ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの遊び方!人気のアトラクションは?

27,399

views

1

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール略して「USS」!シンガポールにもユニバーサルがあります。日本のUSJとどう違うの?何がおすすめなの?そんな疑問を持つあなたに、USSならではの魅力と見どころを紹介していきます!

★ユニバーサル・スタジオ・シンガポールについて

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールは主に7つのエリアで構成させています。
ハリウッド(HOLLYWOOD) ニューヨーク(NEWYORK) SCI-Fシティ(SCI-FI CITY) 古代エジプト(ANCIENT EGYPT) ザ・ロストワールド(LOSTWORLD) 遠い遠い国(FarFarAWAY) マダガスカル(MADAGASCAR)の7エリアです。

それぞれをテーマにしたミュージカルやアトラクションがあり、いろんな世界を楽しむことができるようになっています。USJに続いてアジアでは二番目として2010年3月18日に開業。東南アジアとしてみれば初のユニバーサル・スタジオ、ほかのユニバーサル・スタジオと比べるとちょっと狭いようです。ではここで日本のUSJと比較してみましょう

★日本や世界のユニバーサルと比較してみて

まずはユニバーサル・スタジオ・シンガポール、敷地面積はおよそ20haアトラクション数は19個あります。
そしてユニバーサルスタジオ・ジャパン、敷地面積はおよそ54haアトラクション数は39個あります。
最後にユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの情報も、敷地面積はおよそ172haアトラクション数は15個でした。

書きだしてみるとユニバーサル・スタジオ・シンガポールはアトラクション数はハリウッドより上ですが敷地面積でいうとほかのスタジオに比べて断然狭いですね。ぎゅっと濃縮されたアトラクションが目白押しなのでしょう、歩く距離も短く済むので疲れなくていいですね。

★ユニバーサル・スタジオ・シンガポールに行かなきゃ乗れないレアアトラクション!

出典: www.szhop.com

USJにもあるジュラシックパークやウォーターワールド、これらはユニバーサル・スタジオ・シンガポールにもありますが、USJでは乗ることのできないここに行かなきゃ乗れないレアアトラクションがあるのでご紹介します。

トランスフォーマー・ザ・ライド (TRANSFORMERS The Ride: The Ultimate 3D Battle )

映画トランスフォーマーを題材にした3Dアトラクションです。
USJにもあるスパイダーマンのアトラクションと似たアトラクションですね。
3Dメガネをかけて飛び出してくるトランスフォーマーと絶叫しましょう!
2012年までシンガポールにしかこのアトラクションはなかったのですが好評だったのかユニバーサル・スタジオ・ハリウッドにも新たに作られたそうです。

リベンジ・オブ・ザ・マミー (Revenge of the Mummy™)

屋内型のジェットコースター、アトラクションの名前通り火の玉やミイラが観客を怖がらせます。
海外版のお化け屋敷コースターといったところでしょうか。こちらのアトラクションなんとUSJにだけ無いのです!
ほかの全てのユニバーサルスタジオにはあるのですが…なのでこれに乗った日本人はなかなか少ないと思うのでレア感ありますよ。

ライツ!カメラ!アクション!!byスティーブン・スピルバーグ (Lights, Camera, Action!™ Hosted by Steven Spielberg)

こちらは乗って楽しむようなアトラクションではなく、スティーブン・スピルバーグ監督の考えたシナリオを体感できるショーのようなアトラクションになります。
ニューヨークに突如現れたハリケーン、特殊効果を利用し炎や大量の水、大音響の爆発効果などで楽しませてくれます。
USJでいうところのバックドラフトのようなアトラクションといえばわかりやすいかもしれません。ですがこちらはあのスティーブン・スピルバーグの監修したアトラクション、訪れる価値はかなりありそうです。
これは2015年現在ではユニバーサル・スタジオ・シンガポールにしかないアトラクションのようです。

ジュラシック・パーク・ラピッド・アドベンチャー (Jurassic Park Rapids Adventure™)

ジュラシックパークならUSJにもあるじゃん、とお思いの方、違うんです、こちらのジュラシックパークは一味違うのです。
写真でわかる通り、乗り物が円形になっています。USJは舟形で全員が正面を向いている乗り物のタイプでしたね。
この円形の乗り物に変わったおかげで360°ジュラシックパークすべてが堪能できるようになっているのです。ラストに待ち受けるあの恐竜と急降下もあなたを待ち受けていますよ。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール Universal Studios Singapore
住所:
8 Sentosa Gataway, Sentosa Island
営業時間:
10:00~19:00
アクセス セントーサ・エクスプレスのウォーターフロント(Waterfront)駅を降りればすぐ目の前にあります。
営業時間 (土曜・祝日は20時まで)
定休日 なし
電話番号 6577-8899
料金 平日・一日券 大人 - 68S$ 子供 - 50S$ シニア - 32S$ 
週末・一日券 大人 - 74S$ 子供 - 54S$ シニア - 36S$ 
おススメの時期 通年

シンガポールは小さい国なので、都心からもアクセスしやすいユニバーサル・スタジオ・シンガポール。コンパクトでまわりやすくておすすめなので、旅行の際には是非張り切って行ってみましょう♪

シンガポールのおすすめ記事はこちら

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • シンガポールのおすすめホテル15選!人気のホテルはココ!

    シンガポールといえば、まず思いつくのがマーライオン像のあるスポットではないでしょうか?シンガポールは公用語が英語で、年中温暖な気候で過ごしやすいことから旅行先として選ぶ人も多く、最近では移住までしてしまう人も増えています。今回は、そんなシンガポールに行ったら、ぜひ泊まっていただきたいおすすめホテルを紹介します。

  • シンガポールでブラータチーズを味わえる店!ピエトラサンタ

    シンガポールでイタリアン?と驚かれそうですが、おすすめの隠れ家レストランがたくさんあるんですよ!ほとんどのお客さんが注文するブラータチーズは、このレストランの名物!ピエトラサンタはイタリア以外でブラータチーズを食べることができる数少ないお店として知られています。シンガポールにいるとは思えないイタリアンな空間へご案内します!

  • シンガポールで異国気分!セントーサ島のタンジョン・ビーチ...

    今、シンガポールで人気があるスポットといえばここをおいては語れないほど、連日観光客でにぎわうのがセントーサ島。 その中でも今おしゃれなビーチとして人気のタンジョン・ビーチ・クラブをご紹介します。

  • シンガポールの動物園で見れる! 最強レア動物たちに会いたい

    シンガポールへ旅行に行くならぜひとも立ち寄ってほしいスポット「シンガポール動物園」。こちらの動物園には約270種類3000頭の動物がジャングルのような園内で生活しているんだとか!そんな魅力たっぷりのシンガポール動物園をご紹介していきます。

  • ペーパーチキンって何?シンガポールで話題のヒルマン・レス...

    シンガポールの名物料理、ペーパーチキン。このペーパーチキンを食べるのに一番お勧めのお店が、ヒルマン・レストラン。来店する客のほとんどが日本人というこちらのお店、なぜここまで日本人を惹きつけるのでしょうか。 今回は、ヒルマン・レストランのペーパーチキンについて紹介します。

  • カトンの観光でやるべきはこれ!カラフルで可愛い街を楽しもう

    シンガポール観光に行くのなら是非立ち寄ってみてほしいのが、このカトン地区。 色とりどりの可愛らしい街の作りを見ながら、こちらでしか見ることができないプラナカン文化を堪能してみてはいかがでしょうか?

  • 遊び好きにはたまらない!シンガポール・セントーサ島が激ア...

    シンガポールきってのリゾートエリア、セントーサ島は近年注目を集めているエンターテイメント施設が集まっている観光地の一つ。海に山に街、すべてが揃った魅力いっぱい、夢が広がる宝島。 すべてを忘れて遊ぶことに専念できる、セントーサ島の魅力をご紹介!

  • 口コミ評価まっぷたつ!マリーナベイサンズの滞在を最高にす...

    屋上にある絶景天空プールが有名なシンガポールのマリーナベイサンズホテル。 実はこのホテル、口コミサイトでの評価が驚くほどまっぷたつにわかれているのです。 いったい何が違うのか。最高の思い出にするための3つの法則をこっそりと教えちゃいます。

  • シンガポールで肉骨茶(バクテー)を食べよう!おすすめのレ...

    肉骨茶と書いてバクテーと読む、シンガポールやマレーシアのローカルフードをご存知ですか?骨付きの豚肉を煮込んだだけのシンプルな料理ですが奥の深い味わいが癖になるとローカルの人々から観光客まで大人気☆様々な食べ方を楽しむ事の出来るバクテー、シンガポールを訪れた際はぜひ1度ご賞味下さい♪

  • シンガポール「ホーカーズ」に行くなら!激安なのに超美味い...

    シンガポールのB級グルメを語る上で、はずすことのできないフードコート・屋台村「ホーカーズ」。日本では自炊中心という人も、ホーカーズでご飯を食べて外食が多いシンガポール人の気分を味合おう!

このエリアの人気記事
新着記事