ドイツのおすすめお土産5選!絶対買いたい人気のビール、コスメ、チョコレート!

257,633

views

0

ヨーロッパ方面の中で日本からも大人気の観光スポットの多い「ドイツ」。おとぎ話の世界に迷い込んだ気分になれるロマンチック街道や歴史のあるミュンヘン、国とはなにかということを考えさせられるベルリンなどみどころたくさん。人気で高品質なお土産も多く選ぶのが大変という人も多いのでは。ここでは人気のドイツのお土産を厳選してご紹介していきます。ドイツのお土産に困ったら参考にどうぞ!

ドイツのお土産1

ファスベンダー&ラウシュのチョコレート

甘いものに目が無いという人におすすめなドイツのお土産が観光スポットとしても人気の「ファスベンダー&ラウシュ」のチョコレート。
1863年から続いている老舗のお店で地元の人からも支持されています。
板チョコタイプやばらまきにぴったりなスティックタイプ、自分へのご褒美に買いたい有名な観光地を模ったものなどとにかく種類が豊富なところが魅力的。
店内にはチョコレートで作られた巨大なオブジェも。
カフェも併設されていてゆっくりできます。

口コミがとてもよく、TripAdvisorに寄せられるレビューのうち悪い・とても悪いと評価した人はなんとゼロ!
遊び心たっぷりのチョコレート屋さんということで好評を得ています。

パッケージデザインも可愛く、少し特別なドイツのお土産にはぴったり。
カカオ濃度が濃いめのチョコレートもあるので、甘いものが得意でない人へもばっちり。
1ユーロから買えるお得なチョコレートもあります。

ジャンダルメン広場が臨める場所にあるので、おすすめはクリスマスマーケットが開かれるクリスマスシーズン。

ファスベンダー&ラウシュ(FASSBENDER & RAUSCH)
住所:
Charlottenstr. 60, 10117 Berlin, Germany
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
+49 800 0301918
アクセス:
U2線シュタットミッテ駅すぐ
営業時間:
日11:00~20:00

ドイツのお土産2

アンペルマングッズ

アンぺルマンとは東ドイツで作られた信号機のマーク。
赤い人は止まれ、緑の人は進めを意味します。東西ドイツが統一した後消えてしまう運命でしたがあまりの愛らしさから残してほしいと市民の願いを受けて残されることに。
現在ではベルリンの80%以上でアンペルマンデザインの信号機が採用されています。
このアンぺルマンをモチーフにした雑貨が定番のドイツのお土産に。
ハッケンシャーホーフにあるお店が品ぞろえも多いのでおすすめです。

日本の信号機マークとはまったく違ったポップなデザインが新鮮。
雑貨そのものもさすがドイツ、とてもデザイン性が高いです。

時計やグラス、キーホルダーなど雑貨の種類も様々。
ドイツのお土産におすすめはお手頃な価格帯のマグネット。

お店にもいたるところにアンぺルマンの装飾がみられます。
フォトジェニックなのでインスタ映え間違いなし!

アンペルマン ハッケンシャー ホーフ店(Ampelmann in den Hackeschen Höfen)
住所:
Hackesche Hofe, Hof 5 Rosnthaler Str. 40-41, Berlin
営業時間:
09:30~21:00
電話番号:
+49 30 44726438
アクセス:
Monbijouplatz (Berlin)駅から徒歩4分
営業時間:
日 13:00~20:00
定休日:
なし

ドイツのお土産3

クリスマスグッズ

ドイツではクリスマスシーズンになると各地でマーケットが開かれクリスマスタワーやシュトーレンを食べて盛大にお祝いします。そんなドイツのお土産にぴったりなのがクリスマス雑貨。
ドイツらしい手の込んだ木のおもちゃやキリストの誕生の伝説を人形で表現したクリッペなどが一押し。
おすすめのお店は一年中クリスマスグッズを販売している「ケーテ ウォルファルトクリスマスショップ」。
お店の前の赤い車が目印です。

店内に足を踏み入れるだけで童心にかえれてわくわくします。
メルヘンな街並みの中で一番印象に残るショップといっても過言ではありません。

ドイツのお土産におすすめなのはやっぱり多数種類があるオーナメント。
クリスマスツリーが一気に可愛くなるアイテムばかりが揃っています。

自宅用にはクリスマスリースなんていかがでしょうか。
ローテンブルクの可愛い街並みとともにキュートなお土産をゲットしてください。

ケーテ ウォルファルトクリスマスショップ(Kathe Wohlfahrt's Christmas Shop)
住所:
Herrngasse 1, 91541, Rothenburg, Bavaria, Germany +49 4909 8614090
営業時間:
10:00~18:00
電話番号:
+49 4909 8614090
アクセス:
バスターミナルRothenburg Schrannenplatzから徒歩5分
営業時間:
土10:00~16:00※営業時間と休日は季節により変わる可能性あり
定休日:
1月上旬~5月中旬の日・祝、1/6,
復活祭の聖金曜

ドイツのお土産4

テディベア

小さい子供へのドイツのお土産にぴったりなのがテディベアのぬいぐるみです。
特にベルリンでは街のいたるところでテディベアを目にすることでしょう。
小さいサイズでお手頃なものもお土産屋さんで多数販売されていますが特に人気でおすすめのメーカーは1880年にドイツで誕生した「シュタイフ」。
日本よりもお得なお値段で購入できると大評判。
ぜひベルリンのお店を覗いてみてください。

ドイツの最高級テディベアといわれるだけあって品質は抜群。
ぬいぐるみにしてはお値段ははりますが、その価値は充分。
有害物質や染料は使っておらず、子供が間違って口をつけてしまっても安心。
生産プロセスも衛生面には徹底しているこだわりぶり。
さらにはこのシュタイフこそが、世界初のテディベアを作ったブランドでもあります。

出産祝いなどにドイツのお土産として買っていくのもいいですね。

シュタイフショップベルリン(Steiff Shop Berlin)
住所:
Kurfürstendamm 38, 10719 Berlin, ドイツ
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
+49 30 88625006
アクセス:
U Uhlandstr. (Berlin)から徒歩3分
営業時間:
土10:00~19:00
定休日:
日曜日

ドイツのお土産5

ダルマイヤーコーヒー

ドイツのお土産でコーヒーといえばやはり定番のダルマイヤーがおすすめ。
香りの良いコーヒーとして世界中にファンがいます。
スーパーなどでも販売されているようですがやはりミュンヘンにある本店に足を延ばしましょう。
本店ではコーヒー以外にも高級デリカテッセンをゲットすることも。
チョコレートやチーズ、お肉などもあります。

レストランやカフェスペースもあるので本場の味を楽しみたい人にぴったり。
店員さんもフレンドリーでゆっくりできたという口コミも。

実は300年もの歴史を誇るダルマイヤー。
ヨーロッパ1コーヒーの消費量が多い国であるドイツだからこその名門ブランドです。
ミュンヘンの王室御用達でもあったらしいので価値はもちろんあり。
なんと日本の値段の1/4くらいで買えるんだとか。

コーヒーなら幅広く喜んでもらえるドイツのお土産なのでおすすめです。


ダルマイヤー(Dallmayr)
住所:
Dienerstr. 14-15, 80331 Munich, Bavaria, Germany
営業時間:
19:00~23:00
電話番号:
+49 89 2135100
アクセス:
マリエン広場駅(Marienpl.)から徒歩3分
営業時間:
土12:00~13:30、19:00~23:00
定休日:
日・月曜、祝日

ドイツのお土産6

フランケンワイン

ユニークな形のボトルがドイツのお土産にぴったりなフランケンワイン。
ドイツ・バイエルンの真ん中から北側にまたがるフランケン地方の名産品です。
寒暖差の激しい地域であるのでワインの味はしっかりとした味わいの辛口が多いことが特徴。
ドイツらしい男性的な味わいと言われることが多いのでワイン通のあの人にお土産として購入してみては。
試飲もできるハンブルグの「Der Bocksbeutel in Den Colonnaden」で買うのがおすすめです。

ドイツワインはどちらかというと白の甘口というイメージが強いですが、
辛めの味が好きな人にはぴったりなドイツのお土産です。
辛口レベルもほんのり、とかではなくしっかりとした辛口のものがベター。
ゲーテも愛したといわれているワインでもあります。
ローテンブルクではオリジナルデザインのボトルが手に入るのでそこでGETしても良し。

日本では入手しづらいので旅行の際に多めに買っていくのが正解。
スーツケースに入れて持って帰るときは念入りに梱包してくださいね。

デア ボックスボイテル イン デン コロナーデン(Der Bocksbeutel in Den Colonnaden)
住所:
Colonnaden 54, 20354 Hamburg, ドイツ
営業時間:
11:30~21:00
電話番号:
+49 40 345102
アクセス:
Gänsemarkt駅から徒歩4分
営業時間:
日、月10:00~19:00

ドイツのお土産7

オーデコロン

おしゃれに敏感なあの人はオーデコロンをドイツのお土産にしてみてはいかがでしょうか。
お土産にぴったりな小型のものも多数販売されており香りの種類も豊富です。
持続時間も比較的短めと言われているので気分転換したい時にぴったり。
香水が苦手な方もお手軽に楽しめます。

自分へのお土産を探すならあのナポレオンも使っていたという世界で最も歴史のあるオーデコロンメーカー「4711」の製品がおすすめ。
爽やかな香りで人気のOriginal Eau de cologneをぜひ試してみてください。

お店の佇まいはこんなに立派でまるでお城のよう。
気になる店内もとてもスタイリッシュでおしゃれです。
オーデコロンの水道が設置してあり、そこは人気のフォトスポット。

コロンのボトルのデザインも重厚感があってとびきりエレガント。
種類はさまざまありますが、やっぱり定番はブルーのボトル。

閉店が夕方なのでドイツのお土産をここで購入したい場合は
早めに訪れるように気を付けてください。

4711本店(Dufthaus 4711)
住所:
Glockengasse 4, 50667 Köln, ドイツ
営業時間:
09:30~18:30
電話番号:
+49 221 27099911
アクセス:
Appellhofplatz駅から徒歩5分
営業時間:
土09:30~18:00
定休日:

ドイツのお土産8

シュトレン

ドレスデン発祥の伝統のお菓子シュトレンもドイツのお土産にいかがでしょうか。
バターと砂糖を使って作られるシュトレンは最近日本でもクリスマスシーズンには定番化しつつあります。

白い粉砂糖がかかっており、まるでスノーパウダーのような見た目がキュート。
菓子パンの中にはレーズン、レモンピールやオレンジピール、さらにはナッツなどが練りこまれています。
クリスマス前に少しずつスライスして食べていくのが習慣なんだとか。

ドレスデンにある「エミール・ライマン 」では一年中シュトレンが販売されているのでおすすめ。
お土産に喜ばれる缶や箱入りタイプは持ち運びにも便利。
パッケージもおしゃれなのでドイツのお土産にピッタリですね。

カフェも併設されているのでドレスデン観光の際に立ち寄ってみては。
もちろんシュトレン意外にもおいしいスイーツのラインナップが揃っています。
テラス席でおしゃれなドイツの街並みを臨みながらティータイムはいかが?

エミール・ライマン (Emil Reimann)
住所:
Sclossstr. 16 01067Dresden
営業時間:
08:00~22:00
電話番号:
0351-50060978
アクセス:
Altmarkt駅から徒歩2分

ドイツのお土産9

マイセン

自分へのドイツのお土産にしたいのがマイセンの陶器!
一品ずつ丁寧に作られているのでドイツの職人技の凄さを体感できます。
和食にもあう食器からインテリアにしたい陶器人形までバリエーション豊富。
マイセンにある磁器博物館では歴史や実際に製品がどのように作られているのか学べるのでおすすめ。
日本語の音声案内もあり観光スポットになっています。
アウトレットショップも併設されているのでぜひ。

ドイツのマイセン地方で生まれたこの磁器は、なんと300年以上もの歴史があります。
マイセンのお皿の平均価格は3万円~。
そうそう簡単に手をのばせる価格帯ではありませんが、ドイツ旅行の記念に一枚欲しいですね。
日本から夢をみて訪れるものの、高くて断念する方も少なくはないようです。笑
アウトレット品でもなかなかのお値段がするよう。

ドイツのお土産としての購入を断念するとしても、
博物館をみてまわるだけでも価値はあるので是非訪れてみてください。

マイセン磁器博物館(Porzellan-Manufaktur Meissen)
住所:
Talstrasse 9, 01662 Meissen
営業時間:
09:00~18:00
電話番号:
+49 3521 468208
アクセス:
Meißen Triebischtal駅から徒歩8分
営業時間:
11~4月(09:00 ~17:00)

スーパーで手に入るおすすめのお土産!

ばらまき用のドイツのお土産はスーパーでお得にゲットしませんか。
ドイツにはたくさんスーパーマーケットがあり、おすすめは現地の人もよく利用する「REWE」。
ドイツ各地にお店がありお値段も手ごろで観光客からも人気です。

ドイツのお土産10

HARIBO

日本でも人気のあるグミメーカー「HARIBO」。
実はドイツ生まれだって知っていましたか?
首に赤いリボンをつけた黄色いクマのパッケージが目印です。

1920年にドイツのボンで誕生した老舗メーカーで世界100カ国以上で展開中。
ヨーロッパでは信頼できるメーカーとして子どもに初めて与えるお菓子の一つと考えられています。
日本未発売の味を探してドイツのお土産にするのが◎。
ミニパックでも販売されているのでお得にばらまきできます。

ハリボも今時は色々な種類があるので、いくつかスーパーに回って数種類買ってみてもいいかもしれません。
味の種類のみならず、グミのカラーやパッケージも様々。
もちろん、グミの形もアニメキャラクターのスマーフとコラボしていたりなどと色々ありますよ。
中にはカエルやヘビの形をした奇抜なものも…。
笑いのネタにちょっと変わり種を買っていくのありですね。

グミであればお財布にもやさしいのでドイツのお土産としてたくさん買っていけますね。

ドイツのお土産11

ハーブティー

ハーブティー大国であるドイツ。
簡単な風邪などはハーブティを飲んで治すという人も多いそうです。
スーパーでも棚一面にハーブティーコーナーがあるお店も。
日本で買うよりも安く種類も豊富にあるのでドイツのお土産として簡単にゲットできます。
人気のメーカーは「TEEKANNE」や「MILFORD」など。
薬用効果も期待できるハーブティーも販売されているので旅行中にちょっと体調が悪いという時にもおすすめです。

日本の約半分の値段でGETできるのも嬉しいところ。
定番のカモミールやミントなどはもちろん、フルーツ系の味のハーブティーなど色々あります。

おすすめはちょっと珍しいマンゴー味。
ドイツで有名なりんご味なんかもドイツのお土産としては喜ばれるでしょう。

お茶類のお土産は職場にぴったりですね。
コーヒーが苦手な人には是非ハーブティーを持ち帰るべし。

ドイツのお土産12

入浴剤

健康先進国ドイツでは自然素材で薬用効果も期待できる入浴剤が多数販売されています。
気軽にスーパーで購入できるアイテムもあるのでぜひチェックしてみてください。
日本ではなかなか見かけないクリームやオイルになっているものが特におすすめ。
数々のメーカーから発売されているのでまとめて買って違いを楽しむのも◎。
特におすすめなのが1910年からドイツで愛されている「ドレスナーエッセンス」。
パッケージも可愛いので女性へのドイツのお土産にぴったり。

お風呂文化の日本であれば、入浴剤をドイツのお土産としてもらって嬉しくない人はいないはず。

その他にはクナイプ(KNEIPP)のバスソルトやテテセプト(tetesept)のバスオイルも大人気。
ドイツで代表的な入浴剤ブランドです。

特に、カップケーキやマカロン、ドーナツの形をしたバデフィー(Bedefee)の入浴剤は注目度大!
ココナッツオイルなど美肌成分も含まれているのでお肌もしっとりします。
使うのがもったいないくらいのキュートさなので是非探してみてください。

ドイツのお土産13

ビール

ビール大国ドイツ。
日本でもオクトーバーフェストがブームになりお馴染みですが実はドイツには1,000種類を超える銘柄が存在すると言われています。
スーパーでは安く手に入ることが多いのでぜひコーナーを覗いてみましょう。
定番のピルスナーや黒ビールのシュバルツなど日本ではあまり見かけないスタイルのビールもあります。
スーパーで購入してホテルで試してみて気に入ったものを
自分へのドイツのお土産としてまとめ買いするのも良いですね。

ドイツ旅行に行ったといえば、ビールをドイツのお土産として期待する人も多いはず。
ただし、ドイツにはなんと5000以上の銘柄があるので迷ってしまいますよね。

日本のビールと味わいが大きく異なるランチスカナー ヘーフェヴァイスビア(Franziskaner Hefe-Weissbier)は、ドイツビールっぽい味なのでおすすめ。
またドイツで最も古いピルスナーのラーデベルガー ピルスナー(Radeberger Pilsner)なんかも美味しいです。

自分やお友達・ご家族などのビールの好みを事前にリサーチしていくと選びやすくなりますね。

ドイツのお土産14

ミューズリ

ダイエット中のあの人へのドイツのお土産におすすめしたいのがドイツでは定番の朝ごはん「ミューズリ」。
もともとはスイス発祥で、軽い夕食として食べられていたそう。

シリアルの仲間ですが、とにかくヘルシーで栄養たっぷり。
日本でいうフルーツグラノーラに近いイメージでしょうか。
オーツにドライフルーツやナッツ、種などがミックスされています。

シリアル同様、牛乳をかけて食べるのが一番一般的。

スーパーではバータイプや袋に入ったものなど味もパッケージもバリエーションも豊か。
時間が無い時に手軽に食べられるので自分用にドイツのお土産として爆買いするのもおすすめです。
ヨーグルトや豆乳、フルーツと混ぜて食べるとさらに栄養価がアップします。

おすすめはエデカというドイツのスーパーマーケットで売っているもの。
3種類のチョコレート入りでとても美味しいお味に。

さとひろろ

鉄道好きの夫と全国を鉄道で飛び回っています。娘と息子を鉄子にするか悩んでいる今日この頃。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フランクフルト観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき...

    フランクフルトを訪れたなら、日本人観光客が少なく日帰り遠足気分で行ける、穴場な街を訪れてみましょう♪わざわざ寄って良かった!と思わせる景色が広がっています。

  • 革製品ならドイツブランド!高品質で実用的なドイツブランド...

    品質が非常に優れているので、世界中に多くのファンを持つドイツブランド。革製品をはじめとしたドイツブランドの中から、有名なブランドをご紹介します♪

  • ドイツの古都アーヘン!旧市街で行くべき観光おすすめスポット

    アーヘンといえば、歴代の神聖ローマ皇帝・カール大帝が戴冠式を挙げたドイツでも最も西の都市。古き良き温泉町としても有名ですが、忘れてはいけないのが世界遺産第1号のアーヘン大聖堂です。そこで今回は、大聖堂を含めたアーヘン旧市街の必見ポイントをご紹介したいと思います。

  • ドイツ・ローテンブルクでお土産購入!マルクト広場周辺おす...

    中世の宝石箱とも呼ばれる、ローテンブルク。ロマンティック街道に古城街道が交差し日本とは全く異なる雰囲気を味わえます。せっかく素敵な街に行ったのだから、お土産にもこだわりたい!!そんなみなさまにおすすめのお土産屋さん3店を紹介します♪

  • ドイツのおすすめお土産5選!絶対買いたい人気のビール、コス...

    ヨーロッパ方面の中で日本からも大人気の観光スポットの多い「ドイツ」。おとぎ話の世界に迷い込んだ気分になれるロマンチック街道や歴史のあるミュンヘン、国とはなにかということを考えさせられるベルリンなどみどころたくさん。人気で高品質なお土産も多く選ぶのが大変という人も多いのでは。ここでは人気のドイツのお土産を厳選してご紹介していきます。ドイツのお土産に困ったら参考にどうぞ!

  • ドイツ基本情報 【Wi-Fi事情編】

    自分が持っている電話が海外で使えるようになってから久しいですが、現地で高額の通話やネット費用はなるべく避けたい……。そのためには空港や街中でいかに上手くWi-Fiを探すかが重要!今回はドイツのWi-Fi事情を説明します!

このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事