シンガポールの物価って高いの?観光に必要な物価情報まとめ

281

views

0

観光業や金融業が盛んなシンガポールは、物価が高いと言われています。シンガポール旅行でよく使う物の物価を、日本の物価と比べながら、わかりやすく紹介します。シンガポールを旅行する際に役立つ、各物価の特徴やいいところ、注意点などはどのようなものか知りたい方は、こちらの記事でチェックしましょう。

シンガポールといえば物価が高いイメージ!?

シンガポールといえばマリーナベイサンズなどの観光地や、ビジネス街を想像する方が多いでしょう。旅行の際に気になるのが、物価ですよね。シンガポールは物価が高いとよく言われています。東京23区と同じくらいの小さな国土に、世界中からたくさんの企業の人材が集まるので金融立国であるのと同時に、物価が高くなっています。

金融資産が1億ドル以上の「超富裕層が世界で2番目に多い」のも、シンガポールの特徴です。収入に上限なく税率が低いことが超富裕層が多い理由の1つ。人気の観光地、セントーサ島は超富裕層が住む場所としても有名です。

金融立国と聞くと旅行の出費が心配になりますが、実は日本と同じくらいの物や日本より安い物もあります。シンガポール旅行をする際に買うものや観光地の物価を、日本と比べながら紹介していきます。ぜひシンガポール旅行の費用の参考にしてみてください。(比較時のレートは、1SGD=76円。2020年10月30日現在。)

シンガポールと日本の物価比較①:水のペットボトル

シンガポールと日本の物価比較の1つめは、「水のペットボトル」です。シンガポールのお水は購入する場所によって値段が大きく違います。観光の中心部やホテル内だと価格は高く、スーパーだと現地のメーカーなら1リットルで1SGD(約77円)で購入できます。

セブンイレブンでは、セブンイレブンの個人ブランドのお水が最も安いです。500ミリリットルで、1.80SGD(約138円)で買えます。ヨーロッパのブランドは比較的高く、エビアンは2.90SGD(約222円)、ボルビックは2.80SGD(約214円)で売られています。

日本の水のペットボトルは、コンビニやスーパーであれば安いもので100円以下ですよね。シンガポールの水のペットボトルは、日本の物価と比較すると少し割高です。たくさん飲む方は、シンガポールのスーパーで多めに買っておいて、別の容器に移し替えて持ち歩くと節約になります。

ちなみにシンガポールの水道水は、日本と同じくらいの衛生レベルかつ軟水なので、そのまま飲むこともできます。水にお金をかけたくない方は水道水を飲むのも手ですが、水道水を飲み慣れない方は無理して飲むと体調を崩す危険もありますので注意が必要です。

シンガポールと日本の物価比較②:地下鉄

シンガポールと日本の物価比較の2つめは、「地下鉄」です。シンガポールの地下鉄はMRTと呼ばれ、ほぼ国内全域をカバーしています。MRTの料金は日本と比べると安く、チケットの使い方によってお得になることもあります。

MRTのチケットには3種類があります。スタンダードチケットは通常の切符です。シンガポール・ツーリスト・パスは旅行者向けで、MRTと路線バスが1日〜3日間乗り放題になります。EZ-linkカードはMRTだけでなく路線バスでも使える、日本でいうとSuicaなどのICカードのことです。

チャンギ空港から観光の中心地であるオーチャードまでは約40分かかり、金額は2.70SGD(約207円)です。日本の地下鉄なら1駅分ほどの価格なので、シンガポールの地下鉄はかなり安いことがわかります。EZ-linkカードは、他のチケットと比べると運賃が少し割引になるので、たくさん移動する方にはお得です。

交通費の面でいうと、シンガポールはタクシーも非常に安いです。基本的な初乗り料金は、3.20SGD(245円)からです。日本だと、例えば新宿から渋谷までタクシーを使うと約1,450円ですが、シンガポールだと同じ距離で約613円です。シンガポールは地下鉄をはじめ、交通費が日本より安いことがわかります。

シンガポールと日本の物価比較③:動物園

シンガポールと日本の物価比較の3つめは、「動物園」です。シンガポールの動物園の価格は、全体的に非常に高いです。シンガポールの動物園といえば、シンガポール動物園・リバーサファリ・ナイトサファリの3つです。

シンガポールを代表する、シンガポール動物園の料金は、39SGD(約3,000円)です。とにかく広くて動物との距離が近いのが特徴。リバーサファリの料金は、36SGD(約2,700円)です。アマゾン川など世界の古代魚や生き物を見れます。ナイトサファリの料金は、47SGD(約3,600円)で、夜行性の動物を観察できるのが特徴です。

日本を代表する動物園といえば、パンダでも有名な上野動物園ですよね。上野動物園の料金は、なんと600円です。規模の違いはありますが、先述したシンガポール動物園の料金は2,400円も高いのがわかります。

シンガポールの動物園の料金は3,000円前後と高いですが、公式サイトで事前予約をすると割引になります。当日チケットを買うより安いですし、公式サイトではチケットの種類も豊富にあるのでおすすめ。日本語で予約なら、Voyaginが便利です。

シンガポール動物園
住所:
80 Mandai Lake Rd, シンガポール 729826
電話番号:
+65 6269 3411
営業時間:
午前8時30分~午後6時(最終入場券販売午後5時30分)
定休日:
基本的になし
アクセス方法:
市内からオープントップバスで約40分

シンガポールと日本の物価比較④:ユニバーサルスタジオ

シンガポールと日本の物価比較の4つめは、「ユニバーサルスタジオ」です。シンガポールのセントーサ島に、ユニバーサルスタジオがあります。アミューズメントパークは特に料金が気になりますが、実は日本より安いんです。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールのワンデイパスの料金は、大人は81SGD(約6,200円)・子供は61SGD(約4,700円)・シニアは43SGD(約3,300円)です。日本よりは小規模ですが、日本にはないアトラクションや雰囲気を楽しむことができます。

日本にも大阪にユニバーサル・スタジオ・ジャパンがあり、料金は混雑予想日によって違います。1番安い日のワンデイパスの料金は、大人で7,800円・子供で5,400円・シニアで7,100円です。1番高い日だと大人で9,200円もするので、シンガポールの料金の方が3,000円安くなることも。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールのチケットも公式ホームページから事前購入できます。割引プランやEz-Linkカードが付いてくるプランなど、時々シーズンごとにプロモーションもあります。日本より価格は安いですが、入場券意外にも食事やお土産を考えると1万円以上は費用に入れたいですね。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール
住所:
8 Sentosa Gateway, シンガポール 098269
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
+65-6577-8888
営業時間:
基本的に10:00〜19:00(週末やイベント時は変動あり)
定休日:
なし
アクセス方法:
セントーサエクスプレスのウォーターフロント駅で下車、入り口まで徒歩約3分

シンガポールと日本の物価比較⑤:スターバックス

シンガポールと日本の物価比較の5つめは、「スターバックス」です。シンガポールにはスターバックスが約130店舗もあります。ドリンクの価格は日本よりやや高めですが、シンガポールならではのスタバグッズはとてもおしゃれです。

シンガポールのスターバックスの価格は、トールサイズでカフェラテは6.20SGD(約480円)、アイスコーヒーは5.40SGD(約410円)です。固定メニューや季節限定のフラペチーノは日本とは違う種類を楽しむことができます。

日本のスターバックスの価格は、トールサイズでカフェラテは380円、アイスコーヒーは370円なので、シンガポールの方が少し価格が高めです。キャラメルフラペチーノで比較すると、日本の価格は490円で、シンガポールの価格は約550円なのでフラペチーノも高めです。

チャンギ空港のすぐそばにあるジュエル・チャンギ・エアポート店は国内最大のスターバックスで、2階建てになっています。店舗限定のシンガポール料理を取り入れた料理や、高級感のあるグッズなどがあり、空港で一息つくついでにお土産も買えちゃいます。

スターバックス ジュエル・チャンギ・エアポート店
住所:
#02-204, 78 Airport Blvd Jewel Changi Airport, Singapore 819666
電話番号:
+65-6910-1135
営業時間:
 月曜から木曜10:00〜21:00、金曜&土曜9:00〜22:00、日曜&祝日9:00〜21:00
定休日:
なし
アクセス方法:
チャンギエアポート(Changi Airport・CG2・チャンギエアポートエクステンション線)駅下車、チャンギ空港に隣接するJewelの2階

シンガポールと日本の物価比較⑥:お酒

シンガポールと日本の物価比較の6つめは、「お酒」です。シンガポールの酒税はとても高く、お酒のアルコール度数によって酒税が変わります。家で飲むのとレストランやバーで飲むのでは料金が大幅に違うのが特徴です。

シンガポール発祥のビールといえば、タイガービール。コンビニでタイガービール500ミリリットルを買うと5.9SGD(約451円)です。レストランやバーでビールを頼むと土地代やサービス料が高いので11SGD(約840円)と2倍になります。

日本を代表するビールといえば、アサヒビール。コンビニでアサヒビール500ミリリットルを買うと280円くらいですよね。レストランや居酒屋で頼んだとしても500円ほどと、シンガポールの方が圧倒的に高いのがわかります。

シンガポールはアルコール度数が高いと酒税も高くなります。ビールはカクテルなどに比べて度数が低いので、お酒代を安くしたい方はビールを選ぶのがよいでしょう。シンガポールはお酒の取り扱いも厳しく、22:30〜7:00はコンビニなどでお酒の販売が禁止になります。家で飲みたい方は早めに購入しておきましょう。

シンガポールと日本の物価比較⑦:フードコート

シンガポールと日本の物価比較の7つめは、「フードコート」です。シンガポールの食事の価格は、場所によって大きく違います。最も安いのが、ホーカーズと呼ばれるシンガポールのローカルな屋台が集まったフードコートです。

シンガポールといえばチキンライス。ホーカーズでチキンライスは3.3SGD(約250円)です。ホッケンミーというシンガポールの焼きそばは3.9SGD(約300円)と、非常に安い価格で手軽にシンガポール料理を楽しめます。

日本のフードコートだと、ラーメンやカレーをよく見ますよね。価格は安くてもほとんど500円以上はします。日本のフードコートと比べると、200円や300円で食べられるシンガポールのホーカーズは信じられないくらい激安で、量もたくさん食べられます。

ホーカーズには、シンガポール料理以外にもタイ料理やベトナム料理、日本料理などメニューも様々です。お会計は現金支払いのみがほとんどなので、クレジットカード利用者は注意が必要です。

シンガポールと日本の物価比較⑧:お菓子類

シンガポールと日本の物価比較の8つめは、「お菓子類」です。シンガポールならではのお菓子は、ばらまき土産としても購入しますよね。お菓子類も種類によって価格はマチマチですが、比較的高めのものが多く見られます。

シンガポールでよく見るのはプリングルスです。味もタイの味やチーズバーガー味など日本にないものばかり。スーパーでの価格は、150gで4.25SGD(約325円)と少々高めです。グリコ のプリッツは、なんと0.95SGD(約73円)と安いので、バラマキ土産におすすめ。

日本のプリングルスは、100gで250円ほどなのでグラム数は違いますが少々シンガポールの方が価格は高いです。日本のグリコ のプリッツは100円ほどなので、シンガポールの方が価格が安いです。お菓子は種類によって価格は違うことがわかります。

シンガポールでバラマキ土産が買える代表的なスーパーマーケットは、「マーケットプレイス・パラゴン店」や「伊勢丹スコッツ店」などで、どちらも観光の中心地であるオーチャード付近にあります。

シンガポールと日本の物価比較⑨:水族館

シンガポールと日本の物価比較の9つめは、「水族館」です。シンガポールの水族館といえば、巨大水槽が有名な「シーアクアリウム」で、大人気の観光スポットになっています。シーアクアリウムの料金は、日本と比べると高めです。

シーアクアリウムの1日券の料金は、大人で41SGD(約3,100円)、子供で30SGD(約2,280円)、シニアで30SGD(約2,280円)です。セントーサ島にある人気観光地なので割高ですが、巨大水槽や200匹以上のサメが泳ぐエリアなど、他にはない魅力がたくさんあります。私は行ったことがあるのですが、水槽がアーチ型になっているエリアが好きでした。

日本を代表する水族館といえば、沖縄県にある美ら海水族館ではないでしょうか。美ら海水族館の料金は、大人で1,880円、子供で620円なので、シンガポールの方が大人の場合1,200円ほど高いです。クラゲで有名な神奈川県の江ノ島水族館でも大人2,500円ですので、シーアクアリウムの料金の高さがわかります。

シーアクアリウムは高いなぁと思う方に朗報で、Voyaginという旅行会社からチケットを買うと、通常より安くチケットが購入できます。シーアクアリウムの割引率は高く、大人で35%オフです。上手く割引サイトを利用すれば、日本と同じくらいの料金で水族館を楽しめるでしょう。

シーアクアリウム
住所:
8 Sentosa Gateway, Sentosa Island, シンガポール 098269
営業時間:
10:00~19:00
電話番号:
+65 6577 8888
定休日:
なし
アクセス方法:
セントーサ・エクスプレスのリゾート・ワールド・ステーション(Resorts World Station)駅より、歩いて約5分

シンガポールと日本の物価比較⑩:ホテル

シンガポールと日本の物価比較の最後は、「ホテル」です。シンガポールのホテル料金は高いイメージはありませんか?たしかに高級ホテルが多く、エリアによっては宿泊費が高いです。しかし他の先進国と比較すると突出して高いわけではなく、高級ホテル以外にも格安宿などがたくさんあります。

シンガポールのホテルといえば、マリーナベイサンズですよね。時期にもよりますが、だいたい1泊400〜800SGD(約3〜6万円)です。セントーサ島の5つ星ホテルも200SGD(約15,000円)前後で泊まれます。一方、格安ホテルなどは1泊65SGD(約5,000円)でも泊まれてしまいます。

日本の高級ホテルといえば、帝国ホテルです。時期によりますが、だいたい1泊3万円前後なので、マリーナベイサンズとほとんど変わりません。日本のビジネスホテルも平日なら安くて7,000円前後で泊まれるので、シンガポールと同じくらいです。

せっかくシンガポール旅行をするのであれば、マリーナベイサンズに泊まってみたい方も多いでしょう。しかも有名なインフィニティプールは、宿泊者限定です。航空券付きのツアーだと割安なこともあります。マリーナベイサンズの安い時期は、雨季の11月〜2月なので、雨季を狙うという手もありますね。

マリーナベイサンズ
住所:
10 Bayfront Ave, Singapore 018956
電話番号:
+65 6688 8868
定休日:
なし
アクセス方法:
MRTベイフロント駅(CE1/DT16)から直結

シンガポール滞在中の参考にしてみてください!

Photo by sasint

シンガポールの物価を日本の物価と比べながら紹介しました。
全体的に観光地周辺は物価が高く、動物園や水族館などの人気観光スポットは特に入場料が高いです。反対に、スーパーやホーカーズなどのローカルな食品系は非常に安いのがわかりました。

観光やローカル食事など上手く組み合わせれば、出費を抑えながらシンガポール旅行を楽しめるのではないでしょうか。事前予約や旅行会社経由でチケットを予約するなど、割引ができる方法もあります。

ぜひシンガポール滞在中の参考にしてみてくださいね。そして、キラキラ輝くシンガポールの世界を思う存分お楽しみいただけますように。

Hoshi

国内・海外ともに旅が大好きな自由人。ワーホリ経験者。
現在はヨガ、心と身体のヘルスケア・エコの知識を深め中です。
「行動のきっかけとなる」ような、心がワクワクする情報を発信します!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • シンガポールのおすすめホテル15選!人気のホテルはココ!

    シンガポールといえば、まず思いつくのがマーライオン像のあるスポットではないでしょうか?シンガポールは公用語が英語で、年中温暖な気候で過ごしやすいことから旅行先として選ぶ人も多く、最近では移住までしてしまう人も増えています。今回は、そんなシンガポールに行ったら、ぜひ泊まっていただきたいおすすめホテルを紹介します。

  • シンガポールでブラータチーズを味わえる店!ピエトラサンタ

    シンガポールでイタリアン?と驚かれそうですが、おすすめの隠れ家レストランがたくさんあるんですよ!ほとんどのお客さんが注文するブラータチーズは、このレストランの名物!ピエトラサンタはイタリア以外でブラータチーズを食べることができる数少ないお店として知られています。シンガポールにいるとは思えないイタリアンな空間へご案内します!

  • シンガポールで異国気分!セントーサ島のタンジョン・ビーチ...

    今、シンガポールで人気があるスポットといえばここをおいては語れないほど、連日観光客でにぎわうのがセントーサ島。 その中でも今おしゃれなビーチとして人気のタンジョン・ビーチ・クラブをご紹介します。

  • シンガポールの動物園で見れる! 最強レア動物たちに会いたい

    シンガポールへ旅行に行くならぜひとも立ち寄ってほしいスポット「シンガポール動物園」。こちらの動物園には約270種類3000頭の動物がジャングルのような園内で生活しているんだとか!そんな魅力たっぷりのシンガポール動物園をご紹介していきます。

  • ペーパーチキンって何?シンガポールで話題のヒルマン・レス...

    シンガポールの名物料理、ペーパーチキン。このペーパーチキンを食べるのに一番お勧めのお店が、ヒルマン・レストラン。来店する客のほとんどが日本人というこちらのお店、なぜここまで日本人を惹きつけるのでしょうか。 今回は、ヒルマン・レストランのペーパーチキンについて紹介します。

  • カトンの観光でやるべきはこれ!カラフルで可愛い街を楽しもう

    シンガポール観光に行くのなら是非立ち寄ってみてほしいのが、このカトン地区。 色とりどりの可愛らしい街の作りを見ながら、こちらでしか見ることができないプラナカン文化を堪能してみてはいかがでしょうか?

  • 遊び好きにはたまらない!シンガポール・セントーサ島が激ア...

    シンガポールきってのリゾートエリア、セントーサ島は近年注目を集めているエンターテイメント施設が集まっている観光地の一つ。海に山に街、すべてが揃った魅力いっぱい、夢が広がる宝島。 すべてを忘れて遊ぶことに専念できる、セントーサ島の魅力をご紹介!

  • 口コミ評価まっぷたつ!マリーナベイサンズの滞在を最高にす...

    屋上にある絶景天空プールが有名なシンガポールのマリーナベイサンズホテル。 実はこのホテル、口コミサイトでの評価が驚くほどまっぷたつにわかれているのです。 いったい何が違うのか。最高の思い出にするための3つの法則をこっそりと教えちゃいます。

  • ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの遊び方!人気のアト...

    ユニバーサル・スタジオ・シンガポール略して「USS」!シンガポールにもユニバーサルがあります。日本のUSJとどう違うの?何がおすすめなの?そんな疑問を持つあなたに、USSならではの魅力と見どころを紹介していきます!

  • シンガポールで肉骨茶(バクテー)を食べよう!おすすめのレ...

    肉骨茶と書いてバクテーと読む、シンガポールやマレーシアのローカルフードをご存知ですか?骨付きの豚肉を煮込んだだけのシンプルな料理ですが奥の深い味わいが癖になるとローカルの人々から観光客まで大人気☆様々な食べ方を楽しむ事の出来るバクテー、シンガポールを訪れた際はぜひ1度ご賞味下さい♪

このエリアの人気記事