なぜだか懐かしい味…!おいしいフィリピンごはん紹介♡

439

views

0

お醤油味…?なぜだか私たちの口に優しい、どこか懐かしい味のフィリピンご飯。筆者のお気に入りフィリピンの大衆食堂・庶民飯!紹介します!

フィリピンの屋台・庶民食堂の味は日本人好み♡

地元の庶民食堂・屋台飯をこよなく愛するバックパッカーの筆者です。
バスターミナルや、街中で見かける写真のように寸胴鍋がどかどか並んでいる庶民食堂。
あまりフィリピン料理って有名なものが何故かないのですが、どこか懐かしい、おばあちゃんが作ってくれたお惣菜のようなお醤油味の煮物や炒め物が多く、日本人好みの優しい味付けです。

筆者がフィリピン旅行でいただいた、庶民ご飯を紹介します。語学留学の費用も安価で、最近は学校も増えてきましたよね。是非フィリピンに行ったら試してみてくださいね。

パンシッド(フィリピン風やきそば)

パンシッドは本当にどこの食堂にもおいてある国民食的なメニューです。
米麺のビーフンで作られていることが多いですが、小麦麺(ほとんど乾麺)カントンを選べたり、上の写真のようにミックス(タイのパッタイみたいですね)で頼めたりもします。麺を混ぜるっていう発想がなかなか日本人にはないと思うのですが、東南アジアではポピュラーなんでしょうか…(笑)
米麺はお店によって使っている麺の太さが違うのですが、筆者は米麺のみのパンシッドが好みです。

アドボ(お肉のお醤油煮込み)

鶏肉や豚肉を甘辛く煮込んだ料理。ポークアドボは豚の角煮そっくり。ご飯が何杯でも食べられちゃう一品です。庶民食堂でも、お肉がゴロッと入ったおかずはちょっとお高め。でも、とろける角煮は絶品なんですよねー♡

シニガン(タマリンドの酸味スープ)

タマリンドの酸味が効いたシニガンと呼ばれるスープは、チキンでもポークでも見かけるんですが、筆者のお気に入りはお魚のシニガン。
この、ぶつ切りとしか言いようがない、ドーンとしたカットの仕方もなんですが、お出汁もしっかりきいていて、酸味と辛味が、トムヤムクンとはまた違った味で、さっぱり味で美味しいんです。あとを引く辛味も大好き。フィリピンでよく食べられているミルクフィッシュ。(フィリピノ語ではバンガス、日本語だとサバヒー)フィリピンで焼き魚を頼むと大抵焼きすぎてパサパサになってしまうのでスープの方が美味しく食べられる気がして、よくいただいていました。

ちなみにこれが焼き魚ミルクフィッシュ。ティラピアとかも食べられるフィリピンです。

エンサラダ・タロン(ナスのサラダ)

焼いたナスの皮をむいて切ったものとタマネギやトマトなどの野菜を和えて、醤油とお酢でマリネしてある、世界中の人が好きそうなサラダです。生の唐辛子がピリッと辛くて、酸味が効いていておいしいんです!これは私がフィリピンで結構ハマった食堂飯です。

ギナターン・ランカ(ジャックフルーツのココナッツ煮)

初めて食べたジャックフルーツの美味しさに驚いた一品!このココナッツ煮込みは結構辛いのですが、フレッシュのココナッツミルクの甘さと唐辛子の辛味が、ほくほくのジャックフルーツに合って超絶美味!どのお店にも絶対にあるメニューではないのですが、とってもおいしいので、辛いものラバーのあなた!見つけたら是非お試しを!

レチョン(豚や鶏の丸焼き)

東南アジアから中東、南米まで、幅広い地域で食べられるぐるぐる炭火焼チキン。おいしいですよねー!フィリピンは豚の丸焼きのレチョン屋さんもあったりします。持ち帰り屋台などでは切って一人分ずつ食べやすくしてくれて、ソースはビニール袋にいれてもらえます。

カレカレ(野菜やお肉のピーナッツソース煮込み)

カレカレという名前なのですがカレーというより優しい感じのシチューといった感じのピーナッツソースでお肉とお野菜が煮込まれたお料理。カレカレもフィリピンを代表する料理かもしれないですね。全土で食べられます。

パクシウ(豚レバー炒め煮)と牛肉の炒め煮、野菜スープ

これらプラスごはんで200円弱。お財布に優しいフィリピン。豚レバーの炒め煮も結構好きでした。

オーコイ(魚介のかき揚げ)

ビールによくあう、港町でよく見かける海老やしらすのかき揚げ。フィリピンのサンミゲルとよくあいます。大好きなおつまみ!

本当に日本で食べられそうなおかずたち

冬瓜と鶏ひき肉を炊いたおかず

日本で常備菜にもいけるこの名前もわからないお料理。(聞いてみたんですが、聞き取れませんでした…)優しい味付けでごはんに合うんです。セブ島内でよく見かけました。

イワシと白菜のチリトマト炒め

少しだけぴりっとしたケチャップ炒めの白菜とアンチョビの炒め物。ガーリックライスともよく合っておいしくいただきました。これはルソン北部の山岳地帯でいただいたので、白菜が嬉しかったです。ルソン島の北部は欧米人の旅行者が多く、田舎町でもこういったなんかちょっと小洒落たものが食べれたりするのです。

レバーと砂肝の甘辛煮

漁村に滞在する時は是非ラプラプを。

日本でも高級魚のクエの仲間、ラプラプ。港町や漁村では獲れたてのお魚をkg単位で買い取って、その場でレストランで調理してくれたりします。フィリピン地元飯より数倍高くはなりますが、日本で食べるのに比べたら、どうってことないお値段です!是非試してみてくださいね。

夕暮れ時に現れる焼き鳥屋台も見逃せない。

焼き鳥屋台は夕方になると突然増えだします。散策で歩き疲れたときに、焼き鳥の香りでお腹はペコペコ。ついいくつか買ってしまいます。どの屋台も甘いタレと辛いタレの2種類を選ばせてくれました。

最後に

いかがでしたか?フィリピンの屋台・庶民飯!現地に訪れた際は是非お試しくださいね。

みゃりも

豪州パース在住、旅ごはん研究家。時々バックパッカーやってます。
ただただ只管、おいしい!!を求めて、世界をふらふら。世界で出会ったおいしいもの再現レシピをブログにて公開しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • フィリピンで食べられる人気のフルーツおすすめ5選!南国は...

    フィリピンのフルーツといえばまずバナナが思い浮かぶでしょうが、市場に行くと見たことのないようなフルーツがたくさん売られています。産地だからとても新鮮で、おいしいフルーツばかりなんですよ!今回はバナナだけだと思ったら大間違い!アジアのフルーツパラダイス・フィリピンで食べてほしいおすすめフルーツ5選をご紹介します。

  • フィリピン・セブ島ビーチの魚図鑑!魚の楽園は水族館顔負け...

    フィリピンは日本からさほど離れていないということもあり人気の観光地です。中でもセブ島はダイビングが盛んに行われている人気のスポット。そんな島のビーチには、水族館の比にならないほどのさまざまな魚たちが優雅に泳ぎまわっています。その中から、普段見かけることのない珍しい魚たちをピックアップしてみました!

  • 語学留学にもオススメ!知られざるフィリピンの秘境ネグロス...

    東南アジアの島国フィリピンにあるネグロス島。日本でこの島の名前を聞くのは、台風や地震など大災害のときぐらいですが、実はいろいろと見どころがある島なんです。今回は知られざるフィリピンのネグロス島をご紹介します。

  • フィリピン・マニラ観光を安全に楽しむポイント3つ

    日本から近く観光客も多く訪れるフィリピン。そんなフィリピンの首都マニラには様々な歴史的建造物や博物館があります。安全に旅を楽しむために気を付けておきたいことをまとめました!

  • フィリピンに行ったらぜひ食べたい!甘~いトロピカルフルー...

    遠いようで近い南国フィリピンは、日本にも大量に果物を輸出するフルーツ王国!あまりにも身近なものから、一度もお目にかかったことのないような珍しいものまでそろえてみました。個性豊かなフィリピンの南国フルーツに、よだれ注意!です。

  • フィリピン・ボホール島の世界最小のメガネザル・ターシャに...

    フィリピンのボホール島に住む「ターシャ」は、手ですっぽりと包んでしまえるほど小さなメガネザル。ターシャは絶滅も危惧されている大変珍しい動物ですが、ボホール島では彼らを間近で見ることができます。今回は、ターシャの魅力とおすすめのスポットをたっぷりとご紹介します!あなたもターシャに会いにボホール島へ行ってみませんか?

今週の人気記事

この記事のキーワード