富士登山の基本情報!日本一の日の出を初めて拝むビギナー向け情報満載

1,292

views

0

日本一の山、富士山。毎年多くの登山者が御来光を拝みに山頂を目指します。一生に一度は日本一高い場所で日の出を迎えたいですよね。登山未経験だから無理…と諦めていたあなた、今年こそは富士山デビューしてみませんか?準備のために必要な基本情報をまとめました。

富士山について

標高3,776m。言わずと知れた日本一高い山です。2013年に世界遺産に登録されたこともあり、ますます富士山人気が高まる近年。海外からの登山者も多く、7月上旬~9月中旬の開山時期には25万人以上が富士山を訪れています。特に人気なのは、山頂で御来光を拝む登山。山小屋を利用しながら、山頂を目指します。

山頂にぽっかりと穴が開いている富士山の山頂を、ぐるっと一周することをお鉢めぐりと言います。標高3,776mの富士山の山頂は「剣ヶ峰」ですが、剣ヶ峰まで行かなくても御来光を見ることができます。

登山時期はいつ?

富士山の登山時期は、コースにより異なりますが、例年7月上旬~9月中旬です。それ以外は閉山となり、山小屋も閉まりますのでご注意ください。

おすすめのルートは?

富士宮口5合目。

富士山には、4つのルートがありますが、高いところまで車で上ることができる、吉田ルートと富士宮ルートがおすすめです。首都圏からのアクセスが便利で、山小屋も豊富な吉田ルートは山梨側。山頂までの距離が短く、また剣ヶ峰までも一番近い富士宮ルートは静岡側にありますので、お住まいの地域によりアクセスの良い方を選びましょう。

御来光を見るためには?

山頂で御来光を見るためには、山小屋での宿泊が必要です。標高が高い富士山では、高山病予防のためにも、山頂より低い場所で休息を取ることがとても大切。熟練の山小屋スタッフが体調や天候、翌日の出発時間についてのアドバイスをくれるので安心して登れるのも大きなメリットです。

山小屋に宿泊せずに山頂を目指す、夜行日帰り登山(弾丸登山)は、体にも大きな負担となり危険です。必ず山小屋で宿泊し、高山に体を慣らしてから山頂を目指しましょう。

どうしても不安な時は?

登山に不安のある方は、登山ガイドを依頼しましょう。熟練のガイドにお願いすれば、安心して山頂を目指せます。富士登山ツアーを企画している会社もありますので、ツアーに参加するのもよいでしょう。また、装備品に不安のある方はレンタル装備の利用をおすすめします。登山靴や雨具、リュックなど、ひととおりのレンタル品がありますので、ぬかりないように準備しましょう。

気をつけたいこと

登山は自己責任。自然の中では、人間は無力です。情報を調べ、装備をしっかり準備し、天候を見極めて挑むことで、感動の絶景と出会うことができます。また、世界遺産に登録されている富士山にはいろいろなルールがあります。ゴミは持ち帰り、高山植物を傷つけない等、貴重な自然の中で楽しませてもらっているという意識を忘れないようにしたいですね。

富士山
住所:
山梨県・静岡県
営業時間:
7月上旬~9月中旬が開山時期
アクセス:
登山口により異なります。詳細は、富士登山オフィシャルサイトよりご確認ください。

富士山で御来光を拝むために必要な基本情報をご紹介しました。諦めていたあなたも、今年こそは富士登山にチャレンジしてみませんか?頑張った先には、大きな感動と絶景が待っています。

emikara

食べるのが好き、歩くのが好き、色々なことを吸収したい!だから旅が好きです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事