ドイツ・フランクフルトでビールとソーセージを!おすすめレストランまとめ

12,915

views

0

フランクフルトはソーセージの名称ともなっているほど、ソーセージで有名な街。街の様々なお店でおいしいソーセージを食べることができます。お酒が飲める方は、ソーセージをおつまみにドイツビールを楽しむのもおすすめですよ!今回はおいしいソーセージを食べることができるお店を中心にご紹介します。

・ツァルゲス (Zarges)

ツァルゲスは、Fressgasse(食いしんぼう)というカフェやレストランがたくさん集まっている通りにあります。ケーキがおいしいカフェレストランです。

全体的な規模は大きいながらも上品な雰囲気。軽いティータイムからがっつりディナーまで幅広く利用できるお店です。

1階はカフェとバーになっていて、2階のレストランでは食事ができます。

1階のカフェではおいしいケーキを楽しむことができ、テイクアウトも可能です。

ツァルゲス (Zarges)
住所:
Innenstadt, Große Bockenheimer Str. 10, 60313 Frankfurt am Main, ドイツ
営業時間:
11:00~0:00
アクセス:
地下鉄Alte Oper駅より徒歩5分
定休日:
日曜日
電話番号:
+49 69 299030

・シュレマーマイヤー (Schlemmermeyer)

シュレマーマイヤーはソーセージスタンドのあるお肉屋さん。お店が肉と惣菜で二つに仕切られていて、お肉側の小窓から焼いたソーセージを売ってくれます。お店の前には立ち食いができるスタンドとテント。スタンドで立ち食いしたり、食べ歩きしたりと自由度も高いですね。ソーセージの種類も、スタンダードなソーセージやスモークソーセージ、ハーブソーセージ、チーズ入りのソーセージなど、お肉屋さんならではのバラエティ豊かな品揃えです。

パンをつけてもらいホットドッグにすることもできます。惣菜もおいしいので買って帰ってホテルでいただくのもおすすめ。お店に入らずに軽く食事をしたいときにぴったりのソーセージスタンドです。

シュレマーマイヤー (Schlemmermeyer)
住所:
Große Bockenheimer Str. 23, 60313 Frankfurt am Main, ドイツ
営業時間:
9:30~19:00
アクセス:
地下鉄Alte Oper駅より徒歩5分
定休日:
日曜日
電話番号:
+49 69 288837

・パウラナー・アム・ドム (Paulaner am Dom)

パウラナー・アム・ドムは、聖バルトロメウス大聖堂の横にあるビールメーカーが経営するレストラン。聖バルトロメウス大聖堂を眺めながらヴルストを齧りつつ、できたてのビールを飲むことができるお店です。店内はビール工場を思わせるおしゃれな内装。テラス席もあるので、外でビールを飲むのもいいですね。

料理のメニューも豊富で、白ソーセージやシュバイネハクセというハム、プレッツェルや豚カツレツなど。ドイツならではの料理を新鮮なドイツビールとともにいただきましょう。

パウラナー・アム・ドム (Paulaner am Dom)
住所:
Innenstadt, Domplatz 6, 60311 Frankfurt am Main, ドイツ
営業時間:
11:00~0:00
アクセス:
地下鉄Dom/Römer駅より徒歩5分
定休日:
なし
電話番号:
+49 69 20976890

・ツム・シュトルヒ・アム・ドム (Zum Storch am Dom)

ツム・シュトルヒ・アム・ドムはフランクフルト最古と言われるレストラン。創業はなんと1317年! 実に700年もの歴史があります。建物自体は第二次世界大戦により一度完全に破壊され、1953年に再建されて今に至ります。有名な詩人であるゲーテも通ったのだとか。店内は歴史を感じさせるレトロな雰囲気。

料理はソーセージやハム各種が揃っています。

ツム・シュトルヒ・アム・ドム (Zum Storch am Dom)
住所:
Innenstadt, Saalgasse 5, 60311 Frankfurt am Main, ドイツ
営業時間:
18:00~22:00
アクセス:
地下鉄Dom/Römer駅より徒歩4分
営業時間:
日曜12:00~15:00、18:00~22:00
定休日:
土曜日
電話番号:
+49 69 284988

いかがでしたか? フランクフルトのおすすめレストランをご紹介しました。どこもドイツ名物のソーセージを中心としたメニューが基本で、様々な種類のソーセージが揃っています。ドイツビールと一緒にいただくのは格別ですよ。ここフランクフルトでぜひおいしいソーセージを食べてみてくださいね♪

キリトビ

二十代。ヨーロッパ在住でしたが、現在は主に日本国内を旅行しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
このエリアの人気記事