ベルリンの歴史のある建築と最新建築を巡ってみよう!建築マニア必見!

2,693

views

0

東西ドイツ分割など、激動の歴史を経たドイツの首都・ベルリン。そんなベルリンでは、歴史ある伝統建築と前衛的な近代建築が混在し、見事に調和しています。ここでは、ベルリンの中でも特に注目すべき建築を4つ紹介します。

ベルリンの注目すべき建築4選

100年以上の長い歴史を誇る建築物や、新しく前衛的な建築物が混在するベルリンには、建築マニアやファン必見の建築物が目白押しです!ここでは、そんなベルリンの中でも特に注目すべき建築を4つ紹介します。

ソニー・センター (Sony Center)

かつてベルリンの壁が築かれたポツダム広場にそびえる複合施設。ソニー・ヨーロッパの本社オフィスをはじめ、住宅や映画館、ショッピング施設などが入っています。
ベルリンの壁崩壊後、ポツダム広場の再開発の一環としてドイツ系アメリカ人、ヘルムート・ヤーン氏の設計で建設が進められ、2000年に完成しました。以後、ドイツ現代建築の最高峰として注目を浴びるだけでなく、現代ベルリンの象徴の一つにも数えられています。

ソニー・センター (Sony Center)
住所:
Bellevuestraße 5, 10785 Berlin
電話番号:
+49 2945 100461
【アクセス】Potsdamer Pl.駅からすぐ
【定休日】なし

クヴァルティーア・ダイムラー (Quartier Daimler)

ドイツの自動車メーカー、ダイムラー・ベンツ社がディベロッパーとして開発を手掛けた、ポツダム広場の大型複合施設。オフィスの他、カルチャー施設やショッピング施設、レストランやカフェなどが入っています。モダンな外観の建物の内部には、都会的な空間が広がっています。

クヴァルティーア・ダイムラー (Quartier Daimler)
住所:
Potsdamer Platz Arkaden, Alte Potsdamer Str. 5, Berlin
電話番号:
+49 30 25941420
【アクセス】Potsdamer Pl.駅からすぐ
【定休日】なし

グロースジードルング・ブリッツ (Grofssiedlung Britz)

出典: wikimapia.org

2008年に世界遺産登録されたベルリンの近代集合住宅群の1つでもあるグロースジードルング・ブリッツ(ブリッツ集合住宅)は、37万㎡の敷地内に約2,000戸もの住宅が放射状に広がる巨大な集合住宅地です。機能性にもデザインにも優れ、日本の建築家にも大きく影響を与えたドイツの建築家、ブルーノ・タウト氏の代表作とも言われています。

グロースジードルング・ブリッツ (Grofssiedlung Brits) インフォメーションセンター
住所:
Fritz-Reuter-Allee 44
営業時間:
14:00~18:00
【アクセス】Parchimer Allee駅から徒歩5分
【定休日】水曜、日曜以外

グロースジードルング・ジーメンスシュタット (Grofssiedlung Siemensstadt)

こちらも2008年に世界遺産登録されたベルリンの近代集合住宅群の1つで、ドイツの建築家、ハンス・シャロウン氏をはじめとした6名の建築家が手掛けた集合住宅です。光をより多く取り入れるため、南北に長く住宅が並び、窓や入口が東や西を向くように設計されています。周辺の木々の緑とも見事に調和している建築です。

グロースジードルング・ジーメンスシュタット (Grofssiedlung Siemensstadt)
【アクセス】Siemensdamm駅から徒歩1分

ベルリンではぜひ新旧の素晴らしい建築巡りを!

ベルリンには世界的にも注目されている建築がたくさんあるのです!歴史的な建築も最新の建築も見ごたえ抜群なので、ベルリン旅行の際には様々な建築を巡ってみてはいかがでしょうか?

UG87

旅行とワインが大好きです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事