万年筆をはじめとするドイツの文房具をご紹介!大切なあの人へのお土産にもぴったりなおすすめアイテムたち

6,151

views

0

普段、皆さんは文字を書く時にどんな筆記用具を使っていますか?ドイツでは子供の時から「万年筆」を使います。みなさんはこれを聞くと「テストの時に間違ったらどうするの?」などと疑問に思うことでしょう。今回はそんな疑問にお答えしながらドイツの万年筆とその周辺文具をご紹介します。お土産にもピッタリ!きっと喜ばれますよ。

ドイツといえば万年筆が有名です!

ドイツの万年筆といえば雪の結晶マークでおなじみのご存じ「MONTBLANC(モンブラン)」、そして「Pelican(ペリカン)」!

あ、失礼しました。鳥ではなく、れっきとした万年筆メーカーの「Pelican」が有名です。

万年筆の王様「モンブラン」はドイツのブランド

モンブランの万年筆が作られたのは1906年にまで遡ります。三人のドイツ人によって原型が作られました。インクカートリッジを取り入れた、大変シンプルな万年筆はドイツ技術者の力によるものでした。

今やモンブランは「腕時計のメーカー?」と勘違いする人や「アクセサリーじゃない?」という方もいるほど高級品をまっさきに想像するブランドになりました。

モンブランの名はたまたまトランプゲームに興じていた時に「欧州最高峰のモンブランの頂上が万年筆のペン先にそっくりだ」と言い出したことがきっかけ。そこから、モンブランを覆う万年雪の結晶をイメージしたあの白い星が生まれた、と言われます。現在のモンブランは、ライター(タバコ用)やスーツで有名な「ダンヒル」の傘下に入り、そしてダンヒルが現在は「リシュモン」に買収されたことから、「カルティエ」や「IWC」(スイス、時計で有名)などと兄弟ブランドの一つになっています。

子供から大人までドイツ人御用達の「ペリカン」

万年筆のペリカンと言うと「スイスの企業だ」いや「マレーシアの会社の傘下だ」などといろいろな説がありますが実はみんな正しい!そもそもの発祥地はドイツ北部のハノーファーです。ハノーファーはドイツで有名なメッセ(産業見本市)で名が知られ、様々な産業が生まれた地です。ペリカンは1832年に創業されたインクメーカーで、後に万年筆メーカーとして名を上げます。鳥のペリカンは欧州で愛されており、ペリカンの万年筆はクリップ(挟む部分)がペリカンのくちばしの形になっています。

出典: www.amazon.de

プラスティックの廉価版から高級品まで多数のラインナップがありますが、ドイツが一番の消費国。そこでドイツ向けに子供用、学生用、大人用などと様々な商品が開発され「インク消し」や「インクカートリッジ」なども大量に生産されています。
現在の本社はスイス、そしてそのオーナーはマレーシア企業になっていますが、誰もがドイツの企業と言ってはばからないほどドイツ愛に満ちた会社です。

ペリカンの秘密兵器「万年筆修正ペン」をぜひ買おう!

出典: www.amazon.de

学校に通う子供たちも万年筆を使うのがドイツ。え!それって間違って書いたらどうするの?

そうです、間違ったら…この修正液ならぬ「修正ペン」が役立ちます。これはペン先の白い部分でインクの字をスルスルっと吸い取り消してくれる優れもの。ペリカンの子供用ブランド「Pelikano」から「Super Pirat」(スーパーピラート、つまりスーパー海賊)という名で愛されています!お値段は1本あたり日本円で100円程度。スペルミスの多い方はひと月で買い足す必要がある量です。ちなみにドイツの子供たちはこのインク消しをペンケースに「5本」程潜ませ、テストの時に格闘しているのです!!

ペリカンの万年筆なら子供用もデザインがユニーク!

出典: www.amazon.de

このぺーカーノの値段は9.99ユーロ。子供用でも1,200円程度と決して安くはないのがドイツの万年筆。日本ほどステーショナリーの種類はありませんがこれはお土産にもってこいですね!

出典: www.amazon.de

こちらのペリカン万年筆は 8.92ユーロ。右利きと左利き両方に対応しています。まるで日本の「子供用のお箸」のように正しい持ち方を練習するための万年筆なんですね。

万年筆を購入したら、インクも忘れずに!

出典: www.amazon.de

万年筆はインクが命。日本ではあまりなじみのないインクですが、わざわざガラス瓶のインクタイプを買わずともカートリッジタイプを大量に買うのがお勧めです。Tintenpatronen(ティンテンパトローネン…インクカートリッジ、最後のnは複数形)はメーカーごとに大きさが違うことがありますから、合ったものを買いましょう。日本で買うより4分の1程度の値段で購入できます!!ドイツアマゾンでは1.09ユーロ(5本入り)、20本セット以上を買うとお得です!

ハイデルベルグで誕生した「LAMY(ラミー)」のユニークな万年筆

日本でも購入できる「LAMY」。1930年にドイツのハイデルベルグで誕生しました。モンブランやペリカンに比べるとお求めやすい価格で気軽な万年筆というイメージ。

ファッションセンスが高く「持ち歩ける」万年筆ということで隠れファンがいるそうです。

文房具を買うならカウト・ブーリンガーへ

今回ご紹介した文房具を購入するなら大きな文房具店が便利です。ドイツきってのステーショナリー専門店といえば「カウト・ブーリンガー(Kaut Bullinger)」。ドイツに12店舗、中でも南部の大都市 München(ミュンヘン)店は一日で回れないほどの大型店です。ほかの都市では、Aschaffenburg、Deggendorf、Traunreut、Landshut、Mühldorf、Neu-Ulm、Nürnberg、Weiden、Passau、Bad Hersfeld、Kassel にあります。もし、お近くにご旅行の際にはぜひここでお気に入りの文房具を探してはいかがでしょうか?

カウト・ブーリンガー(Kaut Bullinger)
住所:
Rosenstraße 8 80331 München(ミュンヘン店)
営業時間:
9:30~20:00
アクセス:
[U](U-Bahn、地下鉄)、[S](S-Bahn、路面電車)、Marienplatz(マリエンプラッツ駅)徒歩約3分
定休日:
日曜
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ドイツの土産はおすすめ5選!!絶対買うべき人気アイテム大公...

    ヨーロッパ方面の中で日本からも大人気の観光スポットの多い「ドイツ」。おとぎ話の世界に迷い込んだ気分になれるロマンチック街道や歴史のあるミュンヘン、国とはなにかということを考えさせられるベルリンなどみどころたくさん。人気で高品質なお土産も多く選ぶのが大変という人も多いのでは。ここでは人気のドイツのお土産を厳選してご紹介していきます。ドイツのお土産に困ったら参考にどうぞ!

  • フランクフルト観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき...

    フランクフルトを訪れたなら、日本人観光客が少なく日帰り遠足気分で行ける、穴場な街を訪れてみましょう♪わざわざ寄って良かった!と思わせる景色が広がっています。

  • 革製品ならドイツブランド!高品質で実用的なドイツブランド...

    品質が非常に優れているので、世界中に多くのファンを持つドイツブランド。革製品をはじめとしたドイツブランドの中から、有名なブランドをご紹介します♪

  • ドイツの古都アーヘン!旧市街で行くべき観光おすすめスポット

    アーヘンといえば、歴代の神聖ローマ皇帝・カール大帝が戴冠式を挙げたドイツでも最も西の都市。古き良き温泉町としても有名ですが、忘れてはいけないのが世界遺産第1号のアーヘン大聖堂です。そこで今回は、大聖堂を含めたアーヘン旧市街の必見ポイントをご紹介したいと思います。

  • ドイツ・ローテンブルクでお土産購入!マルクト広場周辺おす...

    中世の宝石箱とも呼ばれる、ローテンブルク。ロマンティック街道に古城街道が交差し日本とは全く異なる雰囲気を味わえます。せっかく素敵な街に行ったのだから、お土産にもこだわりたい!!そんなみなさまにおすすめのお土産屋さん3店を紹介します♪

  • ドイツ基本情報 【Wi-Fi事情編】

    自分が持っている電話が海外で使えるようになってから久しいですが、現地で高額の通話やネット費用はなるべく避けたい……。そのためには空港や街中でいかに上手くWi-Fiを探すかが重要!今回はドイツのWi-Fi事情を説明します!

このエリアの新着記事
  • ハイデルベルク観光のおすすめ人気スポット!最古の大学があ...

    ハイデルベルクは中世の建物をそのまま残す旧市街で有名な街。ハイデルベルク大学もまた、ドイツ最古と言われる歴史ある大学です。今回はそんなハイデルベルクの人気観光スポットをまとめました!

  • ドイツ旅行で絶対飲むべき人気ビール&ワイン特集♡

    ドイツを訪れたら、やっぱり本場のビールとワインで乾杯~!といきたいところ。でもチョット待って。。ドイツビールとドイツワインといっても何を頼めばいいのかわからないわ~!!となっているあなたに、現地であたふたしない情報をお届けします!

  • ミュンヘンのお土産探しにおすすめなショッピングスポット12選

    旅で楽しみなのが、お土産探し。でも、何にしようかどこに行こうか…と迷ってしまいますよね。そういった方のために、ジャンル問わず色々と選べるスポットをチョイスしました!お土産選びも思い出になるよう、ミュンヘンを満喫しちゃいましょう♪

  • ドイツで行くべき人気の観光名所15選!おすすめのスポットが...

    ヨーロッパのほぼ真ん中にあり日本でもお馴染みの国「ドイツ」。美しいお城、美味しいビールやソーセージがあなたを待っています。ここではこれからドイツに旅行に行く人におすすめの定番から穴場まで人気スポットをご紹介。

  • シュトゥットガルト観光で行くべきスポット6選!世界的企業...

    ドイツ南西部に位置し、大戦後にはアメリカ軍司令部が置かれた街。今や世界的に有名な大企業が集まる産業都市となったのですが、この街の魅力はそれだけではありませんよ!広大なブドウ畑を要する「農業都市」でもあり、19世紀にヴュルテンベルク王国の首都であったため「文化都市」としての機能も併せ持つ凄い街なのです!

  • ドレスデン観光で必ず行くべき美しき名所4選!エルベ川に佇...

    16世紀、ザクセン王国の首都であった「ドレスデン」。百塔の都と謳われるこの商業都市は、第二次世界大戦で一夜にして瓦礫の山となりました。東西統一を経て、かつての建物・文化を取り戻し、さらに発展し続けるこの街の魅力に迫ります。

  • ポツダム観光で必ず行くべき人気観光スポット4選

    ベルリンから日帰りでもアクセスが可能なポツダム。『ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群』は世界遺産にも登録されていて、その見どころの多くが世界遺産となっています。ここでは、そんなポツダムで散策したい、お勧めの観光スポットを4つ紹介します。

  • フランクフルト観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき...

    フランクフルトを訪れたなら、日本人観光客が少なく日帰り遠足気分で行ける、穴場な街を訪れてみましょう♪わざわざ寄って良かった!と思わせる景色が広がっています。

  • ドイツの土産はおすすめ5選!!絶対買うべき人気アイテム大公...

    ヨーロッパ方面の中で日本からも大人気の観光スポットの多い「ドイツ」。おとぎ話の世界に迷い込んだ気分になれるロマンチック街道や歴史のあるミュンヘン、国とはなにかということを考えさせられるベルリンなどみどころたくさん。人気で高品質なお土産も多く選ぶのが大変という人も多いのでは。ここでは人気のドイツのお土産を厳選してご紹介していきます。ドイツのお土産に困ったら参考にどうぞ!

  • ドイツに行ったら買いたい!「ビオ(オーガニック)製品」おす...

    ドイツといえばオーガニック先進国として知られていますよね。エコで体にもいいビオ製品は自分用としてもお土産用としても買いたいもの。そこで今回はドイツでおすすめのビオ製品6ブランドをご紹介します。

このエリアの人気記事