エジプト・ルクソールで観光でおすすめ!偉大な建築家ハッサン・ファトヒーのつくった村

6,079

views

0

古代の遺跡で有名なルクソール西岸には、現代の有名建造物もあります。泥棒村の異名を持つ、遺跡の上に立っていたクルナ村の移転先の現状は? エジプト生まれの中東を代表する建築家ハッサン・ファトヒーのつくった村と日干し煉瓦のお宅拝見!

ハッサン・ファトヒーとは

ハッサン・ファトヒー(Hassan Fathy/1900-1989)は、エジプト・アレキサンドリア生まれの中東建築の父とも呼ばれている建築家です。エジプトではファラオ時代の建築家、イムホテプの再来とも言われました。
彼はその土地にあった建材を使い、伝統や昔からの生活スタイルを重視した、人々がいつまでも家を修繕しながら永続的に使える建物を設計しました。

ハッサン・ファトヒーが設計した建物

ハッサン・ファトヒー村のランドマークともいえるモスクは現在も使われています。街中でよく見るモスクは独立した尖塔のミナレットがほとんどですが、ここは建物に付随したデザインになっています。
モスクの管理人の許可を得られれば、ミナレットに上がることもできます。

乾いた石の遺跡のイメージが強いルクソール西岸ですが、ここでは体に水が染みわたるような感覚を得るかもしれません。モスクの中庭は、いつでも青々とした緑と花が咲き乱れています。
手入れが行き届いておりトイレもきれいです。

ハッサン・ファトヒーが設計した家を見学!

ハッサン・ファトヒーが設計した家は現在も人々が暮らしています。その中の1軒のお宅で、いつでも見学させてくれる家主さんがいます。
1946年に建てられたアハマド・アブデル・ラーディの家は表通りからすぐのところにあり、すぐにわかります。
英語ができる家族がいる時は英語で案内をしてもらえます。
普通のお家なので外から声をかけてみましょう!
「アッサラーム・アレイクム!(こんにちは)」と呼びかけると、誰か出てくるはずです。

玄関を入ると洋書の並んだ本棚や自転車があり、ちょっと意外な印象。
日干し煉瓦の家だからといって、何から何まで古き良き時代のものを使っているわけではないですよ!伝統的な良いものは継続する、現代の便利なものは取り入れていくというスタイルです。

キッチンは現代エジプト仕様。日本人には懐かしいちゃぶ台や、ナツメヤシを編んで作られたパンを置くざるなどはレトロ感があり、かえっておしゃれに見えてきます。
このお家ではありませんが、外は日干し煉瓦でも中はシステムキッチンで、マックのパソコンで仕事しているというお家もあります。

エジプト名物料理といえば、鳩のご飯詰め。
自宅で鳩を飼っている人も多いです。これは伝統的な鳩小屋。鳩小屋の外観を見ることはよくありますが、中を見られる機会はなかなかないと思います。こんな風に個室がいっぱいあったんですね!

キッチンの脇の大きな鳥かごに入った鳩。鳥かごはナツメヤシの枝でできています。
丸々太っておいしそう?それとも鳥かごでこのまま飼ってほしい?あなたの希望はどっち?
今夜は鳩料理なんでしょうか?その日によって、ニワトリがうろうろしている日もあるかもしれませんね。住んでいるお家ならでは、家族のご飯事情が見えてきます。
パンを焼く日に当たるとラッキー!

現在の家主の寝室はちょっと博物館チックです。
ハッサン・ファトヒー本人や建物の写真が壁にかけられていたり、掲載雑誌や本が無造作に並べられています。興味がある人は手に取って見てみるといいですよ。

現在の家主は玄関を入ってすぐのサロンで大体こうしてくつろいでいます。
言葉は通じなくても陽気に出迎えてくれます。色々なことをよく知っているので、ハッサン・ファトヒーのことを詳しく聞きたい場合は西岸の旅行代理店でガイドを雇って同行するのがベスト。

日干し煉瓦の作り方なども教えてくれますよ。

アハマド家を出たら町をぐるっと一周してみましょう。観光地ではないので、外国人が現れると住人がびっくりすることもあります。「アッサラーム・アレイクム(こんにちは)」とあいさつするといいですよ。何か教えてくれるかもしれません。
町全体はすべてが使われているわけではなく、倉庫として使われているところは傷みが激しいところもあります。

このお家は?家畜小屋は使われているでしょうか?
人の気配がしない廃墟の壁の隙間から中をのぞき込んだり、朽ちていく木製のドアや窓を見ながら路地を歩いていると、子どもやロバと友だちになれるかもしれません。

ハッサン・ファトヒー ニュークルナ村 Hassan Fathy’s New Gourna Village
住所:
New Gourna Village West Bank Luxor
営業時間:
09:00~05:00
電話番号:
010-6804-2753
アクセス:
西岸に渡り、タクシーで10EGP。マイクロバスの場合は、クルナ村循環に乗り、線路を超えたところから右側を見ているとランドマークのモスクが見えるのでそこで下車、1EGP。
料金:
民家なので入場料はないが、お礼を払う。モスクでは献金する。
観光地ではないので、写真撮影をする場合はカメラを指さすなどして撮ってもいいか確認してから撮影すること。
英語ができる人が常にいるわけではないので、電話をかける際もエジプト人にかけてもらうのがベター。

おすすめ旅行会社

ハッサン・ファトヒー ニュークルナ村は観光地ではないので、個人で訪れるのは簡単ではありません。そのため、旅行会社を通すのが一般的です。
中でもおすすめの旅行会社を2件ご紹介いたします。

エジプト航空旅行代理店

エジプト航空直営の旅行代理店カルナックはエジプト全土に支店があります。エジプト各地でface to faceで観光計画を立てたい人におススメ。ルクソールのランドマークのウィンターパレスにお店があるのでわかりやすいです。国営であるため、しつこい接客やぼったくりにあうこともありません。東京にも支店があり、カイロには日本人スタッフがいます。

エジプト航空旅行代理店 カルナック ルクソール支店 KARNAK Egypt-Air Luxor
住所:
Winter palace Hotel Luxor
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
(095) 2372360
アクセス:
ルクソール駅からタクシーで10EGP。ウィンターパレスホテル商店街エジプト航空並び。
定休日:
なし
日本語での対応はカイロ本店アジア担当で受け付けます。
メール(英語)で日本語担当者にメールを転送してもらえるよう依頼するか、Facebookページ(カルナックトラベル(Karnak Egyptair))でコンタクト可能です。
Email:
Asia@Karnak.egyptair.com
送迎、ガイド手配可能。

サンライズツアーズ

サンライズツアーズはルクソールとハルガダのリゾートに強い旅行代理店です。ナイル川沿いではたくさんの客引きに声をかけられてうんざりすることもあるかと思います。
客引きはおらず、スタッフは親切で静か!(エジプトでは重要)店頭で料金表示をしているのも嬉しいです。常駐日本人スタッフはおりませんが、カイロにいる日本人スタッフが電話やメールでサポートはしてくれますよ。

サンライズツアーズ Sunrise-Tours
住所:
2 Kornish El-Nile, Luxor
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
+20 01065543050
アクセス:
川沿い、ウィンターパレスホテル並びの旅行代理店。イベロテルホテルの広場をはさんではす向かい。
定休日:
なし
電話番号:
01065543051(いつでも受付中)/095-2377776(営業時間中のみ)
Email:
info@sunrise-tours.co.uk
送迎、ガイド手配可能。

最後に

現代のエジプト人好みに仕上げているお家もあります。
なんだか不思議な感じですね!しかし、こうして街は生き続けているのです。
遺跡の上に建っていたクルナ村の遺跡保護のため、住民を立ち退かせることになった時の移転先はおしゃれな街という構想でした。戦争などがなければ、劇場やマーケット、手工芸工房が立ち並ぶルクソール西岸のおしゃれスポットになっている予定でした。街が生き続けている限り、ハッサン・ファトヒーの理想の街ができる日が来るかもしれませんね。

嶋津碧

考古学の勉強しつつエジプトに通うこと20数年…とうとう住んでしまって早5年。
エジプトベースに、世界のあちらこちらへ旅に出るのが楽しみな気ままな人生。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • エジプトの人気お土産決定版!バザールでゲットできるおすす...

    友人へのお土産って、何を選んだら良いのか迷うものですが、そんな悩める時間も最大限楽しめるのが、エジプトです。テレビで観るより、実際に、その目で見つめるファラオやスフィンクスの思い出は、旅人経験値アップ!異国情緒溢れるバザールでは、他の国にはない掘り出し物が、安く、たっくさん揃っていますよ!

  • エジプト基本情報 【お金編】

    スフィンクスにギザの3大ピラミッドなど、誰もが知る観光スポットがひしめく悠久の歴史を誇るエジプト。しかし、使われている通貨については、意外にどのようなものか知られていません。観光旅行をする時に役立つ両替のやり方や、チップ事情、エジプト特有の「バクシーシ」という習慣など、お金に関する豆知識をまとめました。旅行に出かける前に、是非事前に確認いただけたらと思います。

  • エジプト・カイロで観光しながらプチプラお土産探しプラン!...

    エジプトに行ったら買って帰りたい手軽なお土産をご紹介します。エジプトのカイロには素晴しい観光名所がいっぱい!思い出を沢山作ったら、その合間に市場やスーパーを回って小さな思い出のお持ち帰り・おすそ分けはいかがですか?手のひらサイズのアラバスターの置きものやお気に入りのエジプトの味をお家で味わうのもいいかも。

  • スイーツ好きなら絶対食べて!伝統のエジプシャン・デザート

    エジプト料理のデザートと言われてもピンとくる人は少ないかもしれません。実は、エジプト人は甘いものが大好き!甘党のあなたも大満足の伝統的なエジプシャン・デザートを紹介しちゃいます。思わずびっくりする甘さのものから、ちょっと変わった素材を使ったものまで、日本では味わえないエジプトの味を楽しんでみてください。

  • エジプト基本情報 【気候・服装編】~エジプトの冬は東京並み...

    灼熱の太陽に砂漠の国といったイメージのエジプト。実際にイメージ通りの国なのでしょうか。これからエジプト旅行を計画している方は、訪れるエリアにより気候や服装も異なるので、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • ミネラルウォーターだから安心!ではない?エジプトの水ガイド

    エジプトでは、水を飲むならボトルに入ったミネラルウォーターがおすすめ。しかし、ミネラルウォーターというだけで安心とは言えないので要注意です!エジプトのミネラルウォーターは硬度が高いものがあり、日本人はおなかを壊してしまうことも。ここでは日本人でも安心して飲めるボトルウォーターを集めてみました。エジプトに行かれる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

このエリアの新着記事
  • エジプト・ルクソール西岸アメノフィスホテルは、じっくり観...

    西岸観光の重要ポイント、遺跡のチケットオフィスに近いホテル。メムノンの巨像周辺の発掘隊御用達。長期滞在者にはフラットや一軒家のレンタルも可能。ルクソール西岸を満喫する拠点には最高のローケーションです。 フラットはハブ神殿の正面!ホテルも朝から夜のライトアップまで神殿ビューが楽しめます。

  • エジプト・ルクソールで行くべき観光スポット「カーターの家...

    幻の少年王ツタンカーメンの存在を信じて発掘を続けた、イギリス人考古学者ハワード・カーター。20世紀最大の発見といわれるツタンカーメン王墓の発見と、その後の発掘の拠点ともなったカーターの家で考古学者になった気分を味わってみませんか。ツタンカーメン王墓のレプリカも併設されています。

  • エジプト・カイロのイスラーム地区で人気の観光スポット5選...

    カイロはアフリカ最大の都市でありエジプトの首都。東洋の魅力と中東の側面両方の印象を持つ場所として観光の要所となっています。特にイスラーム地区は宗教色が色濃くあるので、神秘的であり静寂さが伺えます。世界遺産にもなったこの町の散策スポットを紹介します。

  • エジプト・ルクソール最高級ホテル「ウィンターパレス」で優...

    ルクソールのランドマーク!ウィンターパレスは一度は泊まってみたいゴージャスホテル。エジプトの冬は冷え込みが厳しく、ルクソールはそんなエジプトでの避寒地となっています。王侯貴族やアガサ・クリスティなどの著名人に愛された19世紀のホテルです。

  • エジプト観光で行くべきパワースポット!ルクソール神殿と神...

    ファラオの時代約2000年の間エジプトの都として栄えたテーベ(ルクソール)は「古代都市テーベとその墓地遺跡 」として世界遺産に登録されています。古代からの熱いエネルギーは今も人々にパワーを与えているようです。現在は一角がモスクになり多くの人の憩いの場になっています。

  • カイロ最大!ショッピングモール「スターズセンター」で絶対...

    600以上もの店が軒を連ねるカイロ最大のショッピングモール「スターズセンター」。カイロに滞在するなら絶対に訪れたいお買い物スポットです。洗練された雰囲気に思わずうっとり♪日本食レストランやシネマコンプレックスまであるスターズセンターで、ぜひ行っておきたいエジプトらしいお店をご紹介します。

  • エジプト・カイロで観光しながらプチプラお土産探しプラン!...

    エジプトに行ったら買って帰りたい手軽なお土産をご紹介します。エジプトのカイロには素晴しい観光名所がいっぱい!思い出を沢山作ったら、その合間に市場やスーパーを回って小さな思い出のお持ち帰り・おすそ分けはいかがですか?手のひらサイズのアラバスターの置きものやお気に入りのエジプトの味をお家で味わうのもいいかも。

  • エジプトの人気お土産決定版!バザールでゲットできるおすす...

    友人へのお土産って、何を選んだら良いのか迷うものですが、そんな悩める時間も最大限楽しめるのが、エジプトです。テレビで観るより、実際に、その目で見つめるファラオやスフィンクスの思い出は、旅人経験値アップ!異国情緒溢れるバザールでは、他の国にはない掘り出し物が、安く、たっくさん揃っていますよ!

  • エジプトおすすめ観光スポット13選!ピラミッドで撮れる面白...

    歴史、文化、風景、食事、全てにおいて独特で、謎が多く神秘的な国エジプト。ピラミッドやスフィンクス等の有名な文化遺産を始め、ラクダや馬にのって砂漠を散歩してみたり、街中のカフェで本場の水タバコを吸ったり、伝統衣装を着てモスクに入ったり、日本では味わえない体験が可能。そんな神秘的な国、エジプトで必ず行くべき観光スポットを紹介します。

  • エジプト旅行カイロ観光必見3大スポット大特集!7000年の時を...

    エジプトの首都カイロには古代の歴史を感じることができるたくさんの観光スポットがあります。今回はそれらの中でも、特にオススメのスポットを3つご紹介したいと思います。7000年の時をさかのぼる歴史ロマン旅へ出掛けましょう!

このエリアの人気記事
新着記事