ミュンヘンでお土産探しにおすすめな人気ショッピングスポット12選!

27,541

views

0

旅で楽しみなのが、お土産探し。でも、何にしようかどこに行こうか…と迷ってしまいますよね。そういった方のために、ジャンル問わず色々と選べるスポットをチョイスしました!お土産選びも思い出になるよう、ミュンヘンを満喫しちゃいましょう♪

ダルマイヤー (Alois Dallmayr)

1700年創業の老舗高級食材店。デリカテッセンの種類が豊富なだけではなく、味と品質が素晴らしいことでも有名です。その素晴らしいデリカテッセンは王室御用達になったほど。
日本にも店舗はありますが、ミュンヘンに来たのであれば本店にも寄っておきたいですね。中でもお土産にオススメなのは、センスの良いケースに入ったコーヒーと紅茶。日本よりかなりお安くゲットできます!

例えば定番のコーヒーは日本で1,500円前後かと思いますが、本店では4ユーロ程度でゲットすることが出来ます。紅茶も日本では2,000円近くしますが、こちらでは本店の建物が描かれたオリジナル缶が3ユーロ程で買えるので見逃せません。
ミュンヘン市街地の雑貨店から始まったダルマイヤーは、王室御用達として重用されるようになった後、コーヒーと紅茶に関しては専門部署を立ち上げてさらなる品質向上に向けた研究を重ねてきた主力商品だけに、売り場面積もかなり広く、味も種類も豊富にございます。
ドイツ帝国は1918年に消滅してしまいましたが、かつての王室が愛した味は今もドイツだけでなく世界中の人に愛されており、いつ行っても多くの人で賑わっています。

ダルマイヤー (Alois Dallmayr)
住所:
Dienerstraße 14, 80331 München
営業時間:
月~土9:30~19:00(クリスマス前は~20:00)
休業日:
日・祝
電話番号:
089-21350
アクセス:
UバーンMarienplatzから徒歩約5分

オーバーポリンガー (Oberpollinger)

カールスプラッツ駅からすぐの便利な立地にある高級デパート。ハイブランドの店舗が1階にずらっと並んでいるかと思えば、地下には子ども用品におもちゃ売り場、上階には子どもの遊び場が併設されたブッフェレストランがあったりと、お子様連れでも十分楽しめるデパートです。
お子様のいらっしゃる人へのお土産やハイブランド物は、このデパートで事足りますね!

ミュンヘン屈指の高級ブランドが一堂に会すデパートなだけに、店内に入った瞬間気後れしてしまうかもしれませんが、最上階のビュッフェレストランは日本でいうIKEAのフードコートのような雰囲気で、欲しいものを取って最後会計をするシステムなので、目で見ながら食べたいものを選べますし、席間隔も広いのでゆったりのんびりできますよ。ベビーカーでもラクラク通行でき広々とした店内は、現地のちっちゃい子もたくさんいて、見ているだけでもとっても癒されます。
ランチタイムはあっという間に席が埋まってしまいますが、昼下がりはケーキセットなども登場し、窓からの眺めも抜群なので、休憩がてらカフェ利用するのもアリです。

オーバーポリンガー (Oberpollinger)
住所:
Neuhauser Str. 18, 80331 München
営業時間:
月~土10:00~20:00
休業日:
日・祝
電話番号:
089-290230
アクセス:
UバーンKarlsplatzから徒歩1分

ルードヴィヒ・ベック (Ludwig Beck)

マリエン広場に佇む庶民派デパート。老舗チョコレートブランドのハイネマンが入店しているので、デュッセルドルフまで行かなくてもシャンパントリュフをゲットできます!
音楽専用フロア―となっている最上階には、クラシックとジャズのCDがギッシリと並んでいて、時折デパート内でライブ演奏会も開かれます。音楽好きなドイツ人に親しまれているデパートです。

薄いピンクの外観が可愛らしいお店は、店内もダルマイヤーやオーバーポリンカーなどと比べるとお手頃価格の商品がぎゅっと配置されており、普段着で気軽に買い物に行けそうなカジュアルな雰囲気です。2階(日本でいう3階)にお土産に良さそうな文房具類やカフェなどが集まっているので、時間がない方は是非こちらだけでもいらしてみてください。ドイツの文房具はビビッドカラーの可愛らしい物が多く、品質も良いのでヨーロッパでも広く愛用されているものばかり。日本の輸入雑貨店などで見たことのあるメーカーも見つかるかもしれません。ポストカードコーナーも壁じゅうズラリとカードが並んでいて、見ているだけでもとっても楽しくておすすめです。

ルードヴィヒ・ベック (Ludwig Beck)
住所:
Marienplatz 11, 80331 München
営業時間:
月~土9:00~20:00
休業日:
日・祝
電話番号:
089-236910
アクセス:
UバーンMarienplatzから徒歩約1分

フュンフ・ヘーフェ (Fünf Höfe)

マリエン広場の近くのショッピングパッサージュ。2003年にスイスの設計事務所によって設計されたこの建物は、天井が高くてガラス張りなので開放的な空間が広がります。
ミュンヘンの老舗大型本屋フーゲンドゥーベルやスーパーマーケットのレーヴェ、ブランドショップなどなど、お土産にはもってこいのお店が並んでいて、選ぶのが楽しくなっちゃいますね。

なお営業時間は店により異なりますが、ドイツは全国どこに行っても、基本的に日曜日は路面店もデパートも閉まっています。日本人の私たちからすると、なんだか羨ましくなってしまうほど徹底していますので、旅行日程に日曜日を挟む方は、事前に日曜日の過ごし方をよく検討しておくとよいでしょう。レストランなども閉まっている所が多いので、インターネット等から事前に予約をしておくのもおすすめです。また、教会等は空いているものの、時間帯によっては日曜礼拝等があり、観光客は中に入れないこともございますので、こちらも入館可能時刻をチェックしておくと安心です。
ミュンヘンは治安も良く清潔でドイツ語以外に英語が話せる人も多いので、こちらのフュンフ・ヘーフェ含め、どこに行っても安心して観光やお土産選びを楽しむことができることでしょう。

フュンフ・ヘーフェ (Fünf Höfe)
住所:
Theatinerstraße 11, 80333 München
営業時間:
店舗により異なる
電話番号:
089-24449580
アクセス:
UバーンMarienplatzから徒歩約5分

カールシュタット

カールシュタットはドイツの大衆向けデパートです。日本のデパートのような清潔感のある明るい雰囲気でありながら、お手頃価格のものが中心にラインナップされているので、旅行でミュンヘンを訪れた方も気軽に立ち寄りやすいハズ!ぜひ、ドイツ人の日常をのぞきに足を運んでみてはいかがでしょうか?
上の写真はベルリンのカールシュタット。カールシュタットの本店はベルリンにありますが、ミュンヘンのカールシュタットもとても大きくて有名です。特にバーンホフプラッツ(
Bahnhofplatz)にあるカールシュタットは駅前の好立地で店内も広々としているので、雨や冬の寒い日などは、ゆっくりお買い物を楽しむのに最適です。

こちらはライプツィッヒにあるカールシュタットです。ライプツィッヒはここ、ミュンヘンからベルリンに向かう途中にある都市なので、ツアーや電車などで立ち寄る方もいらっしゃるかもしれません。こちらのお店も華やかで立派ですね!
特にデパートでの買い物の予定がない方も、海外のデパートへ行くと、売場を巡るだけでそこで生活する人たちの息遣いや国民性、四季折々の過ごし方などを垣間見ることが出来るので楽しいと思います。また、海外旅行に慣れていない方はデパートでのお買い物の方がストレス無く楽しむことが出来るのでオススメ!館内にはカフェなどもあるので、ぜひリラックスしてお買い物をお楽しみください。

カールシュタット(Karstadt)
住所:
Bahnhofplatz 7 80335 München
電話番号:
+49 89 55120
営業時間:
月曜~土曜:9時30分~20時00分
定休日:
日曜日
アクセス:
ミュンヘン中央駅(München Hauptbahnhof)前

ギャラリアカウフホーフ(Galeria Kaufhof)

ギャラリアカウフホーフはミュンヘンの人気観光スポットの「マリエン広場(Marienplatz)」のすぐ横に旗艦店を構えているので、観光のついでにも立ち寄りやすいおすすめデパートです。(なお、上の写真はニーダーザクセン州と言うところにある都市オスナブリュックのギャラリアカウフホーフです。)店内はカールシュタットと同様に大衆向けの商品が中心にラインナップされていて、日本でもおなじみのドイツメーカーやヨーロッパを中心とした海外メーカー製品も多数置いてあります。用が無くとも目の前を通る機会のあるはぜひ覗いてみてください。特にクリスマスシーズンはウインドウやイルミネーションを見ているだけでも旅情をかきたてられることと思います。

上の写真はフランクフルトにあるギャラリアカウフホーフの様子です。アーティスティックでとても素敵ですね!もちろんドイツ第三の都市ミュンヘンにあるギャラリアカウフホーフも負けてはいません。店内に一歩足を踏み入れると明るくて華やかな世界がそこには広がっています。
他の市内デパートと比較して、ミュンヘンのギャラリアカウフホーフは店内が比較的横に長いためエレベーターや階段で行き来しなくとも、一つのフロアで色々なものを購入することが出来てとっても便利です。特にマリエン広場近くのギャラリアカウフホーフは観光客を意識した売場配置になっていて、ミュンヘンらしいお土産がたくさん揃えられるので是非行ってみてください。

ギャラリアカウフホーフ(Galeria Kaufhof)
住所:
Kaufingerstraße 1-5, 80331 München
電話番号:
+49 89 231851
営業時間:
月曜~土曜:9時00分~20時00分
定休日:
日曜日
アクセス:
マリエン広場(Marienplatz)横

ヴィクトアリエンマルクト(Viktualienmarkt)

ヴィクトアリエンマルクトはミュンヘン市内最古にして最大の中央市場です。ドイツらしさやヨーロッパらしさを最も感じられるスポットの1つとして観光客に大人気!場所もミュンヘンのほぼ真ん中にあり、広さはなんと約22,000平方メートルととてつもなく広大な為、晴れた日などは是非数時間かけてゆっくりお立ち寄りください。
市場は入口に立つだけで想像をはるかに超えるスケールの大きさにテンションアップ間違いないでしょう。カラフルな民芸品や美味しそうなドイツ料理の匂いにもさらに期待が高まります。また写真に写っているようなドイツらしい看板たちにもご注目。横に立って写真を撮ればインスタ映えもばっちりです。

ずらっと並んだ可愛らしいアイテムはすべてクリスマスの飾り付けです。冬の長いミュンヘンではホリデーシーズンを家で素敵に過ごすためのクリスマスアイテムがたくさんあり、どれもとってもキュート!クリスマス以外の時期もオーナメントをドアノブに飾ったり、くるみ割り人形を出窓に飾ったりしてミュンヘンのお土産を傍に置いてみてはいかがでしょうか?
小物類は1-2ユーロで買うことが出来るのでバラマキ土産にもおすすめです。なおヴィクトアリエンマルクトはクレジットカードが使えない店がほとんど。また小額の買い物をした際に20ユーロ紙幣、50ユーロ紙幣を出すとおつりがないため断られるケースもありますので小銭を多めに持って行きましょう。

ヴィクトアリエンマルクト(Viktualienmarkt)
住所:
Viktualienmarkt 80331 München
営業時間:
月~土 7:00~20:00頃 ※店舗により異なる
定休日:
日曜日
アクセス:
マリエン広場から徒歩2分

コーネン

カッコイイ雰囲気満点!こちらのアーバンライクなデパートがコーネンです。ガラスをたくさん利用した明るい雰囲気のデパートで、店内にいてもたくさん日光が差し込むので、まるで屋外にいるような明るい雰囲気!雨の日や雪の日のショッピングもなんだか心がウキウキしてしまうことでしょう。
店内は横に大きいものの、そこまで高層階の建物でないので1フロアで色々揃えることが出来て便利ですよ!マリエン広場からスグの所にあるアクセスの良さも魅力。是非覗いてみてはいかがでしょうか?
ちなみにコーネンのあるゼントリンガー通りは若者向けの人気アパレルショップがたくさん!ミュンヘンでお洋服を調達したい方は是非時間を取ってお越しください。

こちらが館内の様子です。コーネンはアパレル専門のデパートなのでお洒落に興味のある方は一日いても飽きないでしょう。ドイツのアパレルブランドはもちろん、イギリスの有名メーカー「TED BAKER(テッドベイカー)」やフランスの人気メーカー「PAUL & JOE(ポール&ジョー)」、「AMERICAN VINTAGE(アメリカン・ヴィンテージ)」といった話題のブランドが目白押し。一年の中で特に冬の寒さが厳しいミュンヘンでは、寒い冬をあたたかく過ごす為のニットやセーター類が質の良いものが沢山売られているので是非チェックしてみてください。ちなみにセーターはドイツでは「Pullover(プルオーバー)」などと呼ばれています。

コーネン(KONEN)
住所:
Sendlinger Str. 3, 80331 München
電話番号:
+49 89 2444220
営業時間:
月~金 10時~20時(土曜日9時~)
定休日:
日曜日
アクセス:
マリエン広場から徒歩3分

カウトブーリンガー

カウトブーリンガーは「文房具のデパート」の異名を持つ、ドイツきっての有名文房具店です。日本の伊東屋や東急ハンズ、ロフト、鳩居堂といった有名文房具店が合体したようなお店。ドイツではこのような専門店はあまり見かけないため、ドイツらしいお土産を買うのにも、急な文房具の買い足しにも、バラマキ土産購入、自分用の筆記用具を買いそろえるのにも便利に使って頂けると思います。
看板に書かれたBüroは「オフィス」、schuleは「学校」そして、Schreibkulturは筆記文化を表すドイツ語です。ミュンヘンの属するバイエルン州の旗と同じ水色と白を基調とした外観がアーバンライクでステキですね。

こちらは店内の様子です。カウトブーリンガーは日本のガイドブックなどでもたくさん紹介されている為、日本人も多く立ち寄るお店。店員さんも日本人をはじめとする外国人観光客への応対に慣れているので、リラックスして快適にお買い物をすることが出来ます。写真手前にあるカラフルな水彩色鉛筆セットは「FABER CASTELL(ファーバー・カステル)」のもの。1761年にドイツで誕生した有名メーカーで、いまやヨーロッパで「文房具といったらファーバー・カステル!」という程、有名メーカーになりました。
鉛筆や消しゴムなども製造されており、どれも日本で買うよりかなりお求めやすいので必見です。

カウトブーリンガー(KAUT BULLINGER)
住所:
Rosenstraße 8, 80331 München
電話番号:
+49 89 238000
営業時間:
9:00~20:00(土曜は9:30~)
定休日:
日曜日
アクセス:
マリエン広場から徒歩3分

FCバイエルンファンショップ(FC Bayern Fan-Shop)

FCバイエルンファンショップはドイツきってのサッカーチーム「FCバイエルン・ミュンヘンe.V.(Fußball-Club Bayern München e.V.)」のオフィシャルショップです。
普段あまりサッカーに関心がない方は「なぜここがオススメスポットなの!?」といった感じかもしれませんが、ここはサッカーファン、中でも海外サッカーファンの方々にとってはまさに聖地なんですよ!
ドイツには日本のJリーグのようにブンデスリーガ(Fußball-Bundesliga)というプロサッカーリーグがあります。その中でFCバイエルンはとにかく圧倒的王者!歴代最多優勝を誇っており、現在も常に優勝争いに食い込んでいます。

ドイツ人は何よりサッカーが大好きです。ホテルでテレビを付けたら試合のない日でもサッカーのニュースがたくさん流れているので、日本で普段ほとんどサッカー観戦をしない方もミュンヘンやドイツやミュンヘンにいる間にいつの間にかハマってしまうかもしれません。
海外観光客のみならず、ドイツ国内の人達もFCバイエルンの試合観戦やグッズを手に入れるためにミュンヘンへ訪れる方も多いんですよ!ここはドイツの国民的スポーツのメッカですので、旅の思い出にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?場所もマリエン広場からすぐのところにあるためアクセス抜群。店内には上の写真のようにクラブカラーの赤を基調としたアイテムがたくさん並んでいます。

FCバイエルンファンショップ(FC Bayern Fan-Shop)
住所:
Neuhauser Str. 2, 80333 München
電話番号:
+49 89 69931666
営業時間:
月曜~土曜 10時~20時
定休日:
日曜日
アクセス:
マリエン広場から徒歩5分

パージング アルカーデン(Pasing Arcaden)

パージング アルカーデンはミュンヘン郊外にある大型ショッピングセンターです。日本の郊外にあるショッピングセンターと非常に雰囲気が良く似ていて、さらにH&Mやマクドナルド、サブウェイといった日本のショッピングセンターでも見かけるおなじみのブランドやファストフード店などもたくさん入っているので、海外旅行初心者の方も一度訪れてしまえば、一日中ストレスなく楽しくお買い物が出来ることと思います。
特に小さなお子様をお連れの方はキッズプレイルーム&エリアが充実しており、ベビーカーで来店した際も店内が広々としていて回りやすいのでオススメ。屋外と違ってお子様の迷子の心配も少ないです。

こちらはクリスマスシーズンのパージング アルカーデンの様子です。大きなクリスマスツリーがとっても素敵ですね。日本のショッピングセンターよりさらにスケールが大きいので、日本との違いも是非楽しんでみてください。お土産専門店はありませんが、お土産に最適なアイテムはお店の中にたくさんありますよ!
中でもオススメなのが絵本で、多くの絵本が10ユーロ以下で気軽に買うことができます。
一般書だと挿絵がないのでドイツ語に詳しくない方はなかなか意味を理解するのが難しいですが、絵本ならなんとなく意味がわかると思います。グリム童話ゆかりの地ドイツで是非ホンモノに触れてみてください。

パージング アルカーデン(Pasing Arcaden)
住所:
Pasinger Bahnhofspl. 5, 81241 München
電話番号:
+49 89 2885175500
営業時間:
9時30分~20時00分
定休日:
日曜日
アクセス:
ミュンヘン・パージング駅(München-Pasing)すぐ

マックス クルーク(Max Krug)

マックス クルークはドイツ語の「MAX KRUG」の黄文字の看板が目を引くミュンヘンを代表するお土産やさんです。
ミュンヘンへの玄関口であるカールスプラッツ駅からも近いノイハウザー通り沿いにある店は、ミュンヘンの属するバイエルン州の紋章と同じブルー&イエローを基調とした派手な建物ですので、小さなお店ではあるものの迷わず向かうことが出来ると思います。
コンパクトな店内ながら、ここには世界中からたくさんの観光客が一年を通じて訪れます。店員さんの愛想も良く、外国人観光客の対応にも慣れているので海外でのお買い物に慣れていない方もリラックスして買い物を楽しむことが出来ることでしょう。

家でビールを飲まない方もインテリアや小物入れ、花瓶なんかにしても素敵に楽しめると思いますよ!また、上の写真に出ている鳩時計(ドイツ語でKuckucksuhr、ただし英語のcuckoo clockでも通じます)も店一押しの主力アイテム。
全てハンドメイドで作られている為、世界に2つとして同じものはありません。ドイツと鳩時計の歴史はとても深く、時計技術者フランツ A. ケトラー氏によって生み出された時計は、誕生から約200年経過した現在でも職人達の手によって伝統的技術を守りながら、更なる技術革新が図られています。
一つ一つの構造の違いや仕掛けの違いなどを味わいながら是非ゆっくりご覧ください。

マックス クルーク(Max Krug)
住所:
Neuhauser Str. 2, 80331 München
電話番号:
+49 89 224501
営業時間:
9:30~20:00
定休日:
日曜日
アクセス:
マリエン広場から徒歩5分

マキシミリアン通り(Maximilianstraße)

ミュンヘンには他にも雑貨専門ショップや文具専門デパートなど、様々なお土産選びに使えるショッピングスポットがあります。ご紹介したスポットは色々なジャンルの品揃えが豊富ですし、休憩や食事まで出来るので重宝します。是非、お土産選びの参考にしてくださいね!

maorun

旅行と食べ歩き大好きの神戸っこです☆センス溢れる記事を目標に頑張ってます!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • ドイツ・ベルリンの注目デザイナーアイテムやセレクト雑貨の...

    最新ファッションやアートなど、非常に魅力ある街としてベルリンが改めて注目されています。伝統的な建物も多く残しつつ再開発され、近代的なビルやさまざまなショップが軒を連ねます。今回ご紹介するのは、ベルリンの地元デザイナー発信のショップやオシャレなセレクトショップなどトレンドのお店4選です!どうぞお楽しみください♪

  • アディダスのコンセプトストアも!ベルリンで必見!ドイツ発...

    ドイツには有名なスポーツブランド「アディダス」をはじめ、世界で愛されるブランドがたくさんあります。ここでは、ドイツの首都・ベルリンにあるおすすめのドイツ発祥ブランドのショップを5つ紹介するので、ベルリンに行かれる際はぜひチェックしてくださいね!

  • ドイツ・ローテンブルクで人気のホテルおすすめ4選!日本人ス...

    絵本に出てくるようなメルヘンチックな街並みが魅力のドイツ・ローテンブルク(Rothenburg)。中世の文化や街並みが色濃く残るローテンブルクのおすすめホテルをまとめてみました。可愛らしいインテリアや伝統的な建築物にときめくこと間違いなし!

  • ドイツ・ミュンヘンおすすめカフェ4選!おいしいスイーツで素...

    ドイツといえばカフェ! カフェ文化が発達したドイツには、素敵なカフェがたくさんあります。その中でも、今回はミュンヘンにスポットを当て、スイーツのおいしいお店を中心に集めてみました! ミュンヘンの観光中に小腹が空いたらぜひ立ち寄って欲しい素敵なカフェばかりですよ♪

  • ドイツ・フランクフルトの人気ショッピングモール&おすすめ...

    ヨーロッパ経済の中心地と言われるフランクフルト(Frankfurt)。大規模な商業施設がたくさんあってショッピングし放題!♡今回はそんなフランクフルトでおすすめのショッピングモール&デパートをまとめてみました。

  • ドイツ・ミュンヘン観光スポット11選!見どころ満載の南部最...

    ドイツ南部最大の都市ミュンヘン!周辺地域の政治や文化の中心地であり、観光地としても知られています。この街を訪れたら行ってほしいスポットをご紹介します。

  • ドイツ有名音楽家ゆかりの場所5選!クラシックファン必見

    ドイツの有名な音楽家のゆかりのスポットがドイツにはたくさんあります。彼らが音楽と共に過ごしてきた場所や彼らの功績をたたえる建物はファンの方にとっては堪らない場所ではないでしょうか?もし、彼らが使っていたピアノなどを間近で見ることができたらきっと興奮してしまいますね。

  • ドイツに行ったら買いたい!「ビオ(オーガニック)製品」おす...

    ドイツといえばオーガニック先進国として知られていますよね。エコで体にもいいビオ製品は自分用としてもお土産用としても買いたいもの。そこで今回はドイツでおすすめのビオ製品6ブランドをご紹介します。

  • ドレスデン観光で必ず行くべき美しき名所11選!エルベ川に佇...

    16世紀、ザクセン王国の首都であった「ドレスデン」。百塔の都と謳われるこの商業都市は、第二次世界大戦で一夜にして瓦礫の山となりました。東西統一を経て、かつての建物・文化を取り戻し、さらに発展し続けるこの街の魅力に迫ります。

  • ドイツのロマンティック街道「フュッセン」の観光地5選

    フュッセンといえば、ディズニーのシンデレラ城のモデルとなった「ノイシュヴァンシュタイン城」が有名ですが、それだけを目当てにフュッセンを訪れるのはもったいない!ロマンティック街道のフィナーレを飾るにふさわしい「フュッセン」の見どころをご紹介します!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事