サイパン女子旅おすすめ観光&グルメスポット15選!女子旅で行くサイパンの魅力をトコトン味わう楽しみ方

2,486

views

0

サイパンを訪れる人の多くが、ダイビングやマリンスポーツ、リゾートでの滞在が主となるでしょう。魅力の尽きないサイパンですが、今回は女子旅を計画している女子向けの記事。サイパンの魅力をトコトン味わう方法から、観光スポット、グルメ、オススメのビーチでの過ごし方など盛りだくさんでお届けします。

タポチョ山(Mt.Tapochau)

タポチョ山(Mt.Tapochau)は島の中央にそびえ、展望台からはサイパンの街並みを360度見渡せます。標高473mと言われ、この他に高い山もないことからサイパン随一の絶景が楽しめる有名スポット。

山頂まで登るには、北マリアナ諸島政府本庁の庁舎であるキャピトル・ヒル(Capitol Hill)からも登山道が整備されていますが、各ホテルのツアーデスクでオプショナルツアーなども用意されているためそちらを利用した方がいいでしょう。晴れた日には近くはマニャガハ島や、遠くはロタ島まで望むことができます。

タポチョ山(Mt.Tapochau)
住所:
Mariana Islands
アクセス方法:
ホテルのツアーデスクにてオプションとして申し込むのがおすすめ

360 Saipan Revolving Restaurant

タポチョ山からサイパン随一の景色を堪能したあとは、本格アメリカン料理を味わってみてはいかがでしょうか?中でもサイパンNO.1の景色が楽しめる「360 Saipan Revolving Restaurant」がおすすめです。その名前のとおり、レストランそのものが360度回転するのでサイパンの景色を楽しみながら食事ができるという人気の一軒です。

人気メニューはステーキやシーフード・パスタなどですが、ランチに限りサイパンのご当地バーガーが味わえるので特におすすめ。全体的にボリューム満点なので、女性だと全部食べきれないかもしれません。気になるメニューを少しずつ、シェアして味わうといいでしょう。

360 Saipan Revolving Restaurant
住所:
Saipan 96950 Northern Mariana Islands
電話番号:
(+ 1 670 ) 234-0360
営業時間:
11:00~14:00・17:00~22:00、土曜のランチと日曜は定休日

グロット(Grotto)

サイパンには多くのダイバーが集まりますが、中でも有名なポイントが「グロット(Grotto)」です。グロットは洞窟のような穴の中を潜るため、そこまで行くには116段もの階段を上り降りしなければなりません。エントリーレベルとしては、中級から上級者向けと言えるでしょう。

実際に洞窟へジャイアントスライドでエントリーして見える、三つの穴から差し込む光は「青の洞窟」そのものです。潜った本人でない限りこの感動は味わえないので、ダイビング中級以上の経験と資格があるならば、挑戦してみてはいかがでしょうか。またダイビングは無理でも、最近ではシュノーケルも楽しめるようですよ。

グロット(Grotto)
住所:
Grotto Dr, Mariana Islands
電話番号:
+1 670-233-0670
ガイドツアー時間:
9:30~、12:30~、15:00(いずれも要予約)

グロット・レストラン(Grotto Restaurant)

グロットで楽しんだダイバーたちのほとんどが立ち寄るという有名レストラン、グロット・レストラン(Grotto Restaurant)は、ガーリックステーキが有名です。店内はこじんまりとしていますが、日本語も通じるので安心です。

メニューは全体的にどれもボリューム満点で、ステーキの他にはガーリックシュリンプやガーリックライス、マグロのポキ、ナスの炒め物、ピザなど2・3人でシェアをしながら味わうとちょうどいいようです。日本からもリピーターの多い一軒です。

グロット・レストラン(Grotto Restaurant)
住所:
Beach Rd. Garapan, Saipan
電話番号:
+1 670-233-2298
営業時間:
17:00~22:00、月曜定休日

マニャガハ島(Mañagaha)

マニャガハ島(Mañagaha)は、サイパン島の沖にある周囲1.5kmほどの無人島です。島全体が国立公園にも指定され、美しい自然が残るスポットとしても知られています。「マニャガハ」とは現地のカロリニアン語で『ちょっと一休み』を意味するそうなので、この島を訪れるなら急ぎは禁物、ゆったりのんびりと過ごすのがいいでしょう。

船着き場からまっすぐ歩いてすぐのところに、ウェルカムサインがあります。ここは写真撮影をする人が多いので、女子旅の記念に一枚撮っておくといいかもしれません。また島内では体験ダイビングやパラセイリング、シュノーケルなどのマリンスポーツがおすすめです。

マニャガハ島を散策すると、途中でチーフアグルブ像(Aghurubw's monument)を目にすることでしょう。言い伝えでは、1815年の巨大台風がカロリン諸島を襲い島全体が壊滅的なダメージを受けたそうです。その際村の曹長であったチーフアグルブはカロリン諸島の人々と共に安住の地を求めサイパン島上陸前にこの島で休憩したと言われています。

『ちょっと一休み』という言葉はこれが由来とされているのだとか…。その後第二次世界大戦中は旧日本軍により「軍艦島」と呼ばれ、当時使用されていた日本軍の大砲の残骸や防空壕などの歴史を垣間見ることができます。意外にも日本との関わりの深い土地というわけです。

マニャガハ島(Mañagaha)
住所:
Managaha Island, Saipan 
アクセス:
サイパン島の主要ホテルを廻りながらマニャガハ島までフェリーが運航(TASI TOURSなど)

バンザイクリフ(Banzai Cliff)

バンザイクリフ(Banzai Cliff)はサイパン島北端にある岬で、正式には「プンタン・サバネタ(Puntan Sabaneta)」とも呼ばれています。バンザイクリフの名前の由来は、太平洋戦争末期、アメリカ軍との戦闘の末に観念した日本兵たちがこの岬から『天皇陛下、万歳』と叫びながら、80m下の岩場の海へ身を投じたという悲劇の物語からです。

現在は平和記念公園として整備され、慰霊碑も建立され悲惨な歴史を忘れることのないようメモリアルスポットとして多くの観光客が訪れています。美しい風景共に、残された史実がつづられたスポットであなたは何を感じるのでしょう。

2011年に日本で放映された映画『太平洋の奇跡・フォックスと呼ばれた男』では、サイパン島での太平洋戦争の模様が描かれていると当時も話題になりました。日本兵はわずか47人足らずで、45000人ものアメリカ兵を巧みな戦略で翻弄した様子が詳しく描かれ、当時の陸軍大尉・大場栄は米兵からその偉業を称えられ「フォックス」と呼ばれたのだとか。

1945年8月の終戦を意味するポツダム宣言受諾後も、その事実を知らずに戦い続けた兵士たちの実話です。日本人としてただ楽しいだけではなく、歴史を振り返りながらこれからの未来に生かすべきことを学びたいものですね。

バンザイクリフ(Banzai Cliff)
住所:
Puntan Sabaneta, Saipan
アクセス:
ガラパン(Garapan)中心部から車で20分

パウパウビーチ(Pau Pau Beach)

パウパウビーチ(Pau Pau Beach)は、サイパン島北部の西側に位置し約1km続くビーチです。サイパン島の主要道路のミドル・ロード(Middle Road)を北上していくと左手に広がる美しいビーチがそれです。

サイパンは一年を通して日本人観光客で賑わう人気のスポットですが、こちらのビーチは比較的日本人観光客も少なく休日ともなればローカルも訪れる穴場スポットとも言えるでしょう。遠浅で水が透き通っていて、砂浜をのんびり散策するだけでもサイパンの空気を感じられる場所です。

パウパウビーチ(Pau Pau Beach)
住所:
PauPau Beach, Saipan

ケンジントン・ホテル(Kensington Hotel Saipan)

ホテルなら、パウパウビーチが目の前にあるケンジントン・ホテル(Kensington Hotel Saipan)がおすすめです。こちらのホテルは全てオールインクルーシブ(All-Inclusive)で、ホテル代はもちろんレストラン、アウトドアプール、アクティビティなど追加料金を支払う必要がないため、お財布を持たずに楽しむことができます。

リゾートでは便利なシステムなので、ホテルを選ぶ際にも参考にしたいものです。またホテル専門のアクティビティーチーム「Kenny」と一緒に、シュノーケルやカヤック、パドルボードなど種類豊富なマリンスポーツを楽しむのもおすすめです。

ケンジントン・ホテル(Kensington Hotel Saipan)
住所:
P.O.Box 5152 CHRB, Saipan, MP96950
電話番号:
1 - 670 - 322 - 3311

ラストコマンドポスト(Last command post)

ラストコマンドポスト(Last command post)は、太平洋戦争の終盤のサイパン戦が行われた跡地です。当時サイパンは日本の統治下にあったため、ここで日本軍とアメリカ軍が対峙した歴史ある場所です。残念ながらアメリカ軍の強大な力に日本軍は全滅し、周辺には戦没者慰霊碑が数多く建てられています。

またこの場所には、鉄筋コンクリート製の防御陣地としてトーチカが造られ、アメリカ軍の砲弾によって直径2メートルもの大きな穴が開いているのも戦争の激しさを物語っています。戦争の悲惨さを忘れないためにも、歴史が刻まれたスポットとして訪れると今までとは違う何かを感じられるのかもしれません。

ラストコマンドポスト(Last command post)
住所:
Banadero, Saipan
アクセス:
ガラパン中心部から車で約20分

サンセットビーチBBQ(Sunset Beach BBQ)/アクア・リゾートクラブ(Aqua Resort Club)内

ラストコマンドポストから5km弱の場所に、優雅なリゾート「アクア・リゾートクラブ(Aqua Resort Club)」があります。ここでのおすすめは波打ち際で食事ができる、レストラン「サンセットビーチBBQ(Sunset Beach BBQ)」。

席はテント式のテラス席で、海からの心地よい風を感じながらシェフが焼き上げるバーベキューや、ポリネシアンダンスショーを楽しめます。バーベキューに使われる食材は全て新鮮そのもの。コースになっているので、デザートもついてきますよ。

サンセットビーチBBQ(Sunset Beach BBQ)/アクア・リゾートクラブ(Aqua Resort Club)内
住所:
PO Box 500009, Achugao, Saipan, 96950
電話番号:
(1-670)322-1234
アクセス:
ガラパン地区から車で15分程度

バードアイランド(Bird Island)

バードアイランド(Bird Island)は、素晴らしい景観を味わうことのできるスポットで正式名称を「イスレタ・マイゴ・ファハン(Isleta Maigo Fahang)」とも言います。言いやすさからバードアイランドの呼称が一般的で、その名のとおり多くの海鳥が集まる生息地としても知られています。

バードアイランドは、石灰石でできた無人島のため上陸することはできません。実は島の対岸に展望台が整備されていて、この島を臨むことができるのです。自然派の女子なら双眼鏡持参でバードウォッチングをするのもおすすめですよ。

サイパン島が日本の統治下にあった時代には、多くの日本人がサイパンに移住していました。その際、このバードアイランドは月見の名所として日本人に親しまれ「月見島」とも呼ばれていたそうです。高知の桂浜に負けない景観をこのバードアイランドも備えていたようです。

またサイパンは都心部が少ないため、スターツアーズ(星観測)が開催されることでも知られています。満天の星空は自然のプラネタリウムそのもの。満月と共にサイパンの魅力が味わえるスポットではないでしょうか。

バードアイランド(Bird Island)
住所:
Bird Island, Saipan
アクセス:
ガラパン中心部から車で25分

オブジャンビーチ(Obyan Beach)

オブジャンビーチ(Obyan Beach)はサイパン島最南端に位置し、サイパン国際空港からも近い距離にあります。南国ムードたっぷりの長いビーチは、スノーケルやバーベキューを楽しむローカル達の憩いのスポット。またウミガメの産卵場所としても有名です。

浅瀬ではモンツキカエルウオのコロニー。水深18mもの海底ではオブジャン名物のガーデンイール(Gardeneel)を見ることができます。ガーデンイールは真っ白なアキアナゴと黒い斑点模様のチンアナゴが共存しているようで、その可愛らしさには圧倒されることでしょう。

オブジャンビーチ(Obyan Beach)
住所:
Obyan Beach, Saipan

ボーイスカウト(Boy Scout)

オブジャンビーチのすぐ近くに「ボーイスカウト(Boy Scout)」と呼ばれるダイビングスポットがあります。周囲のスポットが潜れない時でも、ボーイスカウトは波が穏やかでのんびりと潜ることができます。メジャーなポイントに比べて潜る人も多くないため、穴場的スポットと言えるでしょう。

浅瀬が続くのでスノーケルや初心者にも最適で、元気なサンゴも見ることができます。透明度は30m~40mオーバーと非常にきれいなので、普段見ることのないような幼魚をじっくりと観察してみるのも楽しいかもしれません。

ボーイスカウト(Boy Scout)
住所:
Boy Scout, Saipan

オールドマンバイザシー(Old Man By The Sea)

オールドマンバイザシー(Old Man By The Sea)は、文字通り老人の横顔が岩に浮き出ているスポットです。しかしここへたどり着くまでが大変で、道なき道を進まなければこの絶景を見ることができないのだとか…。

入口も目印をつけていなければわからないような場所で、ジャングルの中に張り巡らされたロープを頼りに進むしかありません。そのため初めてならガイドツアーへの参加は必須。また、途中湿った場所を歩かなければならないため、スニーカーを持参した方がいいでしょう。また急な傾斜もあるので、体力に自信がない方は考え直した方がいいかもしれません。

オールドマンバイザシーは地元の人たちの間では神聖なる場所と言われており、気軽に近づくことはないようです。その他サイパンで神聖なものと言えば、サイパンの国旗があげられるでしょう。

背景の青色は、広大な太平洋を象徴しています。白い星の背後にあるグレーの柱は、「ラッテ・ストーン(Latte stone)」と呼ばれるサンゴでできた石柱のこと。白い星は、北マリアナ自治領を表わし、周囲をカロリン人の文化の象徴とも言える貝殻と花飾りで囲んであります。旗全体で民族の神聖な歴史と融合、国家の独立が表されているのだとか。

オールドマンバイザシー(Old Man By The Sea)
住所:
Talofofo Road, Saipan 96950, CNMI, Mariana Islands

ラダービーチ(Ladder Beach)

ラダービーチ(Ladder Beach)は、プライベートビーチのような小さな入り江が開けた場所で白砂とサンゴ礁の美しいビーチです。ビーチへたどり着くには、階段を一段一段降りていかなければ行けないので手すりも整備されています。

ビーチと海鳥のコントラストはとても美しく、時間を忘れてしまいそうな感覚を覚えるのではないでしょうか。ただしこの周辺は、セキュリティもライフガードもいないエリアなので無理はせず、満潮時や高波の時にはあまり近づかない方がいいかもしれません。

ラダービーチ(Ladder Beach)
住所:
Ladder Beach, Saipan

ビュッフェスタイルレストラン「マゼラン(Magellan)」

パシフィック・アイランド・クラブ(Pacific Islands Club)内のビュッフェスタイルレストラン、マゼラン(Magellan)では多国籍料理を味わうことができます。店内は明るく開放感のある雰囲気。焼きたてのホテルメイドパンや、シェフが目の前で調理してくれる卵料理はぜひ味わいたい逸品です。

ランチやディナーでは、タイ料理やインド料理、新鮮な生ガキなども用意され、これを目当てに来るローカルの人たちも多いのだそうです。同じ料理に飽きてしまった時こそ、多国籍料理を味わえる素敵な空間で、至福のひとときを過ごしてみませんか?

マゼラン(Magellan)/パシフィック・アイランド・クラブ(Pacific Islands Club)内
住所:
P.O.Box 502370 Saipan, MP 96950 CNMI
電話番号:
1-670-234-7976

スターサンズ・プラザ(Star Sands Plaza)

免税店Tギャラリアに隣接する大型のショッピングセンター、「スターサンズ・プラザ(Star Sands Plaza)」はぶらぶらと買い物するには便利な立地にあります。プラザ内ではお土産にぴったりな『アイラブサイパン』のロゴ入りチョコやTシャツ、また生活必需品もそろっているので毎日でも通いたくなるショッピングセンターです。

高級品よりも庶民的な雑貨やお土産を多く扱っているので、観光客や地元の高校生などもよく見かけるようです。敷地内にはフードコートもあるので、買い物の合間に軽食やドリンクで一息いれると心もリフレッシュするでしょう。また店頭では、ダンスやマジックなどちょっとしたショーも開催されることもあるようです。

スターサンズ・プラザ(Star Sands Plaza)
住所:
P.O. Box 503842 Saipan, MP 96950
営業時間:
09:00~23:00
電話番号:
+1 (670) 233-3131

ココレストラン(COCO RESTAURANT)

スターサンズ・プラザ周辺でおすすめしたいグルメと言えば、ココレストラン(COCO RESTAURANT)です。こちらは本格的な炭焼ステーキとシーフードが味わえる専門店で、ワインも豊富に取り揃えられています。

ジューシーなお肉や、新鮮なシーフードを使ったお料理はどれもボリューム満点で美味しそうです。ただし炭火専門店なので、店内は煙の臭いが気になるかもしれません。少々食べ過ぎても大丈夫なように、サイパン女子旅最後の夜などに皆でワイワイ楽しむのもいいですね。

ココレストラン(COCO RESTAURANT)
住所:
Pobox501519, 96950-1519, Mariana Islands
営業時間:
17:00~22:00
電話番号:
1 670 233 2626

ジョーテン・ハファダイ・ショッピングセンター (Joeten Hafa Adai Shopping Center)

ジョーテン・ショッピングセンター(Joeten Shopping Center)は、食料品や日用品が中心となる地元の人たちで賑わうスーパーマーケットです。しかも全てがリーズナブルなので、滞在中に必要なものはこちらで購入すると便利。

またお土産用にもぴったりなアイテムが豊富で、スナック菓子やチョコレート、サイパンらしい包装紙につつまれたスナックは特におすすめです。地元の人たちがよく買うスナック類も注意して見てみると面白いかもしれません。お気に入りのものが見つかれば、お土産にゲットしてくださいね。

ジョーテン・ハファダイ・ショッピングセンター (Joeten Hafa Adai Shopping Center)
住所:
P.O Box 137, Saipan
営業時間:
08:00~23:00
電話番号:
(670)234 7596
アクセス:
DFSギャラリア・サイパン(DFS Galleria Saipan)から徒歩2分

マイクロ・ビーチ(Micro Beach)

ジョーテン・ショッピングセンターからほど近いところに、マイクロ・ビーチ(Micro Beach)があります。このビーチはガラパン中心部から徒歩5分程度の距離にあり、ビーチ周辺に建つホテルの宿泊客が訪れるスポットでもあります。

早朝には海辺の散策、日中はさまざまなマリンスポーツで楽しむ人の姿も見られ、遠浅のビーチと透明度の高い海では、マニャガハ島ほどではありませんが小さな魚も見ることができます。想像以上に訪れる人もまばらなので、人の多いビーチを避けたい方はこちらのビーチでゆったりするのもいいでしょう。サンセットに染まる海とその周辺は、美しさそのものです。

マイクロ・ビーチ(Micro Beach)
住所:
Micro Beach, Saipan
アクセス:
ガラパン中心部から徒歩5分

Tギャラリア・サイパン(T Galleria Saipan)

サイパンへショッピングを楽しみに来た女子なら外せないのが、「Tギャラリア・サイパン(T Galleria Saipan)」。ハワイやグアムと比べるとその規模はやや小さいですが、言うまでもなく、世界のトップブランドが集まるサイパン随一のショッピングセンターです。

店内は明るく開放的で、ブティック、ファッション、ラグジュアリーギフトの3つエリアに分かれ選びぬかれたブランド品が揃っています。ビーチサンダルでの入店はできないので、そこだけはご注意を。お目当てのブランドでお気に入りの一点を購入できるといいですね。

世界のどこへ行っても旅をすれば、免税店でのショッピングの楽しみがあります。DFS(duty-free shop;免税店)グループは1960年に香港で創業して以来、世界の主要国際空港で11の免税店と20カ所にTギャラリア店舗を構えているそうです。そんな中、2017年にはおよそ1億6000万人もの観光客がそれぞれの免税店を利用したと言われています。

現在では単なるブランド品を提供するだけでなく、その地域と密着したコミュニティ活動を行っています。教育、健康プログラムをはじめ、その地域ごとのアートや工芸品の保護や育成にいたるまで関わり、地域への恩返しもしています。ショッピングだけに目を配るとただの買い物好きで終わってしまいそうですが、奥の深い活動にも目を向けると女子力も磨かれちょっとした考え方も変わりそうです。

Tギャラリア・サイパン(T Galleria Saipan)
住所:
Beach Road, Garapan, Saipan MP 96950
営業時間:
10:30~22:30
電話番号:
+1 670 233 6602

ガラパン・ストリート・マーケット(Garapan Street Market)

毎週木曜日の夕方から開催される、地元住民に人気のガラパン・ストリート・マーケット(Garapan Street Market)。シーフードやBBQなどの屋台が建ち並び、毎週その日はお祭りムードの一夜に。

美味しそうな食べ物はもちろんですが、サイパンならではの民芸品や雑貨のお店も出るので、散策するだけで楽しめることでしょう。また特設ステージでは、ダンスショーも披露されローカルに混ざってイベントを楽しむのも旅の醍醐味です。会場は、ビーチロード(Beach Road)沿いの「フィッシングベース」と呼ばれる場所になります。

ガラパン・ストリート・マーケットが開催される、ビーチロードでの楽しみはまだまだあります。サイパンを象徴する樹木、フレームツリー(南洋桜)をご存知ですか?フレームツリーは、オレンジ色の花びらをした花がたくさん咲き誇る樹木で、亜熱帯地域ではどこでも見ることができ、特にサイパン島ではこの木を目にする機会も多いことでしょう。

4月くらいから咲き始め6月から7月にかけてがピークとなり、ビーチから陸を眺めると島全体がオレンジ色に染まって見える時期もあるそうです。日本の桜のように数日間で散ってしまうことはないので、長期に亘り楽しむことができるのも特徴。散った花びらが沿道をオレンジ色に染める光景も美しいので、ビーチロードを通る際にはチェックしてみてはいかがでしょうか。

ガラパン・ストリート・マーケット(Garapan Street Market)
住所:
Garapan Fishing Base, Saipan
営業時間:
17:00~21:00くらいまで(毎週木曜のみ)
my4208lp

国内外を問わず、旅行が大好きです。海外を知り尽くしてこそ日本の魅力が高まると思うので、そんな記事をお届けできたらな、、、と思います。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • サイパンの伝統料理「チャモロ料理」人気レストランおすすめ2選

    サイパンに行ったらぜひ食べたいのがチャモロ料理。国際色豊かな食事が楽しめるサイパンですが、もともとは先住民チャモロ人に継承されてきた地元の料理があります。今回はサイパンが初めての方でも安心して訪れることのできる、おすすめレストランを2つご紹介します。

  • サイパンを満喫!繁華街ガラパンの知っておきたい基本情報

    サイパンは、日本から直行便を使えば約3時間で行ける常夏の島。日本からの観光客が多く、大変人気のスポットです。観光の拠点となるのがサイパン随一の繁華街である「ガラパン」。今回はガラパンでの過ごし方について詳しくご紹介します!

  • サイパン旅行で活用したい4つの移動手段まとめ

    手軽なビーチリゾートとして人気のサイパン島。島の面積は約185平方キロメートル。日本で例えると、瀬戸内海に位置する小豆島と同じ大きさというコンパクトな島です。滞在中に気になるのは島の移動手段。そこで今回はサイパン滞在中の移動手段を4つご紹介します。

このエリアの新着記事
  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • 北マリアナ諸島基本情報 【気候・服装編】

    北マリアナ諸島というとピンとこないかもしれませんが、日本からも多くの観光客が訪れるサイパンがある場所です。素朴でのんびりとした雰囲気が漂うサイパンのほか、ダイバーに人気のロタ島、テニアン島など、北マリアナ諸島には魅力たたくさん!本記事ではそんな北マリアナ諸島の気候や服装について紹介しましょう。

  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパンダイビングで出会うカラフルな魚たち!ダイバー憧れ...

    ダイバーが憧れる美しい海に囲まれたサイパン。サイパンの海ではカラフルでかわいい魚、珍しい魚に出会えます。今回はサイパンの海で出会える魚をまとめました。海の中のチャンスを見逃さないためにもサイパンダイビング前に要チェック!

  • サイパン一人旅でやること!おすすめ観光名所15選!

    サイパンは美しい珊瑚礁の海に囲まれた自然豊かな島。日本からも直行便で3時間ほどで行けるのも人気の理由となっています。ここでは、今一人旅で訪れたいサイパンの魅力が詰まった観光名所15選をお届けします!

  • 北マリアナ諸島基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    サイパンがある北マリアナ諸島では、祝祭日にさまざまなイベントが催されています。その期間にサイパンを訪れたら、ぜひ地元の人と一緒に楽しんでみてください。本記事ではサイパンを中心に北マリアナ諸島の祝祭日やビジネスアワーについて紹介しましょう。

  • 北マリアナ諸島基本情報 【治安・情勢編】

    サイパンがある北マリアナ諸島は人気の観光地。常夏の島で一年中マリンスポーツを楽しむことができます。そんな北マリアナ諸島の治安は比較的よく楽しく過ごすことができます。ここではサイパンを中心に北マリアナ諸島の治安と気を付けたいことについてまとめてみました。

  • 北マリアナ諸島基本情報 【時差・空港編】

    北マリアナ諸島のサイパンまでは日本からの直行便で3時間半。午前中に出発すれば、午後から有意義に過ごすことができますね!本記事ではそんな北マリアナ諸島への行き方、国際空港、時差などをまとめてみました。

  • サイパンでがっつり行きたいアメリカン料理!おすすめレスト...

    サイパンで食事をするなら、ボリュームのあるアメリカ料理はいかがですか?アメリカンサイズは食べきれそうもないという人は、シェアして食べると会話も弾んで楽しそう。おすすめのアメリカ料理のレストラン5選をご紹介します。

このエリアの人気記事