.8gと非常に低く、セブンイレブンのものは63カロリーで糖質が5.1gです。甘みと塩辛さが交互に感じる味わいで、サクサクパリパリ食べてしまえるでしょう。

また、わかめなので、ダイエットをあまり気にしない人であれば、白いごはんと一緒にふりかけのようにして食べることもできます。また、お酒のおつまみとしても最適です。

低カロリーのお菓子17【ミックスナッツ】

お酒のおつまみには、いろいろなナッツ類があり、それらをミックスしたものが「ミックスナッツ」です。これは、低カロリーというよりも、むしろ高カロリー(100gあたり606kカロリー)食品といえるでしょう。しかし、カロリー以外の面では、意外にもダイエットに効果があることが分っています。

例えば、糖質は4.2gと大変低いため、カロリーよりも糖質が気になる人には、このミックスナッツは大変有効的な食品です。脂質含有量が多いために、カロリーが高めのナッツ類ですが、これは自然界の脂質で良質なため、直接肥満につながるものではありません。

そのほかにもミックスナッツがダイエットに効果的であるという根拠に、腹持ちがあります。ミックスナッツは、脂質が多いために腹持ちが良く間食を防ぐ効果が期待できます。かみ応えのあるナッツ類は、満腹になりやすいことも高ポイントでしょう。

また、食物繊維が豊富に含まれいて、便秘にもなりにくいという特徴を持っています。市販されているミックスナッツは、素焼きのものが出回っているので、そちらがおすすめです。素焼きのものはノンフライなので、余計な脂分をとることもありません。

低カロリーのお菓子18【あたりめ】

お菓子というよりも、どちらかと言えば酒のおつまみに近いあたりめ(又はするめ)は、低カロリーです。これは内臓を取ったイカを乾燥させたもので、20gあたり63kカロリーとなっているため十分低カロリー食品としてダイエットに効果的なのでオススメです。糖質も低いです。

かみ応えは十分すぎるほどあるため、少量でも満腹感が得られるというのもイチオシの理由です。あたりめは、大抵のコンビニで販売しているので、気軽に入手できるでしょう。

ただし、あたりめは食べ過ぎに注意が必要です。せっかくの低カロリー食品ですが、塩分が程よく効いているために、食欲が旺盛になるというリスクがあり、大量に食べてしまえば、当然ダイエットとは真逆の結果に陥ってしまうでしょう。

また、酒やジュースなどと一緒に食べると、あたりめよりもドリンクに糖質が入っているので、その際にはお湯もしくは温かいお茶にするべきです。味を変えようとマヨネーズなどを使えばカロリーの増加につながるため、何もつけずに食べましょう。

低カロリーのお菓子19【むき甘栗】

縁日などで昔からあるお菓子が「甘栗」です。この甘栗は、100gあたり208kカロリーと極端に低いわけではありません。しかし、糖質が1.1gと極端に低いため、必ずしもダイエットに不向きと言うわけでもありません。また、食物繊維が豊富ため、便秘の予防に最適な食品です。

妊娠時に、胎児の先天異常の予防になるため、採っておくことが大切とされる葉酸と言う成分が、甘栗に多く含まれています。妊娠を意識する女性にとっては非常に重要なお菓子といえるでしょう。

昔ながらの甘栗は、殻が付いたままのため、むくのが大変ですが、現在コンビニなどで売られているものは、むいた状態で売られているので、手軽に利用できます。また、ダイソーでは有機栽培のむき甘栗を販売しており、コスパが良いだけではなく、カロリーも低めなので、近くにダイソーがあれば、ぜひのぞいてみましょう。

むき甘栗は、そのまま食べても、またご飯の上に載せておかずとして食べてもおいしいです。また、セブンイレブンの有機むき甘栗は、80gあたり143kカロリー、糖質が0.6gと驚くほど低くなっています。

低カロリーのお菓子20【カロリーメイト】

カロリーメイトは、30年以上前から大塚製薬より販売されている「栄養調整食品」で、「カロリー」と商品名についているようにカロリーを意識した食品です。「バランスよく栄養を手軽にとる」というコンセプトのもとに開発されたもので、ブロックタイプ、ゼリータイプ、ドリンクタイプの3種類に分けられ、さらに細かくいろいろな味があります。

ドリンクタイプとゼリータイプは200kカロリー、ブロックタイプは1本100kカロリーと決まっていて、カロリー計算が非常に便利な食品といえます。

カロリーメイトが低カロリーかどうかについては、実際にはさらに低カロリーの菓子が存在していることから賛否が分かれます。ただし、カロリーメイトはカロリー以外の栄養という視点から見ると大変優れた食品といえます。

人間の生存に不可欠な重要な栄養素がバランスよく含まれているため、カロリーメイトは安心できる食品といえるでしょう。具体的にはタンパク質、糖質、脂質、ビタミン11種類、ミネラル6種類が含まれています。カロリーメイト自体は低カロリーとは言いがたいですが、うまく利用すればダイエット食品として一定の効果があるでしょう。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ラプンツェルの世界!世界のランタン祭りまとめ

    人気ディズニー映画の一つ「塔の上のラプンツェル」。この映画のモデルとなったことで有名なランタン祭り。スカイランタンとも呼ばれていて、空に無数のランタンが飛んで行く光景はまさにおとぎ話の中のような光景です。このスカイランタン祭り、実は世界各地で行われています。今回はそんなスカイランタン祭りをご紹介します。

  • 世界各国の伝統的なクリスマスケーキ&スイーツまとめ

    クリスマスといえばケーキ。日本では生クリームのデコレーションケーキが主流ですが、世界ではさまざまな伝統的なクリスマスケーキがたくさん!今年の手作りクリスマスケーキは、いつもとちょっと違ったケーキに挑戦してみてはいかがでしょうか?

  • 世界各国のクリスマスに飲む飲み物まとめ!お酒はもちろんノ...

    いろいろな国のクリスマスに飲まれる特別な飲み物をレシピ付きでまとめてみました。すでにご存じのものもあるかもしれませんが、ホームパーティーなどのネタにいかがですか?是非試してみてくださいね。

  • なんと無料!! トランジットで市内観光ツアーに参加できる空港...

    空港で乗り継ぎをする際、次の飛行機までかなり時間が空いてしまうことがありますよね。 そんな時、ビザなしでも乗り継ぎ空港から市内観光ツアーに参加できる空港をご存知でしたか? しかも、なんとツアー参加日は無料! 入国審査を受けずに入国できるので、数時間余裕があれば参加できるのです。 これなら空港内で暇つぶしすることなく、トランジットですらも楽しめますね!

  • 低カロリーのお菓子おすすめ20選!コンビニやスーパーでも買...

    低カロリーのお菓子は数多くあります。メーカーやコンビニが開発したお菓子は、カロリーや糖質を抑えた、ダイエットに効果的なお菓子が販売され、気軽に手に入ります。低カロリーなだけではなく、おいしいものが数多くあり驚くでしょう。コンビニ(コンビニエンスストア)やスーパーで気軽に手に入る、低カロリーのお菓子を20個厳選しました。

  • 旅行中は食べても太らない!その理由と太らない方法

    旅行中に食べすぎて困った!ということはありませんか? 実は、旅行中は自律神経の働きや、運動量の多さから太りにくい身体になっているので、ダイエット中でも、たくさん食べられるチャンスかもしれない!?という説があるのです。

このエリアの新着記事
  • 北極圏を訪れる10の大きな理由

    北極は贅沢な旅行者の必見のリストにますますポップアップし始めています。その魅力の一部は、非常に長い時間の間、北極圏のクルーズは非常にエキゾチックだったので、探検家の人生と肢体を危険にさらしているノースウェスト・パッセージを見つけようとする物語に絡み合っている。

  • 旅を最高の思い出に!マストカメラアプリ

    一眼レフやあえてのフィルムカメラもいいけれど、やっぱり使いやすくて便利なスマホのカメラは旅の相棒です。その旅の思い出をより美しく思い出に残しましょう。初心者でもすぐにこなれた写真に加工できる、オススメのカメラアプリや関連アプリをご紹介します!

  • カメラ初心者必見 一眼レフの使い方まとめ!旅行の写真を美し...

    スマートフォン内蔵のカメラやデジタルカメラの発展により、旅行先で誰もが気軽に写真を撮ることができるようになりました。撮ることに慣れてくるともっと綺麗に撮りたい!と欲が出てきて、一眼レフに興味を持ち出す方もいるのではないでしょうか。難しいイメージの一眼レフを上手に使いこなせるか心配という方のためにも基本の操作についてお教えします♪

  • 次のカメラ購入の参考に!ジオラマフォトで巡る世界の名所

    ジオラマやミニチュアのような写真を「Tilt-Shift (ティルト・シフト)」と言います。画像処理ソフトで作成するものもありますが、簡単に撮影できるアプリも登場しています。デジタルの時代ならではの、センスが光るアレンジ写真を楽しんで下さい!

  • 胸キュン注意♡ドラマ「ダメな私に恋してください」のロケ地

    アラサー独身女とドS元上司が贈る、コミックが原作の人気ラブコメディードラマ「ダメな私に恋してください」のロケ地をご紹介。実際に撮影が行われた場所を訪れる事ができるとなんだかうれしくなっちゃいますよね♡ダメ恋ファンの皆さん!こちらの記事をチェックしていただき、ぜひロケ地巡りに出かけてみてください♪

  • 中華料理で守るべきテーブルマナーとは?ターンテーブルは時...

    中国料理とは「四川」「広東」をはじめとする4つの地方に分けられた伝統的な料理で、大皿に盛られた料理がターンテーブルにずらりと並びます。でも、実はテーブルマナーをよく知らない…というかたも多いのでは?今回は、中国料理のマナーをご紹介!これさえ覚えておけば、自信を持ってお食事が出来るはずですよ。

  • 【日曜劇場】松本潤主演「99.9‐刑事専門弁護士‐」のロケ地まとめ

    日曜劇場、松本潤主演「99.9‐刑事専門弁護士‐」が好評放送中です。この人気のドラマがどこで撮影されているのか?気になるロケ地をまとめました。

  • 【旅のTips】ロストバゲージにご用心!事前の準備と発生時の...

    今日は旅先で起こりがちなトラブルの対策として、ロストバゲージに関するtipsをお届します。

  • エアトリ(旧DeNAトラベル)の航空券は本当に安い?使い方や...

    エアトリは、業界第2位のオンライン旅行会社で航空券を安く購入できると大々的に宣伝しています。果たして、運営会社は安全なのでしょうか?詳細が気になりますね。エアトリの使い方や、手数料、キャンセル方法、口コミなどについて調べました。また、エアトリの航空券は本当に安いのでしょうか?

  • Airbnbを利用して、旅先の家に暮らすように泊まろう!

    旅行をしていて、「この地域の人はどんな家に住んでいるのだろう?」「家の中はどのような造りになっているのかな」とか、「暮らすように旅行がしたい」、なんて思いを抱いた事ありませんか?今回はそんな人におススメの、「airbnb」という宿泊システムを紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事