イギリス・ロンドンの老舗ブランド・マッキントッシュの本店がステキすぎる

18,492

views

0

イギリスの老舗ブランド「MACKINTOSH-マッキントッシュ-」はロンドンの店舗では、イギリスの風土から成り立つマッキントッシュの魅力を存分に味わえます。そして、MACKINTOSHファンならぜひチェックしたいグラスゴー美術学校もご紹介。

MACKINTOSH-マッキントッシュ-

出典: taptrip.jp

雨の多いロンドンならではの発明「ゴム引きコート」

1823年、チャールズ・マッキントッシュによって設立されました。

雨天が多いロンドンで、「溶かした天然ゴムを塗った生地」を発明。
MACKINTOSHの代表作「ゴム引きコート」は雨の多い土地ならではの生地によります。
※2枚の布の間に溶かしたゴムを塗り、熱で圧着する、という手法で作られました。

CHARLES RENNIE MACKINTOSH チャールズマッキントッシュ

CHARLES RENNIE MACKINTOSH (1868-1928)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ(写真は25歳の時のもの)

アーティストデザイナー
グラスゴー芸術学校でアートやデザインを学びました。
生涯にわたって彼の作品の基礎となるものを全て学んだ場所でした。

グラスゴー美術大学

ヨーロッパでも屈指の名門美術大学

新校舎はチャールズ・レニー・マッキントッシュがデザイン

■1897年から1909年にかけて建設
チャールズ・マッキントッシュ生涯の最高傑作と言われています。

チャールズが生涯にわたるデザインの基礎を学んだ場所で、彼がデザインした校舎。
MACKINTOSHのファンなら必ず見ておきたい場所ですね!

ファンならチェックしたいスポットです

グラスゴー美術大学
住所:
167 Renfrew Street Glasgow G3 6RQ Scotland UK
営業時間:
0:00~24:00
電話番号+44-141-353-4645
イギリス国内のみならずヨーロッパでも評価の高い芸術大学として知られる、チャールズ・レニー・マッキントッシュの出身大学。

不思議な空間が広がる吹き抜け

イギリスの雰囲気に触れて、大切な1着を選びたい

イギリスを代表するブランドMACKINTOSH-マッキントッシュ-

ブランドの代表作は、ゴム引きコート。
現在はトレンチコートや、ダッフルコートなども豊富にそろいます。
それらは19世紀から引き継がれる伝統的な縫製で仕立てられます。

同じ買うなら、イギリスへ旅行して本場の雰囲気の中で最高の1着を選びたいですね。

1着で画になるコートの数々

チャールズの生きた街で選ぶ最高の1着

さらりと羽織れば全体をうまくまとめてくれる逸品ぞろいのMACKINTOSH。
イギリスの街並みによくなじむチャールズのシルエットに愛着がわきます。
ロンドンで、彼の過ごしたイギリスの空気を存分に味わってください。

イギリス海軍の防寒着、ダッフルコート

仕立てが素晴らしいダッフルコートは名品です

着続けることで分かる、MACKINTOSHの仕立ての良さ。
代表作のゴム引きコートのみならず、名品ダッフルコートがオススメです。

ダッフルコートはイギリス海軍が防寒のために着用したことから始まりました。
発祥の地イギリスで最高のダッフルに触れてみてください。

MACKINTOSHを愛用するセレブ

英国の老舗ブランドならでは、愛用するセレブも多い

元サッカー選手のデヴィッド・ベッカムが愛用しています。
さらに、俳優ではブラッド・ピットやトム・クルーズ。
スティーブ・マックイーンも愛用していることで知られています。

ハイブランドを着こなすデヴィッド・ベッカムは元イングランド代表。
イギリスへ旅行して、彼らの生きる街を肌で感じてみてください。

イギリス・ロンドンの街並み

さりげなくたたずむ店舗が美しい

ぼんやりと浮かび上がるショウウィンドウの名品。
ふと通り過ぎてしまいそうなさりげないたたずまいが品性を感じさせてくれます。一生涯のコートとしてひとつは持ちたいですね。ぜひ本場イギリスのお店で実際に触れてみてください。

鮮やかな黄色でトレードマークとなるコートを

店員さんと相談しながら自分に最適な1着を選んでくださいね。
人生最高の宝物、自分のトレードマークとなるコートを手に入れられるはずです。

イギリスのファクトリーはこんな雰囲気です

出典:youtube

マッキントッシュでイギリスの伝統を感じて

情緒あふれるイギリスの伝統的な街並み。
伝統的な縫製技術で作られるマッキントッシュのコートたち。
イギリスへ旅行したら、街を吹き渡る風とその風にたなびくコートに伝統を感じて。
その仕立ての良さに、きっとマッキントッシュのとりこになるはずです。
ぜひ本場イギリスのお店で体感してみてくださいね。

MACKINTOSH london-マッキントッシュ・ロンドン-
住所:
19 Conduit Street, London W1S 2BH
営業時間:
10:00~18:00
営業時間変則、木曜は10:
00~19:00、日曜は12:00〜17:00です
電話番号:
20 7493 4667
アクセス:
セントジョージ・ハノーバー・スクエアから徒歩1分
lightning

ニッチなものが好きです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • ロンドンのコヴェント・ガーデン観光スポットまとめ!おしゃ...

    常に人が集まっているコヴェント・ガーデン。ショッピング街にカフェやレストラン、しゃれた小さなお店が立ち並んでいます。今回はそんなおしゃれでにぎやかな街、コヴェント・ガーデンをご紹介します。

  • 【イギリス・コッツウォルズ】ブロードウェイのおすすめスポ...

    コッツウォルズの北にある町で世界で一番のコッツウォルズの羊毛を運ぶ拠点となりました。 そんなブロードウェイにはおしゃれなカフェやブロードウェイタワーなどの観光名所もあります。 イギリスのアフタヌーンティーやクリームティーを楽しめるお店も紹介します。

  • 007のロケ地、イギリス・ブレナム宮殿!極上の庭園や巨大迷路...

    元首相ウィンストン・チャーチルの生家としても知られるブレナム宮殿は、その規模だけではなく、美しさにおいても英国随一との評判です。1987年には世界遺産にも登録。一度は訪ねてみたいと思われている方のために、今回はその魅力の一端をご紹介したいと思います。

  • エディンバラのおすすめ観光スポット7選!鉄板観光スポット...

    スコットランド・エディンバラと聞いて何を思い浮かべますか?キルトやバグパイプなどが有名ですよね。そのほかにも美しいお城や建造物、奥深い歴史があります。そして忘れてはならないのがウイスキー!パブの文化があるため、美味しいお酒や食事がたくさん!今回はそんな魅力触れるスコットランドの首都、エディンバラについてご紹介します。

  • ロンドンで買うべきお土産おすすめ15選!人気の紅茶、チョコ...

    「ロンドンのお土産は何にしたらいいのか?」旅をすれば誰もが悩むお土産アイテム。ロンドンには日本人が好むお土産がたくさんあるので、どれにしたらいいか迷ってしまいそう…。初めてのロンドン旅行の方も、定番のお土産に飽きた方もきっとお気に入りが見つかるそんなロンドンならではのお土産品を集めてみました。

  • プーさん故郷のイギリス田舎町・ハートフィールドに行きたい!

    くまのプーさん。誰もが聞いたことのある蜂蜜大好きな黄色いクマは全世界で人気です。しかし、このプーさんの故郷がイギリスにあるというのはご存知でしょうか?イギリスにある田舎町・ハートフィールドに別荘を構えた作者はこの地の自然に構想を得て物語を書いたとされ、現在も観光地として人々に人気の町でもあります。

  • ロンドンに行ったら絶対食べたい!マフィンマンの絶品スコーン

    ロンドンと言うと料理がおいしくないというイメージがあり、旅行中の料理にもあまり期待はしていない、なんて方も多いのではないでしょうか?でも安心してください、スコーンがとってもおいしいカフェがハイストリートケンジントン駅近くにあるのです。ここのスコーンはかりかりの食感で食べたらまた来たい!と思ってしまうほどおいしいと評判のお店なのです。そんなマフィンマンをご紹介いたします。

  • ロンドンで人気のハムステッド・ヒースを散策!名画も堪能で...

    ロンドンには大きな公園がいくつかありますが、中でもロンドンっ子に人気なのがハムステッド・ヒースです。ヒースとは「荒野」のこと。どうしてそんな場所が市民の憩いの場となっているのでしょうか。ハムステッド・ヒースの魅力をご紹介してみたいと思います。

  • ロンドン旅行で必ず行きたい!「スケッチ」のオシャレ空間と...

    ロンドンの人気レストラン「スケッチ」は、有名シェフの作る料理だけでなく、アートな5つの空間と卵形のトイレが訪れる人の心をわしづかみにしています。誰もが「ここへ行くなら必ずカメラを持っていって!」と言うスケッチの魅力に迫ってみましょう。

  • 絶対に立ち寄りたい!美意識の高いロンドンっ子が利用するコ...

    日本でも人気の英国コスメブランド。ロンドンで歴史ある老舗店を巡ってみませんか?本場のロンドンっ子や王室も御用達の英国ムードがたっぷり味わえるコスメブティックをご紹介します。

このエリアの人気記事