エジプト・カイロ 伝統芸能ライブハウスでタンヌーラや悪魔祓いを楽しもう

91

views

0

ディナーショーやクルーズでエジプトの伝統芸能にふれた方の中には、もっと見たいと思った人もいるでしょう。カイロのライブハウスでじっくり堪能できます! イスラーム的でダイナミックな踊りのタンヌーラと、どこかアフリカ的なノリの悪魔祓いは一見の価値ありです。

エジプト人にも外国人にも大人気!

エジプトでお買い物といえばハンハリ―リ市場。観光客が行くお買い物コースと、通りを挟んで反対側にスルタン・グーリーコンプレックスと呼ばれる一連の建物があります。その中の一つ、ウィカーラ・エル-グーリー(Wekalet el Ghouri )でタンヌーラショーが毎週3回開催されています。
ウィカーラとは隊商館のことで、16世紀マムルーク朝末期に建てられました。ショーは中庭で見られます。
常に満席で、毎回やってくる常連さんもたくさんいます。

タンヌーラって何?エジプトの伝統芸能が詰まっています!

タンヌーラは、イスラーム教の神秘主義哲学であるスーフィズムを信仰するメヴレヴィー教団(旋舞教団ともいう)のセマーを基にしたエジプトの伝統芸能です。セマーとは信者が音楽に合わせて旋舞する宗教行為。同じ方向にグルグル回り続ける姿に引き込まれます。
タンヌーラは日本の獅子舞的な存在で、パーティやお祝い事、お祭り会場などで披露されます。観光客はディナーショーで見るのが一般的です。

ダンサーだけじゃない!楽隊パフォーマンスも必見

一方向に回り続けるダンサーもさることながら、伝統楽器を使ったパフォーマーにも魅了されます。サガートという真鍮のカスタネットをかきならし踊るこの名物おじさんのファンがたくさんいます。

アラブの楽器といえばタブラ!ここで魅了されて買って帰る日本人もいます。リズミカルに打ちならす手と指の動きに惚れ惚れとします。

旋回するスカートに大興奮

ゆっくりと回り始めたダンサーの旋回速度は徐々に増し、スカートがだんだんと頭の方へ上がっていきます。カラフルなスカートの模様が良く見え、重量感あるスカートが回転する様に圧倒されます。

ついに体から離れたスカートを頭の上で回し始めます。そしてスカートを回しながら、舞台に寝そべってもまだ回し続ける姿に感動します。とにかく30分以上ダンサーが回り、スカートを回し続けるのがタンヌーラです。何人ものダンサーが折り重なるようにしてスカートを回し続けますが、決してぶつかることはありません。

スルタン・グーリー Wekalet el Ghouri Arts Center
住所:
3 Mohamed Abdo Street, Off Al Azhar street, Al Dar Al Ahmar, Cairo
営業時間:
18:00~22:00
電話番号:
0106 000 5479
アクセス:
タクシーでアズハルモスクかハンハリ―リとまず伝えて行ってもらう。その後で「スルタン・グーリー」と運転手に伝えると行ってもらえる。
開催日:
毎週月・水・土
入場時間:
開場18:30・開演19:30
入場料:
30EGP
注意点:
良い席で見たい場合は早めに行くこと。または旅行代理店等に予約を頼む事。予断なく休みになることがある。国家が喪に服している時も休み。

エジプトの悪魔は大音響で祓われる?

ライブハウス・マカーンは、タハリール広場にある地下鉄サダト駅の次の駅、サードザグルール駅を下りてすぐのところにあります。
早く行くと出演者が外で待っているのを見ることができるかもしれません。

客席約70席のアットホームな空間。小さなスペースなので始まるまで外で待っている人もいます。かぶり付きで見たい人は早めに行って桟敷席に座りましょう!
二階席から見下ろすのもいいですよ。

いかにも霊媒師のようなおばちゃんがお香を持って登場。何が始まるのかとドキドキしてきます。登場した瞬間から彼女の迫力ある雰囲気に圧倒され、目が釘付けになります。
これから始まるのは、ザール(悪魔祓い)という音楽と朗誦です。

アフリカンな楽器も豊富!

エジプトで毎日耳にするのはエジプトポップスや、エジプトの美空ひばりともいえるウンム・カルツームなどの古き良き時代の歌でしょう。
ウード(弦楽器)やタブラ(太鼓)の調べが観光中、いつしかエジプトのBGMになっているかもしれません。
ザールで使われる楽器は見た目もアフリカチックでちょっと面白いです。

おじさんが腰につけて踊る、たくさんの貝がついた楽器アワーフェルのシャラシャラした音は、悪魔にとって耳障りなのでしょうか?
ザールで使われている楽器を日本人が見ると、アフリカっぽいな~と思いますが、その起源はエチオピアともペルシャともいわれています。

心の中の悪魔を追い払う

心の中に巣食う悪魔を追い出すべく、ドフと呼ばれる鈴なしのタンバリン状の楽器を激しく打ち鳴らすおばちゃんたちの疲れたような表情に見入ります。
悪魔はいずれ病気を引き起こしたりすると考えられています。日本でも病は気からと言います。脳と体に響く大音響で、心の中の悪魔を追い出しましょう!

会場ではミントティーとカルカデ(ハイビスカスティー)が振る舞われます。マカーンの悪魔祓いはパフォーマンスですが、本来の悪魔祓いは何日もかけて行われ、飲食も一緒にするのが常です。

マカーン Egyptian Center for Culture and Arts - Makan
住所:
Saad Zaghloul, Al Inshaa WA Al Munirah, El-Sayeda Zainab, Cairo
営業時間:
20:00~22:00
電話番号:
02 27920878
アクセス:
メトロ・サードザグルール駅から3分。
開催日:
水曜日
入場時間:
開場19:30・開演20:00
入場料:
40EGP
注意点:
良い席で見たい場合は早く行くこと。満席になることも多いのでチケットの予約がおすすめ。予断なく休みになることがある。

最後に

エジプトの伝統芸能タンヌーラと悪魔祓いはいかがでしたか?ぜひ本物をご覧になってくださいね。タンヌーラはおめでたい場所によく呼ばれて行きますので、町中のイベントなどで見かけることもあるかもしれません。最近はスカートに電飾を仕込んでいるのもあります。闇夜でグルグル回って飛ぶピカピカのスカートも一見の価値ありです。
悪魔祓いでは、エジプトはアフリカの一部だったと改めて感じるかもしれません。悪魔祓いは代々家族でやっています。タンヌーラ同様、どこでもお祓いに来てくれるらしいですが、観光客が会えるのはマカーンだけかもしれませんね。

嶋津碧

考古学の勉強しつつエジプトに通うこと20数年…とうとう住んでしまって早5年。
エジプトベースに、世界のあちらこちらへ旅に出るのが楽しみな気ままな人生。

この記事を読んだあなたにオススメの記事

今週の人気記事