エジプトの見どころ!若きツタンカーメン王を飾る2,000点の財宝

14,079

views

0

美しすぎる数々の装飾品を見たら、あなたもツタンカーメンの秘宝に魅せられちゃうかもしれません。多くの王のお墓は墓泥棒の被害にあっています。しかし!3,300年前に埋葬された少年王ツタンカーメンのお墓は、なんと殆ど手つかずの状態で発見されたのです!歴史的に意義があることはもちろん、副葬品は非常に豪華で美しいのです。

ツタンカーメン黄金のマスク

ツタンカーメンの財宝の中でも、最も有名なのは黄金のマスクでしょう。ミイラに直接被せられていたマスクで、純金に近い金の板から作られています。額には女神を表すハゲワシとコブラが飾られ、色ガラスやラピスラズリといった天然がふんだんに使われています。生前のツタンカーメンの顔に近いとも言いますから、古代エジプトに思いをはせてしまいますね。

ツタンカーメンの秘宝の多くは、エジプト考古学博物館にあります。ツタンカーメンの他にも、多くのファラオの出土品など、エジプトの5,000年の歴史に関する資料を展示しています。

エジプト考古学博物館(The Egyptian Museum)
住所:
Midan al-Tahrir, Downtown Cairo
アクセス:
サダト駅のエジプト考古学博物館出口を出て0.2km
営業時間:
9:00~19:00 ラマダン中は9:00~17:00
定休日:
なし
電話番号:
(02)5794596
料金:
一般入場:
LE 60(LE 30 、学生)
ロイヤルミイラルーム:
LE 100(LE 50、学生)
センテニアルギャラリー:
LE 10(LE 5、学生)

ツタンカーメンは黄金の棺に納められていた

ツタンカーメンのお墓はピラミッドではなかったんです!!
ツタンカーメンが王だった時代には、もうピラミッドは作られていなくて、王家の谷と言われる墓所に埋葬されていました。その墓所でツタンカーメンは、3重になった黄金の棺に納められていました。

3重の棺は全て、冥界の支配オリシス神をかたどった人型です。なかでも、一番内側の棺は黄金のマスク同様に、純金に近い金の板でつくられていて、門外不出!エジプト考古学博物館でのみ見ることができます。

ミイラを納めていた、金の王棺の外側2番目にあたる、王棺もみごと!! 木製に金張り切子ガラス、不透明ガラスなどで装飾された豪華なものです。発見時には、王妃アンク・エス・エン・アメンが手向けたと思われる立派な花輪がかけてあったとういうのも、遥か3,000年以上前の愛を思わせます。

一番外側の王棺も、頭巾が違う意外は内側とほぼ同じつくり。そしてツタンカーメンのミイラは、この一番外側の王棺に納められ、今も王家の谷の王墓に眠っています。

もともと3重の王棺を納めていた、石棺は岩をくり抜いてつくったもので、4人の女神が王を守護するように美しい彫刻が施されています。

王家の谷には26の王墓を含む63のお墓があり、ツタンカーメンやアメンヘテプ2世、ホムエムヘブ、セティ1世、ラメセス6世、アイなどの王墓が有名。素晴しい壁画や天井画、石棺などが見られます。

王家の谷(Valley of the Kings)
住所:
West Bank, Luxor
アクセス:
 ルクソールからタクシーまたは、コーニッシュから「国家フェリーボート」と呼ばれる地元のフェリーがあります。フェリーを降りたらタクシーを使います。ルクソールからミニバスを借りることもできます。
営業時間:
5 月1日-ラマダン:
6:00~19:00(18:00が販売最後のチケット)
ラマダン- 4月30日:
6:00~17:00(16:00が販売最後のチケット)
定休日:
なし
料金:
一般入場:
LE70(エリアと公開されている3箇所の墓への入場料を含む)
ラムセス6世の墓:
LE50
ツタンカーメンの墓:
LE80
アイの墓:
外国:LE20

謎に包まれた、黄金の王座

木製金張りの黄金の椅子。この椅子の背もたれに描かれた絵に、大きな謎があるのです。仲むつまじいツタンカーメン夫妻の姿は、ほほえましくもあります。しかし! 謎なのは二人の頭上に輝く太陽神アテン(線の先が手の形になった太陽)の存在。これは、ツタンカーメンの父の時代のアマルナ美術に見られるものだからです。

短命の都市アマルナ。ツタンカーメンの父は、太陽神アテンを唯一信仰するアマルナ革命を行って首都をアマルナに移しました。アマルナでは多くの寺院が建設されましたが、革命は失敗に終わりツタンカーメンは首都をテーゼに戻します。この際、アマルナ時代の美術品は殆ど破壊されているのです。王の椅子になぜ太陽神アテンが描かれているのか、は謎なのです。

ツタンカーメンは、テーゼに戻ると、カルナック神殿の父の建てた塔門の前に、復興の碑文を記しました。復興の碑文は現在、エジプト考古学博物館にあります。カルナック宮殿は、アメン神に捧げられた神殿群で、世界最大。写真はオベリスクといわれる巨大な塔、彫刻が施されています。

美しい聖池、祭殿や小神殿、スフィンクス群や数々の塔門、どれをとっても見ごたえがあります。

カルナック神殿(Karnak Temple)
住所:
central Luxorの北2.5km
アクセス:
ルクソールには国際空港があり、バスも定期的に出ています。
営業時間:
6;00~17:30
定休日:
なし
料金:
LE50

カノプス厨子とカノプス容器

カノプス容器(左)は、なんというか・・・リアルな話ですが、ミイラを作るためにとりだした内臓を納めた容器なのです。ツタンカーメンのカノプス容器は金箔をはったもの。香油に浸けた内臓が納められ、さらにカノプス厨子(右)に入れられていました。カノプス厨子は4人の女神に囲まれ、壁面にも打つ奇数女神が彫刻されています。

ミイラに興味がある方は、ミイラ博物館はいかがでしょうか? ルクソール神殿の近くで、ミイラとミイラのを作る過程に関連した資料が見られます。

ミイラ博物館(The Mummification Museum)
住所:
downtown Luxor, opposite the Hotel Mercure
アクセス:
ルクソールまでは飛行機かバス、ルクソール神殿の入り口近くホテルMercureの反対側
営業時間:
冬:
9:00~21:00
夏:
9:00~22:00
定休日:
なし
電話番号:
(095) 2370062
料金:
LE 40

ルクソール宮殿に残るツタンカーメンの像

ルクソール神殿にはツタンカーメン夫妻の像が残っています。夫婦の像はめずらしいらしいです。古代エジプトの絵はとても特徴的ですよね。一方肖像は写実的と言われますから、本物に近いのではないでしょうか。

ルクソール神殿はアメン神が、妻ムト女神と過ごすオペト祭が行われた神殿。カルナック神殿のような複雑さはなく、塔門スフィンクス参道、中庭、列柱室、志聖所などが美しく配置されています。

オペトの祭りの様子やファラオが描かれた壁画も見どころ。

ルクソール神殿内には、数々の巨大なファラオの像やこれもまた巨大な列柱、オベリスクなどが並びます。

ルクソール神殿(The Temple of Luxor)
住所:
Center of Luxor
アクセス:
ルクソールへは、国際空港があり、バスもカイロから定期的に運航しています。
営業時間:
夏:
6:00~22:00
冬:
6:00~21:00
定休日:
なし
料金:
LE40

ツタンカーメンのサンダル

当時の王侯貴族はサンダルばきだったようです。ツタンカーメンのお墓からは、奴隷の絵が描かれたサンダルが見つかっています。これは奴隷を踏みつける意味が含まれているとか。

黄金のサンダルも発見されています。他にも、日常履いていたサンダルも埋葬されていましたし、ツタンカーメンの椅子の背もたれに書かれた絵もサンダルを履いていますね。
サンダルを履いた、ツタンカーメンに香油を塗る王妃アンク・エス・エン・アメン妃の姿も印象的です。

ところで、アンク・エス・エン・アメン妃は3度寡婦となった悲劇の王妃って知ってました? 1度目は実の父親、2度目がツタンカーメン、そしてツタンカーメンの死後は次の王アンの王妃となりました。アンはアンク・エス・エン・アメン妃とはだいぶ年が離れていましたが、王妃が結婚する人が次の王ということで政治的に力があった次の王と結婚しかなかったのでしょう。

王は王家の谷に埋葬されますが、王妃・王族・高官・裕福な人を埋葬した王妃の谷というのもあります。王家の谷にあるお墓で有名なのが、ラムセス2世の王妃でネフェルタリ王妃の墓で、古代エジプトで最も美しいとされる壁画が残されています。

王妃の谷(Valley of the Queens)
住所:
On the West Bank, opposite Luxor.
アクセス:
ルクソールからタクシーまたは、コーニッシュから「国家フェリーボート」と呼ばれる地元のフェリーがあります。フェリーを降りたらタクシーを使います。ルクソールからミニバスを借りることもできます。
営業時間:
5 月1日-ラマダン:
6:00~19:00(18:00が販売最終チケット。)
ラマダン- 4月30日:
6:00~17:00(16:00が販売最終チケット。))
定休日:
なし
料金:
LE25

9歳で即位し18歳で他界したとされる、ツタンカーメン王。黄金のマスクがあまりにも有名ですが、黄金の椅子に書かれた、アンク・エス・エン・アメン王妃との絵や手向けられた花輪など、ロマンチックですよね。神殿も神秘的で壮大。太古の王に思いを馳せながら、エジプトを旅してみませんか?

masakanomarble

フルーツ王国山梨に住む主婦です。趣味は旅行とストップモーション動画の撮影。写真は60を過ぎてから海外旅行にはまった母に、連れてってもらったプーケットのホテル内。プーケットはホント地上の楽園でした。屋台の焼きそばとか、チャーハンとかもおいしかったぁ♪

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • エジプトの人気お土産決定版!バザールでゲットできるおすす...

    友人へのお土産って、何を選んだら良いのか迷うものですが、そんな悩める時間も最大限楽しめるのが、エジプトです。テレビで観るより、実際に、その目で見つめるファラオやスフィンクスの思い出は、旅人経験値アップ!異国情緒溢れるバザールでは、他の国にはない掘り出し物が、安く、たっくさん揃っていますよ!

  • エジプト基本情報 【お金編】

    スフィンクスにギザの3大ピラミッドなど、誰もが知る観光スポットがひしめく悠久の歴史を誇るエジプト。しかし、使われている通貨については、意外にどのようなものか知られていません。観光旅行をする時に役立つ両替のやり方や、チップ事情、エジプト特有の「バクシーシ」という習慣など、お金に関する豆知識をまとめました。旅行に出かける前に、是非事前に確認いただけたらと思います。

  • エジプト・カイロで観光しながらプチプラお土産探しプラン!...

    エジプトに行ったら買って帰りたい手軽なお土産をご紹介します。エジプトのカイロには素晴しい観光名所がいっぱい!思い出を沢山作ったら、その合間に市場やスーパーを回って小さな思い出のお持ち帰り・おすそ分けはいかがですか?手のひらサイズのアラバスターの置きものやお気に入りのエジプトの味をお家で味わうのもいいかも。

  • スイーツ好きなら絶対食べて!伝統のエジプシャン・デザート

    エジプト料理のデザートと言われてもピンとくる人は少ないかもしれません。実は、エジプト人は甘いものが大好き!甘党のあなたも大満足の伝統的なエジプシャン・デザートを紹介しちゃいます。思わずびっくりする甘さのものから、ちょっと変わった素材を使ったものまで、日本では味わえないエジプトの味を楽しんでみてください。

  • エジプト基本情報 【気候・服装編】~エジプトの冬は東京並み...

    灼熱の太陽に砂漠の国といったイメージのエジプト。実際にイメージ通りの国なのでしょうか。これからエジプト旅行を計画している方は、訪れるエリアにより気候や服装も異なるので、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • ミネラルウォーターだから安心!ではない?エジプトの水ガイド

    エジプトでは、水を飲むならボトルに入ったミネラルウォーターがおすすめ。しかし、ミネラルウォーターというだけで安心とは言えないので要注意です!エジプトのミネラルウォーターは硬度が高いものがあり、日本人はおなかを壊してしまうことも。ここでは日本人でも安心して飲めるボトルウォーターを集めてみました。エジプトに行かれる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

このエリアの新着記事
  • エジプト・ルクソール西岸アメノフィスホテルは、じっくり観...

    西岸観光の重要ポイント、遺跡のチケットオフィスに近いホテル。メムノンの巨像周辺の発掘隊御用達。長期滞在者にはフラットや一軒家のレンタルも可能。ルクソール西岸を満喫する拠点には最高のローケーションです。 フラットはハブ神殿の正面!ホテルも朝から夜のライトアップまで神殿ビューが楽しめます。

  • エジプト・ルクソールで行くべき観光スポット「カーターの家...

    幻の少年王ツタンカーメンの存在を信じて発掘を続けた、イギリス人考古学者ハワード・カーター。20世紀最大の発見といわれるツタンカーメン王墓の発見と、その後の発掘の拠点ともなったカーターの家で考古学者になった気分を味わってみませんか。ツタンカーメン王墓のレプリカも併設されています。

  • エジプト・カイロのイスラーム地区で人気の観光スポット5選...

    カイロはアフリカ最大の都市でありエジプトの首都。東洋の魅力と中東の側面両方の印象を持つ場所として観光の要所となっています。特にイスラーム地区は宗教色が色濃くあるので、神秘的であり静寂さが伺えます。世界遺産にもなったこの町の散策スポットを紹介します。

  • エジプト・ルクソール最高級ホテル「ウィンターパレス」で優...

    ルクソールのランドマーク!ウィンターパレスは一度は泊まってみたいゴージャスホテル。エジプトの冬は冷え込みが厳しく、ルクソールはそんなエジプトでの避寒地となっています。王侯貴族やアガサ・クリスティなどの著名人に愛された19世紀のホテルです。

  • エジプト観光で行くべきパワースポット!ルクソール神殿と神...

    ファラオの時代約2000年の間エジプトの都として栄えたテーベ(ルクソール)は「古代都市テーベとその墓地遺跡 」として世界遺産に登録されています。古代からの熱いエネルギーは今も人々にパワーを与えているようです。現在は一角がモスクになり多くの人の憩いの場になっています。

  • エジプト・ルクソールで観光でおすすめ!偉大な建築家ハッサ...

    古代の遺跡で有名なルクソール西岸には、現代の有名建造物もあります。泥棒村の異名を持つ、遺跡の上に立っていたクルナ村の移転先の現状は? エジプト生まれの中東を代表する建築家ハッサン・ファトヒーのつくった村と日干し煉瓦のお宅拝見!

  • カイロ最大!ショッピングモール「スターズセンター」で絶対...

    600以上もの店が軒を連ねるカイロ最大のショッピングモール「スターズセンター」。カイロに滞在するなら絶対に訪れたいお買い物スポットです。洗練された雰囲気に思わずうっとり♪日本食レストランやシネマコンプレックスまであるスターズセンターで、ぜひ行っておきたいエジプトらしいお店をご紹介します。

  • エジプト・カイロで観光しながらプチプラお土産探しプラン!...

    エジプトに行ったら買って帰りたい手軽なお土産をご紹介します。エジプトのカイロには素晴しい観光名所がいっぱい!思い出を沢山作ったら、その合間に市場やスーパーを回って小さな思い出のお持ち帰り・おすそ分けはいかがですか?手のひらサイズのアラバスターの置きものやお気に入りのエジプトの味をお家で味わうのもいいかも。

  • エジプトの人気お土産決定版!バザールでゲットできるおすす...

    友人へのお土産って、何を選んだら良いのか迷うものですが、そんな悩める時間も最大限楽しめるのが、エジプトです。テレビで観るより、実際に、その目で見つめるファラオやスフィンクスの思い出は、旅人経験値アップ!異国情緒溢れるバザールでは、他の国にはない掘り出し物が、安く、たっくさん揃っていますよ!

  • エジプトおすすめ観光スポット13選!ピラミッドで撮れる面白...

    歴史、文化、風景、食事、全てにおいて独特で、謎が多く神秘的な国エジプト。ピラミッドやスフィンクス等の有名な文化遺産を始め、ラクダや馬にのって砂漠を散歩してみたり、街中のカフェで本場の水タバコを吸ったり、伝統衣装を着てモスクに入ったり、日本では味わえない体験が可能。そんな神秘的な国、エジプトで必ず行くべき観光スポットを紹介します。

このエリアの人気記事
新着記事