サイパンからすごそこ!楽園ロタ・テニアンの綺麗な海に行ってみよう!

3,186

views

0

日本から飛行機で約3時間半で行ける常夏の島サイパン。そのサイパン本島からひと足延ばしたところにあるロタ島とテニアン島は、とても美しいビーチなど自然がいっぱいの楽園。あまり知られていないから人も少ない穴場スポットなんです!

ロタ島

ロタ島はサイパンから飛行機で約30分のところにある、北マリアナ諸島屈指の自然豊かなエコアイランド。熱帯ジャングルや美しい海に囲まれ、先住民チャモロ人の伝統色が強く残るのんびりとした島では、ゴルフやダイビングを楽しめる。

Rota Island(ロタ島)
住所:
Northern Mariana Islands
アクセス:
サイパンからセスナ機で約30分
電話:
03-3225-0263

テテトビーチ

白砂の美しさはロタ島随一といわれる遠浅の美しいビーチ。透明度も高く魚も見ることができる。波が穏やかなので子連れでも安心して楽しめるビーチだ。

Teteto Beach(テテトビーチ)
住所:
Teteto Beach Park
アクセス:
ロタホテルから歩いて15分ほど

スイミングホール

スイミングホールは海沿いにある岩礁穴で、吹き出した真水と海水と混ざり合ったまさに天然のプールだ。透明度が非常に高くシュノーケリングにも最適。ただし海が荒れているときは危険なので注意が必要。

Swimming Hole(スイミングホール)
住所:
ロタ島北部
アクセス:
空港より北へレンタカーですぐ

タガストーン遺跡

タガストーン遺跡は古代チャモロ人の石柱遺跡で、巨大な円形状に切り出した様子や溝を掘った跡など、タガストーンを切り出す工程跡を見ることができる。同じような遺跡がテニアン島にもある。

Taga Stone Quarry(タガストーン遺跡)
住所:
ロタ島北東部
アクセス:
空港より東へレンタカーですぐ

テニアン島

テニアン島は北マリアナ諸島でサイパン島に次ぐ2番目に大きい島で、サイパンからは飛行機で約10分、予約不要なので気軽に行くことができる。島内にはマリアナ最大のカジノと手つかずの自然が多くあり、世界屈指の透明度を誇る海が最大の魅力だ。

Tinian Island(テニアン島)
住所:
Northern Mariana Islands
アクセス:
サイパンから飛行機で約10分。
電話:
03-3225-0263

タガビーチ

古代タガ王朝のプライベートビーチであったといわれるタガビーチは、小さいながらも非常に美しい海が広がるビーチ。過去にはCM撮影などのロケ地としてもたびたび使用されていた。

Taga Beach(タガビーチ)
住所:
テニアン島南部
アクセス:
空港からレンタカーで南へ。

タチョンガビーチ

タガビーチの隣にあるタチョンガビーチでは、ジェットスキーやパラセーリングなどさまざまなマリンアクティビティを楽しめる。更衣室やトイレなどの設備も充実。

Tschonga Beach(タチョンガビーチ)
住所:
テニアン島南部
アクセス:
空港からレンタカーで南へ

テニアングロット

テニアングロットはテニアンで一番人気のダイビングスポット。水深11mほどの棚にあいた3つの穴が中でつながっていて、縦に通り抜けられるようになっている。穴から差し込む青い光によってとても幻想的なブルーの空間が広がっている。

Tinian Grotto(テニアングロット)
住所:
テニアン島西部
アクセス:
空港からレンタカーで北西へ

美しい自然が広がるロタ・テニアンはいかがでしたか?日本からもあまり遠くなく、気軽にのんびりとした美しい南の島の気分が味わえるので、ぜひ行ってみてください!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • サイパンの伝統料理「チャモロ料理」人気レストランおすすめ2選

    サイパンに行ったらぜひ食べたいのがチャモロ料理。国際色豊かな食事が楽しめるサイパンですが、もともとは先住民チャモロ人に継承されてきた地元の料理があります。今回はサイパンが初めての方でも安心して訪れることのできる、おすすめレストランを2つご紹介します。

  • サイパンを満喫!繁華街ガラパンの知っておきたい基本情報

    サイパンは、日本から直行便を使えば約3時間で行ける常夏の島。日本からの観光客が多く、大変人気のスポットです。観光の拠点となるのがサイパン随一の繁華街である「ガラパン」。今回はガラパンでの過ごし方について詳しくご紹介します!

  • サイパン旅行で活用したい4つの移動手段まとめ

    手軽なビーチリゾートとして人気のサイパン島。島の面積は約185平方キロメートル。日本で例えると、瀬戸内海に位置する小豆島と同じ大きさというコンパクトな島です。滞在中に気になるのは島の移動手段。そこで今回はサイパン滞在中の移動手段を4つご紹介します。

このエリアの新着記事
  • サイパン島で太平洋戦争の歴史を感じる観光スポット6選!刑...

    第一次世界大戦後から日本の植民地であったサイパン。その頃は漢字で「彩帆島」とも表記されていました。第二次世界大戦中には旧日本軍司令部が置かれ、アメリカ軍との戦いで住民をも巻き込み、たくさんの方たちが亡くなったところです。そんな太平洋戦争の歴史跡を6つ巡ってみましょう!

  • サイパンでショッピング!免税店DFSギャラリアで人気のブラン...

    世界のラグジュアリーブランドのショップが揃うDFSギャラリア。免税店でのお買い物って楽しいですよね。お土産購入にもピッタリです。今回はDFSギャラリアの中でも特に人気の一流ブランドブティックエリアにあるトップブランドをご紹介します!

  • 北マリアナ諸島基本情報 【気候・服装編】

    北マリアナ諸島というとピンとこないかもしれませんが、日本からも多くの観光客が訪れるサイパンがある場所です。素朴でのんびりとした雰囲気が漂うサイパンのほか、ダイバーに人気のロタ島、テニアン島など、北マリアナ諸島には魅力たたくさん!本記事ではそんな北マリアナ諸島の気候や服装について紹介しましょう。

  • サイパンのお土産おすすめ15選!間違い無しの人気のお土産を...

    サイパンは日本から3時間半で行くことができる楽園。伊豆大島の2倍程の小さな島です。お土産物屋さんもある程度、密集しているので便利だと思います。サイパン限定の商品もあるので、たくさん見つけてみてください。

  • サイパンダイビングで出会うカラフルな魚たち!ダイバー憧れ...

    ダイバーが憧れる美しい海に囲まれたサイパン。サイパンの海ではカラフルでかわいい魚、珍しい魚に出会えます。今回はサイパンの海で出会える魚をまとめました。海の中のチャンスを見逃さないためにもサイパンダイビング前に要チェック!

  • サイパン一人旅でやること!おすすめ観光名所15選!

    サイパンは美しい珊瑚礁の海に囲まれた自然豊かな島。日本からも直行便で3時間ほどで行けるのも人気の理由となっています。ここでは、今一人旅で訪れたいサイパンの魅力が詰まった観光名所15選をお届けします!

  • サイパン女子旅おすすめ観光&グルメスポット15選!女子旅で...

    サイパンを訪れる人の多くが、ダイビングやマリンスポーツ、リゾートでの滞在が主となるでしょう。魅力の尽きないサイパンですが、今回は女子旅を計画している女子向けの記事。サイパンの魅力をトコトン味わう方法から、観光スポット、グルメ、オススメのビーチでの過ごし方など盛りだくさんでお届けします。

  • 北マリアナ諸島基本情報 【祝日・祭日・ビジネスアワー編】

    サイパンがある北マリアナ諸島では、祝祭日にさまざまなイベントが催されています。その期間にサイパンを訪れたら、ぜひ地元の人と一緒に楽しんでみてください。本記事ではサイパンを中心に北マリアナ諸島の祝祭日やビジネスアワーについて紹介しましょう。

  • 北マリアナ諸島基本情報 【治安・情勢編】

    サイパンがある北マリアナ諸島は人気の観光地。常夏の島で一年中マリンスポーツを楽しむことができます。そんな北マリアナ諸島の治安は比較的よく楽しく過ごすことができます。ここではサイパンを中心に北マリアナ諸島の治安と気を付けたいことについてまとめてみました。

  • 北マリアナ諸島基本情報 【時差・空港編】

    北マリアナ諸島のサイパンまでは日本からの直行便で3時間半。午前中に出発すれば、午後から有意義に過ごすことができますね!本記事ではそんな北マリアナ諸島への行き方、国際空港、時差などをまとめてみました。

このエリアの人気記事