イギリスグルメの真骨頂!ロンドンの厳選イングリッシュパブ8選

5,114

views

0

イギリスの「美味しい」はパブにあり!ロンドンのパブには伝統のパブフードから、レストラン顔負けの本格料理まで揃っています。美味しい食べ物と美味しいお酒を、雰囲気抜群の空間で!至福の時間に乾杯!

イングリッシュ・パブの簡単な歴史

イングリッシュパブの起源は11世紀の、旅人の宿「イン」食事の場「タヴァン」アルコールを給する「エールハウス」で、現在もこれらの名前を受け継いでいるパブが多くあります。18世紀に、これらの機能が統合されて「パブ」(パブリックハウス=公共の場)となりました。大発展したヴィクトリア女王の時代のこと、豪華な家具調度のパブが次々に生まれました。以降、パブはイギリス人の自宅、会社に次ぐ第3の家として親しまれてきました。今も街角のパブには夕暮れになると人々が集まり、ドアの外まであふれている光景はなんとも微笑ましくて、自分も仲間入りしたくなってしまいます。

ガストロ・パブとは?

普通のパブにあるのが「おつまみ」ならば、ガストロパブにあるのは「本格料理」なのです。イギリス料理がまずいと言われたのは昔の話…美味しいイギリス料理はガストロパブにあり!イギリスならではのゆったりと豪華な雰囲気もおいしさのひとつ。

グレイジング・ゴート Grazing Goat

木製パネルと大きなフレンチドア、暖炉のある明るい雰囲気のお店。毎日市場で仕入れる新鮮食材を使ったイギリス料理が味わえます。フィッシュ&チップス、バーガー、ステーキなどの定番パブフードはもちろん、ルバーブのトライフル、ピスタチオ・チーズケーキなどのデザートも絶品。地元のエールビール、独創的なカクテルと一緒にどうぞ!

イギリス伝統料理、日曜限定のサンデーローストはグレイビーソースが美味しすぎる!予約が難しいほどの人気!

グレイジング・ゴート (Grazing Goat)
住所:
6 New Quebec Street,London,W1H 7RQ
営業時間:
7:30~23:30 日曜のみ22:30まで
アクセス:
バス停London Portman Square より徒歩2分
定休日:
なし
電話番号:
+44-20-7724-7243
料金:
料理:£4~22(¥780~4,287 2015/08)
おすすめの時期:
通年

プリンセス・オブ・ショーディッチ Princess of Shoreditch

270年の歴史を持つパブです。2010年に改装されましたが、店名にふさわしく気品ある落ち着いた雰囲気ですね。各地から取り寄せたこだわりの肉、旬の野菜、近海の魚介など「最高の素材をシンプルに」がポリシーです。また、ビールと共にワインにも力を入れています。グラスで色々なワインを楽しむことができるのは嬉しいですね…飲みすぎ注意!大人の国イギリスでは「酔っ払い」には冷たい視線が注がれます。

プリンセス・オブ・ショーディッチ(Princess of Shoreditch)
住所:
76 Paul Street London EC2A 4NE
営業時間:
12:00~23:00 日曜のみ22:30まで
アクセス:
バス停Great Easterm St (Stop M)より徒歩2分
定休日:
なし
電話番号:
+44-20-7729-9270
料金:
料理:£1.5~17.5(¥293~3,410 2015/08)
おすすめの時期:
通年

テンパランス Temperance

倉庫のような高い天井が現代的なパブ。料理も伝統パブフードを現代的にアレンジして人気を博しています。品質へのこだわりはもちろんのこと、合言葉は「情熱」若く情熱的なスタッフがお店を支えています。お客様にもきめ細かいサービスを心がけているそうです。ビール、ワイン、カクテル、ジュースとドリンクも豊富。おすすめのサマードリンクは苺のカクテルとジンのカクテル…爽やかで、いい気分になれそうですね。

テンパランス(Temperance)
住所:
Temperance,90 Fulham High Street,Fulham,London,SW6 3LF
営業時間:
12:00~23:00 日曜のみ22:30まで
アクセス:
バス停Putney Bridge Fulham High St (Stop FX)より徒歩2分
定休日:
なし
電話番号:
+44-20-7384-3573
料金:
料理:£5~12(¥975~2,340 2015/08)
おすすめの時期:
通年

ドリンキング・パブとは?

その名の通り、ドリンク中心のパブ。主にビールを飲むためのパブで、ビール会社の直営店も多くあります。イングリッシュパブで飲むビールは日本のように取っ手のついたジョッキではなく、普通の形のグラスです。注文はパイント単位で、1パイント(600ml)またはハーフ(300ml)を店員さんがサーバーから注いでくれます。種類が多いので迷ってしまいますね。試飲させてくれることもあるそうですよ。

エルサレム・タヴァーン Jaerusalem Tavern

こちらのパブの起源はなんと14世紀、中世の歴史を感じることができるパブです!現在はイングランド東部サフォークのクラフトビール醸造所「セント・ピーターズ・ブリュワリー」の直営店となっています。おすすめは「リアル・エール」…カスクと呼ばれる樽の中で二次発酵させる生きたエールのことで、樽の中でずっと発酵を続けるのでパブに届いてからも管理が難しい分、繊細な味わいなのです。嬉しい誤算、ボリュームたっぷりのランチが評判のおいしさです!

エルサレム・タヴァーン (Jaerusalem Tavern)
住所:
55 Britton Street Clerkenwell,London EC1M 5UQ
営業時間:
11:00~23:00
アクセス:
バス停Clerkenwell Green (Stop K)より徒歩2分
定休日:
土曜、日曜
電話番号:
+44-20-7490-4281
料金:
ビール:£3.7~6.5(¥721~1,267 2015/08)
おすすめの時期:
通年

トゥーカン The Toucan

こちらは、ご存じ「ギネス」の直営店です。店内のいたる所にギネスのポスターや、マスコットの可愛い「トゥーカン(オオハシ)」のグッズがあり、楽しいパブです。色々な種類のギネスが味わえるのですから、ギネスファンには見逃せないパブですね。黒ビールのあのコクと、甘い香り…たまりませんね。

日本のビールは主にラガーで、冷たくしてキレや爽やかさを楽しみますが、イギリスではエールが主流、あまり冷やさずにフルーティな味とホップの香りを楽しみます。だからイギリスでは一気飲みではなく、ちびちびとワインのようにビールを飲みます。

トゥーカン(The Toucan)
住所:
19 Carlisle St,London W1D 3BY
営業時間:
12:00~23:00
アクセス:
バス停Wardour Street (Stop OM)より徒歩3分
定休日:
土曜、日曜
電話番号:
+44-20-7437-4123
料金:
£11~25(¥2,145~4,873 2015/08)
おすすめの時期:
通年

定番パブとは?

またの名を伝統パブと言います。歴史ある昔ながらのパブ!伝統料理とビール、高級感のある雰囲気が魅力ですね。

パブのルール:キャッシュ・オン・デリバリー(飲み物と代金を交換する支払い方)、バイイング・アラウンド(キャッシュ・オン・デリバリーの時に、ひとりが全員分を払う、2杯目は別の人がまた全員分を払い、何度も繰り返すうち、結果、割り勘になるというシステム)

ウィンザー・カースル Windsor Castle

パブというよりも貴族の邸宅のような洗練されたお店です。広々とした庭の木陰でビールを飲めば夏の暑さも忘れるでしょう。ソーセージ、マッシュといった得意の伝統料理に地ビール、新しいビール、世界の銘酒と美味しいビールを集めて提供しています。イギリスでしかできない!ドレスアップして昼からビールの贅沢はいかがでしょうか?

ウィンザー・カースル(Windsor Castle)
住所:
114 Campden Hill Road Kensington,W8 7AR London
営業時間:
12:00~23:00 日曜のみ22:30まで
アクセス:
バス停Sheffield Terrace (Stop P)より徒歩5分
定休日:
なし
電話番号:
+44-20-7243-8797
料金:
£9~16(¥1,754~2,922 2015/08)
おすすめの時期:
通年

オールド・チェシャー・チーズ Ye Olde Cheshire Cheese

凝ったデザインの看板!時の流れを味方に、なんともいい味わいになりましたね。昔は識字率が低かったイギリス、看板に工夫を凝らしました。

ザ・イングリッシュ・パブの趣!それもそのはず、ロンドン最古のパブです。マーク・トウェイン、チャールズ・ディケンズ、アーサー・コナン・ドイルなど多くの文豪が愛したパブとしても有名!その昔と同じメニューを味わえるとは嬉しいですね。「ビターを1パイント、つまみはキドニーパイとプディングを」

オールド・チェシャー・チーズ(Ye Olde Cheshire Cheese)
住所:
145 Fleet St,London FC4A 2BU
営業時間:
11:30~23:30
アクセス:
バス停Fetter Laneより徒歩1分
定休日:
日曜
電話番号:
+44-20-7353-6170
料金:
~£30(¥5,844 2015/08)
おすすめの時期:
通年
これさわきょうこ

旅行好きな田舎のおばちゃんです。絶景、グルメ、ショッピングも好きですが、変わった建造物に惹かれます。わたしの大好きなスポットを、楽しく、正確に、ご紹介したいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

  • イギリスグルメの真骨頂!ロンドンの厳選イングリッシュパブ8選

    イギリスの「美味しい」はパブにあり!ロンドンのパブには伝統のパブフードから、レストラン顔負けの本格料理まで揃っています。美味しい食べ物と美味しいお酒を、雰囲気抜群の空間で!至福の時間に乾杯!

  • ロンドンに行ったら絶対食べたい!マフィンマンの絶品スコーン

    ロンドンと言うと料理がおいしくないというイメージがあり、旅行中の料理にもあまり期待はしていない、なんて方も多いのではないでしょうか?でも安心してください、スコーンがとってもおいしいカフェがハイストリートケンジントン駅近くにあるのです。ここのスコーンはかりかりの食感で食べたらまた来たい!と思ってしまうほどおいしいと評判のお店なのです。そんなマフィンマンをご紹介いたします。

  • 海外セレブの行きつけレストラン ~ロンドン編~

    あなたはイギリスの首都ロンドンを訪れたことがありますか?ロンドンは世界の中でもおしゃれなレストランが多く立ち並んでいる素晴らしき街です。 そこで今回は、海外セレブたち行きつけの絶品レストランを5つご紹介!セレブの行きつけというだけあって、ロンドンを訪れた際には是非訪れたいところばかりです。 あなたのお気に入りのお店をチェックしてみませんか♡

  • ロンドンきっての有名シェフ!ゴードン・ラムゼイのレストラ...

    ミシェランの星をいくつも獲得してきたラムゼイ氏。そんな彼が展開するレストランinロンドンを紹介します。

  • ロンドン旅行で必ず行きたい!「スケッチ」のオシャレ空間と...

    ロンドンの人気レストラン「スケッチ」は、有名シェフの作る料理だけでなく、アートな5つの空間と卵形のトイレが訪れる人の心をわしづかみにしています。誰もが「ここへ行くなら必ずカメラを持っていって!」と言うスケッチの魅力に迫ってみましょう。

  • ロンドン土産にチーズ専門店La Fromagerieがおススメ!朝食や...

    イギリス・ロンドンのチーズSHOP「La Fromagerie-ラ・フロマジュリー-」は、店内で頂くフレッシュな野菜とチーズとの相性バッチリのパンも好評です!チーズの購入だけでももちろんOKなのでチーズが好きな方へのお土産探しに、ロンドンへ旅行したらぜひ足を運んでみてくださいね。オリジナルトートやエプロンも超キュートです♪

今週の人気記事