シンガポール基本情報 【トイレ編】

20,200

views

0

煙草の吸殻すら落ちていないという程クリーンなイメージがあるシンガポール。果たしてトイレ事情はどうなのでしょうか?

シンガポールのトイレ事情 

とにかくクリーンなイメージのシンガポールですが、場所によってそうでもないところもありますので、細かく分けてご紹介していきます。

空港、ホテル、ショッピングモール

チャンギ空港は新しく、空港自体が観光地のようなところなので、トイレはとてもキレイです。オーチャードロードにある高級路線のショッピングモールおよびホテルのトイレはとてもキレイに保たれています。

ローカルなショッピングモールのトイレも古いですが、キレイに保たれていますので、不快な思いをすることはないでしょう。これらのトイレは基本的に無料のところが多いです。

MRTのトイレ

MRTとはシンガポールを走る地下鉄のことですが、構内にはトイレがあります。こちらのトイレも比較的清潔に保たれていることが多いです。

ホーカーセンターのトイレ

通常のレストランであれば、問題なく無料で使えるトイレですが、ホーカーセンターと呼ばれる屋台が集う場所にトイレがある場合もあります。観光客向けのホーカーセンターであればトイレもあるところも多いですが、地元向けのホーカーセンターにはトイレがないところも多いので、ご注意ください。料金が20セントほど発生するところもあります。

公衆トイレ

シンガポールではあまり公衆トイレをみかけません。デパートやショッピングセンター、駅に立ち寄った際に済ませておくことを心がけましょう。 

紙は流していいの?

アジア圏を旅行する時、必ず出てくるのがこの問題ですよね。
シンガポールではトイレの後、紙はトイレに流します。ただし、トイレットペーパーがなく、ポケットティッシュを使った場合は詰まりの原因となりますので、脇のゴミ箱に捨てた方がよいでしょう。 

シンガポールトイレあるある 

場所によってはカルチャーショックを受けるトイレ文化も少しご紹介しておきます。 

シンガポールにも和式のトイレがある!?

街の中心部や新しい建物内のトイレで見かけることはほとんどありませんが、郊外や古いデパート、ショッピングセンターに行くとたまにしゃがみこむタイプの便器を見ることがあります。これはマレー式のトイレです。

トイレが水浸し!?

単なる旅行ではほとんど見かけないと思いますが念のために書いておきます。私がシンガポールに長期滞在していた時、水浸しのトイレに遭遇することがありました。どうしてこうなるんだろう?と首をかしげていましたが、後々判明したことはトイレットペーパーの代わりにトイレの中に置いてあるホースから水を出して洗浄する、というものでした。

これはお隣のマレーシアの田舎の方にはまだまだ残っているトイレ文化のようです。シンガポールではほとんど見かけませんが、もしそのような惨状(笑)をみかけたらそういうことなのだと納得してください。

最後に

以上、最先端の街シンガポールのトイレ事情でした!基本的にとても清潔な街で、旅行はしやすいです。トイレットペーパーが切れていることも多々あるので、ポケットティッシュは常に持ち歩いてくださいね♪

シンガポールのおすすめ記事はこちら

Amy

スペイン→オーストラリア→シンガポール生活を経て、現在はドイツ・ベルリン在住 
ドイツやヨーロッパのことを中心に情報発信しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事