機内食の裏技!こんなことができるって知ってた?

7,087

views

0

海外旅行の楽しみのひとつとしている方も多い、飛行機での機内食。 いつも何気なく選んでいる機内食ですが、「チキンorビーフ?」だけではなく、実は奥深い楽しみ方が隠されているんです。 機内食の秘密とは!?旅の楽しみが増えちゃう裏技のご紹介です♪

おかわりができる!

機内食は”おかわり”ができます。ただし必ずおかわりできるわけではなく、機内食に余分が出た場合に限ります。

大抵は余裕を持った数を積み込む場合が多いそうですので、フィッシュもチキンも両方食べたい!という欲張りさんはお腹に余裕があれば一度CAさんにこっそりと『おかわりありますか?』と声をかけてみてください♪

おかわりは当然のサービスではありませんので、あくまで丁寧に尋ねましょう。

”特別機内食”があるって知ってた?

日本の大手航空会社はもとより、各国の航空会社には『特別機内食』と呼ばれる食事が存在することをご存知ですか?

宗教の関係上ある特定の材料が食べられない場合、アレルギーや糖尿病などの持病がある場合等に、宗教戒律や体質に配慮し作られた特別な機内食のことをいいます。

それら以外にもお子様向け、ベジタリアン向け、フルーツオンリー、低カロリー…というように数多くの要望に対応した機内食が用意できるようになっています。まさに至れり尽くせりですね。

私の知人が以前、海外旅行の際にコーシャフード(ユダヤ教の戒律に則って作られた食事)の機内食を頼んだ事があります。ちなみに彼女はユダヤ教徒でもなんでもなくただの好奇心からの行為だったようですが。

当時の味の感想は「普通の機内食にすればよかった…」でした。あくまで彼女の個人的感想です。

面白半分で各宗教の食べ物を食べるとこのように痛い目を見る可能性があるものの、飛行機の中だと食欲もあまり出ないことも多いですし、フルーツだけ・野菜だけの、胃に優しい食事をあえて選ぶのはアリですよね。

特別機内食の頼み方

食事内容については各社異なりますのでHP等を参照して事前に調べておきましょう。機内食の種類一覧と飛行機出発前のいつまでに頼めばいいのかが、詳しく記載されています。

航空会社に直接お願いする方法と、ツアー旅行で行かれる場合は旅行会社に『特別機内食の手続きをしたいのですが』と電話やメール等で問い合わせしてみる方法があります。

いつもとはちょっとかわった食事がしたい!と思った方はぜひ一度試してみることをおススメします!

航空会社のHPを見ると、こんなに?!と驚くくらいの様々な種類の特別機内食が案内されています。

なぜ知人はあれだけの中からあえてコーシャフードを選んだのかは未だにわかりませんが、私が次に飛行機を利用するときは違うものを選んでみようかと考えています。皆さんも一度お試しあれ♪

とかこ

30代主婦。寺社仏閣など歴史ある建物を見ること、そしてご当地のおいしいものを食べる事が好きです。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • ラプンツェルの世界!世界のランタン祭りまとめ

    人気ディズニー映画の一つ「塔の上のラプンツェル」。この映画のモデルとなったことで有名なランタン祭り。スカイランタンとも呼ばれていて、空に無数のランタンが飛んで行く光景はまさにおとぎ話の中のような光景です。このスカイランタン祭り、実は世界各地で行われています。今回はそんなスカイランタン祭りをご紹介します。

  • 世界各国の伝統的なクリスマスケーキ&スイーツまとめ

    クリスマスといえばケーキ。日本では生クリームのデコレーションケーキが主流ですが、世界ではさまざまな伝統的なクリスマスケーキがたくさん!今年の手作りクリスマスケーキは、いつもとちょっと違ったケーキに挑戦してみてはいかがでしょうか?

  • 世界各国のクリスマスに飲む飲み物まとめ!お酒はもちろんノ...

    いろいろな国のクリスマスに飲まれる特別な飲み物をレシピ付きでまとめてみました。すでにご存じのものもあるかもしれませんが、ホームパーティーなどのネタにいかがですか?是非試してみてくださいね。

  • なんと無料!! トランジットで市内観光ツアーに参加できる空港...

    空港で乗り継ぎをする際、次の飛行機までかなり時間が空いてしまうことがありますよね。 そんな時、ビザなしでも乗り継ぎ空港から市内観光ツアーに参加できる空港をご存知でしたか? しかも、なんとツアー参加日は無料! 入国審査を受けずに入国できるので、数時間余裕があれば参加できるのです。 これなら空港内で暇つぶしすることなく、トランジットですらも楽しめますね!

  • 出来れば避けたい!世界の危険な空港ランキングワースト8

    世界にはどうしてこんなところに空港を作ったの?と思わず目を疑う場所に空港があります。どうしてもその地域に旅行に行きたければその空港を利用するしかありませんよね。ここでは、世界の危険な空港をランキング形式でご紹介!訪れる際のイメージトレーニングにどうぞ。

  • 日本国内の面白いホテル3選!アイスホテルやキャラクター部...

    今年のゴールデンウィークや夏休みは、どこにお出かけする予定ですか?どうせだったらいつもとはちょっと違う、変わった部屋に泊まってみたいと思いませんか?今回は、大人もドキドキワクワクする珍部屋を厳選してご紹介したいと思います!

このエリアの新着記事
  • あなたの旅の参考に♡恋人と巡る世界絶景の旅!フォトグラファ...

    美女が手を引く印象的な写真の数々は、フォトグラファー ムラード オスマン(Murad Osmann)によって撮影されたもの。今、世界中で注目を集める彼の写真と一緒に世界各地の絶景を巡ってみよう!

  • 海外旅行初心者さんにおすすめの国3選!初めての海外旅行で行...

    言葉の壁、文化の違い…。不安が尽きない初めての海外旅行先はやはり定番の国を選ぶといいでしょう。日本人が多く行く国なら日本語の表記があったり、現地の人が日本語で助けてくれたり、日本人スタッフが常駐していたりと助かることも多いはず。今回は、初心者でも安心して旅行できるおすすめの国を3つご紹介します。

  • 心と体を癒す場所!緑の絶景を訪ねよう

    アクティブな旅もいいけれど、時には疲れた心身を癒すようなヒーリングの旅を求めることもありますよね。 それなら都会ではなかなか触れ合えない、緑の絶景に癒される旅はどうでしょうか? 空気をいっぱいに吸い込みたくなるような、優しい絶景をご紹介します!

  • 死ぬまでに見たい世界の色別絶景 ~青編~

    死ぬまでに見たい絶景~青編~と題して、やはり一番は水に関する絶景。 私達が住む地球の表面の3分の2は水で覆われています。その水が造り出す幻想的な景色が世界中には数多くありますが、その中でも特に印象に残る場所、そして水以外の物が作り出す神秘的な青の世界を紹介します。

  • オーストリア・チェコ・ハンガリーで活躍した5人の世紀末建築...

    せっかく旅行に行くのなら、美しく歴史のある建物を楽しみたいですよね。さらに、その建物を建てた偉大な建築家たちについて知っておけば、観点も変わってくるかも!?ここでは中欧を代表する世紀末建築家とその代表的な建築物についてご紹介します。

  • 一緒に世界旅行をしている気分になれる!10歳の少女ララちゃ...

    今、Instagram上で人気を集めている10歳の少女「ララちゃん」を あなたはご存知でしょうか? 彼女のInstagramのフォロワーはなんと70万人近く! 一般人ながら芸能人並のフォロワー数をもっています。 どうして10際の少女がここまで有名になったのでしょう? 今日はララちゃんのInstagramの魅力をご紹介します。

  • 料理で世界を旅できる料理教室「Tadaku」って?

    いつもスリランカの観光地をご紹介していますが、今回は日本在住の外国人が教える家庭料理教室を主宰しているTadakuさんのイベントについてご紹介します。 お料理教室に登録している先生の出身国は30ヶ国以上。お料理教室は、ほとんどの場合各先生のご自宅で行われるので、日本に居ながら様々な国の料理とそして文化に触れる事ができます。 今日は、ヨーロッパのこの国!今日はアジアのどの国にしよう?もちろん、スリランカも!!まさに旅をするように、その時の気分に合わせて、いろいろな国のお料理を体験できます。 先生の数も

  • これはお酒がすすむ!HIS発表の世界のおつまみランキング

    世界中に数あるグルメの中から、これはお酒に合う!という基準で選ばれたおつまみランキング。2015年に旅好きのフォロワーを対象に、海外旅行の会社として名高いHISの海外支店がピックアップしたおつまみを選んでもらいました。これはチェックするしかないですね!

  • プリンセスの舞台も!ディズニー好きに人気の観光スポット3...

    日常で過ごしていく為の非日常なエッセンスとなる旅行…でも、ただ旅先へ行って帰ってくるだけではつまらないと思いませんか?美味しいものを食べて仕事を忘れて羽を伸ばして…それで終わりではなく、二人の記憶に一生残る『思い出』を作れる場所を紹介します。

  • 旅行に持って行くべき一眼レフカメラのメリットを徹底解説!

    近頃はスマホカメラの性能がどんどん良くなり、旅行にデジタルカメラを持って行かない人も結構いるのではないかと思います。ですがスマホの写真をパソコンで確認したり現像してみると、思いのほか画像が粗かったり、何となくゆがんでいる?と感じたことはありませんか?そこで改めて、デジタル一眼レフカメラの存在にスポットを当ててみたいと思います。次の旅行から、再びカメラを持って行きたくなるかもしれません。

このエリアの人気記事