東京のおすすめバッティングセンター20選!ストレス発散できちゃうかも

273

views

0

東京にあるバッティングセンターを案内します。野球で点数を稼ぐために必要なスキルが、バッティング。その練習だけでなく、ストレス発散にもなる施設は、東京都内各所にいくつかあります。その中でも便利でおすすめなスポットを20か所厳選しました。都内中心部から郊外の順に紹介します。

東京に意外とあるバッティングセンター

本格的なチームを組んで野球を楽しむまでいかなくても、プロ野球を見たり高校野球を見たりしていると、ついついバットを振ってみたくなるもの。そんな希望をかなえられるのがバッティングセンターです。意外にも東京都内には中心部から郊外までバッティングセンターが存在し、全く野球の心得が無い子供や女性が体を動かす目的で楽しめる所から、本格的なチームに所属している人のバッティングスキル向上、あるいは将来プロを視野に入れている少年たちの練習の場までまちまちです。ここでは、そんないろんなバッティングセンターの特徴を含めてひとつずつ案内します。

東京のおすすめバッティングセンター1:新宿バッティングセンター

新宿バッティングセンターは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は新宿駅の北にある繁華街歌舞伎町エリア。区役所通りをまっすぐ進めば施設があります。バットの持ち込みも可能で、高さの調整もできます。通常は26球300円ですが、LED打席であれば22球となっていますから注意してください。またお得な回数券があり、12回分3,000円の大人回数券、2,000円のジュニア回数券のほか、4回分1,000円の女性専用回数券があります。これはバットを振ったこともないような初心者の女性が、ためしに使用してみるのが良いでしょう。

新宿バッティングセンターのレーンは12あります。ボールはすべて軟球指定。球種はストレートのみとなっています。またほとんどが右打席ですが、1つのレーンが左打席専用と両打席可能なレーンもあります。球速は最も遅いものが70キロメートルで、逆に早いレーンであれば130キロメートル出る所もあるので、経験値に合わせてレーンを選んでください。4つのレーンでは速度を変速できるものもあります。また施設内のスタッフは気さくで明るい人ばかり。ドリンクの自動販売機や、ゲームもあるので、バッティングの合間に休憩したり遊んでみたりするのも良いでしょう。

新宿バッティングセンター
住所:
東京都新宿区歌舞伎町2-21-13
営業時間:
10:00~4:00
電話番号:
03-3200-2478
定休日:
無休
アクセス:
東新宿駅から徒歩4分

東京のおすすめバッティングセンター2:オスローバッティングセンター新宿

オスローバッティングセンター新宿は、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は新宿駅の北にある繁華街歌舞伎町エリア。西武新宿駅から花道通りを東へ3本目を北に上がったところ。ホテル街で目の前にスーパーホテルがあります。館内は2017年から全面禁煙になり、たばこを吸わない人たちも安心して利用できます。料金は1ゲームが20球という単位で、カードを購入するスタイル。一番小さい単位が3ゲームで1,100円から楽しめます。最もお得な25ゲーム楽しめるカードで、5,500円しますが、1ゲームあたり220円と大変お得に遊べます。

オスローバッティングセンター新宿のレーンは10あります。しかし使えるレーンは時間帯によって変わりますので、注意してください。基本は右打席ですが、一部左打席もあります。打球の速度は、レーンによって2パターン必要で、遅い方は80キロメートル、90キロメートル、100キロメートルの3段変速。早い方は100キロメートル、110キロメートル、120キロメートルとなっており、もっと速いレーンでは130キロ出る所もあります。また1打席の貸切案内もあり、その場合は30分3,300円ですが、小中学生限定のジュニアプランは1,700円で利用できます。

オスローバッティングセンター新宿
住所:
東京都新宿区歌舞伎町2-34-5
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
.03-3208-8130
定休日:
無休
アクセス:
西武新宿駅から徒歩3分

東京のおすすめバッティングセンター3:東京ドームシティ・スポドリ

東京ドームシティ・スポドリは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は水道橋駅から続く、後楽園ブリッジを渡ればすぐのところ。東京ドーム手前に位置しており、すぐ近くに郵便局やホテルがあります。ここは屋内型スポーツ施設として、バッティングのほかボルダリング、ゴルフ、野球塾、レンタルフィールドがあります。バッティングコーナーには同時にピッチングもできるように。こちらはゲーム感覚で、置いてある9もしくは16の的をめがけてボールを投げて遊べるシステムです。成績が良ければ、メダルの進呈があるので、自信のある人はチャレンジしてみましょう。

スポドリのバッティングは、ほかのセンターとは一味違います。バーチャル映像のプロ野球選手と対決できるようになっていて、現役の投げる選手のボールを打てるというもの。球速は80キロメートルから130キロメートルまで打席の選手によって違いがあります。また8つあるレーンのうち7・8番レーンは硬球打席。ここでは年齢差制限やヘルメット必須ですが、プロも使うものと同じ硬さの球を相手にチャレンジしてみてください。利用料金は1プレイ400円から可能。最も多いのは20プレイで5,000円です。また成績が良ければメダルがもらえます。

東京ドームシティ スポドリ
住所:
東京都文京区後楽1-3-61 黄色いビル 3F
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
03-3812-4415
定休日:
無休
アクセス:
水道橋駅からすぐ

東京のおすすめバッティングセンター4:アクティブAKIBAバッティングセンター

アクティブAKIBAバッティングセンターは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は秋葉原。駅前にあるヨドバシカメラマルチメディアAKIBAの建物9Fにあるゴルフガーデンの隣にあります。町中にありながら、開放的な雰囲気の元でバットを振ることが可能。アクセスも大変便利が良いので仕事帰りや学校帰りに、汗を流すのにも良さそうです。使用しているのは最新のピッチングマシン。3ローター式変化球マシンと空圧を利用したストレートマシンを装備しました。これは都内では初めてのものです。

そして時速は80キロメートルから最速170キロメートルまでの調整が可能。直球のほか、フォーク、カーブ、スライダーといった変化球の体験もできます。また目の前には大型液晶モニターを搭載。60インチのモニター画面には現役のプロ選手が投げる瞬間が映りますから臨場感が違います。また対戦モードというのがあり、友達や家族同士で対決できるのも楽しいところ。さらに打球判定システムというのがあり、打球の速度と飛距離でヒットやホームランの判定をしてくれます。料金は3プレイ1,000円から40プレイ10,000円まで。予算に応じて楽しみましょう。

アクティブAKIBAバッティングセンター
住所:
東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAKIBA9階
営業時間:
10:30〜23:00
電話番号:
03-5209-1055
定休日:
無休
アクセス:
秋葉原駅から徒歩1分

東京のおすすめバッティングセンター5:浅草バッティングスタジアム

浅草バッティングスタジアムは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は浅草エリアで、つくばエキスプレスの浅草駅から浅草寺方面に向かい、オレンジ通りの手前にあります。ここは5レーン用意していますが、すべてバーチャルピッチングに対応。これはプロの現役選手あるいは元選手が登場し、その画面を見ながら対決しますから臨場感あふれるバッティングが満喫できます。レーンによって速度の違いはありますが、最低が70キロメートルの低速で、最速が140キロメートルの超高速まで4段階から選べます。

レーンによっては変化球、カーブやフォークを体験することもできます。基本は右打ちですが、1番レーンについては両打ちとなっていますから左打ちも可能。またボールジャッジというのがあり、打速や飛距離そして角度を計算したうえで、ヒット、アウト、ホームランというのを判定し伝えます。これはオプションで100円かかりますが、自分が打った球がどういう結果になっているのか知りたい人にはまたとないサービス。ちなみに基本料金は1ゲーム400円ですが、4ゲームから14ゲームまでの回数券があります。何度もバッティングを試した人は最大半額近くになる回数券がお得です。

浅草バッティングスタジアム
住所:
東京都台東区浅草1-27-5 ROX DOME 2F
営業時間:
10:30~1:00
電話番号:
03-3845-5515
定休日:
無休
アクセス:
つくばエキスプレス浅草駅より徒歩3分

東京のおすすめバッティングセンター6:明治神宮バッティングドーム

明治神宮外苑バッティングドームは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。明治神宮とありますが、少し距離が離れておりむしろ新宿御苑や赤坂御用地の近く、国立競技場や神宮球場と同じ敷地内。ここはレーン大画面があり、そこにはプロの野球選手が映し出されます。その選手の動作に応じてボールが飛んできますから、選手と対決しているかのような臨場感が味わえます。またストレートのほかランダムな変化球の設定も可能。このほかバットの持ち込みも許されています。また手袋や靴を貸し出してくれるのがうれしいところ。思う存分バットを振りましょう。

レーンは、全部で12あり、すべて軟球。球速はレーンによって異なりますが、70キロメートルから最速130キロメートルまで選べます。また9レーンまでが右打席で、残り3レーンが3打席。料金は20球が1プレイで420円から遊べます。最大は400球遊べる20プレイで5,000円ですが、1プレイあたり250円と大変お得。また球速の測定できるパーフェクト9、9面の分割のコートに打ち返すパーフェクトピンポンもあります。このほかここは東京ヤクルトスワローズの本拠地ということもあり、ヤクルトに関するグッズも販売しています。

明治神宮バッティングドーム
住所:
東京都新宿区霞ヶ丘町2-1
営業時間:
10:00~21:00
※平日は12時から
電話番号:
03-3478-6800
定休日:
無休
アクセス:
信濃町駅より徒歩5分

東京のおすすめバッティングセンター7: 大塚バッティングセンター

大塚バッティングセンターは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は豊島区で池袋と巣鴨の間にある大塚。駅のすぐ近くにあります。メダル制で1ゲーム20球というシステム。メダル1枚300円で4枚1,000円となっており、枚数が多い方がお得です。かつこれはその日に使いきらなくても後日使えるのもうれしいところ。小学生以下は1ゲーム200円ですが、スタッフに問い合わせて引換券をもらってください。バットは4種類から選べるようになっており、また持ち込みも可能。軍手も自由に使えるようになっています。

さらにスニーカーの貸し出し、温かいものと冷たいおしぼりまであります。さらに草野球チームの人は朗報で、無料でチームのポスターの掲示サービスまでやっています。打席ですが、ビギナークラス(80キロメートル)からワールドクラス(130キロメートル)までの速度から選べます。またランキング制度を導入。月ごとのランキングでホームランもしくはヒットのランキング上位者には、バッティングの無料券や金券がもらえるシステムとなっています。さらに年間でトップをとれば、ホームラン王、ヒット王として記念品がもらえますから、積極的に挑戦しましょう。

大塚バッティングセンター
住所:
東京都豊島区南大塚1-52-4大塚レジャービル 
営業時間:
電話番号:
03-3946-7608
定休日:
無休
アクセス:
大塚駅から徒歩1分

東京のおすすめバッティングセンター8: サンスクエアスタジアム

サンスクエアスタジアムは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は北区王子で駅前飛鳥山公園の反対側。ここはバッティングセンターのほかボウリング場をはじめテニス、ゴルフ練習場などがあります。メダル制で1枚300円、4枚1,000円で販売。通常のバッティングは1枚で20球で遊べますが、それ以外に数枚のメダルを使って楽しめるハイクラスのものがあります。例えばレジェンドベースボールは、ピッチングマシンにITとAIを融合させました。「走らないで野球対戦が出来る」スポーツマシンとして好評です。

国内初めての試みとして18.44メートルの距離をとっていますから、臨場感が違います。ちなみにお互い9人ずつ、18人でプレイできますから、本当に野球をしているような錯覚に。雨の日やグラウンドが確保できなかったときに疑似体験するのにも最適です。通常のバッティングのレーンは6あり、軟式が中心ですが、1レーンではソフトボールを採用しました。また球速は80キロメートルから140キロメートルまで選べます。さらに3つのレーンで両打席対応。左打席の人も安心です。このほかダイナマイトポーズと呼ばれる新感覚のゲームも導入され、ますます楽しさがパワーアップしています。

サンスクエアスタジアム
住所:
東京都北区王子1丁目4−1
営業時間:
11:00〜23:00
※土日は10時から日曜日は22時まで
電話番号:
03-3912-3333
定休日:
無休

東京のおすすめバッティングセンター9:ハスネバッティングセンター

ハスネバッティングセンターは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は板橋区にあり、都営三田線蓮根(ハスネ)駅の近く。または志村三丁目からでも行けます。鮮やかなブルーの建物で「ハスネバッティングセンター」とわかりやすく明記。レーンは10あり、すべて軟球です。球速は85キロメートルから100キロメートルの間となっています。基本は右打席ですが一部左打席にも対応。1ゲームが200円と安く21球のボールが出ます。気軽に遊べる雰囲気でもありますから、気が向いた時には気軽にストレス発散しましょう。

また通いたい人には、お得な回数券が用意されています。実は、ここはバッティングセンターとは別の顔を持っています。それは「ジュニアバッティングスクール」。これは小中学生を対象にした、バッティングの指導を主体的に行っている全国にある野球スクールの教室でもあります。独自のノウハウを持つインストラクターがバッティングセンターの施設を活用して、打撃訓練を行う場。特に野球を行っている少年や、将来高校野球を経てプロを目指しているような中学生が打撃力を高めるために利用しています。時間帯によってはそのような光景が見られるかもしれません。

ハスネバッティングセンター
住所:
東京都板橋区蓮根1丁目1-20
営業時間:
12:00~21:00
電話番号:
03-3966-0966
定休日:
無休
アクセス:
蓮根駅から徒歩6分

東京のおすすめバッティングセンター10:ゼロスタジアム

ゼロスタジアムは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は江戸川区にあり、旧江戸川を経て千葉県と県境を接している東葛西。また23区唯一の自然の島・妙見島の近くにあります。ここは屋内練習場ですが、初心者よりもプロに近い上級者向けのバッティングセンターといえます。それは本格的な硬球を使用しているから。ただし軟球も扱えますから利用時に相談してください。また元プロ選手が直々に指導してくれる場所でもありますので、遊び感覚ではなく本当にバッティング、打撃力をアップしたい人が利用するのに最適な場所です。

1回利用で施設のみの利用と、バッティングマシンを加えた利用により、料金体系が異なります。時間制で4名までの利用とそれ以上によって分かれています。また会員制を導入しておりその場合はお得な打ち放題プランもあります。ただし、ひとりあたり1日1時間の制限付きとなっているので注意してください。また週1回のグループレッスンを行っています。小学生と中学生を対象にしたコースでインストラクターによる指導付き。将来の夢として目指す少年たちに高度な打撃テクニックを伝授します。さらにマンツーマンのパーソナルトレーニングも受け付けています。

ゼロスタジアム
住所:
東京都江戸川区東葛西 5-55-16
営業時間:
8:00~22:00
電話番号:
03-3869-1589
定休日:
不定休
アクセス:
葛西駅徒歩15分

東京のおすすめバッティングセンター11:ラウンドワンスタジアム板橋店

ラウンドワンスタジアム板橋店は、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は板橋区の相生町にあり、環八通り沿い。志村消防署の目の前にあります。これは全国的なボウリング場チェーンのラウンドワンが経営している施設で、館内ではバッティングのほかカラオケやボウリング、ビリヤード、ダーツなどが楽しめます。ちなみにバッティングは「スポッチャ」と呼ばれる時間内でいろんなゲームやスポーツが楽しめる空間。ほぼすべての用具がそろっていますので、手ぶらでも気軽に遊べます。またバッティングのほかにピッチングもありますから、交互に遊び分けてみるのも良いでしょう。

利用料金ですが、フリータイムと3時間パック、90分があります。延長すると10分ごとに100円かかりますから、多い目の時間帯を選ぶ方が安心。また23時以降に入ると割引が適用されたり、逆に早朝11時までの3時間が安くなったりする朝割と選べます。土日祝日は平日と比べて割高になっています。また公共交通では志村消防署前バス停が最も便利ですが、赤羽駅から無料シャトルバスを定期的に運行。1時間に1・2本程度の運行ですが、うまく時間を調整して行き帰りに利用したいところです。バッティング専門ではありませんが、気軽に汗を流すのには丁度良いスポットといえます。

ラウンドワンスタジアム板橋店
住所:
東京都板橋区相生町16番13号
営業時間:
10:00〜6:00
※曜日により24時間営業や8時までの場合あり
電話番号:
03-5922-3521
定休日:
無休
アクセス:
志村3丁目駅から徒歩7分

東京のおすすめバッティングセンター12:三軒茶屋バッティングセンター

三軒茶屋バッティングセンターは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は世田谷の三軒茶屋で、東急世田谷線の駅近く。目の前にランドマークのキャロットタワーがあります。エコー仲見世商店街と呼ばれるレトロな商店街の中にひっそりと存在しており、雑居ビルの古びた階段を上った屋上にあります。打席は3レーンとわずかしかありませんが、90キロ、85キロ、100キロと3種類の速度が楽しめます。20球200円とリーズナブルなのもうれしいところ。ここはバッティングセンターそして三軒茶屋の穴場的存在といえます。

ここは最新のマシンや将来プロを目指すような少年を育成するような施設ではありません。むしろ気軽にそしてリーズナブルに遊べるバッティングセンター。未経験者や女性も気軽に利用できます。ちなみに打席は左右どちらでも対応できます。おしゃれさとレトロさが共存する三軒茶屋でも異空間でもあることから、いつも賑わっています。屋上に行くまでの階段の様子やバッティングセンターから見えるキャロットタワーをはじめとする三軒茶屋の風景など、デートスポットとしても最適。デートで健康的に汗を流してみるのもおすすめです。

三軒茶屋バッティングセンター
住所:
東京都世田谷区三軒茶屋2-14-6
営業時間:
11:00~19:00
※冬場は18時まで
電話番号:
03-3421-3322
定休日:
無休
アクセス:
三軒茶屋駅から徒歩3分

東京のおすすめバッティングセンター13:駒沢バッティングスタジアム

駒沢バッティングスタジアムは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は世田谷の駒沢で、駒澤大学の南。オリンピック公園のさらに南側にあります。ここは1ゲーム200円で17球出てきます。7レーンまであり、球速は最低が80キロメートル、最も速いもので140キロメートルまで選択可能。バットの持ち込みもできます。また高さ調整もできます。オリンピック公園にデートなどで遊びに来たときに、気軽に立ち寄れるのがうれしいところ。21時まで営業していますから、仕事帰りにふらっと立ち寄ってみてもよいでしょう。

実際に体験すればわかりますが、140キロの速度でチャレンジすると、その速さに度肝を抜かれます。ちなみにホームランを意味する的はありません。ただ、コインに変換する必要が無く、100円玉2枚でチャレンジできるのが意外に便利。右打席が基本ですが、一部左打席も可能な両打ち打席も用意されています。ここは遊び感覚の人よりも実際に野球をしている人が練習するのに向いているような雰囲気。草野球のピッチャーが投げる球よりもはるかに速いスピードが満喫できますから、もし野球チームに所属しているのでしたら、ぜひここでバッティングスキルを上げてみましょう。

駒沢バッティングスタジアム
住所:
東京都世田谷区駒沢5丁目14-2
営業時間:
10:00~21:00
※月曜日は営業時間が違うので注意
電話番号:
03-3704-8590
定休日:
木曜日
アクセス:
駒沢大学駅から徒歩20分

東京のおすすめバッティングセンター14:世田谷スポーツプラザ

世田谷スポーツプラザは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は世田谷の上祖師谷地区。京王線仙川駅から歩いたところにあり、仙川の近くにある祖師谷公園が近くにあります。ここはバッティングセンターのほか、オートテニスも楽しめます。主に地元に住んでいる野球好きな人やテニスファンが集う場所。その上午前10時から夜の22時まで営業していることもあるので、会社帰りのサラリーマンの利用も目立ちます。そのためスーツ姿の人も多いのが特徴。仕事上で起こる様々なストレスをバットで晴らすかのようなスイング姿は、見ているだけでもスカッとします。

料金は、1ゲーム300円で25球と少し多めなのが特徴。また右打ちだけでなく左打ちの打席もあり、ストレート以外にもカーブを出すマシンもあります。速度は最低が70キロメートルですが、マックスは150キロメートルと、プロでもそう簡単に投げられないような速度が体感可能。野球の心得があれば、ぜひ最高クラスの速度に挑戦してみてください。また硬球も打てるところがあるので、プロの感覚が味わえます。その一方で初心者の人も安心の低速70キロメートルもありますから、気軽に利用したいところ。駅からは少し離れていますが、ぜひ訪問したいところです。

世田谷スポーツプラザ
住所:
東京都世田谷区上祖師谷6-6-9
営業時間:
10:00~22:00
電話番号:
03-3326-1880
定休日:
不定休
アクセス:
仙川駅から徒歩17分

東京のおすすめバッティングセンター15:オークラランドバッティング

オークラランドバッティングは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は世田谷の経堂地区。世田谷線上町駅から西へ東京農業大学や馬事公苑の方向に進む途中にあります。ここのレーンは6あり、そのうちの4つは右打席専用。残り2つは左も可能な両打席となっています。また速度は、80キロメートルから120キロメートルの間から選べる仕組み。また1ゲームの料金は200円とリーズナブルで25球あります。さらにより臨場感を楽しめる映像マシンもあり、その場合は1ゲーム20球となっています。

バッティングセンターでは、このほかにもジュニアバッティングスクールを開催中。そのほか小学生や中学生で野球選手を夢見たり、部活などで好成績・打撃力を上げることを考えたりしているときに、インストラクターからの指導を受けられます。またオークラランドでは、バッティング以外の設備もそろっています。ボウリング、ゴルフといった他のスポーツも楽しめます。ボウリングの設備もそろっていますし、ゴルフ練習場についても個室があるなど。終日楽しめる仕組みとなっています。またおむつ替え台が女性用トイレにあり、小さなお子さん連れも安心です。

オークラランドバッティング
住所:
東京都世田谷区桜3丁目24-1
営業時間:
10:00~21:00
※日・祝日は9時から営業
電話番号:
03-3420-0271
定休日:
無休

東京のおすすめバッティングセンター16:竹の塚バッティングセンター

竹の塚バッティングセンターは、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は足立区の竹ノ塚駅から北側、埼玉県境近く国道4号線の少し東側にあります。12のレーンが用意されており、基本はストレートですが、ひとつのレーンではカーブを投げる所もあります。また子供向けにスローボールを投げるレーンも。これは都内でもなかなかありませんから、小さな子供にバッティングを体験させるのにはまたとない場所です。スピードはスローボールを除いて、90キロメートルから最速130キロメートルまでの範囲となっています。

また打席は右打席が中心ながらも左打席専門や左右対応するレーンを用意。ピッチングマシンはアーム式が基本ですが、カーブが投げられる7番レーンだけはタイヤ式を採用しています。料金は1ゲーム200円で、メダルではなく100円玉2枚でプレイできるのが意外にうれしいところ。そのほかの特筆すべき点は次の通りです。まず順光になる位置になっていますから、投球が見えやすくなっています。さらに投手とバッターボックスの距離にもこだわりました。これは実戦向けの距離に近づけていますから、ピッチャーであるマシンが投げてからバッターの前まで来る速度が実戦に近く、バッティングスキル向上に役立ちます。

竹の塚バッティングセンター
住所:
東京都足立区保木間5丁目24-5
営業時間:
10:00~21:00
※平日は14時から
電話番号:
03-3859-8971
定休日:
月曜日
アクセス:
竹ノ塚駅から徒歩25分

東京のおすすめバッティングセンター17:ATHLECITTA 蒲田

ATHLECITTA(アスレチッタ) 蒲田は、東京でバッティングが楽しめるスポットのひとつです。場所は大田区の蒲田。JR蒲田駅の東口駅前から歩いてすぐのところにあります。バッティングレーンは7つあり、70キロメートルから140キロメートルまでの球速が選べるようになっています。右打席が基本ですが一部のレーンでは左でも対応可能な左右打席を用意しました。また3レーンはLEDマシンとなっています。このマシンでは実際のプロ野球選手の映像が登場。臨場感あふれる中でのバッティングが楽しめます。

第7番目のレーンはソフトボールマシンです。80キロメートルの左右対応打席となっており、女性に人気のレーン。ちなみにホームラン的というのもあり、見事にそこに当てると、ホームランを打ったものとみなされ、ホームラン賞がもらえます。その賞はポイントに応じて商品の内容が替わるのもうれしいところ。料金は1ゲーム300円となっていますが、何度も利用する人向けにお得なバッティングカードも用意しています。そのほかピッチングの方も楽しめるようになっており、的に当ててビンゴを狙うストラックアウトも世代を超えて人気です。

ATHLECITTA 蒲田
住所:
東京都大田区蒲田5丁目20-5
営業時間:
9:30~24:00
電話番号:
03-3739-5752
定休日:
無休
アクセス:
JR蒲田駅より徒歩2分
この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • アンジャッシュ渡部太鼓判の絶品レストラン6選♪

    食通で有名なアンジャッシュ渡部が太鼓判を押す絶品レストランの数々、知りたいですよね。今回は公式ページで紹介している物の中から評判の絶品レストランを選んでご紹介します! 人気店ということもあり、中々入れないお店も多いのですが、知っておけば特別な機会に利用することもできるかもしれません♪芸能人も認める絶品絶賛のお店をどうぞご覧あれ。

  • 東京で買えちゃう!韓国コスメブランドショップまとめ!

    近年、注目される韓国コスメ! 以前は韓国に行かないと手に入らなかったブランドも今では都内で気軽に購入することができるんです。 日本以上に最新の流行に敏感な韓国ブランドは、それぞれのブランドコンセプトを元に個性的なラインナップを展開! 都内で買える人気ブランドとオススメ製品を一挙にご紹介していきます!

  • 本当に旨い!東京で行列のできる話題グルメ店7選

    「長時間並んででも食べたい!」そんな魅力的なメニューがあるお店って一体どんなところなんでしょうか。今、東京で多くの人の注目を集める大人気7店を紹介します。

  • シンガポールラクサを東京で食べよう!人気でおすすめな本格...

    ベトナムのフォーに続き、シンガポール料理のラクサが注目されています。スープは、エビなどのシーフードの出汁にスパイスやココナッツミルクを煮出したもの。太めで丸い米麺を投入し、揚げ豆腐やかまぼこなどをトッピングした麺料理です。現地に負けないラクサが食べられるお店が東京でも増加中。どんなお店があるか紹介しましょう!

  • 懐かしすぎ!給食が食べられるカフェまとめ!

    あげパンに牛乳、ソフトめん。とても懐かしい昭和の給食の定番でした。たまには童心に帰って昔の思い出を振り返ってみたいと思いませんか?大人になって当時の給食を食べてみるというのも面白いですね。今回は、懐かしい給食が食べられるお店を特集してみました。

  • 東京の人気お土産おすすめ30選!最新の人気お土産から定番の...

    伝統の和菓子から外国の洋菓子まで、おいしいモノがたくさん集まる東京。どんな東京のお土産を買ったらいいか迷っていませんか?ここでは、そんな時のために人気の東京のお土産を紹介しましょう!もらった人の笑顔を思い浮かべながら選んでくださいね!

このエリアの新着記事
この記事のキーワード
このエリアの人気記事