スペインのお土産はこれで決まり!おすすめ人気お土産まとめ15選

49,204

views

0

「スペインへ行くけど、お土産はどうしよう。」そんなあなた!「スペインと言えば○○!」というものから意外と知られていなモノまで、スペインには様々な魅力的なお土産があるんです。今回はそんなスペインの魅力たっぷりのお土産から厳選した15選をお届けしたいと思います。

「レセルバ・イベリカ」の生ハム

スペインと言えば、真っ先に思いつくのが「生ハム」。
美味しいサングリアやワインのおつまみに食べたい一品ですよね。
スペインではビールとカバを合わせて食べるのがツウな食べ方。

スペインにはたくさんの生ハム店があります。
そして生ハムのチョイスも多く、グルメ旅行者にはありがたいところ。
そんな中でもおすすめなのが、ガウディのカサ・バトリョやカサ・ミラなどに比較的近く、店舗は小さいもののお洒落なショーウィンドウが目を引く「レセルバ・イベリカ」です。

出典: kamimura.com

店頭には、ハブーゴ産、ギフエロ産、エストレマーダ産の前足のハムと後ろ足のハム、どんぐりではなく飼育用のえさで育った豚の生ハム1種と、計7種類の生ハムがずらりと並びます。

その中でも注目な貴重なハムといえば、最高級ハモン イベリコ デ べジョータ。
脂が多くのったもの、そうでないものとお好みのハムを選んでください。

注文を受けると、生ハム切りのプロたちが、目の前で切ってくれるのも魅力。
お土産に最適な真空パックにしたものもあり、すべてその日の切り立てです。
店内のテーブル席でワインとともに生ハムを味わうこともでき、おすすめです。

ちょっとお値段は高めになりますので多めにお金を用意してください!笑

ちなみに「カバ」とはスペインのスパークリングワインのこと。カタルーニャ地方などを中心に作られており、ほんのり苦味があるのが特徴です。特に肉料理などの味の濃いものとの相性が抜群なのでお店で是非試してみてくださいね!
レセルバ・イベリカは広島にもお店を構えていますので、もし現地で生ハムを堪能し、その味の虜になってしまった方はチェックしてみるのも良いでしょう。スペインのお土産としてインターネット販売も行っているのでとっても便利。ホームページを見ているだけでよだれが出てしまうこと請け合いですよ!普段生ハムをあまり召し上がらない方はスペイン旅行に行く前にチェックしておくと現地でより楽しく過ごせることと思います。

レセルバ・イベリカ (Reserva Iberica)
住所:
Rambla de Catalunya61 Barcelona
営業時間:
09:30~21:00
電話番号:
(34)93 215 5230
定休日:
日曜

チョコラテリア バロールのチョコレート

お土産の定番でもあるチョコレートですが、スペインのお土産に老舗のチョコレートショップのものはいかがでしょう。
甘党にはたまらない美味しそうな写真ですね…!

チョコラテリア バロールは、アリカンテのビジャホヨサという街に生まれた、スペインを代表する老舗チョコレートメーカーです。

お店はカジャオ駅の南側にあります。
マヨール広場に向かう途中の路地に佇んでいるのがこちら。
黄色いサインに赤い文字でVALORと書いてある看板が目印です。

カフェを併設している店舗では、スペイン名物のチュロスとホットチョコレートを食べることができます。
夏には、冷たいチョコレートのフラペチーノが好評です。
冬のドリンクはクリームたっぷりのチョコラテがおすすめ。

ショップではホットチョコレート用のパウダーや、手軽な板チョコなどが購入可能。
おいしいチョコを味わってお土産に買って帰る人が多いようです。

アリカンテはバレンシア州にある港湾都市。地中海らしさ満点のとっても素敵なリゾート地です。もちろん本店で食べるバロールのチョコレートは格別なので是非アリカンテを訪れる方はチェックしてみてくださいね!
バロール製品やバロールのカフェショップ自体はいまやスペイン全土にあり、深緑を貴重とした外観が目印です。
どの店でも絶品チョコレートメニューを豊富に取り揃えていますので、チョコレート好きな方は是非滞在先周辺で探してみてくださいね。お土産によさそうなタブレットチョコレートや粉末ココアなどの加工製品は、スーパーでもたくさん売っていますのでお土産の最終手段にももってこいです。

チョコラテリア バロール(Chocolatería Valor)
住所:
C/ Calle Postigo de San Martin,7 28013 MADRID
電話番号:
34-91-5229288
定休日:
1月1日、12月25日休

サント・トメ のマサパン

マサパンとは、かつて修道院で作られていたスペインの伝統的なお菓子で、アーモンドの粉と砂糖を練って焼き上げた、しっとりとしたお饅頭のようなものです。
見た目は餃子のようですが、味はれっきとしたスイーツ!
博多土産で有名なとおりもんに似ているお味だそう。

「サント・トメ」のものが有名で、1つ3ユーロから。
店内はプレゼント用に包まれたマサパンが並ぶほかに、マサパンアートのようなものもあります。

出典: www.jtb.co.jp

サント・トメのマサパンは、素材も質の良いものを使用し、昔ながらの製法で造られているのが人気の秘密。
1856年創業の歴史あるお店の味だから安心です。
店内では指をさしながら個数を注文します。
ショーウィンドウは、お菓子で作ったモニュメントなども飾っていて、それを見るだけでも楽しめます。

お店があるのはマドリードから日帰り観光ができるトレドという古都。
マサパンもこのトレドならではのスイーツなので街の至る所で見かけることができます。
世界遺産都市に訪れるついでに是非このマサパンを食べてみてください。

みなさん「スペイン」と聞くとどんな食べ物を想像されますでしょうか?「トマト」「オレンジ」といったものを挙げられる方が多いかもしれません。実はスペインはアーモンドの一大生産地でもあるんですよ!
まるで桜のようなアーモンドの花はスペインに春を告げる風物詩。お花見のようにアーモンドを愛でるお祭りなども開催されますので、春休みなどにスペインに行く方は是非合わせてチェックしてみてくださいね。
マサパンは1つ500円近くしますが、1つで満足感たっぷりの腹持ち抜群スイーツなので是非お見逃しなく。お土産用の化粧箱に入った日持ちするタイプなどもありますので気に入った方はスペインのお土産としてお買い求めください。

マサパン・サント・トメ(Mazapán Santo Tomé)
住所:
C/Santo Tome 3, Toledo
電話番号:
(92)5223763
休業日:
1/1、1/23、12/25

ラ・チナータのオリーブオイル

ラ・チナータは、エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルを使った化粧品&オリーブオイル、オリーブ関連の食品専門のお店です。
実はスペイン、オリーブが有名な地であるって知っていましたか?
お店の場所はバルセロナ現代美術館のすぐ近くに位置しています。

スペインらしい素朴でオシャレなパッケージやお手頃な値段が魅力的で、友人、家族へのスペインのお土産や、自分へのご褒美として人気です。

食用ももちろんですが、ぜひともゲットしたいのは石鹸や基礎化粧品類。
なんと石鹸は1ユーロのものからあります!

人気のボディケアシリーズは、石鹸、ボディミルク、ボディオイル、ハンドクリーム、フェイスクリーム、リップクリーム&バームなど、全てエクストラ・ヴァージン・オリーブオイルを使った商品となっています。
もちろん、飲食用のオリーブオイルも充実で、オリーブオイルを使ったペースト、オリーブリーフ入りのハーブティーなど色々な種類のオリーブ加工品もあり、お土産選びも楽しいです!
オイル缶はデザインも可愛く持ち運びしやすいのでおすすめ。

スペイン国内に色々と店舗があるのでお近くのショップに立ち寄ってみてください。

「オリーブオイル」と聞くとイタリアを想像される方も少なくないかもしれませんが、実は世界で一番オリーブオイルを生産しているのはここ、スペインなんですよ!それだけに食べ物から美容製品まで、ありとあらゆるものにオリーブオイルは使われています。
特に一年を通じて乾燥した気候のスペインでは、赤ちゃんからおじいちゃん・おばあちゃんまで安心して使える保湿アイテムとしてオリーブオイルが1家1本欠かせないアイテムです。もちろん食用の物を手や顔に塗っても問題ないのですが、美容製品用の専用オリーブから搾取されたものは、さらに効果が高まりますので是非食用・肌用と使い分けて楽しんでみてくださいね。

ラ・チナータ(LA CHINATA)
住所:
Carrer Dels Angels, 20
営業時間:
10:00~
電話番号:
934 816 940
日曜日:
12:00 – 19:00

カサ ミラのトゥロン

トゥロンとは、焙煎したアーモンドやナッツ等と、蜂蜜、砂糖、卵白からつくられ、長方形の板状かラウンドケーキのどちらかに成形された、スペインの伝統的なクリスマス菓子です。

「カサ ミラ」で購入できます。
「カサ ミラ」は、スペイン王室御用達、1855年創業の老舗のお菓子屋さんで、トゥロンの専門店です。
少しお値段が高めですが、その価値は大いにあります。
ここにはイートインがないので要注意。

トゥロンの種類は、硬さの違いや、味のバリエーションがあり、様々。
すでにパッケージされているものもありますが、目の前で切り立てのものをスペインのお土産として箱入りを買っていく人も多いようです。
スペイン産の松の実を利用した、Pinones(ピニョーネス)という松の実の砂糖がけが人気。

クリスマス前のシーズンはとても混むので覚悟を決めて訪れましょう。

トゥロンはスペイン語で「Torrons」と書きます。これまたスペインを代表する特産品「アーモンド」の風味を存分に味わうことのできる絶品スイーツですのでお見逃しなく!
日本で食べられているアーモンドはアメリカ産のものが多いので、普段アーモンドをよく食べる方も、スペインのアーモンドを食べたら少し違う味わいだと感じるかもしれません。スペイン産アーモンドはとってもコクがあって香りが強いので、お菓子にするととても上品な仕上がりになります。トゥロンは日本では「ヌガー」などの名称で売られていることが多いトゥロン。ヨーロッパでは広く愛されており国ごとに少しずつ名前が違いますのでヨーロッパを周遊される方は国ごとの違いを楽しんでみても面白いかもしれません。

カサ ミラ(Casa Mira)
住所:
Carrera de San Jeronimo, 30, 28014 Madrid
電話番号:
(34) 91.429.6796
営業時間:
10:00~14:00、17:00~21:00(12月は9:30~14:00、16:30~21:00)
休業日:
1/1、6・9月の日・祝、7・8がうt、12/25

ワイン

スペインで「水を買うより安い」と言われることもあるワインは、老若男女問わずスペインで広く愛されているお酒で、ラ・リオハ州(単にリオハとも呼ぶ)が、一大生産地です。
ワインを専門に扱うお店も多数あり、好みのテイストを伝えて相談に乗ってもらうこともできますので、スペインのお土産として渡したい人の好みに合わせて購入することもできます。

ヴィラ・ヴィニテカは、バルセロナ市民なら知らない人はいないといわれるほど、ワインの卸で有名な食品店です。先ほどご紹介した「カバ」もこちらで楽しむことが出来ますよ!地元の方も大好きなお店なので、気になる方は是非ランチやディナータイムの混雑時を避けて、早めに足を運んでみてください。
ちなみにスペインではレストランで日本のように飲料水が無料で出てきません。席に着いたら必ず何か1つ飲み物を取らないといけないので、お酒が飲める方は是非ワインをチョイスするのがよいでしょう。水が5ユーロ、ワインが2ユーロ・・・なんてことはザラにありますからね!一方お酒が弱い方やお酒が飲めない方にもヴィラ・ヴィニテカは見逃せないスポットで、食事メニューも地元民にはかなり支持されております。地元の方も多く足を運ぶお店はそこにいるだけで旅のよい思い出となるでしょう。

ヴィラ・ヴィニテカ(Vila Viniteca)
住所:
Agullers 7. 08003 Barcelona
電話番号:
902 327 777
定休日:
日曜日

リヤドロ

世界中に数多くのファンを持つスペインの高級陶磁器メーカーリヤドロは、バレンシアで1953年に創業しました。あのマイケルジャクソンもリヤドロの熱狂的なコレクターとして有名で、わざわざスペインツアーの際に工場見学にまで行ったほど、筋金入りのファンだそうです。
バレンシア店でしか手に入らない物なども多数あり、大切な人への贈り物や自分への特別なスペインのお土産として、購入していく人多数です。

出典: kamimura.com

バレンシアには、リヤドロのコレクションを展示したミュージアムがあり、リヤドロファンはもちろん、そうでない人にも楽しめると人気です。
スペインのアーティストJayme Hayonがデザインしたオブジェの展示がされているショーウィンドウも目を引きます。

やわらかな色味・質感の可愛らしい陶器の数々は出産祝いや結婚祝いにもおすすめ。日本で買うよりお安く、さらに免税もききますので見逃せませんよ!その年の年号が刻まれた限定アイテムも毎年発売されるので、旅の思い出にはそれらも良いでしょう。白貴重の店内はそこにいるだけで優雅な気分に浸ることができますので、是非足を運んでみてください。

ブティック ムセオ リヤドロ(BOUTIQUE MUSEO LLADRO)
住所:
Carretera de Alboraya s/n, 46016 Tavernes Blanques, Valencia
電話番号:
+34 963187000
定休日:
日曜日

ライマの文房具

色鮮やかな店内が美しい文房具店「ライマ(RAIMA)」。「ライマ」はカタルーニャ地方の言葉で「500枚の紙」を意味します。その名の通り、お店の中は壁一面カラフルな紙製品がずらり!なんとその数2000枚以上だそうです。スペイン一の品揃えで有名です。
地元の人はもちろんですが、スペイン内外のアーティストも足繁く通う人気店。
店内はまさに「紙の世界」といった雰囲気です。

紙だけでなくおしゃれでカラフルなペンやノート、雑貨がたくさんあります。
アート好きな友人には色鉛筆やスケッチブック、仕事に忙しい友人にはスケジュール帳といった具合に、いろいろな人に合ったスペインのお土産を選ぶことができるのも魅力の一つです。
スペインの陽気な気候や雰囲気をあらわすかのような色とりどりの紙製品はお土産にもってこいですね!文房具タイプの物や、なんとチョコレートなどの食品類もございますので、気軽にお土産選びができますよ!日本人のスタッフがいることもあるので語学が不安な方も安心してお買い物が出来ることでしょう。自分用のお土産には「バルセロナ」の地名入りのアイテムがおすすめです。こちらも是非探してみてください。

ライマ (RAIMA)
住所:
Carrer Comtal, 27
電話番号:
93-317-4966
定休日:
日曜日

カカオサンパカのチョコレート

日本でも有名なカカオサンパカ。
定番のチョコレートからスパイスを利かせたものまであり、店内は綺麗にディスプレイされています。
店内奥にはイートインスペースもあり、ここでしか味わうことのできないドリンクやスイーツが人気を呼んでいます。

王室御用達のチョコレートショップで、日本では、高級チョコレートとして知られています。
本店では、日本よりはずいぶんお手軽に購入することができるとあって、
スペインのお土産に大量に購入していく人も少なくありません。
カフェで人気のチョコレートドリンクやスイーツで一息つきつつ、お土産選びを楽しめるのも魅力です。

カカオ サンパカ (CACAO SAMPAKA)
住所:
CONSELL DE CENT 292, 08007 Barcelona
電話番号:
+34 932 72 08 33
定休日:
日・祝日

マヌアル・アルパルガタのエスパドリーユ

日本ではフランス語のエスパドリーユとして知られている靴ですが、スペインでは、アルパルガタと呼ばれています。
自然素材でできているので履き心地抜群。
かつては農作業などに使われた作業靴だったそう!
1940年創業のマヌアル・アルパルガタがファッションの世界へ初めて広めました。

店の奥、正面には職人さんがアルパルガタを手作業で制作しているのが見学できます。
カラーのバリエーションが豊富で、サイズ展開も、子供用から女性、男性用と幅広く揃っています。
いろいろ試着ができるので、自分だけのお気に入りを見つけるのもよし、家族や友人にも喜ばれるスペインのお土産です。

マヌアル・アルパルガタ(La Manual Alpargatera)
住所:
Carrer Avinyó, 7
電話番号:
933 010 172
営業時間:
月〜土 9:30 – 13:30 , 16:30 – 20:00 (土曜の午前中は10:00から)
定休日:
日、祝

エル・シモンの象嵌細工(ダマスキナード)

トレドの伝統工芸品として有名なダマスキナードは、銅板などの金属に金や銀で装飾を施した象嵌細工で、イスラム工芸を源流としてトレドで発展を遂げた工芸品です。鉄(黒地)の上に細い金糸や銀糸を埋め込んで作られます。
お勧めのお店は、エル・シモン。
店先や店内には、沢山の商品が並びます。

エル・シモンでは、時々、職人さんの実演を見ることができます。
超細い金糸を正確に打ち込んでいく凄技に、思わず見入ってしまいます。
値段は、大きさや細工の細かさによって違いますが、30ユーロ前後~とお手軽です。
自分へのスペインのお土産として世界に一つのアクセサリーを見つけてみてくださいね。

エル・シモン(L.Simon)
住所:
C/San Juan de Dios 20, Toledo
電話番号:
925222205
営業時間:
11:00~14:00、16:00~19:00
定休日:
日曜日

カンペールのスニーカー

世界中から愛されるスニーカーブランド、カンペールは、スペイン発祥のスニーカー専門のブランドです。
デザイン性が高い靴や奇抜な色を使った靴なども有名で、個性的で人とはちょっと差をつけたい時に活躍してくれるスニーカーがそろっています。

バルセロナ店では、メンズ・レディース・キッズ・バッグまでそろっており、値段も2万円から3万円くらの間で購入できて、お得。
ベストセラーの商品には軽量の靴などもあります。
いろいろ履き比べて、お気に入りの1足を見つけてスペインのお土産にするのはいかがでしょうか。

カンペール(CAMPER)
住所:
Rambla de Catalunya 122 08008 Barcelona
営業時間:
10:00~21:00
電話番号:
93 217 2384
定休日:
日曜日

トウスのアクセサリー

出典: www.tous.com

トウスは、クマのマークが有名なアクセサリーブランドです。
シンプルな物もありますが、基本的にはカラフルな色が差し色に使われていたり、ポップなデザインが施されていたりするので、コーディネートのポイントにおすすめなものが多いです。

値段は指輪1万円〜50万円、時計1万〜130万円まで揃っています。
大切なあの人への特別なスペインのお土産にいかがでしょうか。
カラフルなものが好きな人には、バッグなどの小物類もあるのでおすすめです。
シンプルなコーディネートのポイントに、バッグにトウスのキーホルダーを着けてみるのもおすすめです。

トウス(Tous)
住所:
c/ de la Marina 19-21, Local 18
電話番号:
34 932 216 374
営業時間:
(月〜土)11:00am〜2:00pm、4:30pm〜8:00pm
定休日:
日曜日

アルハンブラ宮殿関連グッズ

ちょっとこだわりのあるスペインのお土産を買って帰りたい人におすすめなのが、リブレリア・デ・ラ・アルハンブラに売っているアルハンブラ宮殿関連グッズです。
すべてオフィシャル製品となっており、アルハンブラ宮殿内で使われているタイルと同じタイルや、ポスト・カード、ノート、ランチョン・マットなどさまざまなグッズが並んでいます。

ティエンダ・リブレリア・デ・ラ・アルハンブラ(アルハンブラ・ブック・ストア)で購入ができます。
グラナダやスペインに関する書籍、アルハンブラ宮殿のチケットも扱っています。

ティエンダ・リブレリア・デ・ラ・アルハンブラ(Tienda librería de la Alhambra)
住所:
Reyes Catlólicos 40
電話番号:
95-8227846

カサ・ジスペルトのナッツ

カサ・ジスペルトは、創業1851年の、老舗のナッツ・ドライフルーツ店です。
バルセロナにはこの店以外にもナッツを売る店は多くありますが、創業時から使い続けている自家製ロースト窯にこだわっているのはここだけ。
地元の常連スペイン人客、また観光客にもスペインのお土産を買える老舗人気店として賑わっています。

全部で8種類ほどあるナッツ中でも、アーモンドとヘイゼルナッツは、お店のが特におすすめする逸品。
ナッツ以外の売れ筋としては箱に入って店内にずらりと並ぶドライフルーツ。
その中でもマラガ産の干しブドウは、甘味があって人気です。
いろいろな種類から自分の好みのものをセレクトしてお土産にするのも楽しいですね。

カサ・ジスペルト(Casa Gispert)
住所:
Sombrerers, 23, 08003 Barcelona
電話番号:
93-3197535
営業時間:
10:00~14:00、16:00~20:00
定休日:
日曜日

いかがでしたか?日本でもなじみのあるものから意外と知られていない物まで、スペインにはたくさんの魅力的なお土産があります。そこでしか手に入らないというものもたくさんあるので、スペインを訪れた際にはぜひ、ゲットして帰ってきてくださいね!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • バルセロナでばらまきお土産ゲット!バルセロナおすすめスー...

    観光の合間にささっと買いたいのが、ばらまきお土産。スペイン・バルセロナ旅行でばらまき土産を選ぶのが楽しくなるような、スーパーや専門店をご紹介します!

  • バルセロナといえばチョコが人気!有名チョコレートショップ5選

    スイーツ好きなら有名なバルセロナのチョコレート。実はこの街、ヨーロッパで初めてチョコレートが伝わったところなのです。そんな世界でもトップクラスのチョコレートが味わえる専門店を訪ねてみませんか?

  • スペインのお土産はこれで決まり!おすすめ人気お土産まとめ15選

    「スペインへ行くけど、お土産はどうしよう。」そんなあなた!「スペインと言えば○○!」というものから意外と知られていなモノまで、スペインには様々な魅力的なお土産があるんです。今回はそんなスペインの魅力たっぷりのお土産から厳選した15選をお届けしたいと思います。

  • スペインバルで頼むべき定番ドリンク&お酒10選

    楽しい楽しい、スペインでのバル巡り。本場のバルは一日を通して利用されます。休憩などにも利用する機会が沢山あると思います。お気に入りのピンチョスやタパスをつまみに何を飲みますか?朝食には何を頼みますか? 個性的で美味しいスペインの飲み物をドドーンとご紹介します。

  • スペイン基本情報 【トイレ編】

    どこに旅行するとしても、すべての人が必ずお世話になるのがトイレ。その国にはその国なりのルールや使い方などもあり、日本とは事情が違うこともたくさんあります。トイレは急を要する場合もあるので、わからないと困ってしまうこともありますね。本記事では、スペインを旅行するときに知っておくと安心な、スペインのトイレ事情をまとめてみました。

  • スペイン基本情報 【お水事情編】

    喉が渇いた時も髪を洗うのも歯磨きをするにしてもすべてに不可欠なお水。旅行に行った時に体調不良の原因になりうるのもお水です。日本のように水道水は飲めるの?そんなあなたの質問を解決します♥ 

このエリアの新着記事
  • スペイン世界遺産バルセロナの「カサ・バトリョ」をお宅拝見...

    目にした途端、中に入らずにはいられない衝動に駆られる「バトリョさんのお家」!「カサ・バトリョ」の「カサ」とはスペイン語で「家」という意味です。お家といっても、かなり不思議な形と色合い…住んでみたつもりになってじっくり「お宅拝見」してくださいね!

  • スペイン・タオビエド観光で行くべき!レコンキスの世界遺産...

    スペインのレコンキスタは、スペイン北部オビエド地区の小さな洞窟から始まりました。その後国土を回復していく中で、多くの教会が建てられていきます。後の西洋建築の基礎ともなった時代の教会をご紹介します。

  • スペイン基本情報 【気候・服装編】

    情熱の国・スペインは暖かい!?スペインに対して、そのようなイメージがある方も多いのではないでしょうか。 夏は差すような日差しのスペインも、実は冬は日本と同じくらい寒いんです。そんなスペインの気候と服装情報をお伝えします。

  • スペイン・バリャドリードの人気観光スポットおすすめ4選!...

    バリャドリードは、日本人にとってまだそれほど知られていない観光地でしょう。なにせ、この街があるカスティーリャ・イ・レオン地方は、アビラ、セゴビア、ブルゴスなど、人気の観光地が集まるエリア。でも、バリャドリードにも旅情気分をかきたてるノスタルジックな街並みが多く残っています。この街を知れば、スペイン観光がより楽しくなるはずです。

  • スペイン・バルセロナの人気ホテル15選!おすすめ厳選特集!

    情熱の国、スペイン。首都マドリードに次いで、2番目に人口の多い町です。過去には、バルセロナオリンピックが開催された場所でもあり、他にもカタルーニャ出身の建築家、アントニ・ガウディがデザインした建物が現在も多く残っています。今回は、そんなバルセロナの人気ホテルを紹介します。

  • スペイン・マドリードおすすめ日本食レストラン3選!とにかく...

    スペイン最大の観光都市マドリード。世界遺産、サッカー、ファッション。滞在の目的は人それぞれですが、おいしいものを食べたいという思いはみんな同じはず。でも、毎食パエリアやスペイン風オムレツでは飽きてしまいますね。そこでおすすめなのが和食。マドリードはレベルの高い日本食レストランが揃う隠れたグルメスポットなのです。

  • ロンダ人気観光スポットまとめ!断崖の上に築かれた街でスリ...

    アンダルシアの山間部に位置しているロンダ。断崖の上に高さ98メートルのヌエボ橋が最も有名ですが、それ以外にも見どころはたくさん。ロンダ観光に欠かせないスポットをご紹介します。

  • スペイン・マドリードのカフェで絶品スイーツ!歴史漂う老舗...

    首都マドリードのカフェは歴史ある老舗が多いのが特徴的。でも折角行くなら美味しいスイーツも食べたいですよね~♪そんな欲張りさんに朗報のカフェをご紹介します!

  • スペイン・マドリードのおすすめスポット14選!行くべき人気...

    「太陽の沈まぬ国」スペインの首都マドリード。歴史ある建物や、アカデミックな芸術で満ち溢れています!早速、見どころをご紹介します。

  • スイーツ天国バルセロナ!おすすめカフェ5選

    バルセロナは知る人ぞ知る、スイーツ天国!老舗のカフェから新鋭の人気カフェまで、是非訪れてもらいたいお店をピックアップしました。観光のついでではなく、カフェ巡りがメインになるほど素敵なお店ばかりですよ!

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事