さっぱり美味しい!トルコのおススメ魚料理4つ

2,001

views

0

旅行の醍醐味といえば、そう「料理」です! 現地特有のご飯を食べて、「めっちゃ美味しかった~!また食べに行きたい!」と思い出話に花を咲かせたいですよね。 そこで今日はトルコの魚料理4つをご紹介しちゃいます! トルコといえば肉というイメージがありますが、そのイメージを払拭しますよ。

トルコの魚事情

トルコは黒海・地中海・マルマラ海に囲まれているので、シーフードが豊富に捕れます。
よって様々な魚料理がありますが、味付は塩のみとシンプル。

魚料理よりも肉料理を食べる割合が多く、トルコ料理で有名なシシケバブを食べているイメージが大きいですよね!
なぜかというと魚は調理するのが面倒で、お家で調理することは珍しいとか。
日本でもわざわざ魚を捌くのは面倒・・・・。
だから皆レストランや飲食店に魚料理を食べに行くんです!
そんなトルコの魚料理を4つ見てみましょう!

①レヴレッキ・ウズガラス(Levrek Izgara)

レヴレッキとはトルコ語で「スズキ」という白身魚のことです。
スズキはトルコで最も美味しい魚といわれていますよ!
おなじみの魚料理で、一番見かける確率が高いんです。

そのレヴレッキ・ウズガラスは「スズキの塩焼き」のことを言い、レモン・ルッコラ・生たまねぎが添えてあります。
我々日本人が食べたら
「すこ~し味付けが薄い?」
と思うかもしれないので、お好みで塩コショウをかけてみましょう!
日本人がよく利用するレストランだと、醤油がおいてあることも。
シンプルな味付なので、とっつきやすいと思います!

②レヴレッキ・ブーラマ(Levrek Bugulama)

ブーラマというのは「蒸す」という意味。
よってレヴレッキ・ブーラマは「スズキの蒸し焼き」のことを言います。

トマトシチュー風、クリームシチュー風と味付も様々で、レストランによって味付も違います。
どんな味付けがあるんだろう?とレストランめぐりをしてもいいかも!?

スズキだけではなくじゃがいも・トマト・玉ねぎなどの野菜が沢山入っているので、野菜を食べたいときにはおススメですよ。

③ウズガラ・カリデス(Izgara Karides)

ウズガラ・カリデスというのは「車エビのグリル」のこと。
ちょっと高いレストランで出されることが多いです。

味付はガーリックだったり塩焼きだったり。
エビはサラダとして出されることが多いですが、このウズガラ・カリデスは激うま!とのことでぜひぜひ旅行されたときには食べていただきたい一品ですよ!

④クルチュバルウ・シシ(Kilicbaligi Sis)

クルチュバルウはトルコ語で「メカジキ」、シシは「焼き串」のことを指します。
よってクルチュバルウ・シシは「メカジキの串焼き」になりますね!

みなさんメカジキって知ってますか?
あの鼻の長~い魚のことですよ。

日本のトルコ料理屋さんでもよく置いてある料理で、見た目もとてもオシャレ。
メカジキだけを刺しているではなく、レモン・ローリエも刺していて、野菜を串刺しにしているお店も。
味付は塩とレモンのみなので、メカジキ本来の味を堪能できます!

終わりに

出典: www.jeyyu.com

いかがでしたか?
トルコで捕れる新鮮な魚をシンプルな味付けで食べることが出来るので、素材本来の味をしっかりと噛締めることが出来そうです。
料理についている野菜は、同じ野菜でも日本で食べるのと海外で食べるのとは味が違うかもしれません。
日本で食べる魚料理と比較しながら食べてみてはどうでしょうか?

maporinn

海外旅行、国内旅行どちらも大好き!一人でふらっと海外に行けたらいくことも。
英語が好きでイギリスには留学経験もあり。
色々な国に行って見たいです!

この記事を読んだあなたにオススメの記事

今週の人気記事

この記事のキーワード