《チベット》中国〜西アジアのおいしいチベタン料理まとめ

193

views

0

チベット民族がクラス広大な土地で築かれたチベタン料理。東南アジア、南アジアではその暑さからささっと調理するものが多いのに比べ、チベタン料理はコトコトと煮込んでスープに出汁がたっぷりにじみ出たお料理が多いです。日本人もハマりやすいチベットの伝統料理をご紹介します!

チベット

チベットというと中国内に位置する「西蔵」いわゆるチベット自治区というイメージが強いですが、民族や文化といった意味では、青海、四川の西側、甘粛、雲南の一部、ネパール、インド北部、ブータンなど、結構広大な地域なのですよね。筆者的には国や地域というよりも食文化を意識して旅行をすることが多いので、今回はチベット民族の人々によるチベタン料理をまとめてみました。

プージャ

チベットのお茶。おうちにお邪魔したりすると、とりあえず出てくるやつです。
食堂などでは英語で"Tibetan tea"とも書かれていることもあります。
このバター茶を飲んだことがある人はわかると思うのですが、ものっすごく好みの分かれる飲物だと思います。ヤク(メスはディー)のお乳から精製したギー(バター)と、発酵させたお茶、岩塩を混ぜて作られた温かいお茶なのですが…クセのあるものも結構得意だと自負している筆者はかなり苦手なお味でした。なんだろう…wバター茶大好き!っていう友人が一人いますが、脱帽です…!

ツァンパ

ツァンパは、焙煎した大麦をひいて粉にしたものを、プージャ(バター茶)を混ぜながら、手でお団子みたいにしながら食べるチベットの主食。見た目が少々アレですが、普通に食べられます。麦の甘みがほんのり感じてわりとおいしいです。(ただ最初に頼む時、勇気がいりました。)

バレ / シャパレ

パンです。パレとかバレと呼ばれるものは北インドのチャパティと、パンケーキの間みたいなものですが、シャバレ(シャパレ)は、その皮にお肉や野菜を詰めて揚げ餃子のようにしたものです。シャはお肉という意味だそう。

南米のエンパナーダを彷彿とさせるお料理で、包み方も一緒なので、文化って本当に不思議だなーと考え込んでしまいました。もちろん味は違いますけどね。

モモ

チベットでよく食べられるダンプリング(餃子)小籠包のような形のものから、日本の餃子のような形までいろいろです。ちなみにモモは地域によって味も違って、食べ方もいろいろあります。

モモ(蒸しモモ)
一番スタンダードなモモ。単純にモモというとこの蒸したモモが出てきます。

コティ(焼きモモ)
焼き餃子のように焼いたモモ。もちもちカリカリでビールに合います♡

出典: www.yelp.com

スープモモ / ジョルモモ(水餃子的なモモ)
トクゥパのような野菜スープと一緒に、水餃子になっているものや、ゴマとトマトのスープがかかったジョルモモもおいしい♡

ティンモ

もちもちした具なしの蒸しパン。中国や台湾で食べられる、飲茶の花捲に似ていますよね。普通においしいです。お茶が普通ならなおうれしかった…!

ピンシャ

身体の温まる野菜もりもりの春雨の煮込み。味は違うけどマーボー春雨的なかんじでご飯やパンによく合います♡

トゥクパ

具だくさんのうどんのようなスープ麺。自家製の麺のところもありますが、パスタが使われていることも多いです。

テントゥク

幅広麺のスープ。すいとんのような、きしめんのような、ほうとうのような…?おいしいんですけど、表現が難しいやつです。おばあちゃんが作ってくれそうなお料理です。

ラブシャ

ラブシャ マトン(羊肉)と大根が煮込んである、ほろほろスープ。これはやばい!うまい!大根が食べられたことにも感動しました!

ブテコバット&チャウミン

ブデコバットは炒飯。チャウミンは焼きそばです。

シャプタ

シンプルな肉野菜炒め。お店によってものすごく油濃かったりもしますが、割合ハズレなしです!

チャン

Milletというあわやひえのような雑穀を発酵させたものに、お湯を注いでいただく温かいお酒。トゥンバとも呼ばれます。

カトゥマンドゥなどの都市では説明に「ホットビール」とメニューに書いてありますが、日本人的には雑穀の熱かんといった方が伝わりやすいかなーと思います。優しいお味でこれもまた美味♡

チベタン料理は日本人にもぴったりの味。

いかがでしたか?チベット民族が生活する地域はとても広大なので、一度に訪れるのは難しいかもしれませんが、おいしいごはんがいっぱい。そして優しいお味の料理が多いです。やっぱり出汁文化は最高ですね。是非お試しあれ♡

みゃりも

豪州パース在住、旅ごはん研究家。時々バックパッカーやってます。
ただただ只管、おいしい!!を求めて、世界をふらふら。世界で出会ったおいしいもの再現レシピをブログにて公開しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • 中国の美味しいお酒4選!一度は味わいたいお酒好き必見情報

    五千年とも六千年ともいわれる長い歴史をもつ中国のお酒。中国酒の種類は豊富で、白酒、黄酒、薬酒などの6種類に大別できます。そして、中国酒ならではの独特の味と風味があります。偉大な中華の歴史とともに歩んできた中国酒、味わってみたいと思いませんか。

  • 北京・伝統芸能、京劇観賞でおすすめな劇場5選!日本語サービ...

    4000年以上の歴史がある中国。そんな歴史の長い中国には、伝統芸能が今でも残っています。その中でも、中国の人気芸能といえば京劇ではないでしょうか?今回は、中国の京劇について少し紹介しましょう。

  • 雲南省の絶品中国料理まとめ!旅人が激押しする忘れられない味

    東南アジアのちょっとクセのある料理から一転して、こってりな中国料理!雲南を旅したみんなが『惚れる!』中国料理!アジア旅行者が口を揃えて「雲南はうまい!」と言う、そんなうまうま料理をまとめてみました♡

  • 中国最古のビール工場、青島ビールの歴史を博物館で知ろう

    1903年創立の中国最古のビール工場が、青島啤酒(チンタオヒシュ)。主にドイツ人の資本で創業された青島ビールは、青島がドイツの租借地だったからです。その後日本がかかわり、30年以上も大日本麦酒株式会社の自社工場として操業していた歴史もあります。旧式の機械も展示してあり、見ごたえがあります。ろ過しないビールを味わうこともできて、サイコーですよ。

  • 意外と知らない?中国の旧正月の文化と魅力その楽しみ方!

    日本でも毎年盛り上がりを見せる中国の旧正月。日本とは違う旧暦で祝う旧正月は実はアジアの国では多くお祝いされています。しかし、中国は特に盛り上がりを見せるお祝いイベント。今回はそんな中国の一大イベント・旧正月の文化と魅力を紹介します。

  • 本場・中国で紹興酒を!紹興酒に合う料理とおすすめスポット...

    蒸したもち米と小麦こうじなどを原料として醸造した紹興酒。日本でも中華料理店や、酒屋さんなどで目にすることも多いお酒です。本場中国の紹興を旅しながら本格的な紹興酒を飲むなんていかがでしょう。紹興酒の紹介と旅の提案です。

今週の人気記事