コンヤで行くべき人気のおすすめ観光スポット7選!外さない定番はここ!

9,986

views

0

トルコというと首都アンカラばかりに目が移りますが、そんなことはありません!「コンヤ」という都市を知っていますか? ここには宗教色の強い遺跡やきれいな彫刻が沢山! コンヤのお土産品やご飯を食べて、トルコをもっと満喫しましょう。

コンヤとは

コンヤ(Konya)はトルコの主要都市のひとつ。
首都アンカラから電車で1時間半ほどかかります。
人口110万人が住んでいて、トルコの中でイスラム色が強い町。

11世紀ごろセルジューク朝が栄え、関連する遺跡が多く残っています。
イスラム教の礼拝堂であるモスクが多くあり、宗教都市として繁栄していますよ。
日本では中々宗教を身近に感じることがないので、貴重な体験が出来そうですね!

①メヴラーナ博物館(Mevlana Muzesi)

旋回舞踊で有名なメヴラーナ教団の総本山と言われます。
始祖であるメヴラーナが祀られていて、奥にお墓があるとか。
館内は土足で入ることが出来ず、靴カバーをして入らなければいけないので注意!

旋回舞踊というのは白いスカートのような白装束をまとい、男性がひたすら廻る踊りのこと。
その教団の修行場や霊廟、衣装やコーランが展示されています。

コンヤ最大の観光スポットとも言われていて、大きな博物館ではありませんが見るものが沢山!
とても不思議な空間で、扉や館内の装飾もとても美しいです。
キレイなお土産やさんもあるので、お土産を購入してもいいかもしれませんよ?
お庭も美しく、バラやチューリップが咲き誇っています。

メヴラーナ博物館(Mevlana Muzesi)
住所:
Aziziye Mah,Mevlana Cad, No.1,Karatay/Konya,Turkey
営業時間:
9:00~18:30
冬期9:
00~17:00(月曜日は10:00~17:00)
アクセス:
鉄道コンヤ駅から徒歩40分
定休日:
なし
電話番号:
0332-351-1215
料金:
3TL
おススメの時期:
通年(土日は多い)

②ギュルバフチェシ(Gulbahcesi Konya Mutfagi)

靴を脱ぎ、絨毯の上でトルコ料理を食べることが出来るレストラン。
2階のテラス席からはメヴラーナ博物館を見ることができます!

内陸地方独特の料理を楽しむことが出来ますよ。
特にメヴラーナ・ピデという薄焼きピデがおススメ!
ピデというのはトルコの船の形をしたピザのことで、熱々でふんわりしています。
メヴラーナ・ピデは少しスパイシー!

野菜がたっぷり入っているメニューが多いのが特徴。
インゲンやオクラの煮込み料理である「トゥルル」というのも美味しいのでおススメですよ!
もちろんトルコ料理として有名なケバブだって食べられます。
地下ではメヴラーナ教団の旋回舞踊を見ることができますよ!

ギュルバフチェシ(Gulbahcesi Konya Mutfagi)
住所:
Aziziye,42030 Karatay/Konya,Turkey
営業時間:
8:00~22:00
アクセス:
電車コンヤ駅から徒歩40分
定休日:
なし
電話番号:
0332-353-0768
料金:
メルヴァーナ・ピデ10TL~
おススメの時期:
通年

③カラタイ博物館(Karatay Muzesi)

セルジューク朝のジュラレッディン・カラタイによって作られた神学校。
今は陶器博物館として使用されています。
町の城壁やコンヤ砦から発掘された絵版の破片等を展示。
売店では陶磁器が売ってあり、値段も比較的お安いのでぜひお土産に買われてみては?

正面の門はセルジューク朝のときに建てられた美しい門です。
ぜひ実物を写真におさめてみてくださいね!

カラタイ博物館(Karatay Muzesi)
住所:
Ferhuniye Mh,42040 Konya
営業時間:
8:00~18:40
冬期9:
00~16:40
アクセス:
電車コンヤ駅から徒歩28分
定休日:
月曜日
電話番号:
0332-351-1914
料金:
5TL
おススメの時期:
通年

④インジェ・ミナーレ神学校(Ince Minare Medrese)

イスラム関係の彫刻博物館です。
アラビア文字や幾何学模様の浮き彫りがとても美しく、門の脇にあるミナーレの壁面装飾にも注目!
トルコで最も優れた芸術作品の1つといわれています。
1267年にイスラム教の神学校として設立。
細い(=インジェ)尖塔(=ミナーレ)という意味で、尖塔は現在落雷によって少し低くなっています。

それでは天井を見上げてみてください!
ドームの装飾がとっても美しいんですよ。
セルジューク朝時代の建築として最高ともいわれるぐらい。
外観だけでもいいので見る価値はあります。

インジェ・ミナーレ神学校(Ince Minare Medrese)
住所:
Hamidiye,Alaaddin Bulv,No.15,42060 Meram/Konya,Turkey
営業時間:
9:00~18:30
冬期9:
00~16:30
アクセス:
電車コンヤ駅から徒歩21分
定休日:
月曜日
電話番号:
0332-351-3204
料金:
3TL
おススメの時期:
通年

⑤ネジャティ(Necati Hediyelik Esya)

旅行といえばお土産!
そのお土産はココで買ってみましょう。
3階建てで広々とした店内です。

特にセマーゼンというメヴラーナの踊りをするフィギュアがおススメですよ!
独特な顔で今にも踊りだしそう!

ネジャティ(Necati Hediyelik Esya)
住所:
Mevlana Cad,Bostan Celebi Sok No.9
営業時間:
9:00~22:00
アクセス:
電車コンヤ駅から徒歩34分
定休日:
なし
電話番号:
0332-353-1862
おススメの時期:
通年

⑥ゲンチ・オルタックラル・サナート・エヴィ(Genc Ortaklar Sanat Evi)

コンヤならではの伝統工芸品を見てみたい!買いたい!という方にはこのお店。

絵画・陶磁器・銀製品を扱っておいてあります。
中々日本では手に入らないものが、ゲットできるかもしれませんね。

コンヤの文化や歴史について書かれた本も沢山置いてあります。
博物館を廻られてもっとコンヤについて知りたくなった方は、本を読んでみてはどうでしょうか?

ゲンチ・オルタックラル・サナート・エヴィ(Genc Ortaklar Sanat Evi)
住所:
Aziziye Mah Sehitnazimbey Cad, No.6/A
営業時間:
9:00~19:00
アクセス:
電車コンヤ駅から徒歩40分
定休日:
なし
電話番号:
0332-351-0707
おススメの時期:
通年

⑦コンヤ観光案内所(Konya Turizm)

メヴラーナ博物館の手前にあるので、とても見つけやすい観光案内所。
コンヤの地図や博物館のパンフレットがもらえます。
コンヤは日本人観光客が多いため、ちゃんと日本語が出来るスタッフもいらっしゃいますよ!
見所や行き方も教えてくれます。

毎年12月17日までの約1週間、市内スタジアムにて毎日旋回舞踊が一般に披露されるイベントがあります。
メヴラーナ週間と呼ばれ、このチケットもここで購入できますよ!

コンヤ観光案内所(Konya Turizm)
住所:
Aslanl,Kisla Cad,No.5 Karatay Konya
営業時間:
8:00~17:00
アクセス:
電車コンヤ駅から徒歩42分
定休日:
日曜日
電話番号:
0332-353-4021

トルコの主要都市であるコンヤ。
首都しかトルコのイメージはなかったので、コンヤにも行きたくなってきました!
クルクル廻る旋回舞踊はぜひみてみたいですよね。
アンカラから一足伸ばして行ってみてはいかがでしょうか?

maporinn

海外旅行、国内旅行どちらも大好き!一人でふらっと海外に行けたらいくことも。
英語が好きでイギリスには留学経験もあり。
色々な国に行って見たいです!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • トルコの人気なお土産14選!おすすめのトルコ石のアクセサリ...

    トルコ共和国はアジアとヨーロッパ、2つの大陸にまたがる共和国です。様々な文化を持ち、トルコと名のつく食べ物や雑貨などを生み出してきました。トルコは料理も世界三大料理としても有名です。トルコのお土産には魅力的なものがたくさん!今回はそんなトルコに行ったら買うべきトルコのお土産を紹介します。

  • ローカルが愛するトルコの大衆食堂「ロカンタ」のおすすめ店4...

    トルコ料理と言えば中華料理、フランス料理と並んで世界三大料理の一つです!高級なレストランで味わうトルコ料理はもちろんおいしいのですが、一般的な庶民が通う大衆食堂だって負けてはいません!地元客だけでなく旅行客も多く訪れる大衆食堂ロカンタを、今回は厳選してご紹介させて頂きます!

  • トルコ基本情報【トイレ編】

    旅行中だろうと何だろうと、誰もが1日に数回お世話になるのがトイレ。文化が変われば使い方やマナーも変わってくるものです。トルコに行く前に、トイレの見つけ方や使い方など、現地のトイレ事情をしっかりチェックしておきましょう。

  • 【トルコ】古代史をひっくり返す大発見!ヒッタイト帝国の首...

    20世紀の初頭まで、エジプト古王国とも互角にわたりあえる巨大国だったにも関わらず歴史の中で完全に闇に葬られていた謎の帝国、ヒッタイト。首都ハットゥシャの遺跡の発見は、古代オリエント史をくつがえすものとなりました。ここではオリエント最強ともうたわれるヒッタイト帝国の文化を今に残すハットゥシャ遺跡について、ご紹介していきます。

  • トルコ・イスタンブールは買い物天国!旧市街おすすめショッ...

    西洋と東洋の文化が絶妙に混ざり合う魅惑の都市イスタンブール。特に旧市街のベヤズット&エミノニュ周辺にはイスタンブールで絶対に立ち寄りたいおすすめショップがそこかしこに存在します。今回はここだけはハズせない買い物スポット8店をご紹介したいと思います♪

  • トルコ基本情報【お金編】

    旅行に絶対忘れてはいけない大切なものの一つ、お金。馴染みのない通貨の国に行くと、レートと物価を覚えるのに結構時間がかかるものです。事前に少しでも知っておくと、現地に着いてからがスムーズになりますよ。今回は、トルコの通貨単位や両替方法、物価やチップの習慣について解説していきます。

このエリアの新着記事
  • 大量のフラミンゴも!トルコ「トゥズ湖」観光で塩が創る絶景...

    トゥズというのはトルコ語で塩という意味です。トゥズ湖はワン湖に次いでトルコで二番目に大きい湖で、雨が降ると面積は大きくなりますが、普段の面積は1500平方キロメートルほどです。そして、トルコで最も浅い湖です。お土産にかかとクリームもおすすめです。

  • トルコのどこにでもあるスーパービムで買えるトルコ土産15選

    スーパービムはトルコに5千以上の店舗がある、どこででも見つけられるお店です。店内の商品は全国どの店舗でもほとんど同じで、値段もお手頃です。他のお店でお土産を買う前にスーパービムをチェックするとよいです。

  • トルコの人気なお土産14選!おすすめのトルコ石のアクセサリ...

    トルコ共和国はアジアとヨーロッパ、2つの大陸にまたがる共和国です。様々な文化を持ち、トルコと名のつく食べ物や雑貨などを生み出してきました。トルコは料理も世界三大料理としても有名です。トルコのお土産には魅力的なものがたくさん!今回はそんなトルコに行ったら買うべきトルコのお土産を紹介します。

  • イスタンブールのアジアサイド・旧市街・新市街!絶対行くべ...

    トルコの中心地、イスタンブールはヨーロッパ・サイドとアジア・サイドに分かれています。ヨーロッパサイドには旧市街・新市街があり、観光名所の多いヨーロッパ・サイドに人気が傾きがちですが、アジア・サイドにも魅力がいっぱい!今回は様々な逸話が残る美しい建築物とともに、地域別にイスタンブールのおすすめ観光スポットを紹介していきます!

  • イスタンブール新市街! 海峡沿いの街「オルタキョイ」の散策...

    イスタンブールの新市街ボスポラス海峡沿いにある若者に人気の地区、オルタキョイ。手軽に入れるカフェやレストラン、手作りアクセサリーに雑貨、衣料品に絵画におもちゃ・・・とても個性的なお店や屋台が並び、見ているだけでワクワクしてきます。今回はオルタキョイの散策をしてみましょう。

  • イスタンブールで人気の観光名所おすすめ14選!文化の融合が...

    イスタンブールには宮殿や博物館がいっぱい。今回はイスタンブールを訪れたら是非まわってほしいトプカプ宮殿やアヤソフィア博物館、ブルーモスクなどの観光名所をご紹介します。宮殿の豪華な内装やモザイク画などのアートを楽しんでみてください。

  • トルコ基本情報 【交通手段編】どれも利用してみたい交通機関...

    トルコ国内には、イスタンブール歴史地域など、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が11件、複合遺産が2件存在。保養地などもあり、観光資源に恵まれています。そんな世界有数の観光大国での交通事情をまとめてみました。

  • トルコ基本情報 【治安・情勢編】事前にチェックして楽しい旅...

    壮麗なモスクや宮殿、世界的に有名な遺跡など魅力あふれるトルコ。世界中から多くの観光客が訪れる人気度の高い国ですが、旅行の際に気になるのが、現地の治安。この記事ではトルコの治安情勢についてお知らせします。トルコでの滞在を楽しいものにするためのご参考にご覧下さい。

  • トルコ基本情報 【お水事情編】

    東洋と西洋の交わった国、トルコ。エキゾチックな魅力の都市イスタンブールや数々の世界遺産があって、みどころたっぷりです。一度は訪れたい国、そんなトルコのお水事情を探ってみました。

  • トルコ基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    親日家と言われるトルコ人。トルコに行ったなら、そんな様子を肌で感じてみませんか。トルコ語で話しかけてみればトルコの人々は笑顔で接してくれることでしょう。日本ではなじみのないトルコ語ですが、これだけ覚えればトルコでなんとかなる、旅先で役に立つトルコ語をご紹介しますね。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事