ロンドン旅行で必ず行きたい!「スケッチ」のオシャレ空間と卵形トイレ

8,631

views

0

ロンドンの人気レストラン「スケッチ」は、有名シェフの作る料理だけでなく、アートな5つの空間と卵形のトイレが訪れる人の心をわしづかみにしています。誰もが「ここへ行くなら必ずカメラを持っていって!」と言うスケッチの魅力に迫ってみましょう。

アートなレストラン「スケッチ」

スケッチは2003年にオープンしたアートがテーマのレストラン。シェフはフランスで2度3つ星を獲得したピエール・ガニェール。経営はレストラン界のカリスマ、ムラド・マズウスです。そう聞くと、堅苦しい高級レストランのように感じてしまいますが、高級感を保ちつつ、クールでオシャレな雰囲気がとても魅力的なんです。

せっかく行くならアフタヌーン・ティーを

スケッチでは様々なメニューを提供していますが、イギリスといったらやっぱりアフタヌーン・ティー。ロンドンのオシャレな店で3段のケーキスタンドに乗ったスイーツと紅茶をいただくのは憧れですよね。

スケッチのアフタヌーン・ティーには90分おかわり自由のセットがあって、食べきれない分は包んでくれるんですよ。サンドイッチもケーキもスコーンも可愛いうえに美味しいので、おなかがいっぱいでもついつい手が伸びてしまうのだとか。

5つの空間にわかれた店内

ザ・ギャラリー

出典: sketch.london

スケッチには5つの部屋があり、それぞれが異なる個性をもったアートな空間になっています。女性に1番支持されているのは、ピンクの内装が可愛すぎる「ザ・ギャラリー」。スケッチのメインダイニングでもあり、予約しないとなかなか入れないほどの人気です。

壁にはアートな線画がズラリ。こんな気の抜けたような絵とピンクでカワイイ空間の組み合わせがハイセンスです。

ザ・レクチャールーム&ライブラリ

こちらはガラっと雰囲気が変わって、高級感と遊び心のある「ザ・レクチャールーム&ライブラリ」。少しかしこまった食事をする空間です。予約が必要で、ドレスコードはスマートカジュアル(男性はジャケット着用、女性は小綺麗に)となっています。訪れる際は覚えておきましょう。

ザ・グレイド

森の中をイメージさせる「ザ・グレイド」。壁には直接樹木が描かれ、天井から下がったシャンデリアは木の枝そのものです。席数はあまり多くないので、予約をして訪れるのが確実でしょう。

ザ・パーラー

店内で1番カジュアルといわれる「ザ・パーラー」。予約なしで入れることが多く、1人で気軽に食事を楽しむお客さんが多い部屋です。でも、気軽といってもインテリアは隅々までアーティスティック。じっくりと見て楽しみたいですね。

ザ・イーストバー

「ザ・イーストバー」はドーム状の空間がSF映画を思わせるバー。カクテルを飲みながらDJのライブを楽しめるオトナの場所です。

スケッチ名物の卵形トイレ

そして、スケッチで必ず行きたいのはここ!こんなトイレが存在するなんて…。場所は「ザ・イーストバー」の2階部分(左下に写っているドームはイーストバーの天井)。卵形のトイレは1度見たら忘れられませんね。

このトイレはスケッチのどの部屋よりも有名だといわれています。一部では、ロンドンへ行ってきた人に「スケッチには行った?」と聞くのがお約束だそうですが、これはトイレのことを指しています。確かにロンドンへ行った人に会ったらこのトイレを見てきたのか聞きたくなりますね。

スケッチ(sketch)
住所:
9 Conduit St, London W1S 2XG イギリス
電話番号:
+44 20 7659 4500
アクセス:
地下鉄「オックスフォード・サーカス」駅から徒歩4分
営業時間:
それぞれのレストランで時間が異なるので公式HPよりご確認ください
定休日:
なし

ロンドンのオシャレでアートなレストラン、スケッチをご紹介しました。ステキな空間や卵形のトイレでワクワクしてみたいですね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
このエリアの人気記事