トルコ・カイセリ中心部の観光スポット!おすすめグルメにお土産も!

3,189

views

0

カイセリは人口134万人の中央アナトリアで最も大きい町です。 カッパドキアの中心へは車で1時間ほどで行けるので、カッパドキア観光にカイセリの空港を利用する人も多いです。 町の中心の観光スポットは近くに集中しているので、歩いて見て回れます。

観光

カイセリ城

町の中心の目印はカイセリ城の城壁です。ひと目でこれがお城であることがわかります。
このお城はビザンティン帝国時代にユスティアヌス1世によって建てられました。
以前は場内にお店が連なっていましたが、2013年からはここを考古学博物館にする工事が続いています。

共和国広場

カイセリ城から大通りを渡ったところにあるのが共和国広場です。
クーデター未遂後、カイセリ中の人が毎晩ここに集まりました。

またこの広場の後方にはアタトゥルク像があります。

観光案内所

お城の横には観光案内所がありますが、中は物置き場になっていて機能していないようです。この辺りはそれほど忙しそうな人がいないようなので、場所がわからないときは聞くとよいでしょう。

セイイッド・ゼイネラビディンの霊廟

観光案内所のそばにある霊廟です。セイイッド・ゼイネラビディンはイスラム教神秘主義リファーイー教団の教主でした。窓から中をのぞくことができます。

フナット・ハトゥンコンプレックス

セルジュク時代にアラディン・ケイクバット1世の妻フナト・ハトゥンによって建てられました。モスク、神学校、ハマム(共同浴場)、墓があります。

ドネル・クンベット

カイセリ城から徒歩20分ほどの大通り沿いにあります。
土台がねじれたようなデザインになっているのでドネルという名前がついています。
アラディン・ケイクバット1世が、亡くなった娘シャフジハンハトゥンのために建てた霊廟です。

買い物

地下商店街

カイセリ城から共和国広場までの大通りの地下は商店街になっています。
新しい綺麗な商店街で、日本の地下街に似ています。トイレも無料で利用できます。

屋根付き商店街

カイセリ城の裏側にはカパルチャルシュと呼ばれる屋根付き商店街があります。
地下商店街に比べ薄暗いですが、より多くのお店が入っています。

お魚店街

カイセリ城の隣の道路沿いにはお魚屋さんが並びます。パンの間にサバやカタクチイワシと野菜を挟んだお魚パンが食べられます。

道沿いのお店

お城近くの道は商店が連なっていて、値段もお手頃です。
日本では珍しいものも並んでいます。

カイセリの名産

スジュク

乾燥させた腸の中にスパイス入りの挽き肉を詰めてソーセージです。

パストゥルマ

パストゥルマは生肉の塊に塩をして数日間重石をして置き、チェメンと呼ばれるトマトペーストやスパイスを混ぜたものを回りに塗って乾燥させて作ります。

カイセリマントゥ

中に肉が入ったミニサイズの水餃子で、ニンニクヨーグルトをかけて食べます。

路面電車

カイセリ城前までは路面電車が通っており、バスターミナル付近からも1本で行くことができます。料金は1.8リラです(2016年9月現在)。

最後に

いかがでしたか?カイセリ中心は人やお店が多く、歩いているだけで楽しめます。
カイセリ空港利用の際に時間があれば、観光してみてはどうでしょう。

miki

トルコのカッパドキアで7人の子供たちと生活しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • トルコの人気なお土産14選!おすすめのトルコ石のアクセサリ...

    トルコ共和国はアジアとヨーロッパ、2つの大陸にまたがる共和国です。様々な文化を持ち、トルコと名のつく食べ物や雑貨などを生み出してきました。トルコは料理も世界三大料理としても有名です。トルコのお土産には魅力的なものがたくさん!今回はそんなトルコに行ったら買うべきトルコのお土産を紹介します。

  • トルコのどこにでもあるスーパービムで買えるトルコ土産15選

    スーパービムはトルコに5千以上の店舗がある、どこででも見つけられるお店です。店内の商品は全国どの店舗でもほとんど同じで、値段もお手頃です。他のお店でお土産を買う前にスーパービムをチェックするとよいです。

  • ローカルが愛するトルコの大衆食堂「ロカンタ」のおすすめ店4...

    トルコ料理と言えば中華料理、フランス料理と並んで世界三大料理の一つです!高級なレストランで味わうトルコ料理はもちろんおいしいのですが、一般的な庶民が通う大衆食堂だって負けてはいません!地元客だけでなく旅行客も多く訪れる大衆食堂ロカンタを、今回は厳選してご紹介させて頂きます!

  • トルコ基本情報【トイレ編】

    旅行中だろうと何だろうと、誰もが1日に数回お世話になるのがトイレ。文化が変われば使い方やマナーも変わってくるものです。トルコに行く前に、トイレの見つけ方や使い方など、現地のトイレ事情をしっかりチェックしておきましょう。

  • 【トルコ】古代史をひっくり返す大発見!ヒッタイト帝国の首...

    20世紀の初頭まで、エジプト古王国とも互角にわたりあえる巨大国だったにも関わらず歴史の中で完全に闇に葬られていた謎の帝国、ヒッタイト。首都ハットゥシャの遺跡の発見は、古代オリエント史をくつがえすものとなりました。ここではオリエント最強ともうたわれるヒッタイト帝国の文化を今に残すハットゥシャ遺跡について、ご紹介していきます。

  • トルコ基本情報【お金編】

    旅行に絶対忘れてはいけない大切なものの一つ、お金。馴染みのない通貨の国に行くと、レートと物価を覚えるのに結構時間がかかるものです。事前に少しでも知っておくと、現地に着いてからがスムーズになりますよ。今回は、トルコの通貨単位や両替方法、物価やチップの習慣について解説していきます。

このエリアの新着記事
  • 大津事件の絵も!トルコの穴場観光スポット「ムスタファパシ...

    ムスタファパシャはウルギュップから5kmのところにある小さな町。1890年のオスマン時代にはギリシャ人4500人、トルコ人600人とより多くのギリシャ人がいましたが、1923年の住民交換によりギリシャ人はいなくなり、建物だけが残りました。

  • 大量のフラミンゴも!トルコ「トゥズ湖」観光で塩が創る絶景...

    トゥズというのはトルコ語で塩という意味です。トゥズ湖はワン湖に次いでトルコで二番目に大きい湖で、雨が降ると面積は大きくなりますが、普段の面積は1500平方キロメートルほどです。そして、トルコで最も浅い湖です。お土産にかかとクリームもおすすめです。

  • トルコのどこにでもあるスーパービムで買えるトルコ土産15選

    スーパービムはトルコに5千以上の店舗がある、どこででも見つけられるお店です。店内の商品は全国どの店舗でもほとんど同じで、値段もお手頃です。他のお店でお土産を買う前にスーパービムをチェックするとよいです。

  • トルコの人気なお土産14選!おすすめのトルコ石のアクセサリ...

    トルコ共和国はアジアとヨーロッパ、2つの大陸にまたがる共和国です。様々な文化を持ち、トルコと名のつく食べ物や雑貨などを生み出してきました。トルコは料理も世界三大料理としても有名です。トルコのお土産には魅力的なものがたくさん!今回はそんなトルコに行ったら買うべきトルコのお土産を紹介します。

  • コンヤで行くべき人気のおすすめ観光スポット7選!外さない...

    トルコというと首都アンカラばかりに目が移りますが、そんなことはありません!「コンヤ」という都市を知っていますか? ここには宗教色の強い遺跡やきれいな彫刻が沢山! コンヤのお土産品やご飯を食べて、トルコをもっと満喫しましょう。

  • トルコ基本情報 【交通手段編】どれも利用してみたい交通機関...

    トルコ国内には、イスタンブール歴史地域など、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が11件、複合遺産が2件存在。保養地などもあり、観光資源に恵まれています。そんな世界有数の観光大国での交通事情をまとめてみました。

  • トルコ基本情報 【治安・情勢編】事前にチェックして楽しい旅...

    壮麗なモスクや宮殿、世界的に有名な遺跡など魅力あふれるトルコ。世界中から多くの観光客が訪れる人気度の高い国ですが、旅行の際に気になるのが、現地の治安。この記事ではトルコの治安情勢についてお知らせします。トルコでの滞在を楽しいものにするためのご参考にご覧下さい。

  • トルコ基本情報 【お水事情編】

    東洋と西洋の交わった国、トルコ。エキゾチックな魅力の都市イスタンブールや数々の世界遺産があって、みどころたっぷりです。一度は訪れたい国、そんなトルコのお水事情を探ってみました。

  • トルコ基本情報 【言語・お役立ち会話編】

    親日家と言われるトルコ人。トルコに行ったなら、そんな様子を肌で感じてみませんか。トルコ語で話しかけてみればトルコの人々は笑顔で接してくれることでしょう。日本ではなじみのないトルコ語ですが、これだけ覚えればトルコでなんとかなる、旅先で役に立つトルコ語をご紹介しますね。

  • トルコのスーパーでも買える「ドネル・ケバブ」!世界で大人...

    今やトルコのドネル・ケバブはどんな食文化の人にも受け入れられ、世界中で愛されている食べ物です。トルコ人移民の多いドイツではナンバー1ファーストフードとして大人気。日本でも秋葉原で人気となり、ドネル・ケバブを売るお店がどんどん増えています。

このエリアの人気記事
新着記事