ドイツ有名音楽家ゆかりの場所5選!クラシックファン必見

11,033

views

0

ドイツの有名な音楽家のゆかりのスポットがドイツにはたくさんあります。彼らが音楽と共に過ごしてきた場所や彼らの功績をたたえる建物はファンの方にとっては堪らない場所ではないでしょうか?もし、彼らが使っていたピアノなどを間近で見ることができたらきっと興奮してしまいますね。

バッハゆかりの場所

バッハ博物館(Johann Sebastian Bach Museum)

「バッハ博物館」は音楽の父ヨハン・セバスチャン・バッハの業績を紹介する施設です。彼が住んでいた学校の宿舎は現在のバッハ博物館とトーマス教会に挟まれるように建っています。館内にはオルガン奉献式でオルガンを担当したパイプオルガンの演奏台などがあります。

ヨハン・セバスチャン・バッハの彫刻です。彼は特に優れた教会楽曲を創出し、後世に素晴らしい影響を残しました。バッハの曲を聴くと、何とも心洗われるような穏やかな気持ちになります。

バッハ博物館(Johann Sebastian Bach Museum)
住所:
Thomaskirchhof 15/16, 04109 Leipzig
営業時間:
10:00~18:00
入館料:
一般:8ユーロ、割引:6ユーロ、16歳以下無料(毎月第1火曜は無料開館)
電話番号:
+49 (0)341-9137-202
定休日:
月曜日
アクセス:
最寄り停留所・鉄道駅Thomaskirche(トーマスキルヒェ):路面電車9号線 / バス89番またはLeipzig Markt(ライプツィヒ・マルクト)・南口にあたるグリンマ通り出口(Ausgang Grimmaische Straße):都市鉄道(Sバーン)各線 も利用可

少年合唱団と共に歩んだトーマス教会(Thomaskirche)

トーマス教会はドイツの主要教会として歴史上の信仰と音楽の分野で大切な役割を担ってきました。この教会はヨハン・セバスチャン・バッハのゆかりの地です。

トーマス教会少年合唱団の舞台として世界的に有名な場所です。創建は1212年で同時期に創設された少年合唱団はこの教会と共に歩んできました。

トーマス教会(Thomaskirche)
住所:
Thomaskirchhof 18, 04109 Leipzig
営業時間:
9:00~18:00
拝観料:
無料
電話番号:
+49 (0)341-22224-115
休館日:
なし
アクセス:
最寄り停留所・鉄道駅Thomaskirche(トーマスキルヒェ):路面電車9号線 / バス89番、またはLeipzig Markt(ライプツィヒ・マルクト)・南口にあたるグリンマ通り出口(Ausgang Grimmaische Straße):都市鉄道(Sバーン)各線 も利用可

ベートーベンゆかりの場所

ベートーベンの家(Beethoven-Haus)

ドイツのボンにあるベートーベンの生家は、彼が1770年に生まれてからウィーンに引っ越すまでの22年間を過ごした場所です。

彼が過ごした家はそのまま博物館になっており、肖像画や補聴器、楽器、手紙、家具などが展示されています。クラシックに興味がなくとも、ベートーベンの曲を一度は耳にしたことがあると思います。晩年は難聴の進行が進む中、執念により書き上げられた多くの楽曲。そんなベートーベンの人生がこの地から始まったことを考えると感慨深いものがあります。

ベートーベンの家(Beethoven-Haus)
住所:
Bonngasse 18-26 D-53111 Bonn
アクセス:
地下鉄 シュタットハウス(STADTHAUS)駅から約0.5km、徒歩5分
電話番号:
+49-(0)228-98175-25
入館料:
大人6ユーロ、学生4.5ユーロ
開館時間:
4/1~10/31 10:00~18:00、11/1~3/31 10:00~17:00、日・祝11:00~17:0
閉館日:
正月、木曜日、月曜日、聖金曜日、イースターの日曜日、12/24~26、大みそか

ロベルトシューマンゆかりの場所

シューマンハウス(シューマンの生家)

ドイツ西部ライプツィヒより100km南下した場所にあるツウィカウ( Zwickau)は、シューマン生誕の街として知られています。シューマンは裕福な家庭に生まれ、音楽だけでなく法律や文学など広い見識を持った知識人だったとして伝えられています。

こちらはシューマンの生家で、ドイツに3つあるシューマン博物館の一つとしてファン必見の展示品を見ることができます。シューマンが使用したとされるグランドピアノやシューマン夫婦のレリーフを見ると、シューマンの優雅な楽曲が聞こえてくるかのようです。

シューマンハウス(Robert Schumann House)
住所:
Hauptmarkt 5 D - 08056 Zwickau
営業時間:
10:00(週末は午後1時より)~17:00
料金:
無料
電話番号:
0049 - (0)375 - 83 44 01
休館日:
聖金曜日、クリスマスイブ、正月
アクセス:
ツウィカウ駅より車で6分、徒歩20分

メンデルスゾーンゆかりの場所

メンデルスゾーンハウス(Mendelssohn-Haus)

この家は作曲家フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディが息を引き取った場所として残っています。

一階と二階がメンデルスゾーンの博物館で、彼のさまざまな偉業をたたえる展示品を見ることができます。館内にある自筆譜・書簡・楽器などを見ると彼の生涯を知ることができます。

メンデルスゾーン・ハウス(Mendelssohn-Haus)
住所:
Goldschmidtstraße 12, 04103 Leipzig
営業時間:
10:00~18:00
入館料:
一般:7.50ユーロ、割引:6ユーロ(毎月第2火曜は無料開館)
電話番号:
+49 (0)341-96288-20
休館日:
なし
アクセス:
最寄り停留所Augustusplatz(アウグストゥスプラッツ):路面電車4・7・8・10・11・12・14・15・16号線

いかがでしたか?

ドイツにはクラシック音楽が好きな方にとって必見の場所が数多くあります。音楽の天才たちの使っていた楽器や楽譜などの展示物を見たらきっと興奮してしまうのではないでしょうか?ぜひ一度足を運んであなた自身の目で直接見てみてくださいね。

井部昇平

多くの方の役に立てる記事を書けるように頑張りたいです!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フランクフルト観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき...

    フランクフルトを訪れたなら、日本人観光客が少なく日帰り遠足気分で行ける、穴場な街を訪れてみましょう♪わざわざ寄って良かった!と思わせる景色が広がっています。

  • 革製品ならドイツブランド!高品質で実用的なドイツブランド...

    品質が非常に優れているので、世界中に多くのファンを持つドイツブランド。革製品をはじめとしたドイツブランドの中から、有名なブランドをご紹介します♪

  • ドイツの古都アーヘン!旧市街で行くべき観光おすすめスポット

    アーヘンといえば、歴代の神聖ローマ皇帝・カール大帝が戴冠式を挙げたドイツでも最も西の都市。古き良き温泉町としても有名ですが、忘れてはいけないのが世界遺産第1号のアーヘン大聖堂です。そこで今回は、大聖堂を含めたアーヘン旧市街の必見ポイントをご紹介したいと思います。

  • ドイツ・ローテンブルクでお土産購入!マルクト広場周辺おす...

    中世の宝石箱とも呼ばれる、ローテンブルク。ロマンティック街道に古城街道が交差し日本とは全く異なる雰囲気を味わえます。せっかく素敵な街に行ったのだから、お土産にもこだわりたい!!そんなみなさまにおすすめのお土産屋さん3店を紹介します♪

  • ドイツのおすすめお土産15選!絶対買いたい人気のビール、コ...

    ヨーロッパ方面の中で日本からも大人気の観光スポットの多い「ドイツ」。おとぎ話の世界に迷い込んだ気分になれるロマンチック街道や歴史のあるミュンヘン、国とはなにかということを考えさせられるベルリンなどみどころたくさん。人気で高品質なお土産も多く選ぶのが大変という人も多いのでは。ここでは人気のドイツのお土産を厳選してご紹介していきます。ドイツのお土産に困ったら参考にどうぞ!

  • ベルリン4大蚤の市4選!掘り出し物やアンティークに出会え...

    ベルリンに旅行する際の日程に週末が含まれていれば、是非行っていただきたいのが蚤の市。ドイツの人たちは街を見てもわかるとおり、物を大切にしています。保存状態の良い陶器や家具などがたくさんあって、プロもこぞって仕入れに来るほど!早速ご紹介しましょう♪

このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事