「ムンクの叫び」他をノルウェー・オスロで鑑賞する!人気の美術館とおすすめ休憩スポット特集

6,958

views

0

エドヴァルド・ムンクは「叫び」などの作品で知られる画家です。「叫び」があまりにも有名なので、他の作品は知らない方も多いのでは?ムンクの出身地ノルウェーの首都オスロではその他の作品もたくさん見ることができます。ノルウェー観光に行くならば、巨匠ムンクの作品を探してみませんか?

エドヴァルド・ムンクって どんな人?

ムンクは1863年にノルウェーで生まれました。早くに母と姉を亡くし、ムンク自身も小さい頃から身体が弱く、病気や死などの不安が身近にありました。
このことからムンクの作品には、「叫び」などに見られるような不安や孤独がモチーフになることが多くなります。

若い頃は長身に端正な顔立ちの美青年でした。しかしなぜか不倫が多く生涯独身を貫きます。
交際相手とトラブルになりピストルで撃たれ左手中指を失い、そのころからアルコールに溺れ精神病院で療養生活を送りながら制作を続けました。

ムンク美術館(Munch Museum)

そんなムンクの作品が集まるのが、オスロのムンク美術館です。ムンク生誕100周年を記念して開館しました。
ムンクの版画作品が全て、絵画作品も半分以上を収蔵しています。

館内では、ゆっくりとムンクの作品を楽しむことができます。

有名な「叫び」は異なる画材を使用して、同じ構図で5点も描かれていて、ムンク美術館で見られるのは、1910年に「テンペラ」という卵を固着剤として使う技法で描かれたものです。

ムンク美術館から「叫び」とともに盗難にあったことで知られる「マドンナ」も、ムンク美術館で見ることができます。

「叫び」「マドンナ」を含めた5つの作品群「生命のフリーズ」の1つである「吸血鬼」も展示されていますよ。

こちらは塗り絵になった「叫び」です。
売店ではムンク作品がさまざまな形になって販売されていますが、やはり「叫び」に関するグッズはお土産の定番ですね。

ムンク美術館(Munch Museum)
住所:
Tøyengata 53, 0578 Oslo, Norway
アクセス:
日本からヨーロッパ経由でオスロ・ガーデモエン空港まで約13時間。空港からバス・地下鉄利用で約45分。
営業時間:
10:00~16:00※木曜日のみ21:00まで
休館日:
5月1・17日、6月13~17日、10月10~13日、12月23~26・31日
電話番号:
+47 23 49 35 00
入館料:
大人Kr100、シニア・学生・グループ(10名以上)Kr60、18歳以下無料

ストックフレッス(Stockfleths)

ムンク美術館を鑑賞したあとは、本格的なノルウェーコーヒーを飲みながら一休みしませんか?
館内に併設されているカフェは、オスロや近郊に10店舗ある有名チェーン店「ストックフレッス」です。

なんと、ケーキの上に「叫び」チョコレートが!ここでもムンク作品が堪能できちゃいますね。

ストックフレッス(Stockfleths)
住所:
Tøyengata 53, 0578 Oslo, Norway(ムンク美術館内)
営業時間:
月~金曜日9:30~16:30、土・日曜日10:00~16:30
定休日:
無し
電話番号:
+47 400 92 371

オスロ国立美術館(The Oslo National Gallery)

こちらはノルウェー国内外の美術品が収蔵されている、ノルウェー最大の美術館です。

特に人気のムンクの作品は、まとめて「ムンクの部屋」に展示されています。

国立美術館で見られる「叫び」は、同構図で描かれた5点の「叫び」の中で最も有名な、油絵で描かれたものです。

連作「生命のフリーズ」の1つ、オスロ南部の避暑地での夏至祭りを題材にした「生命のダンス」も見応えがあります。

他にも「叫び」同様、不安な気持ちを訴えかけるような「思春期」も展示されています。

オスロ国立美術館(The Oslo National Gallery)
住所:
Kristian Augusts gate 23, Oslo, Norway
アクセス:
ムンク美術館から地下鉄利用で約15分
営業時間:
火・水・金曜日10:00~18:00、木曜日10:00~19:00、土・日曜日11:00~17:00
閉館日:
月曜日
電話番号:
+47 21 98 20 00
入館料:
大人Kr50、シニア・学生・グループ(10名以上)Kr30、18歳以下無料

デン・フランスカ・サル(The French Salon)

国立美術館にもすてきなカフェが併設されています。

フランスのサロン風の内装の中で、旬の食材を使った美味しい食事を味わえるのです!

芸術鑑賞のあとに、すてきなランチ&ティータイムはいかがでしょうか?

デン・フランスカ・サル(The French Salon)
住所:
Kristian Augusts gate 23, Oslo, Norway(国立博物館内)
営業時間:
国立博物館と同じ
電話番号:
+47 21 98 22 70

ムンクの作品には同構図で描かれたものが他にも複数あるので、ノルウェーを訪れたなら、ムンク美術館と国立美術館の両方を巡り、作品を比べてみるのはいかがでしょうか?

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • オスロのお土産におすすめなショップ6選!おしゃれで人気な...

    北欧雑貨は日本でも大人気ですね!フィンランドやデンマークに並び、ノルウェーのオスロもハイセンスな雑貨を求めて世界中から観光客が集まります。ノルウェーならではのニットアイテムも人気です。そんなノルウェーオスロで、ハイセンスな雑貨を探すならここ!というお店を集めてみました。

  • ノルウェー・ロフォーテン諸島の絶景観光スポット!美しい島...

    氷河の侵食によって削られたむき出しの岩肌が、アルプスの山頂を海に浮かべた様に見える絶景を創りだしているロフォーテン諸島。その絶景が広がる島にはどんな町があるのでしょうか?早速訪れてみましょう。

  • ノルウェーでアナと雪の女王の舞台アーケシュフース城に行こ...

    ノルウェーの首都オスロにある、歴史ある古城アーケシュフース。今、この古城が話題になっています。それもそのはず大人気映画「アナと雪の女王」のアレンデール城のモデルとなった場所なのです。この城は要塞とも言われ、いまやオスロで外せない観光スポットの一つとして人気急上昇。寒い国で有名なノルウェー、アーケシュフース城はアナと雪の女王の物語にピッタリ。今回はそんなアーケシュフース城の魅力を紹介します。

  • ノルウェー・オスロで人気のレストランおすすめ5選!シーフ...

    ノルウェーに行ったら、やっぱりノルウェーサーモンをはじめ新鮮な魚介類を食べたいですよね。そこで、オスロ駅から徒歩圏内にあるシーフードがおいしいレストランをご紹介します。

  • ノルウェー基本情報 【お水事情編】~ピュアウォーターが飲め...

    ノルウェーの水道水は直接飲めるの?ミネラルウォーターを買ったらいくら?といったノルウェーの水事情について、お役立ち情報を紹介します。

  • アナ雪のモデルになった絶景!ノルウェー・ロフォーテン諸島...

    ノルウェーのロフォーテン諸島は「世界で最も美しい場所のひとつ」といわれ、世界各国から絶景を求めて人々がやってきます。そんなロフォーテン諸島には絶景を見られるスポットが多いのですが、その中でもアナと雪の女王のモデルになった事で有名になったレイネの絶景は格別!今回はレイネで見られる絶景とレイネの町についてご紹介します。

このエリアの新着記事
このエリアの人気記事