ドイツに行ったら買いたい!「ビオ(オーガニック)製品」おすすめ6ブランド

8,457

views

0

ドイツといえばオーガニック先進国として知られていますよね。エコで体にもいいビオ製品は自分用としてもお土産用としても買いたいもの。そこで今回はドイツでおすすめのビオ製品6ブランドをご紹介します。

自然派コスメ

lavera(ラヴェーラ)

ラテン語で真実という意味を持つこちらのブランド名は、どんな人にとっても本物のオーガニック化粧品でありたいという思いから名づけられたものです。そのため創業以来一貫して、環境にも人の肌にもやさしい化粧品を作り続けています。
オーガニック化粧品と聞くとスキンケアが中心かと思いがちですが、ファンデーションやポイントメイクなどのアイテムも豊富です。

WELEDA(ヴェレダ)

1921年創業のこちらのブランドはオーガニックという考え方を大切にし、植物が持つそれぞれの特徴や効果を解明し、確かめて美と健康に役立てるという信念を持っています。そのため有機農業を中心に持続可能な企業経営を心掛けているのだとか。製品はメインの植物や肌のタイプから選ぶことができます。

Dr.Hauschka(ドクターハウシュカ)

こちらのブランドは名前どおり医師の提唱する化粧品の製法をもとに、1935年から自然材料を使って薬品を作ってきたWELA社が製造しています。自社の農場でハーブを栽培し、製品に利用しているブランド。肌が健やかになる手伝いをしてくれるスキンケアアイテムに定評があります。

ビオ食品

seitenbaceher (ザイテンバッハ)

ドイツの有名自然食メーカー。自然派シリアルの1つミューズリーのもととなるものを開発した会社で、1970年代から体にも自然にもやさしい食品を製造しています。

こちらミューズリーに使われる材料や大豆などを使用して作ったスナックバー。ドイツではお菓子まで健康的なものが販売されているんですね。

ビオ洗剤

sonett(ソネット)

ソネットは1977年に「水と自然を守りたい」という思いからつくられたブランド。厳選されたオーガニック素材を使ってつくられた洗剤の数々は、香りがよいと人気です。

almawin(アルマウィン)

アルマウィンはソネットや日本でもよく売られているフロッシュに比べ、高価な商品が多いのが特徴です。しかし自然との調和を考えた上質な素材を使っているだけでなく、洗浄力が高く満足度が高いブランド。

ビオ製品を買うならココ!

ビオ・カンパニー(Bio Company)

ベルリンを中心に展開するスーパーマーケット。環境に配慮した食材を販売していて、とくに地元でとれた食材が多くならんでいます。チョコレートなどのお菓子も充実しているのでお土産を探すのにいいですね。

ビオ・カンパニー(Bio Company)
住所:
ドイツ国内に展開(HPにて検索可能)
電話番号:
+49 30 32514220(本社)
営業時間:
8:00~20:00(店舗によって異なることがあります)
定休日:
日曜日

デーエム(dm)

こちらはドイツのメジャーなドラッグストア。日本のドラッグストアと同じように薬品だけでなく、さまざまな商品を販売しています。先に紹介したビオ製品も販売されていますよ。

dmではスキンケアアイテムや洗剤、食料品など独自のビオ製品を展開しています。ここでしか手に入れられないビオ製品をぜひ手に入れてくださいね。またパッケージがかわいいものも多いので、お土産におすすめです。

デーエム(dm)
住所:
ドイツ国内に展開(HPにて検索可能)
電話番号:
+49 800 36 58 633(サービスセンター)
営業時間:
月-金8:30~20:00、土9:00~18:30(店舗によって異なることがあります)
定休日:
日曜日

どちらのブランドもネットなどで日本国内でも手に入れることはできますが、ドイツで購入すると安く日本ではなかなか見ることができないアイテムにであえるという利点もあります。ぜひドイツに行かれた際には本場のビオ製品を手に取ってみてくださいね。

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事