007のロケ地、イギリス・ブレナム宮殿!極上の庭園や巨大迷路など魅力満載の世界遺産へ

9,017

views

0

元首相ウィンストン・チャーチルの生家としても知られるブレナム宮殿は、その規模だけではなく、美しさにおいても英国随一との評判です。1987年には世界遺産にも登録。一度は訪ねてみたいと思われている方のために、今回はその魅力の一端をご紹介したいと思います。

英国一の大邸宅!ブレナム宮殿

大学町として有名なオックスフォードからバスで約30分。ウッドストックという町にあるのが、英国随一のバロック建築ともいわれるブレナム宮殿です。門から眺めると建物ははるか向こう。10分ほど歩いて、やっと到着です。

ひょっとすると、初めて訪れたにもかかわらず、「どこかで見たような」と感じることがあるかもしれません。それもそのはず。この宮殿、映画のロケ地としても有名で、最近で言えば、ディズニーの実写映画『シンデレラ』の撮影でも使われていました。

建てられたのは1705~1722年のこと。当時のアン女王がスペイン継承戦争で宿敵フランス軍を打ち破ったことを大いに喜び、総司令官のジョン・チャーチル(初代マールバラ公)に与えたのが、この邸宅でした。

戦いが行われたのがブレナム(ドイツ語ではブレンハイム)だったことから、ブレナム宮殿と呼ばれているわけですね。もちろん今も12代マールバラ公爵家の所有物として、実際に使われています。

イギリス・バロック建築の傑作

バロック様式の大きな特徴のひとつは、前の時代のルネサンス様式と比較すると装飾が華やかになったこと、特に絵画や彫刻などが「建物と一体のもの」として扱われている点が挙げられます。

宮殿内部の見学は、順路に沿って見て歩く形式です(ガイドツアーあり)。どの部屋にも豪華な調度品が所狭しと並べられ、壁には貴重な絵画やタペストリーが掛かっています。

宮殿内部での見ものとしては、第二次大戦時の首相として、ナチス・ドイツからイギリスを救った英雄ウィンストン・チャーチルの常設展があります。彼が生まれた部屋(上図)のほか、その人生を物語る数々の資料が展示されています。

ただし、ブレナム宮殿がチャーチルの実家というわけではありません。あくまでも親戚筋ですので、お間違えなく。ちなみに、故ダイアナ妃もマールバラ公爵家の親類の一人でした。

The Long Library は長さ55m!

順路の最後にあるThe Long Libraryには、約1万冊の本が所蔵されています。英国の貴族たちは、どのような書物を読んできたのでしょうか?

見渡す限りのイギリス式庭園

宮殿の近くを散策

ツアーなどで時間に制約がある場合は、宮殿の東西にある二つのフォーマル・ガーデンを眺めたり、カフェで一休みするのも悪くはありませんが、お花が好きという方に人気なのが、このバラ園です。

広大な敷地へと足を延ばしてみよう!

見渡す限り、すべてブレナム宮殿の敷地です。もし時間に余裕があるのであれば、広大な敷地の中をのんびりと散策されてはいかがでしょうか。

天気が良ければ、ハイキングやサイクリングを楽しみつつ、草の上や木陰にでも座って、ゆっくりとランチでも取りたいところです(実際そんな利用の仕方も可能ですし、料金さえ払えば湖で釣りを楽しむことさえできます)。

一見すると自然をそのまま取り込んだようにも見えますが、湖はもちろん、滝や小川の流れから樹木の配置に至るまで、実はすべて人工的に作られたイギリス式庭園の一部です。そのスケールの大きさたるや、驚くしかありません。

家族で楽しめるプレジャー・ガーデン

プレジャー・ガーデンには巨大迷路のほか、熱帯の蝶が乱舞するバタフライ・ハウスなど、子どもたちも楽しめる施設があります。

イチイの生垣で作られた迷路としては、世界で2番目の大きさだそうです。ただしその分、抜け出すには時間もかかります(平均25分程度)。

各種イベントの開催も

上の写真はSunday Jazzの一コマですが、ブレナム宮殿ではそれと同様、随時さまざまなイベントが催されています。旅行の日程と上手く合えば、楽しい思い出になるかもしれませんね。

何かと魅力的なブレナム宮殿ですが、一つだけ難を言えば入場料が高いこと。伝統ある宮殿と広大な敷地のメンテナンスを考えれば、それも仕方ないかとも思われますが……。

でも実はこのチケット、年間パスとの交換も可能です。地元の人は1回の料金で、年に何回も訪れることができるのですね。

ブレナム宮殿 (Blenheim Palace)
住所:
Woodstock, Oxfordshire OX20 1PP
アクセス:
ロンドンから車で約1時間半。
 ロンドン・オックスフォード間は鉄道で約1時間
 オックスフォードから宮殿までは、路線バスで30分ほど
開館時間:
 公園 09:
00~18:00(夕暮れで早まることあり)
 庭園 10:
00~17:30
 宮殿 10:
30~17:30 (入場は16:45まで)
定休日:
11月から2月半ばまではメンテナンス期間
 (その際は、公園のみ無料で公開)
電話番号:
800-849-6500
料金:
 大人 24.90ポンド
 シニア・学生 19.90ポンド
 子供 13.90ポンド(5~16歳)
 ※ 庭園と公園のみの入場券や家族割引もあり

もしブレナム宮殿に興味をお感じでしたら、是非とも一度訪ねてみてください。オックスフォードやコッツウォルズ観光とセットになったツアーもあるはずです。

ただし、ざっと見るにしても、やはり3時間程度の余裕は欲しいところです。最大限に時間を使うには、まずは宮殿内を見学して、残った時間で庭園を回るのがよいでしょう。

Caroll

昔からのクラシック音楽ファンということもあって、やっぱりヨーロッパが好きですね。あと歴史も好きなので、「旅と歴史」という視点から、いろいろと書いていければと思っています。どうぞ、よろしく!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • スコットランド・エディンバラでおすすめの人気お土産ショッ...

    日本でのスコットランドの知名度、高いとは言えません。どんな国?と聞かれてもなかなか即答しがたい国の一つです。そんなスコットランドですが、行ったからにはスコットランドらしいお土産を買って帰りたいですよね♪ そこで今回は、スコットランドの民芸品やスコットランド人アーティストによるオリジナルアクセサリーを購入できるおすすめのお店3店を詳しくご紹介していきます!

  • ロンドンにあるおすすめホテル15選!人気観光スポットへのア...

    歴史がある国として、観光の見どころも多く、訪れる人が多いイギリス。首都であるロンドンまでは、日本から直行便が出ているので、旅先に選ぶ人も多いのではないでしょうか?英語も通じるので比較的旅行もしやすいですよね。今回は、そんなロンドン市内にあるオススメホテルを紹介しましょう。

  • ロンドンでおすすめのおしゃれハイセンスホテル7選!思わず予...

    歴史ある建物を訪れたり、洗練されたファッションストリートを歩いてみたり・・・せっかくのロンドン旅行ですから、宿泊先もおしゃれにキメませんか?そんなトラベラーの夢を叶えるハイセンスなホテルをドンと紹介します。

  • ロンドンのコヴェント・ガーデン観光スポットまとめ!おしゃ...

    常に人が集まっているコヴェント・ガーデン。ショッピング街にカフェやレストラン、しゃれた小さなお店が立ち並んでいます。今回はそんなおしゃれでにぎやかな街、コヴェント・ガーデンをご紹介します。

  • 【イギリス・コッツウォルズ】ブロードウェイのおすすめスポ...

    コッツウォルズの北にある町で世界で一番のコッツウォルズの羊毛を運ぶ拠点となりました。 そんなブロードウェイにはおしゃれなカフェやブロードウェイタワーなどの観光名所もあります。 イギリスのアフタヌーンティーやクリームティーを楽しめるお店も紹介します。

  • エディンバラのおすすめ観光スポット7選!鉄板観光スポット...

    スコットランド・エディンバラと聞いて何を思い浮かべますか?キルトやバグパイプなどが有名ですよね。そのほかにも美しいお城や建造物、奥深い歴史があります。そして忘れてはならないのがウイスキー!パブの文化があるため、美味しいお酒や食事がたくさん!今回はそんな魅力触れるスコットランドの首都、エディンバラについてご紹介します。

  • ロンドンで買うべきお土産おすすめ15選!人気の紅茶、チョコ...

    「ロンドンのお土産は何にしたらいいのか?」旅をすれば誰もが悩むお土産アイテム。ロンドンには日本人が好むお土産がたくさんあるので、どれにしたらいいか迷ってしまいそう…。初めてのロンドン旅行の方も、定番のお土産に飽きた方もきっとお気に入りが見つかるそんなロンドンならではのお土産品を集めてみました。

  • プーさん故郷のイギリス田舎町・ハートフィールドに行きたい!

    くまのプーさん。誰もが聞いたことのある蜂蜜大好きな黄色いクマは全世界で人気です。しかし、このプーさんの故郷がイギリスにあるというのはご存知でしょうか?イギリスにある田舎町・ハートフィールドに別荘を構えた作者はこの地の自然に構想を得て物語を書いたとされ、現在も観光地として人々に人気の町でもあります。

  • ロンドンに行ったら絶対食べたい!マフィンマンの絶品スコーン

    ロンドンと言うと料理がおいしくないというイメージがあり、旅行中の料理にもあまり期待はしていない、なんて方も多いのではないでしょうか?でも安心してください、スコーンがとってもおいしいカフェがハイストリートケンジントン駅近くにあるのです。ここのスコーンはかりかりの食感で食べたらまた来たい!と思ってしまうほどおいしいと評判のお店なのです。そんなマフィンマンをご紹介いたします。

  • ロンドンで人気のハムステッド・ヒースを散策!名画も堪能で...

    ロンドンには大きな公園がいくつかありますが、中でもロンドンっ子に人気なのがハムステッド・ヒースです。ヒースとは「荒野」のこと。どうしてそんな場所が市民の憩いの場となっているのでしょうか。ハムステッド・ヒースの魅力をご紹介してみたいと思います。

このエリアの人気記事