サイパンでディナーならやっぱりBBQがおすすめ!人気レストラン3選

2,652

views

0

サイパンといえば、年中穏やかな気候で美しいビーチがあることから、日本人にとても人気の観光地ですね。今回は、そんなサイパンでいただける美味しいBBQのお店を紹介します。美しいサンセットを眺めながら外で食べる食事の美味しさといったら、素晴らしいものですよ。

1.海と星空のバーベキュー Umi to Hoshizora no BBQ(ベアフット ビーチバー&BBQ)

現在、Kanoa Resort Saipan Hotelの中にあります。海と星空のバーベキューという名の通り、夜になると満点の星空を眺めることができます。
※現在、ベアフット ビーチバー&BBQと名称を変更したようです。

ホテルはビーチ沿いにあるので、レストラン以外にお部屋からも美しい海を満喫できます。

夕日や夜空を眺めながら、ぜいたくなバーベキューが楽しめます。大人一人$40前後で、飲み物、サラダやスープまでついているリーズナブルなセットメニューがあります。

海と星空のバーベキュー Umi to Hoshizora no BBQ(ベアフット ビーチバー&BBQ)
住所:
Kanoa Resort Saipan, P.O.BOX 500369 SAIPAN MP 96950
電話番号:
1-670-234-6601

2.サンセットビーチ・バーベキュー Sunset Beach BBQ

レストランは、Aqua Resort Clubの建物内に入っています。

ホテルからは、美しいビーチと屋外プールを存分に満喫できます。

そして、夜は星空を見ながら、お食事ができます。お肉料理や魚介類料理、またキッズメニューまでそろえているので、お好きなものを召し上がれます。お肉と魚介類や野菜を全部堪能したい方は、$57でセットメニューを召し上がれます。

サンセットビーチ・バーベキュー Sunset Beach BBQ
住所:
Aqua Resort Club Saipan, P.O. Box 500009, Achugao, Saipan, MP, 96950
営業時間:
6:00PM~8:30PM
電話番号:
1-670-322-1234

3.ビーチバーベキュー Beach BBQ

パシフィックアイランドクラブの中にあるBBQレストランです。

サンセットを眺めながら、自分たちで調理するシステムです。こちらのホテルはカード制を導入していて、持っているカードによって、値段が変わります。シルバーカード、ブロンズカードをお持ちの方は、お一人様$50からお食事できます。もちろん、カードをお持ちでない方もお食事が可能で、その場合はシルバーカード、ブロンズカードのお客様と同じ料金です。

美しいサンセットを見ながらのBBQは、一生の思い出になると思います。

ビーチバーベキュー Beach BBQ
住所:
P.O.Box 502370 Saipan, MP 96950 CNMI
営業時間:
6:00PM~9:30PM
電話番号:
1-670-234-7976

まとめ

サイパンには、オススメのBBQレストランがいろいろあります。せっかく海に囲まれたサイパンにきたら、ぜひ新鮮で美味しい魚介類をいっぱい味わってみましょう。また、BBQ以外にも、ショッピングやレジャー、スポーツアクティビティーなどたくさんのアトラクションがあるので、ぜひサイパンライフをエンジョイしてください。

Mari

在住歴12年目を迎えたアメリカ在住ライター。今まで訪れた国は25カ国以上。まだまだ行きたい国が沢山!趣味はもちろん旅行!外国語や海外の文化や歴史を学ぶことが好きです!よろしくお願いします。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • サイパンの伝統料理「チャモロ料理」人気レストランおすすめ2選

    サイパンに行ったらぜひ食べたいのがチャモロ料理。国際色豊かな食事が楽しめるサイパンですが、もともとは先住民チャモロ人に継承されてきた地元の料理があります。今回はサイパンが初めての方でも安心して訪れることのできる、おすすめレストランを2つご紹介します。

  • サイパンを満喫!繁華街ガラパンの知っておきたい基本情報

    サイパンは、日本から直行便を使えば約3時間で行ける常夏の島。日本からの観光客が多く、大変人気のスポットです。観光の拠点となるのがサイパン随一の繁華街である「ガラパン」。今回はガラパンでの過ごし方について詳しくご紹介します!

  • サイパン旅行で活用したい4つの移動手段まとめ

    手軽なビーチリゾートとして人気のサイパン島。島の面積は約185平方キロメートル。日本で例えると、瀬戸内海に位置する小豆島と同じ大きさというコンパクトな島です。滞在中に気になるのは島の移動手段。そこで今回はサイパン滞在中の移動手段を4つご紹介します。

このエリアの新着記事
  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • 北マリアナ諸島基本情報 【気候・服装編】

    北マリアナ諸島というとピンとこないかもしれませんが、日本からも多くの観光客が訪れるサイパンがある場所です。素朴でのんびりとした雰囲気が漂うサイパンのほか、ダイバーに人気のロタ島、テニアン島など、北マリアナ諸島には魅力たたくさん!本記事ではそんな北マリアナ諸島の気候や服装について紹介しましょう。

  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパンダイビングで出会うカラフルな魚たち!ダイバー憧れ...

    ダイバーが憧れる美しい海に囲まれたサイパン。サイパンの海ではカラフルでかわいい魚、珍しい魚に出会えます。今回はサイパンの海で出会える魚をまとめました。海の中のチャンスを見逃さないためにもサイパンダイビング前に要チェック!

  • サイパン一人旅でやること!おすすめ観光名所15選!

    サイパンは美しい珊瑚礁の海に囲まれた自然豊かな島。日本からも直行便で3時間ほどで行けるのも人気の理由となっています。ここでは、今一人旅で訪れたいサイパンの魅力が詰まった観光名所15選をお届けします!

  • サイパン女子旅おすすめ観光&グルメスポット15選!女子旅で...

    サイパンを訪れる人の多くが、ダイビングやマリンスポーツ、リゾートでの滞在が主となるでしょう。魅力の尽きないサイパンですが、今回は女子旅を計画している女子向けの記事。サイパンの魅力をトコトン味わう方法から、観光スポット、グルメ、オススメのビーチでの過ごし方など盛りだくさんでお届けします。

  • 北マリアナ諸島基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    サイパンがある北マリアナ諸島では、祝祭日にさまざまなイベントが催されています。その期間にサイパンを訪れたら、ぜひ地元の人と一緒に楽しんでみてください。本記事ではサイパンを中心に北マリアナ諸島の祝祭日やビジネスアワーについて紹介しましょう。

  • 北マリアナ諸島基本情報 【治安・情勢編】

    サイパンがある北マリアナ諸島は人気の観光地。常夏の島で一年中マリンスポーツを楽しむことができます。そんな北マリアナ諸島の治安は比較的よく楽しく過ごすことができます。ここではサイパンを中心に北マリアナ諸島の治安と気を付けたいことについてまとめてみました。

  • 北マリアナ諸島基本情報 【時差・空港編】

    北マリアナ諸島のサイパンまでは日本からの直行便で3時間半。午前中に出発すれば、午後から有意義に過ごすことができますね!本記事ではそんな北マリアナ諸島への行き方、国際空港、時差などをまとめてみました。

このエリアの人気記事
新着記事