オスロおすすめ観光スポット人気6選!定番から穴場まで!

8,858

views

0

日本との距離は遠い上に旅費も高く、そう何度も行けるわけではない北欧ノルウェー。首都オスロ中心地周辺で満足度満点な観光スポット6選をご紹介。オスロセントラル駅から出発!満足度100%間違いなしです!

ノルウェーナショナルオペラアンドバレーホール

ノルウェー国内最大規模の国立劇場。

音楽コンサート、演劇、バレーなど、様々なプログラムが催されている。

出典:Instagram

人で群がるオペラハウス

ジャスティン・ビーバーのライブも開催!

出典:youtube

またここでは、米歌手ジャスティン・ビーバーのライブが行われたことでも有名。

散歩や観光にも

建物の外は自由に歩き回ることが可能で、天気の良い日には急な斜面を登り建物頂上に行く観光客で賑わう。

撮影スポットとしても人気。カメラを持って出かけよう!

ナショナルオペラアンドバレーホール/Den Norske Opera&Ballett (ノルウェー語)/ The Norwegian National Opera&Ballet(英語)
住所:
Kirsten Flagstads Plass, 0150 Oslo
アクセス:
オスロセントラル駅より徒歩約10分(看板表示あり)
営業時間:
月-金 10-21時 / 土 11-18時 / 日 12-21時
その他:
レストラン、バー、ショップ、ガイドツアーあり

王族宮殿

19世紀初頭に建てられた王族の宮殿。
現在でも王族の正式な居住地となっているが、夏の間は宮殿内が一般に公開されている。

毎年公開開始日が異なるので、ホームページを要確認。
オスロセントラル駅から真っ直ぐに伸びる道を歩けば、ほかにもたくさんの建物やお店を見られるので、是非歩くことをお勧めしたい。

宮殿入り口横には兵隊が見張りをしている。女性の兵士を見られるのもお国柄。

チケット購入場所
①公開期間中、オスロ市内のNarvesenまたはセブンイレブンにてbillettservice.no(ticketmaster)
②電話予約はこちらの番号:+47 815 33 133
③余っている分のチケットは宮殿入り口にてツアー前に販売される

※グループでの予約は下記宛にメールまたは電話
grupper@billettservice.no
+47 815 33 321

ノルウェーロイヤルハウス/Det Norske kongehus(ノルウェー語)/ The Royal house of Norway(英語)
住所:
Slottsplassen 1, 0010 Oslo
2016年は6月18日より8月までの間一般公開 ※但し、ガイド付きの入館観覧のみ可能
アクセス:
オスロセントラル駅より徒歩20分
公開時間
月 - 木 :
11:00-17:00 / 金 : 12:00-17:00 / 土日 : 10.00 - 17.00
※下記例外
6月21日 火:
12.00 - 17.00
7月4日 (月):
13:00 - 17:00 / 20日(水) : 13:00 - 17:00
内覧ツアー所要時間:
約1時間
ノルウェー語ツアー:
20分毎遂行
英語ツアー:
期間中12:00, 14:00, 14:20, 16:00
チケット料金:
大人 NOK 135 / こども (3-12 歳) / 学生 NOK 105 / 家族 (大人2人と子供2人): NOK 330 ※3歳以下は無料

イプセンの家(博物館)

彼の戯曲『人形の家』で有名な、ノルウェーを代表するヘンリック・イプセン。日本でも文芸通の方には知られているのではないだろうか。
シェイクスピアに並ぶ戯曲家と言われるほどの本人の住居が博物館となっている。

歴史を彷彿させる外観の建物。

本人の銅像。横に並んで撮影してみても、面白いかもしれない。

イプセンがどんな部屋で暮らし作品を書いていたか暮らしぶりを想像できる。

イプセン博物館/Ibsenmuseet(ノルウェー語)/ The Ibsen Museum(英語)
住所:
Henrik Ibsens gate 26
アクセス:
オスロセントラル駅よりバス(30,31)又は路面電車(13,19)にて約11分Solli下車、徒歩1分
開館時間
<夏季>5月15日 - 9月14日
月-日:
11:00 - 18:00
<冬季>9月15日 - 5月14日
月-日:
11:00 - 16:00
※但し(木)は 18:
00まで
※ガイドツアーのみ内覧可能
ツアー開催時間は1時間毎、約30分
ツアー料金:
大人 NOK 115 / 学生、老人、グループ(15人まで) NOK 75 / こども NOK 30 / 6歳以下こども 無料 / 家族 NOK 230

ヴィーゲラン彫刻公園

出典:Instagram

公園内彫刻の目玉作品

ノルウェーの芸術史において重要な人物、グスタヴ・ヴィーゲラン(1869-1943)氏の彫刻作品212体を飾る公園。

出典: www.klm.com

一人の芸術家による彫刻公園としては世界で最大。公園に併設された美術館もある。

公園内彫刻作品のひとつ、怒る赤ん坊。どこかで見たことある!という方がいるのでは?公園で探してみると面白い。

どれもこれも面白いものばかり。一番のお気に入りを探してみるのも楽しい過ごし方かもしれない。

ヴィーゲラン彫刻公園/Vigelandsparken(ノルウェー語) / The Vigeland Park(英語)
住所:
Nobels gate 32, 0268 Oslo
アクセス:
オスロセントラルより路面電車12番にて約13分、Vigelandsparkenにて下車(公園目の前)
営業時間:
公園内24時間

ムンク美術館

出典:Instagram

美術館外観

あのムンクの叫びで有名な画家エドヴァルド・ムンク、実はノルウェー人!

ムンクの叫びからスケッチ画まで。彼の作品を存分に堪能できる。

オスロ中心地からアクセスしやすいのも嬉しいポイント。

記念にこんなケーキはいかが?併設されているカフェで楽しめる。

ムンク美術館/Munchmuseet(ノルウェー語) / The Munch Museum(英語)
住所:
Tøyengata 53 0578 Oslo
営業時間:
10~16
アクセス:
オスロセントラル駅地下鉄にて10分Tøyen下車、徒歩約6分
夏季営業時間 :
10:00~17:00
(※6月18日 –9月25日)
2016年休館日:
5/1、17、 6/13–17、10/10–13、12/23–26、31
入館料:
大人 NOK 100 / シニア(67歳以上) / 学生 10名以上のグループ NOK 60
※18歳未満無料、オスロパス、ムンク美術館メンバー無料

ホルメンコッレン・スキー博物館及びジャンプ台

オスロ中心地から少し足を伸ばすと、スキージャンプ祭が毎年開催される有名な場所がある。

このジャンプ台は海抜420mにあり、高さは64m。ここ最上部の展望台からはオスロ市街を一望できる。

併設されているスキー博物館は、1923年創業。紀元前からのスキー道具やノルウェーのスキーにまつわる歴史を垣間見られ、スキーファンでなくても楽しめる。

ホルメンコッレン・スキー博物館/HOLMENKOLLEN SKIMUSEET(ノルウェー語)/Holmenkollen ski museum(英語)
住所:
Kongeveien5
アクセス:
オスロセントラル駅地下鉄1番にて約48分Holmenkollen下車、徒歩約10分
定休日:
年中無休
営業時間:
10月-4月 10:
00-16:00
5月/9月 10:
00 - 17:00
6月/7月/8月 09:
00- 20:00
※クリスマスイブ及び大晦日は短時間営業
台展望台入館料:
大人 130 NOK / 子供 65 NOK / 家族(親2名、子2名) 320 NOK
学生/シニア 110 NOK
ガイドツアー(事前予約のみ) 1200 kr
オスロパス 無料

最後に

出典: hdpixa.com

どこもオスロ中心地からアクセスしやすくオスロ観光を堪能できるはず!ノルウェーについての知識も増えること間違いなし。興味に合わせて行く先を決めてみては。

AIMI

人生の目標は世界遺産を制覇すること。ノルウェー人の彼と結婚するためノルウェー田舎町Åndalsnesに移住。壮大な自然に囲まれたフィヨルドを見渡せる一軒家で猫2匹と彼と暮らす。現在はノルウェー語語学学校に通う日々。大学時代イギリス留学中にヨーロッパ、社会人になってからは国内やアジア周辺の世界遺産スポットを中心に旅行。出張も含め16カ国程。これからはノルウェー国内と周辺国を中心に旅行計画中。使用可能言語は日本語、英語、ノルウェー語、フランス語。アメブロにてノルウェー生活や日本との比較を綴っています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事