シンガポール女子旅の決定版15選!おすすめ観光&グルメスポットを紹介

20,649

views

0

シンガポールを旅するなら女子旅がおすすめです。観光、グルメ、エステまでシンガポールの魅力を全部味わいたい女子に贈るスポットが満載!定番も穴場スポットも全部で15選。女同士気兼ねなくシンガポールを満喫したい欲張りな女子にぴったりなプスポットばかり。今回は、最新のシンガポール女子旅の決定版をお届けします。

1. マリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)

マリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)は誰もが知る、シンガポールを代表するランドマークタワーとして、またラグジュアリーホテルとして有名です。5ツ星ホテルの客室には床から天井まで大きなガラス窓があり、景色を眺めには最高のプライベートスポット。女子旅には欠かせないガールズトークで盛り上がること間違いなしです。

ほかでは味わえない極上のサービスがそろっているのは言うまでもなく、天空に浮かぶインフィニティプール(Infinity Pool)をはじめ、サンライズヨガや各種エンターテインメント、各国のグルメも味わえる一日中満喫できるホテルです。

シンガポールの摩天楼を一望できるのが、マリーナベイ・サンズにあるサンズスカイパーク展望台(Sands SkyPark Observation Deck)。こちらの展望台は入場時間内であれば、誰でも登れるので観光にはおすすめです。シンガポールの観光スポットを回る前に、ひととおり展望台から眺めておくのもいいかもしれません。

入場時間は9:30~22:00(ただし、金土日は23:00まで)、料金は大人23シンガポールドル・子供17シンガポールドル(2~12歳)、さらに65歳以上は20シンガポールドル、2歳未満は入場無料です。

マリーナベイ・サンズに宿泊する楽しみの一つが、地上57階にある世界最大の屋上プールインフィニティプールです。ここは宿泊客しか利用することができないプールなので、女子旅のぜいたくにはぴったり。サンライズからサンセットまで、お好きな時間にシンガポールの絶景を味わえますよ。

営業時間は6:00~23:00まで。お部屋のルームキーを一人ずつ提示しての利用となります。開放感ある天空のプールでリラックスするのは、至福のひとときです。

マリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)
住所:
10 Bayfront Avenue Singapore 018956
電話番号:
+65 6688 8868
ホテル内ショップ営業時間:
10:30~23:00(但し金土および祝日前日は23:30まで)

2. ナイトサファリ(Night Safari)

シンガポールでダントツ人気の観光スポットと言えば、ナイトサファリ(Night Safari)。動物園というと、子供が行くものと思い込んではいませんか?シンガポールのナイトサファリは、年間110万人以上もの観光客が世界中から訪れます。その人気の秘密とは、何なのでしょうか?

その秘密を解くキーワードが、「近い」「快適」「迫力満点」「日本語トラム」です。他の動物園と比べると、ナイトサファリは動物との距離が近いことでも有名です。園内は柵やオリが一切ないので、野生に近い状態で見られます。また日没後からの開園のため、赤道直下のシンガポールでは快適に過ごせる時間帯。

さらにファイヤーダンスやアニマルショーなど迫力満点のショーが順次開催され、園内を回るトラムライドは女子旅でもイチオシです。ぜひ日本語トラムで園内を回り夜行性動物の習性を理解してみてはいかがですか?

ナイトサファリはシンガポール動物園(Singapore Zoo)同様、島の北側に位置するので公共交通機関を利用するならMRTの南北線(North South Line)でチョア・チュー・カン(Choa Chu Kang)駅で下車するのがいいでしょう。またタクシーを利用する場合、シンガポール中心部からは約30分程度、料金は40ドル前後なので、時間・料金のどちらを優先するかで移動方法も違ってきます。

MRTは深夜遅く23:00前後まで運行しているので心配はありませんが、疲れて早くホテルで休みたいなら割勘でタクシーを使うのもいいかもしれませんね。

ナイトサファリ(Night Safari)
住所:
80 Mandai Lake Road Singapore 729826
営業時間:
19:15~00:00
電話番号:
+65 6269 3411
年中無休

3. スンガイ・ブロー湿地保護区(Sungei Buloh Wetland Reserve)

シンガポールの華やかな観光もいいけれど、自然そのままが残るネイチャー派の女子におすすめなのがスンガイ・ブロー湿地保護区(Sungei Buloh Wetland Reserve)。こちらはほぼ穴場と言っていいほど、シンガポールを知り尽くすにはぴったりの観光スポットです。その名のとおり国の湿地保護区に指定されているので、渡り鳥の観察や舗装されていない道を歩きながら水辺の自然を観察できます。

大都会からちょっぴり離れて本当のシンガポールの良さを知りたい女子や、シンガポールの「動」と「静」を一度に味わいたい女子なら観光すべきマストスポットでしょう。

約200ha以上にも及ぶ広大な敷地内で見るべきポイントは、やはり渡り鳥の観察です。はるかシベリアからオーストラリアへと渡る鳥たちを間近で見られるのは、スンガイ・ブロー湿地保護区ならではの醍醐味です。

自然に詳しくない女子でも、マングローブの木々の中の木道はぜひ挑戦してみましょう。ここが大都会シンガポールだということを忘れてしまうかのような、自然そのままのカニや貝などを観察できますよ。新鮮な空気を吸いながら、つかの間の休息を取るのもいいですね。

スンガイ・ブロー湿地保護区(Sungei Buloh Wetland Reserve)
住所:
301 Neo Tiew Crescent Sungei Buloh Wetland Reserve, Singapore 718925, Singapore
営業時間:
07:00~19:00
電話番号:
+65 6794 1401

4. リゾート・ワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa)

リゾート・ワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa)は、全てが体験できる「オール・イン・ワン・リゾート」です。楽しいことが好きな女子にはぴったりのテーマパーク、ホテル、カジノ、スパ、多種多様のグルメなど全てが集結しているので、1日では回りきれないほど。

リゾート・ワールド・セントーサへ行くなら、数日間かけるのがおすすめ。ホテルに滞在しながら世界にたった5つだけのユニバーサルスタジオを満喫したり、スパエステで極上の至福の癒やしを体験してみてはいかがでしょう?女子にはたまらない各国のグルメもおすすめです。

リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)を訪れたなら、女子旅には欠かせない極上スパで癒やしてみてはいかがです?世界規模に展開する英国生まれのエスパ(ESPA)は、多くのセレブたちに支持されるだけでなく業界でも名誉ある賞を受賞するほどの人気ぶりです。

敷地内にはサウナやジャグジー、仮眠スペースはもちろんクリスタルスチーム室、最新マシンを備えたフィットネスジム、ヨガや瞑想(めいそう)、ネイルまで女子旅にはうれしい設備ばかり。また内側からもきれいになる薬膳メニューがそろったカフェも併設されているので、セレブ気分を思う存分に味わえます。

リゾート・ワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa;RWS)
住所:
8 Sentosa Gateway, Sentosa Island Singapore 098269
電話番号:
+65 6577 8899
営業時間は各施設による

5. シンガポール・リバー・クルーズ(Singapore River Cruise)

シンガポール観光のハイライトを一気に楽しみたいなら、いつもと違うアングルからシンガポールの魅力をのぞいてみませんか?シンガポール・リバー・クルーズ(Singapore River Cruise)なら、そんな女子の願いを叶えてくれるクルーズになること間違いなしです。

所要時間は40分程度で、マリーナ湾や古き良き時代と最先端のナイトカルチャーをあわせ持つボートキー(Boat Quay)、レストランやバーが建ち並ぶクラークキー(Clarke Quay)、そして高級レストランが建ち並ぶロバートソンキー(Robertson Quay)を巡ります。料金は大人25シンガポールドルですが、さまざまなクーポンがあるのでホームページ(HP)などでチェックしてみるといいでしょう。

シンガポール・リバー・クルーズに乗船したなら、記念に残るスポットで写真を撮ってみませんか?その場所とは、マーライオンの正面です。クルーズ体験をしなければ写真に収めることのできない貴重なスポットのため、SNSでも話題になること間違いなし。

クルーズ船は15分間隔で運行し、夜も営業しているので夜に乗船するならリバークルーズのサンセットや、マリーナベイ・サンズのレーザーショー(日曜から木曜は20:00~・21:00~、金曜から土曜は20:00~・21:00~・23:00~)も見逃せません。レーザーショーの15分前のクルーズに乗船できれば、ショーを鑑賞できるのでおすすめですよ♪

シンガポール・リバー・クルーズ(Singapore River Cruise)
住所:
1 North Bridge Road #15-06 High Street Centre Singapore 179094
営業時間:
09:00~23:00
電話番号:
(+65) 6336 6111

6. ジャンボ(JUMBO)

ジャンボ(JUMBO)は、「シンガポールへ行ったらまずここ!」というくらい有名なシーフードの名物料理が味わえるレストランです。その名物料理が「チリクラブ」。シンガポールでは、チリクラブが食べられるレストランはたくさんありますが、その中でもジャンボは特に有名で地元の人はもちろん観光客など、いつも行列必至の超人気店。

鮮やかなオレンジ色をしたカニは見るからにおいしそうで、ますます食欲が湧いてきます。気の合う女子同士なら、そのまま豪快にかぶりついてみましょう♪手が汚れたりもしますが、人気の店だけに味は絶品との評判です。

ジャンボで味わうのはチリクラブと決めている女子も多いかもしれませんが、もう一つのメニュー「(ブラック)ペッパークラブ」も人気です。チリクラブは甘辛いスイートチリソースで味付けされているのに対し、(ブラック)ペッパークラブはその名のとおり(黒)胡椒の効いたピリ辛味。

シンガポールへ来たなら、チリクラブを食べなければ始まらない女子も多いことでしょう。しかし慣れない旅行客が陥るのが「時価」という落とし穴。英語が堪能でお店側と交渉できれば問題ありませんが、せっかくの楽しい女子旅を台無しにしたくないものです。

そこでジャンボでチリクラブを食べるなら、事前にJCBカードを作っておくことをおすすめします。シンガポールにある「JCBプラザラウンジ」(MANDARIN ORCHARD SINGAPOREの斜め向かい)へJCBカードを持っていくと、JCBカードが使えるレストランなどを代行予約してくれるサービスがあります。ここでは時価に惑わされることなく、定額のディナー予約ができるので利用しない手はありません。

ジャンボ(JUMBO)
住所:
30 Merchant Road # 01-01/02 Riverside Point
電話番号:
+65 6532 3435
営業時間:
12:00~15:00・18:00~24:00

7. 2am:dessertbar

ジャニス・ウォン(Janice Wong)のプロデュースするお店2am:dessertbar。彼女は、シェフでありアーティストという二つの肩書を持つきらめく女性を代表する一人です。「食べられるアート(edible art)」をテーマにしたデザートは、どれも芸術そのものの逸品。2007年にはシンガポールでデザートとお酒が味わえる「2am:dessertbar」をオープンし、その後もマカオ(Macau)や日本の新宿にも店舗を拡大しつつあります。

いつもとはちょっと違うおしゃれな空間で、センスアップしたデザートを味わってみては?「デザートバー」と名はついていますが、軽食も楽しめ全てがアートそのものです。

ジャニス・ウォンのデザートで人気なのが、チョコレートH2O(Chocolate H2O)とカシスプラム(Cassis Plum)。チョコレートH2Oは、カロリーや糖分が気になる女性にぴったりなデザートで、チョコレート50%・水50%の配分で作られた水とチョコレートのムースは食感がとても軽く、塩キャラメルソースとの相性がバッチリな一皿。

一方、カシスプラムは日本の春をテーマに作られたデザートで、表面はボール状の冷たいカシスのパルフェでできていて、中にはハーブの一種・エルダーフラワー風味のヨーグルトとライスパフ。仕上げはしそ梅酒のゼリーでふたをし、見た目もかわいらしく食べるのがもったいないくらいです。

2am:dessertbar
住所:
21a Lorong Liput Holland Village Singapore 277733
電話番号:
+65 6291 9727
営業時間:
15:00~26:00(日曜のみ14:00~)
月曜定休日

8. 香港油鶏飯麺(Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice & Noodle)

香港油鶏飯麺(Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice & Noodle)は、チャイナタウンにある屋台のお店。屋台ですが、ミシュランの星を獲得したことで常に行列の絶えない人気店となりました。シンガポールを訪れたら必ず行くという観光客は多いようです。

店先には「1名で8品以上の持ち帰りはNG、料理の再販もNG」という看板が出されるほどなので、行列を覚悟で並んで味わう逸品なのかもしれません。おいしいものが好きな女子なら行くべき、マストスポットです。

香港油鶏飯麺の看板メニューと言えば、「チキンヌードル」。麺はやや固めに茹でられていて、たっぷりとかけられたスープは甘く濃い醤油ベース。具のチキンは驚くほどの柔らかさで、香辛料の八角の風味がアクセントとなっています。ボリュームたっぷりなのに、一皿わずか2.5シンガポールドル。いろいろなものをたくさん食べたい女子にはぴったりです。

もう一つおすすめしたいのが、チャーシューライス(Char Siew Rice)。表面はこんがりと焼かれた炭感があり、中はとろけるようなトロトロ感は日本では味わえないおいしさなのだとか…。友達とシェアをしながら、いろいろと味わうのもいいかもしれませんね。

香港油鶏飯麺(Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice & Noodle)
住所:
Blk 335 Smith Street, #02-126 Chinatown Complex Food Centre, Singapore
営業時間:
平日は10:00~、土日祝は9:00~、なくなり次第終了
水曜定休日

9. ピーエスカフェ(PS.cafe)

女子旅を盛り上げるために欠かせないのは、いつでもおしゃれスポット。ピーエスカフェ(PS.cafe)は、そんな女子の願いをかなえるシンガポールで最もおしゃれなカフェとして人気です。シンガポール国内にも数店舗を構えていますが、中でも人気なのがハーディング・ロード(Harding Road)沿いにあるハーディング店。

何がおしゃれなのかと言えば、そのカフェのたたずまい。緑に囲まれたカフェはまるで森の中でお茶をしているような気分になりおとぎ話の世界のよう。時間を気にせずゆったり気分になれる空間で、一息ついてみてはいかがですか♪

PS.Cafeの一番人気メニューは、トリュフ・フレンチフライ(PS.TRUFFLE SHOESTRING FRIES)。カリっとした揚げたてのフレンチフライに、香り高いトリュフオイルとパルメザンチーズをふりかけた一品で、このフレンチフライ目当てに来店するリピーターも多いのだそうです。

カフェらしくバーガーやパスタ・サンドイッチも人気で、どれもボリュームたっぷりで満足できるメニューばかり。もちろん甘党女子が好むスイーツやパンケーキも種類が豊富なので、どれを注文しようか迷ってしまいそうです。

PS.Cafe/HARDING ROAD
住所:
28b Harding Road, Singapore 249549
電話番号:
+65 9070 8782
営業時間:
8:00~23:00(但し金曜・土曜は25:00まで)

10. アイアム(I am...)

「インスタ映え」というハッシュタグがつきそうなカフェ、アイアム(I am...)。カフェの外側にある「I am」のオブジェも人目をひきそうです。人気の秘密はその独特なメニュー。一番人気は驚くようなカラフルなレインボーケーキで、ショーケースの中では圧巻そのものです。最も驚くのはケーキを食べたあと…。舌がどのようになるのかは、食べてからのお楽しみです♪

ほかにもバーガーも人気で、そのパテの厚さは日本では見られない厚さです。ボリューミーで食べ応えのあるメニューは、友達とシェアしていろいろと味わうのが女子流ですね。

インスタ映えするレインボーケーキをはじめ、I am...では豊富なメニューがそろっています。人気のバーガーのほかにも、ジューシーなステーキやパスタ、サンドイッチ、そしてカフェとしては珍しいキッズメニューまで。

「&why」と「all in」というカフェもグループ経営のようで、シンガポールではお馴染みのカフェです。時間の余裕があればカフェ巡りをしながら、お気に入りの一軒を探すのも女子旅ならではの楽しみでしょう。

Cafe I.AM/Haji lane
住所:
674 North bridge road Singapore 188804
電話番号:
+65 6295 5509
営業時間:
11:00~23:00(月曜から木曜)、11:00~25:00(金曜・土曜)、11:00~22:00(日曜)

11. クーンセンロード(Koon Seng Road)

クーンセンロード(Koon Seng Road)は女子旅にぴったりのスポット。パステルカラーの家々が立ち並ぶエリアは、散策するだけでも楽しいハズ。このエリア一帯はプラナカン文化の残る地域で、交易のために東南アジアへやってきたヨーロッパ人の男性と現地の女性の間に生まれた子孫たちが繁栄させた文化で華やかさが特徴です。

よく見ると家々の外壁には花や鳥をモチーフとしたアンティーク調のタイルで飾られ、一軒一軒その模様は違います。昔はショップだった家々も現在では地元住民が住む家となっている場所も多いので、観光のためとはいえお互いのライバシーには注意をしたいものですね。

色鮮やかでキュートなプラナカン雑貨は、お土産にもぴったり。伝統的な絵柄はもちろん、現代風にアレンジされたグッズも豊富なので散策ついでにお店に立ち寄ってみるのもいいでしょう。

プラナカングッズを探すなら、ルマ・キムチュー(Rumah Kim Choo)がおすすめです。老舗店なのに、博物館のような品ぞろえは目移りしてしまいそうです。サンダル、陶器、タイル、文房具などひととおりのプラナカングッズが手に入ります。店内は写真撮影もOKなので、気に入ったグッズは写真に収めておくのもいいかもしれません。

ルマ・キムチュー(Rumah Kim Choo)
住所:
111 East Coast Road Singapore 428801
営業時間:
10:00~20:00
電話番号:
+65 6741 2125

12. ブギス・ジャンクション(Bugis Junction)

シンガポールでのショッピングなら、ブギス・ジャンクション(Bugis Junction)がおすすめです。ブギス・ジャンクションは若者向けのショッピングモールで、店舗数は100店舗以上、ホテルや映画館も併設されています。建物自体はとてもユニークで、シンガポールでは珍しい天井がガラス張りになっているアーケード街もあります。

地下階は食品や飲食店となり、地上階はファッションを中心としたアクセサリーや化粧品、ブティックなどさまざまです。ショッピングに夢中になりやすい女子は、買いすぎないよう注意した方が良さそうですよ。

ブギス・ジャンクション周辺には、日本のアメ横を思わせるようなブギス・ビレッジ(Bugis Village)があります。ここは安くものが買えることでも有名で、まさにアメ横そのもの。狭い通路の両端には小さなお店がひしめき合い、その数なんと600店舗以上というから驚きです。

10ドルで買えるTシャツや小物はお土産にもぴったり。新鮮な果物をしぼったジュースバーや、日本のラーメン店もあるので歩きながら探してみるのも面白いかもしれません。ただし常に混雑しているスポットなので、仲間同士はぐれないよう注意が必要です。

ブギス・ジャンクション(Bugis Junction)
住所:
200 Victoria Street, Singapore 188021
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
+65 6557 6557

13. ティオンバル・マーケット(Tiong bahru market)

ティオンバル・マーケット(Tiong Bahru Market)は、現地の日本人在住者もよく通うマーケットです。1Fは野菜や果物を中心としたウェットマーケットになり、シンガポールでの現地の生活が垣間見られるエリア。その辺のスーパーよりも新鮮で安く買えるのが特徴で、お客さんで込み合うマーケットです。

2FはシンガポールならではのB級グルメがそろうエリアです。人気店を探すなら、お客さんの行列の長さを見れば一目瞭然!おいしいお店は常に行列ができているので、そこは要チェックです。

ティオンバル・マーケットへ来たならぜひ味わってほしいグルメが、家郷菜頭粿(Kampong Carrot Cake)。キャロットケーキはまさにシンガポールのB級グルメですが、キャロットケーキとは大根餅のオムレツバージョンともいうべき食べ物です。お店によっては黒いキャロットケーキや白いキャロットケーキがありますが、こちらでは黒がおすすめ。ダークソースで味付けしたケーキは、見た目も黒めで味は甘めとなっています。

ほかにも手のひらサイズで食べやすい豚まんや、ワンタンミー(汁なしワンタンヌードル)など、人気のB級グルメが一カ所に集まったシンガポールのグルメを食べつくすにはベストスポットと言えるでしょう。

ティオンバル・マーケット(Tiong Bahru Market)
住所:
30 Seng Poh Road Singapore 168898
電話番号・営業時間共に店舗毎による

14. ハジレーン(Haji Lane)

ハジレーン(Haji Lane)は、おしゃれなショップが軒を連ねる人気のストリート。ハジレーン自体は小さな路地でさほど長くはありませんが、その個性豊かなショップ一つ一つを見るだけでも刺激を受けること間違いなしです。

おしゃれなのは外観だけではありません。シンガポールで唯一の竹素材を使ったエコをモットーとしたファッションブランドや、アクセサリー一つ一つが中南米の先住民が作る伝統アイテムをそろえたショップなど、見ているだけでも欲しくなりそうなものばかりです。

ハジレーンの一画には、珍しいカフェがあります。その名もセルフィー・コーヒー(Selfie Coffee)。何が珍しいのかと言うと、レジでお会計を済ませると自撮り用のiPhoneを渡され、用意されている小物は自由に使って自撮りをします。その撮った写真が注文したドリンクの表面に写し出されるという、珍しいサービス。

飲んでしまうのがもったいないくらいですが、ストローをさしたり傾けたりするとアートは崩れてしまうようなので記念撮影をするなら飲む前がおすすめです。

ハジレーン(Haji Lane)
住所:
Haji Lane
電話番号、営業時間は各店舗による
アクセス:
MRT Bugis駅近く

15. オーチャードロード(Orchard Road)

オーチャードロード(Orchard Road)は、誰でも楽しめるショッピングエリア。有名ブティックをはじめとしたファッション、世界各国のおいしいグルメが味わえる高級レストラン、ホテル、民族衣装、ギャラリー、小売店など目的別にあったショッピングや娯楽が楽しめます。

実はこのオーチャードロード、その昔、あたり一帯が農場だったそうです。現在の通りを見渡せば、150年以上も前はこの場所が果樹園やナツメグの栽培地だったとは誰も想像ができないかもしれません。歴史のギャップを感じる、定番スポットと言えるのでは。

通りの一画にはセンターポイント(The Centerpoint)という、ショッピングモールがあります。ここはカジュアルからエレガントまでさまざまなファッションアイテムを扱うショッピングセンターとして人気です。

英国系のデパートロビンソンズ(Robinsons)やマークアンドスペーサー(Marks & Spencer)が入っていて、質のよい商品がそろっているのも人気の秘密と言えるでしょう。MRT・サマセット(Somerset)駅からB出口を出てオーチャードロードを渡り右方向へ1ブロックとアクセスも便利です。

オーチャードロード(Orchard Road)
住所:
437 Orchard Road, Singapore 238878
電話番号、営業時間は各店舗による

おわりに

欲張りな女子にぴったりな、シンガポール女子旅はいかがでしたか?定番の観光スポットはもちろん、穴場や、グルメ、エステとシンガポールの魅力がたくさんつまったスポットばかり。まだまだご紹介しきれないスポットもたくさんあることを思うと、シンガポールは女子旅にぴったりです。女同士気兼ねなくシンガポールの旅を楽しんでくださいね!くれぐれも食べ過ぎ、買いすぎには注意しましょう♪

シンガポールのおすすめ記事はこちら

my4208lp

国内外を問わず、旅行が大好きです。海外を知り尽くしてこそ日本の魅力が高まると思うので、そんな記事をお届けできたらな、、、と思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • シンガポールのおすすめホテル15選!人気のホテルはココ!

    シンガポールといえば、まず思いつくのがマーライオン像のあるスポットではないでしょうか?シンガポールは公用語が英語で、年中温暖な気候で過ごしやすいことから旅行先として選ぶ人も多く、最近では移住までしてしまう人も増えています。今回は、そんなシンガポールに行ったら、ぜひ泊まっていただきたいおすすめホテルを紹介します。

  • シンガポールでブラータチーズを味わえる店!ピエトラサンタ

    シンガポールでイタリアン?と驚かれそうですが、おすすめの隠れ家レストランがたくさんあるんですよ!ほとんどのお客さんが注文するブラータチーズは、このレストランの名物!ピエトラサンタはイタリア以外でブラータチーズを食べることができる数少ないお店として知られています。シンガポールにいるとは思えないイタリアンな空間へご案内します!

  • シンガポールで異国気分!セントーサ島のタンジョン・ビーチ...

    今、シンガポールで人気があるスポットといえばここをおいては語れないほど、連日観光客でにぎわうのがセントーサ島。 その中でも今おしゃれなビーチとして人気のタンジョン・ビーチ・クラブをご紹介します。

  • シンガポールの動物園で見れる! 最強レア動物たちに会いたい

    シンガポールへ旅行に行くならぜひとも立ち寄ってほしいスポット「シンガポール動物園」。こちらの動物園には約270種類3000頭の動物がジャングルのような園内で生活しているんだとか!そんな魅力たっぷりのシンガポール動物園をご紹介していきます。

  • ペーパーチキンって何?シンガポールで話題のヒルマン・レス...

    シンガポールの名物料理、ペーパーチキン。このペーパーチキンを食べるのに一番お勧めのお店が、ヒルマン・レストラン。来店する客のほとんどが日本人というこちらのお店、なぜここまで日本人を惹きつけるのでしょうか。 今回は、ヒルマン・レストランのペーパーチキンについて紹介します。

  • カトンの観光でやるべきはこれ!カラフルで可愛い街を楽しもう

    シンガポール観光に行くのなら是非立ち寄ってみてほしいのが、このカトン地区。 色とりどりの可愛らしい街の作りを見ながら、こちらでしか見ることができないプラナカン文化を堪能してみてはいかがでしょうか?

  • 遊び好きにはたまらない!シンガポール・セントーサ島が激ア...

    シンガポールきってのリゾートエリア、セントーサ島は近年注目を集めているエンターテイメント施設が集まっている観光地の一つ。海に山に街、すべてが揃った魅力いっぱい、夢が広がる宝島。 すべてを忘れて遊ぶことに専念できる、セントーサ島の魅力をご紹介!

  • 口コミ評価まっぷたつ!マリーナベイサンズの滞在を最高にす...

    屋上にある絶景天空プールが有名なシンガポールのマリーナベイサンズホテル。 実はこのホテル、口コミサイトでの評価が驚くほどまっぷたつにわかれているのです。 いったい何が違うのか。最高の思い出にするための3つの法則をこっそりと教えちゃいます。

  • ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの遊び方!人気のアト...

    ユニバーサル・スタジオ・シンガポール略して「USS」!シンガポールにもユニバーサルがあります。日本のUSJとどう違うの?何がおすすめなの?そんな疑問を持つあなたに、USSならではの魅力と見どころを紹介していきます!

  • シンガポールで肉骨茶(バクテー)を食べよう!おすすめのレ...

    肉骨茶と書いてバクテーと読む、シンガポールやマレーシアのローカルフードをご存知ですか?骨付きの豚肉を煮込んだだけのシンプルな料理ですが奥の深い味わいが癖になるとローカルの人々から観光客まで大人気☆様々な食べ方を楽しむ事の出来るバクテー、シンガポールを訪れた際はぜひ1度ご賞味下さい♪

このエリアの人気記事
新着記事