フランクフルト観光はココに行けば間違いない!必ず行くべき観光スポット15選

23,974

views

1

フランクフルトを訪れたなら、日本人観光客が少なく日帰り遠足気分で行ける、穴場な街を訪れてみましょう♪わざわざ寄って良かった!と思わせる景色が広がっています。

ダルムシュタット (Darmstadt)

フランクフルトから電車で30分で行ける、かつてヘッセン州の州都であった街。第二次世界大戦で壊滅的な被害を受けたが、他の都市の様に歴史的建造物・宮殿などの再建に重きをおかず、国内の重要な研究所などを有する学術都市として生まれ変わりました。

ドイツのちょうど真ん中あたりに位置するヘッセン州は、ドイツ16州の中のひとつ。日本人にはグリム童話ゆかりの地として有名な「メルヘン街道」や、木組みのドイツ建築の街並みなどで、特に知られているかもしれません。
この、ヘッセン州の南部に位置するダルムシュタットは現在3万人を超える学生が暮らす、いわば日本でいう「学園都市」のような所です。
フランクフルトからも直線距離で約30㎞の所にあるため、こちらまで通う学生も少なくありません。第二次世界大戦では、一時人口が半分程度にまでなる程の大きな被害を受けましたが、いまやその当時の面影は全くなく、とてもエレガントな雰囲気漂う街となりましたので是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

ダルムシュタット (Darmstadt)
住所:
Luisenpl. 5, 64283 Darmstadt
アクセス:
フランクフルト中央駅からIC特急で約15分、RB、RE快速で約20分
◇観光案内所
営業時間:
月~金10:00~18:00、土10:00~16:00、4~9月のみ日曜10:00~14:00もオープン
電話番号:
06151-134513

マチルダの丘 (Mathildenhöhe)

ヘッセン・ダルムシュタット大公のルートヴィッヒ大公により19世紀末に建てられた当時のドイツ美術様式(ユーゲント・シュティール)の芸術村。手をモチーフにしているマチルダ妃との結婚記念塔や、芸術家コロニー美術館など当時のドイツ芸術にどっぷり浸れる空間です。

なんとも不思議な結婚記念塔(Hochzeitsturm)は、ダルムシュタットの町のシンボル!町のロゴマークにもなっているのであちらこちらでこの手のモチーフのモニュメントや土産物を目にすることでしょう。
1905年に結婚した大公の結婚祝いとして建てられた記念塔は、結婚式での大公の宣誓した手をモチーフにして造られたものだそうです。
なんと、現在でも中では結婚式を挙げることが出来るんですよ!タイミングが良ければ地元民の晴れ姿を見ることが出来るかもしれません。エレベーターを使って上に上がることも出来、7階の展望デッキからは、見事な町の眺望を堪能することが出来ますので是非時間をとって、行って見て下さい。

マチルダの丘 (Mathildenhöhe)
住所:
Olbrichweg 15, 64287 Darmstadt
開館時間:
3~10月/火~日10:00~18:00、11~2月/金~日11:00~17:00
休館日:
月、11~2月の月~木
料金:
€3
電話番号:
06151-132778

ミッヒェルシュタット(Michelstadt)

オーデンヴァルト郡、最大の街。オーデンの森に佇む、木組みの家が連なる可愛らしい街。19世紀後半に鉄道が開通したことによって商業・工業で発展をとげました。この街のスイーツは、数々のコンテストでメダルを獲得するくらい世界的に有名ですよ!

ダルムシュタットと同じくヘッセン州のオーデンヴァルト郡に位置するミヒェルシュタットは、ドイツらしい中世の可愛らしい街並み堪能したい人には特におすすめのスポットです。フランクフルトから電車で1時間強で行くことが出来、駅に着いた瞬間から右に左に旅行パンフレットでおなじみのメルヘンな街並みを望むことができます。
特にホリデーシーズンは街中にクリスマスマーケットが建ち並び、華やかさが一段と増しますよ!冒頭でご紹介した有名パティシエ「ベルント・ジーフェルト」の愛らしいスイーツやカフェ、土産物類も見逃せません。是非目で、舌で、ミヒェルシュタットをご堪能ください。

ミッヒェルシュタット(Michelstadt)
住所:
Marktpl. 1, 64720 Michelstadt
アクセス:
フランクフルトから私鉄VIAで所要約1時間15分、ハーナウ、ダルムシュタットなどで乗り換える場合もある。
◇観光案内所
営業時間:
月10:00~12:00、火~金10:00~17:00、土・日11:00~15:00
電話番号:
06061-19433

市庁舎 (Rathaus)

マルクト広場に可愛らしく鎮座する街のシンボルの市庁舎は、15世紀後半に後期ゴシック様式で建てられました。切手のデザインにもなったほどで、ドイツの代表的な中世の木組み建築です。

マルクト広場の「マルクト」は「マーケット(市場)」を意味するドイツ語です。その名の通り、ミヒェルシュタットきっての繁華街は、大勢の観光客で一年を通じて賑わいをみせています。市庁舎は訪れるたくさんの観光客をもてなすべく、四季折々の可愛らしいデコレーションを施していますので、そちらも観光の際は見逃せませんよ!
寒さは厳しいものの、こちらもクリスマスマーケットの時期は特に美しく、市庁舎前のホリデーデコレーションや雪化粧した市庁舎には思わずうっとりしてしまうことでしょう。
観光のハイライトですのでどうぞお見逃しなく。ミヒェルシュタット駅からは徒歩20分程で行くことが出来ます。

市庁舎 (Rathaus)
住所:
Marktpl., 64720 Michelstadt
アクセス:
駅から中心部まで徒歩10~15分、バーンホーフ通りを南へ進み突き当たりのグローセガッセを右に曲がったマルクト広場に面しています。

アシャッフェンブルク (Aschaffenburg)

神聖ローマ帝国時代、偉大な勢力を誇っていたマインツ大司教の領土でありました。今も、その面影を残すかのような美しい教会を街のあちこちでみることができます。

アシャッフェンブルクへはフランクフルトから電車で約30分で行くことが出来ます。日本人にも有名なドイツ16州のうちのひとつ「バイエルン州」に位置し、バイエルン・ウンターマイン地方では最大の都市となります。アシャッフェンブルクも第二次世界大戦によって壊滅的な被害を受け、一時は人口が3分の1程になってしまいましたが、その後驚異的な発展を遂げて、今では7万人近い人が暮らしています。奇跡的に戦火を逃れた美しい教会群を見て回るのもよし。また、アシャッフェンブルクはバイエルン州いちホテルや飲食店が多いエリアですので、時間があれば是非1泊してゆっくりするのもオススメです。

アシャッフェンブルク (Aschaffenburg)
住所:
Schloßplatz 2 63739
アクセス:
ICE特急でフランクフルトから約30分、ヴュルツブルクから約40分
◇観光案内所
営業時間:
4~9月/月~金9:00~18:00、土9:00~13:00、日11:00~15:00 ・10~3月/月~金9:00~17:00、土10:00~13:00
電話番号:
06021-395800

ヨハネスブルク城 (Schloss Johannisburg)

17世紀に建てられた、マイン川のほとりに威厳あるたたずまいを見せるマインツ大司教の居城。現在は、州立絵画館(有名なドイツ人画家クラナハのコレクションを所蔵)と大司教時代を復元した博物館になっています。観光案内所があるシュロス広場から見える全景も美しいですが、間近でみると迫ってくるような赤砂岩で出来た壁に迫力を感じます。

出典: webmuseen.de

この赤砂岩の城壁と、マイン川とのコラボレーションがなんともいえぬ絶景!フランクフルトでビル群ばかりを目にし、少々目がお疲れ気味の方は、是非ヨハネスブルク城で長閑な景色を見て癒されてください!ツアーでドイツにいらっしゃる方は行程表に含まれていることも多い人気の観光地です。2階建ての館内は1~2時間もあれば十分見て回れる広さ。
日本でも人気のマイセン磁器などもたくさん展示されているので楽しみながら巡れることでしょう。日中城を訪れると、城の前にヨーロッパらしい広場がたくさん建ち並んでいると思いますので、もしお土産を探したい方はそちらもチェックしてみてください。

ヨハネスブルク城 (Schloss Johannisburg)
住所:
Schloßpl. 4, 63739 Aschaffenburg
アクセス:
駅からフロージン通りを入り、最初に交わるエルタール通りを約300m進む。
◇城博物館
開館時間:
4~9月(火~日)9:00~18:00、10~3月(火~日)10:00~16:00
閉館日:
月、1/1、カーニバルの火曜、12/24・25・31
料金:
€5.50、学生€4.50
電話番号:
06021-386570

ミルテンベルク (Miltenberg)

マイン川ほとりの小さな街。立派なマイン橋の門を抜けた旧市街地はマイン川の真珠といわれるほど、特に美しい街並みが続きます。

先ほどから沢山登場している「マイン川」は、ドイツいち有名なライン川の支流の一つで、モーゼル川に次いで2番目に長いものです。その河畔に位置するミルテンベルクはドイツらしい木組みの家々が建ち並ぶ、ドイツ人にとっても憧れの原風景が広がる素敵なスポットです。
メイン通りのハウプト通りを歩けば、まるで絵本の世界に迷い込んでしまったかのような気分!12世紀半ばに開業し、多くの有名人が訪れたことでも知られるドイツ最古のホテル「Gasthaus zum Riesen」は、ハウプト通りきっての観光名所ですので、冒頭でご紹介したホルステン門と合わせ、是非忘れずに写真に収めてくださいね。その他、ミルテンベルク城からの眺望も素晴らしく、わざわざ足を運ぶ価値があります。

ミルテンベルク (Miltenberg)
住所:
Hauptstraße 69, 63897 Miltenberg
アクセス:
アッシャフェンブルクからRE快速で35分、RPでは約50分
◇観光案内所
営業時間:
月~金9:00~17:00(5~10月のみ土10:00~13:00もオープン)
電話番号:
09371-404119

マルクト広場 (Marktplatz)

ハウプト通りを抜けた広場。ドイツにはマルクト広場が多数存在するが、ミルテンベルクのマルクト広場は最も美しいものの一つと大変評判です。広場に面して建てられている出窓のあるワインハウスやミルテンベルク市博物館も見所の一つ。

のんびり歩いてもすぐに見て回れてしまう程の小さな町は是非、せかせか観光スポット巡りをせずにドイツ人たちを見習ってのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか?夏には店先にテラスが張り出し、多くの人々がビールやアイスクリームなどを美味しそうに味わっています。
また、なんといってもドイツといえばクリスマスマーケット!ミルテンベルクの中世の街並みときらびやかなクリスマス飾りとのコラボレーションは何度でも行きたくなるほど美しく、ドイツ国内からも多くの人が足を運びます。ミルテンベルクは治安も良く、夜ひとりで外に出てもさほど問題ないでしょう。時間があれば是非1泊してのんびり過ごしてみてください。

マルクト広場 (Marktplatz)
住所:
63897 Miltenberg
アクセス:
駅から約1kmあるので、観光しながら歩くかタクシーでいったほうが良い。

ヴィースバーデン (Wiesbaden)

ヘッセン州の州都。ドイツの高級温泉保養地として有名です。カイザー・フィリードリッヒ温泉は旅行者も入れますが、水着着用不可で混浴です。勇気のある方は挑戦を!ヨーロッパの高級温泉保養地らしくカジノやブランドショップが立ち並んでいて、ゆっくり買い物も出来る街です。

ドイツを始めヨーロッパでは「温泉」は日本でいう湯治場のような立ち位置で、健康促進や病気の治療の為に足を運ぶ人が多いです。中でもヴィースバーデンは15もの温泉源および鉱泉源を有し、ヨーロッパで最も古い温泉地のひとつとだけあって、お隣フランスやスイスなどからも多くの人が足を運びます。高濃度のミネラルを多く含んだ泉質は特にリウマチなどに効果が高いそうですよ!
6~8月のバカンスのシーズンはこの地に数週間滞在する人も少なくないため、この時期訪問予定の方は是非、早めにレストランやホテルをチェックしておくと良いでしょう。
フランクフルトからは電車で約40分でアクセスできるのでもちろん日帰りで行くのにももってこいです。

ヴィースバーデン (Wiesbaden)
住所:
Marktpl. 1, 65183 Wiesbaden
アクセス:
フランクフルトからSバーンで約45分、私鉄VIAで約35分。マインツからSバーンで約15分
◇観光案内所
営業時間:
4~9月/月~金10:00~18:00、土10:00~15:00、日11:00~15:00、10~3月/月~金10:00~18:00、土10:00~15:00
電話番号:
0611-1729930

ヘッセン州立劇場 (Hessisches Staatstheater)

1894年に時の皇帝ヴィルヘルム2世によって建てられました。ヴィースバーデン5月音楽祭は毎年この劇場で行われ、100年以上の歴史を持っています。増築されたロココ調の豪華なエントランスは圧巻です。

出典: www.yelp.de

新緑がまぶしい5月のヨーロッパで行われる音楽祭は、冬の寒さ厳しいヘッセン州やヴィースバーデンに春の訪れを告げる風物詩です。シーズン中はなんと2万もの席があっという間に観客でいっぱいになってしまうんですよ!オペラ・バレエ・演劇といった芸術文化の数々は、日本ではいくぶん敷居が高く難しいもののように扱われていますが、ヨーロッパやヴィースバーデンでは、もっと人々の生活の身近な部分に寄り添っているものです。せっかくヨーロッパまで来たのであれば、是非気軽に足を運んでみてくださいね。プログラムの詳細確認やチケットの予約などは公式ホームページよりどうぞ。英語のページもございます。

ヘッセン州立劇場 (Hessisches Staatstheater)
住所:
hristian-Zais-Straße 3, 65189 Wiesbaden
アクセス:
中央駅から市営バス1、8、16番で約7分のKurhaus/Theater 下車

シュテーデル美術館

フランクフルトの中心地ど真ん中に建つシュテーデル美術館は、出張や飛行機の乗り継ぎでフランクフルト空港に立ち寄った方も「時間が無くともここだけは行く!」というほど超有名観光スポットです。
理由はあの有名なフェルメールの名画「地理学者」があるため。オランダを代表する天才画家ヨハネス・フェルメールが1668年から1669年にかけて描いた「地理学者」は、タテヨコ約50cm程度の小さなものですが、その放つオーラは絶大です。
ルーブル美術館が所蔵する「天文学者」と並ぶ有名作品は、絵の主人公である地理学者が当時、オランダよりもたらされた和服をローブに仕立て直したものを着用していることもあり、日本人にもなじみ深いものとなっております。

館内はとても広く、モダンな佇まいの中に贅沢に絵画が展示されています。世界に30点強しかないと言われるフェルメールの名画をチェックするのはもちろん、それ以外にも数々の有名作品が展示されているので、絵がお好きな方は事前にホームページなどで展示作品をチェックしておくことをオススメします。公式ホームページではアプリなどもダウンロードできますよ!またチケットを事前購入することも出来るのでドイツ語もしくは英語がわかる方は予約しておくと安心です。
一年を通じてそれほど混雑することはないので、日本の美術館とはまた違った長閑な絵画鑑賞が出来ることでしょう。館内にはカフェやレストランもあるので是非時間をかけてゆっくりご堪能ください。

シュテーデル美術館(Das Städel)
住所:
Schaumainkai 63, Frankfurt am Main
電話番号:
+49(0)69-605098-200
営業時間:
10時~18時(木曜・金曜は21時まで)
定休日:
月曜
アクセス:
「Schweizer Pl.駅」より徒歩5分
料金:
大人平日 14ユーロ・土日祝 16ユーロ

ゲーテ通り

「ゲーテ」と聞くと「本屋さんがたくさんあるの?」などと想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、ここはドイツきってのブランド通りです。ちょうど日本の銀座「中央通り」やアメリカのニューヨーク「五番街」のような存在。通りに入るとすぐにエルメス・グッチ・ティファニーなど、誰もが知っているラグジュアリーブランドの直営店が次から次へと目に飛び込んできます。
四季を通じて私たちを楽しませてくれるこだわりが詰まったウインドウを見ているだけでなんだかクラスアップした気分にさせてくれるから不思議ですね。買い物の予定がない方も是非ムードだけでも味わいに行ってみてはいかがでしょうか?

1892年から約2年間かけて造られた通りの名の由来はもちろんドイツの詩人「ゲーテ」から。大通りの「ノイエ・マインツァー」を横に曲がると伸びる全長約300メートルの通りは、平日と土曜日は朝10時から19時頃まで多くの観光客で賑わいます。
なお、日曜日はゲーテ通り内のショップに限らずほとんどの店が休みですのでご注意を。逆に上の写真のような人が写り込まない写真を撮りたい方は、日曜日や店の営業時間外を狙って行ってみると良いかもしれません。
ブランド品の数々は決してお安くはないものの、日本で買うよりもお求めやすいことも多いので、日頃気になっていたものがあれば旅の思い出に是非ショップを覗いてみてください。

ゲーテ通り(Goethestrasse)
住所:
Goethestrasse, Frankfurt am Main
アクセス:
「Hauptwache駅」より徒歩約5分

大聖堂

都会的な街並みが右に左に広がるフランクフルト市内でひときわ目立つヨーロピアン建築物といえばこちらの大聖堂です。「大聖堂(ドイツ語でドーム)」と名の付くものはドイツ各地に存在しますが、フランクフルトで「大聖堂」といえば間違いなくこちらでしょう。正式名称は「聖バルトロメウス大聖堂(Dom St. Bartholomaus)」といい、過去、歴代ローマ皇帝の戴冠式が行われたことから、ガイドブッグやホームページなどでは「カイザードーム(Kaiserdom ・皇帝の大聖堂の意味)」と呼ばれることもあります。
礼拝堂の中に入るだけなら無料ですので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?時間がある方は是非屋上へ。見事な眺望を堪能することが出来ます。

大聖堂の上から眺める市内の風景も素敵ですが、大都市フランクフルトを流れるマイン川越しに見る大聖堂もまた美しく、目を奪われます。
先述のシュテーデル美術館がちょうど大聖堂とマイン川を挟んで向かい同士にありますので、美術館まで足を伸ばした方は是非合わせて川向いからの大聖堂の景色も味わってみてください。
晴れた日は青空に赤茶色の外壁が輝いて見えることでしょう。
建物自体は13世紀頃建てられ、その後現在の姿へ改築されたと言われています。外装も内装もフランスやイタリアの大聖堂に比べるとシンプルで、まるで質実剛健なドイツ人のよう。じっくり見れば見るほど味わい深い建物は必見です。

大聖堂 (Dom)
住所:
Domplatz 1, 60311 Frankfurt am Main
電話番号:
+49 69 2970320
営業時間:
9.00–20.00 (金曜のみ13.00~)
アクセス:
「Dom/Römer駅」より徒歩1分
料金:
礼拝堂は無料

マイン・タワー

フランクフルトの市内に足を運ぶと、至る所で写真の背景に写り込むこちらのニョキっとひと際高い建物。これは「マイン・タワー」という名前で、一般の観光客も、上へのぼることができます。高さは約200メートル。1990年代に建てられた近代的な建物は、現在市内で4番目の高さを誇ります(ちなみに1位はコメルツ銀行タワーの300メートル。次いで2位がメッセタワーの257メートルで、いずれもドイツ全体でも1位、2位の高さを誇る超高層ビルです)。
ヨーロッパ全体を見ても近代的な高層ビルはかなり珍しく、さらに観光客が上に上がれる施設はもっと珍しいので時間がある方は是非足を運んでみてください。

ご覧ください!なんと見事な景色でしょう。こちらはフランクフルトの金融街方面の絶景で、遠くにはドイツ第2位の高さを誇る三角屋根のメッセタワーも綺麗に写っています。ヨーロッパきっての大都市フランクフルト。ヨーロッパ各地を周遊された方は、この景色を眺めたら一瞬、これまでとはガラっと変わったヨーロッパの風景に面食らってしまうかもしれません。
マイン・タワーの「マイン」とはマイン川のこと。せっかく上まで上がったのであればマイン川の景色や大聖堂などのあるヨーロッパらしさ満点の旧市街の景色を上から望むのもオススメです。
施設は屋外展望台もあるので高所恐怖症でなければ是非外へも行ってみてください。

マイン・タワー(MAIN TOWER)
住所:
Neue Mainzer Str. 52-58, 60311 Frankfurt am Main
電話番号:
+49 (0)69 3650-4878
営業時間:
夏季 10時~21時(金土は23時まで)
冬季 10時~19時(金土は21時まで)
定休日:
なし
アクセス:
「Taunusanlage駅」から徒歩10分
料金:
大人7.5ユーロ

ゼンケンベルク自然博物館

ゼンケンベルク自然博物館 は、フランクフルトで雨の日や寒い冬場の観光スポットとして大人気の場所です。特に小さなお子様連れのファミリーにはもってこい。ドイツでの観光は、歴史探訪や美術館巡り、ビールの飲み比べなど大人向けのアクティビティが多いため、小さなお子様は退屈に感じてしまうケースも少なくありませんが、ここなら絶対満足してくれることと思います。
ヨーロッパでも最大規模の博物館の中は、化石・ミイラ・剥製・標本など目で見て感覚的に楽しめる展示が多いので言葉がわからなくても家族全員で楽しむことが出来るでしょう。館内はとにかく広いので、履きなれた靴でご来館ください。

数ある展示の中でも特に人気なのがこちらの恐竜にまつわる展示品の数々です。館内に入ると早速恐竜の足跡の化石が出迎えてくれることでしょう。そのあと、目の前にとてつもないスケールの恐竜の化石が現れます。
これらの恐竜たちは館内でも人気者のため、お土産コーナーにてぬいぐるみや関連グッズも多数ゲットすることができますよ!大人の方にはエコバッグやボールペン、マグカップなどが人気。小さなお子様にはゴム製のぬいぐるみや化石の立体ジグソーパズルなどがオススメです。
是非ご家族揃って行ってみてください。なお、館内では食事をとる事も出来、ドリンクや美味しいケーキ類でひとやすみすることが出来ます。

ゼンケンベルク自然博物館 (Senckenberg Naturmuseum)
住所:
Senckenberganlage 25, 60325 Frankfurt am Main
電話番号:
+49 69 75420
営業時間:
9~17時(水曜は~20時、土日祝は~18時)
定休日:
不定休
アクセス:
「Bockenheimer Warte駅」より徒歩4分
料金:
大人 10ユーロ 子供5ユーロ

まとめ

フランクフルトの近郊は、見どころがある街がこんなにあります。どの街もフランクフルトほどの混み混み感がなく、ゆっくりゆったりまわれます。日帰り旅や、中継地点として立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

maorun

旅行と食べ歩き大好きの神戸っこです☆センス溢れる記事を目標に頑張ってます!

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 革製品ならドイツブランド!高品質で実用的なドイツブランド...

    品質が非常に優れているので、世界中に多くのファンを持つドイツブランド。革製品をはじめとしたドイツブランドの中から、有名なブランドをご紹介します♪

  • ドイツ・ローテンブルクでお土産購入!マルクト広場周辺おす...

    中世の宝石箱とも呼ばれる、ローテンブルク。ロマンティック街道に古城街道が交差し日本とは全く異なる雰囲気を味わえます。せっかく素敵な街に行ったのだから、お土産にもこだわりたい!!そんなみなさまにおすすめのお土産屋さん3店を紹介します♪

  • ドイツ基本情報 【Wi-Fi事情編】

    自分が持っている電話が海外で使えるようになってから久しいですが、現地で高額の通話やネット費用はなるべく避けたい……。そのためには空港や街中でいかに上手くWi-Fiを探すかが重要!今回はドイツのWi-Fi事情を説明します!

  • ドイツの古都アーヘン!旧市街で行くべき観光おすすめスポット

    アーヘンといえば、歴代の神聖ローマ皇帝・カール大帝が戴冠式を挙げたドイツでも最も西の都市。古き良き温泉町としても有名ですが、忘れてはいけないのが世界遺産第1号のアーヘン大聖堂です。そこで今回は、大聖堂を含めたアーヘン旧市街の必見ポイントをご紹介したいと思います。

  • ドイツの人気お土産はコレ!絶対買うべきおすすめのドイツの...

    ヨーロッパ方面の中で日本からも大人気の観光スポットの多い「ドイツ」。おとぎ話の世界に迷い込んだ気分になれるロマンチック街道や歴史のあるミュンヘン、国とはなにかということを考えさせられるベルリンなどみどころたくさん。人気で高品質なお土産も多く選ぶのが大変という人も多いのでは。ここでは人気のドイツのお土産を厳選してご紹介していきます。ドイツのお土産に困ったら参考にどうぞ!

  • 映画「グランド・ブダペスト・ホテル」ロケ地!チェコの歴史...

    ウェス・アンダーソン監督の『グランド・ブダペスト・ホテル』といえば、そのキュートで独特の世界観から大ヒットとなり、アメリカでは『アナと雪の女王』をも抜く興行収入を収めた人気映画。うっとりしてしまう可愛い建物、内装の数々には、ちゃんとロケ地があったんです!それはドイツのゲルリッツという町。アンダーソン監督の世界観に浸ってみませんか?

  • ベルリン4大蚤の市4選!掘り出し物やアンティークに出会え...

    ベルリンに旅行する際の日程に週末が含まれていれば、是非行っていただきたいのが蚤の市。ドイツの人たちは街を見てもわかるとおり、物を大切にしています。保存状態の良い陶器や家具などがたくさんあって、プロもこぞって仕入れに来るほど!早速ご紹介しましょう♪

  • 手仕事の街ドイツ・ドレスデンで買うべき特別感あるお土産3選

    ドイツの東側、エルベ川沿いの町ドレスデンには古くから手仕事が息づいており、素敵なお土産品が数多く作られています。陶器や木彫りの人形など欲しくなるものばかり!マイスターの手仕事による品々はばらまき土産ではなく特別な旅の思い出。自分用に、プレゼント用に、ドレスデン雑貨を選んでみませんか?

  • シュトゥットガルト観光で行くべきスポット6選!世界的企業...

    ドイツ南西部に位置し、大戦後にはアメリカ軍司令部が置かれた街。今や世界的に有名な大企業が集まる産業都市となったのですが、この街の魅力はそれだけではありませんよ!広大なブドウ畑を要する「農業都市」でもあり、19世紀にヴュルテンベルク王国の首都であったため「文化都市」としての機能も併せ持つ凄い街なのです!

  • ドイツのロマンティック街道「フュッセン」の観光地5選

    フュッセンといえば、ディズニーのシンデレラ城のモデルとなった「ノイシュヴァンシュタイン城」が有名ですが、それだけを目当てにフュッセンを訪れるのはもったいない!ロマンティック街道のフィナーレを飾るにふさわしい「フュッセン」の見どころをご紹介します!

  • ドイツ基本情報 【お金編】

    旅行に大事なものは、まず「パスポートとお金」。ドイツは意外にもクレジットカード発展途上国って知っていましたか?キャッシュをあまり持たずに行ったらクレジットカードが使えない!等々の事態を避けるためにも今回はドイツのお金事情を説明します。

  • ミュンヘンのお土産探しにおすすめなショッピングスポット12選

    旅で楽しみなのが、お土産探し。でも、何にしようかどこに行こうか…と迷ってしまいますよね。そういった方のために、ジャンル問わず色々と選べるスポットをチョイスしました!お土産選びも思い出になるよう、ミュンヘンを満喫しちゃいましょう♪

  • ドイツ産ワインはおいしい!有名なドイツワインの産地おすす...

    ドイツといえば、ビールのイメージが強いと思います。ソーセージをつまみにビール、最高ですよね!しかし、ドイツの魅力はこれだけではありません。実は、ドイツワインもとってもおいしいのです。しかし、ワインといえばイタリアというイメージが強いのではないでしょうか。それでは、ドイツの有名な産地と、そこで作られているワインについてご紹介したいと思います。

  • ドイツ・フランクフルトでビールとソーセージを!おすすめレ...

    フランクフルトはソーセージの名称ともなっているほど、ソーセージで有名な街。街の様々なお店でおいしいソーセージを食べることができます。お酒が飲める方は、ソーセージをおつまみにドイツビールを楽しむのもおすすめですよ!今回はおいしいソーセージを食べることができるお店を中心にご紹介します。

  • ドイツで飲むべき人気ドイツビールおすすめ10種類!日本では...

    成人した大人の皆さん、お好きなお酒はございますか?お酒にもたくさんの種類がありますが、中でもビールはダントツで人気のあるお酒ではないでしょうか。日本で作られたビールもおいしいですが、ビール王国であるドイツには敵わないかも。思わずドイツへ行きたくなってしまいそうな、ドイツビールの魅力をたっぷりとご紹介したいと思います。

  • ドイツ・アウクスブルクで古代ローマの足跡をたどる観光スポ...

    ドイツ南部に古代ローマ時代に栄えた都市・アウクスブルクがあります。そこで今回は、古代ローマの足跡をたどる観光スポットを5つご紹介。作曲家として有名なモーツァルトもアウクスブルクにはゆかりがあり、よく通ったレストランが現存しています。

  • ドレスデン観光で必ず行くべき美しき名所4選!エルベ川に佇...

    16世紀、ザクセン王国の首都であった「ドレスデン」。百塔の都と謳われるこの商業都市は、第二次世界大戦で一夜にして瓦礫の山となりました。東西統一を経て、かつての建物・文化を取り戻し、さらに発展し続けるこの街の魅力に迫ります。

  • 白ソーセージとビールの町ミュンヘンで行きたい!ビアレスト...

    世界最大のビールの祭典が行われるほど美味しいビールが味わえて、口当たり滑らかなハーブの効いた白ソーセージ(Weißwurstヴァイスヴルスト)が名物のミュンヘン!両方とも味わえる本場のビアレストラン、これは行くっきゃないでしょ♪

  • ドイツ基本情報 【お水事情編】

    おなかを下して旅行を楽しめない。原因はさまざま考えられますが、だからこそ現地のお水には気をつけたいですよね。今回はドイツのお水事情をお届けします! 

  • ドイツ伝統のお菓子とケーキを制覇!フルーツたっぷりライン...

    観光に疲れたら、ドイツの大きなケーキと伝統菓子でゆっくり休憩しましょう。素朴でフルーツが沢山使われているものが多く、伝統菓子も日本で定着しつつあるくらいの人気!早速、ドイツのスイーツの世界を覗きに行きましょう!

  • ドイツに行ったら買いたい!「ビオ(オーガニック)製品」おす...

    ドイツといえばオーガニック先進国として知られていますよね。エコで体にもいいビオ製品は自分用としてもお土産用としても買いたいもの。そこで今回はドイツでおすすめのビオ製品6ブランドをご紹介します。

今週の人気記事

  • 岩手県名物「わんこそば」体験できる店おすすめ14選

    岩手県の名物といえば「わんこそば」。チャレンジしてみたいけど、どこのお店へ行けばいいのかわからないということもありますよね?ですので今回は、宮沢賢治も愛したという、わんこそばにチャレンジできるオススメのお店を5店舗ご紹介いたします。

  • 新宿駅で絶対買うべき!東京のお土産おすすめスイーツ15選

    新宿駅といえば日本一利用者の多い駅です。当然そんな駅の中に、お土産屋さんは数知れず。その中でも駅周辺で買うことができる特におすすめなお土産屋さんを15店舗ご紹介します。東京土産の参考にしていただければと思います。

  • ニッポン東西南北の面白い「すごいラブホ」を集めました!2人...

    ジャグジー付、カラオケ付、映画見放題…そんなのは当たり前になってきた日本のラブホ業界には、続々新しいジャンルのラブホが登場しています。まるでリゾートホテルのようなラブホから、なんじゃこれ?!と疑ってしまうほどのラブホまで全国の面白おかしく変わった「すごいラブホ」を集めました!いざチェック!!

  • 新大久保の激安コスメがおすすめ・人気韓国コスメショップを...

    日本国内でも韓流文化の根強い町・新大久保。韓流料理やアイドルグッズのお店など多々あります。その中でも韓流コスメショップが多いのも有名です。安くて種類も豊富な韓流コスメは日本人にも大人気。今回はそんな新大久保の人気韓国コスメショップを厳選紹介します。

  • 横浜中華街で占いするならココ!本当によく当たると評判のお...

    一年中多くの人で賑わう横浜中華街にはたくさんの占いの館があります。中華圏では古くから占いや風水が生活に根付いているというだけあって、やっぱりここは激戦区!「占いに興味はあるけれど、どこに行ったらいいのかわからない」という人のために、人気の占いの館5店をピックアップしてご紹介します!

  • 札幌で絶対ゲットしたいお土産15選!人気のオススメお土産を...

    北海道は美味しい食べ物が豊富に揃っています。札幌は北海道一大きい都市。観光地としても人気が高く、お土産屋さんも多数あります。実際に行くと何を買えばいいのか悩んでしまうことも…。今回はスイーツからお酒まで、地元の知る人のみぞ知る、札幌で買える最新お土産情報をご紹介します。

  • 静岡・浜松に行ったら買いたい!もらって嬉しいお土産15選!

    浜松は日照時間が長く温暖な気候で、海、川、山、湖に囲まれた自然豊かなスポット。徳川家康ゆかりの地としても有名で、観光地としても人気があります。そんな浜松には名産がたくさん!まだ浜松を訪れたことがないという方におすすめの定番土産から、珍しいお土産まで厳選してご紹介します。自分用にも欲しくなるものばかりですよ。

  • 神戸で絶対お得なステーキランチを食べよう!有名店から安く...

    神戸牛が有名な神戸に来たら、一度はステーキを食べておきたいですよね。数あるお店の中から外してはならない、絶対お得なステーキランチがいただけるお店をご紹介します。

  • おすすめの淡路島のお土産15選!本当に買いたいアイテムはこれ!

    海に囲まれ、自然にも恵まれた淡路島には特産品を使った様々淡路島のお土産が販売されています。その中から淡路島のお土産にぜひ買って帰って頂きたい商品を厳選してご紹介します♪ サービスエリアなどには売っていない、そのお店でしか買う事の出来ない物もあるので、こちらを参考にして頂きお土産選びに役立てて頂ければ幸いです♡

このエリアの人気記事