「荒野のバラ」サラマンカ!世界でも最古の大学町を散策してみよう

1,472

views

0

ヨーロッパ有数の大学町サラマンカ。学生たちの声が響く活気に満ちた町でありながら、歴史的な建造物も数多く残っています。オススメはもちろん、世界遺産にも登録されている旧市街です。美しい町並みの中、留学生にでもなった気分で、ぶらぶらと散策してみてはどうでしょうか。

古代ローマ時代から栄える「金色に輝く町」

大都会のような賑やかさはないものの、それでいて心が惹かれる場所というものはあるもので、スペイン最古の大学町サラマンカも、そのひとつではないでしょうか。

首都マドリッドから北西に約200km。荒涼としたカスティーリャの大地の中、トルメス川のほとりにあるこの町のことをthe rose of the desert(荒野のバラ)と呼んだのは、イギリスの旅行作家、故エドワード・ハットンでした。

サラマンカは紀元前の昔、あのカルタゴの英雄ハンニバルが征服した町でもありますが(前217年)、交易の中心地として本格的な繁栄の時代を迎えるのはレコンキスタ後、とくに1218年にサラマンカ大学が設立されて以降のことです。

またそれとは別に、サラマンカは「金色の町」(La Ciudad Dorada) とも呼ばれています。これは建材として使われている黄褐色の砂岩が、光に輝く様子を表現したものです。

サラマンカ (Salamanca)
アクセス:
 マドリッドから鉄道で約2時間45分
 高速バスだと約2時間半

散策はスペインで最も美しい「マヨール広場」から!

散策を始めるにあたってまず目指すのは旧市街の中心、マヨール広場です。スペインで一番美しい広場と言われていますが、日本のどこか殺風景な広場とは違い、4階建ての建物に囲まれているところが面白いです。

建設が始まったのはスペイン継承戦争の後、1729年のこと。ブルボン家のフェリペ5世を応援したことへの感謝として、王からこの町に贈られたものです。

学生の町だけに、夜もなにかと賑やかなのがマヨール広場です。それもそのはず、建物の1階部分はアーケードになっていて、そこには多くの店が並んでいます。

出典:youtube

マヨール広場でのトゥナの演奏

サラマンカが発祥とも言われているのが、スペインの伝統音楽のひとつ学生の楽団「トゥナ」の演奏です。衣装はちょうちん袖の上着に黒のタイツ。伴奏にはギターやマンドリンが使われます。

運が良ければマヨール広場でも聴けますが、もちろんトゥナとはいえ、「元」学生の方も活躍されているようです。

マヨール広場 (Plaza Mayor)
アクセス:
旧市街のほぼ中央
 サラマンカ駅から約1.5km

昔の騎士は貝がお気に入り?

マヨール広場から、サラマンカ大学のほうに歩いていく途中にあるのが、この一風変わった建物です。「貝の家」と呼ばれていますが、その言葉のとおり、帆立貝の形をした装飾で壁のほとんどが覆われています。

建てられたのは1438年。現在は公共の図書館として利用されていますが、元をただせば、サンティアーゴ騎士団に属する人物の館でした。

サンティアーゴ騎士団といえば、巡礼者を守るのが任務だったわけですが、そのサンティアーゴ巡礼の象徴が実は帆立貝だったのです。

貝の家 (casa de las conchas)
住所:
Calle Compañía, 2, 37002 Salamanca
アクセス:
マヨール広場から約250m
開館時間:
 月~金 9:
00~21:00
 土 9:
00~14:00、16:00~19:00
定休日:
日曜 
電話番号:
923-269317
料金:
無料

スペイン最古の「サラマンカ大学」でカエルを探す!

ボローニャ大学、パリ大学、オックスフォード大学と共に、ヨーロッパでも最古の部類に属する大学として、今なお多くの留学生を集めているのがサラマンカ大学です。あのコロンブスも、ここで天文学を学んでいました。

正面入口は1534年に造られたものですが、細かな浮き彫りが壁一面に施されており、プラテレスコ様式の傑作と言われています。

ちなみに、プラテレスコという言葉。もともとはプラテリーア(銀細工)からできた言葉です。つまりは、まるで銀細工のような細かな彫刻を多用したことから、そう呼ばれたわけですね。

もしあなたが資格試験でも目指しているのであれば、ぜひとも探して欲しいのがこのカエルです。ファサードの彫刻の中、このカエルを見つけた人は学業を達成できるという言い伝えがあるからです。

みやげ物屋にはカエルの置物もあったりしますから、受験生へのおみやげには喜ばれるかもしれませんね。

図書室や16世紀当時の講義室など、歴史的に由緒のある部分を見学することも可能です。ちなみに図書室には羊皮紙の手写本をはじめ、グーテンベルグが活版印刷術を発明する前の貴重な文献も数多く保管されています。

サラマンカ大学 (Universidad de Salamanca)
住所:
37008 Salamanca
アクセス:
マヨール広場から約400m
開館時間:
 7/1~9/15
  月~土 10:
00~14:00、16:00~20:30
  日・祝 10:
00~14:00
 9/16~6/30
  月~土 10:
00~19:00
  日・祝 10:
00~14:00
電話番号:
923-294400
料金:
10ユーロ、学割5ユーロ

荘厳な「カテドラル」に宇宙飛行士を発見!

サラマンカ大学のすぐそばにあるのが、新旧のカテドラルです。旧カテドラルが12世紀のロマネスク様式の建築なのに対して、新カテドラルは16~18世紀に建築されたもので、ゴシック様式が基調となっています。

見どころとしては、旧カテドラルにあるニコラス・フロレンティーノ作の祭壇画とフレスコ画、さらにはスペインで最も美しい塔の一つに数えられている、同じく旧カテドラルの円錐形のドーム(雄鶏の塔)などが挙げられます。

新カテドラルに施された彫刻です。コレ、いったい何に見えますか? どう見ても宇宙飛行士にしか見えませんね。

ガーゴイルの彫刻は別に珍しくはありませんが、問題は手に持っているモノです。アイスクリームのコーンのようにも見えますが、どうでしょうか? でも、宇宙飛行士にしろアイスクリームにしろ、どうしてそんなものが18世紀の建物にあるのでしょう。

答えは簡単。1992年の修復工事の際、付け加えられたものだからです。修復家によるひとつのサインとして、こういうことはよく行われるそうです(宇宙飛行士は20世紀を、アイスクリームを持ったガーゴイルは学生を象徴しています)。

カメラが趣味の方には旧市街の南、トルメス川から見た町の遠景がおすすめです。上の写真はローマ橋の上からのものですが、橋を渡った対岸から川や岸辺の様子を捉えながら町を撮影するのも悪くありません。

新旧のカテドラル (Catedral nueva, Catedral vieja)
住所:
Calle Cardenal Pla y Deniel 37008 Salamanca
アクセス:
マヨール広場から約400m
開館時間:
 新カテドラル
  4~9月 9:
00~20:00
  10~3月 9:
00~17:30
 旧カテドラル
  4~9月 10:
00~19:30
  10~3月 10:
00~17:30 
電話番号:
923-217476
料金:
4.75ユーロ(新旧カテドラル共通)

最後はバールで乾杯!

サラマンカの旧市街をひと通り回って、すぐにサヨナラではちょっと寂しすぎます。できることなら、マヨール広場あたりにホテルを取って、夜のサラマンカも散策してみてはどうでしょうか。

観光スポットもライトアップされて昼間とは違った姿を楽しめますし、バールをはしごしつつ、学生や地元の人たちに混じりながらサラマンカならではの美味しいタパスで一杯やるのも最高ですね。マドリッドなどとはまた違ったスペインが、そこにはきっとあるはずです。

Caroll

昔からのクラシック音楽ファンということもあって、やっぱりヨーロッパが好きですね。あと歴史も好きなので、「旅と歴史」という視点から、いろいろと書いていければと思っています。どうぞ、よろしく!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • バルセロナといえばチョコが人気!有名チョコレートショップ5選

    スイーツ好きなら有名なバルセロナのチョコレート。実はこの街、ヨーロッパで初めてチョコレートが伝わったところなのです。そんな世界でもトップクラスのチョコレートが味わえる専門店を訪ねてみませんか?

  • バルセロナでばらまきお土産ゲット!バルセロナおすすめスー...

    観光の合間にささっと買いたいのが、ばらまきお土産。スペイン・バルセロナ旅行でばらまき土産を選ぶのが楽しくなるような、スーパーや専門店をご紹介します!

  • スペインバルで頼むべき定番ドリンク&お酒10選

    楽しい楽しい、スペインでのバル巡り。本場のバルは一日を通して利用されます。休憩などにも利用する機会が沢山あると思います。お気に入りのピンチョスやタパスをつまみに何を飲みますか?朝食には何を頼みますか? 個性的で美味しいスペインの飲み物をドドーンとご紹介します。

  • スペインのお土産はこれで決まり!おすすめ人気お土産まとめ15選

    「スペインへ行くけど、お土産はどうしよう。」そんなあなた!「スペインと言えば○○!」というものから意外と知られていなモノまで、スペインには様々な魅力的なお土産があるんです。今回はそんなスペインの魅力たっぷりのお土産から厳選した15選をお届けしたいと思います。

  • マドリードでおすすめのお土産アイテム15選!人気のお土産で...

    「マドリードのお土産に何を選ぼうかな?」そんな心配をしている方にお届けしたい、最新のスペイン・マドリードお土産選りすぐり15選をお届けします。お土産だけでなく、それにまつわるスペイン情報・お得な情報も合わせて盛り込みました。旅の準備ができたら素敵なスペイン・マドリードの旅に出発です!

  • マラガ観光はここがおすすめ!人気スポットおすすめ6選!

    マラガはスペインで重要といわれる地域、コスタ・デル・ソルの中心地。マラガを拠点にバスで2時間たらずで着いてしまう絶景地ロンダ・ネルハ。どんな絶景が待っているのか、少しだけご紹介します!

このエリアの新着記事
  • スペインと言えばコレ!スペイン旅行で知っておきたいお土産20選

    スペインは観光スポット満載で人気の国。サグラダファミリアで有名なガウディ作品に、スペイン出身のピカソが描いた有名絵画を多数所有する美術館、南にはイスラム建築が美しいアルハンブラ宮殿など様々。だからこそ、お土産も種類豊富!今回はスペインの玄関口、マドリードとバルセロナで買えるお土産をご紹介します♪。

  • スペインで買いたいお土産TOP25!定番からバラマキ用まで

    フラメンコや闘牛で有名なスペインは、情熱あふれる国として日本人にも人気の渡航先です。今回はそんな魅力あふれるスペインのお土産品25選を、選りすぐりでお届けします。定番はもちろん、進化しつつある人気お土産をショッピングスポット共に一気にご紹介しましょう!

  • スペイン世界遺産バルセロナの「カサ・バトリョ」をお宅拝見...

    目にした途端、中に入らずにはいられない衝動に駆られる「バトリョさんのお家」!「カサ・バトリョ」の「カサ」とはスペイン語で「家」という意味です。お家といっても、かなり不思議な形と色合い…住んでみたつもりになってじっくり「お宅拝見」してくださいね!

  • スペイン・タオビエド観光で行くべき!レコンキスの世界遺産...

    スペインのレコンキスタは、スペイン北部オビエド地区の小さな洞窟から始まりました。その後国土を回復していく中で、多くの教会が建てられていきます。後の西洋建築の基礎ともなった時代の教会をご紹介します。

  • スペイン基本情報 【気候・服装編】

    情熱の国・スペインは暖かい!?スペインに対して、そのようなイメージがある方も多いのではないでしょうか。 夏は差すような日差しのスペインも、実は冬は日本と同じくらい寒いんです。そんなスペインの気候と服装情報をお伝えします。

  • スペイン・バリャドリードの人気観光スポットおすすめ4選!...

    バリャドリードは、日本人にとってまだそれほど知られていない観光地でしょう。なにせ、この街があるカスティーリャ・イ・レオン地方は、アビラ、セゴビア、ブルゴスなど、人気の観光地が集まるエリア。でも、バリャドリードにも旅情気分をかきたてるノスタルジックな街並みが多く残っています。この街を知れば、スペイン観光がより楽しくなるはずです。

  • スペイン・バルセロナの人気ホテル15選!おすすめ厳選特集!

    情熱の国、スペイン。首都マドリードに次いで、2番目に人口の多い町です。過去には、バルセロナオリンピックが開催された場所でもあり、他にもカタルーニャ出身の建築家、アントニ・ガウディがデザインした建物が現在も多く残っています。今回は、そんなバルセロナの人気ホテルを紹介します。

  • スペイン・マドリードおすすめ日本食レストラン3選!とにかく...

    スペイン最大の観光都市マドリード。世界遺産、サッカー、ファッション。滞在の目的は人それぞれですが、おいしいものを食べたいという思いはみんな同じはず。でも、毎食パエリアやスペイン風オムレツでは飽きてしまいますね。そこでおすすめなのが和食。マドリードはレベルの高い日本食レストランが揃う隠れたグルメスポットなのです。

  • ロンダ人気観光スポットまとめ!断崖の上に築かれた街でスリ...

    アンダルシアの山間部に位置しているロンダ。断崖の上に高さ98メートルのヌエボ橋が最も有名ですが、それ以外にも見どころはたくさん。ロンダ観光に欠かせないスポットをご紹介します。

  • スペイン・マドリードのカフェで絶品スイーツ!歴史漂う老舗...

    首都マドリードのカフェは歴史ある老舗が多いのが特徴的。でも折角行くなら美味しいスイーツも食べたいですよね~♪そんな欲張りさんに朗報のカフェをご紹介します!

このエリアの人気記事
新着記事