ドイツ基本情報 【お水事情編】

10,090

views

0

おなかを下して旅行を楽しめない。原因はさまざま考えられますが、だからこそ現地のお水には気をつけたいですよね。今回はドイツのお水事情をお届けします! 

ドイツのお水事情

日本の水とドイツの水の違い

外国の水を飲んだら危険―。
そんな認識を持っている方が多いはず。

旅行先としても人気の国、ドイツのお水事情はどうなっているのでしょう。

日本の水は“軟水”と呼ばれ、ドイツの水は“硬水”と呼ばれています。 

硬水と軟水の違い

基本的に軟水と硬水の違いは「水の中に含まれるミネラルの量」で決まります。
ミネラル量が多いものを「硬水」、少ないものを「軟水」と区別します。

ドイツの水は飲めるの?

ドイツは世界でも有数のエコ大国、環境先進国ですので、お水の品質はとても高いです。 
ただし!
ドイツのお水はカルキを大量に含んでいます。
水道水をそのまま飲む際には気が付きませんが、ケトルで沸騰させ、そのケトルの底を覗いて見ると白いものが沈殿している……!なんてこともしばしばです。

カルキが気になる人は水道水ではなく、ミネラルウォーターの購入をお勧めします。

お水を注文する時の注意 

お冷やは出て来ない!?

日本ではレストランやお店に入ったら、サービスとして氷がたくさん入った“お冷”が出てきますよね。
ドイツに限らず、ヨーロッパではお冷を出すサービスは見たことありません。
お水が必要なときは注文するようにしましょう。 

ただし、ベルリンなどでは水道水を頼めば無料で提供してくれるところもあります。
カフェなどでは水道水のセルフサービスが一般的です。 

炭酸入りが多いドイツのお水

お水を頼むときは必ず「炭酸入り」か「炭酸なし」か名言するようにしましょう。
ドイツ人は炭酸入りのお水が好きで、炭酸入りのお水が極めて人気です。
スーパーやキヨスクでペットボトルのお水を買うときも注意しましょう。 
炭酸入りのお水は慣れたらおいしく頂けますが、慣れないと不思議な味ですので…… 

水に関するドイツ語講座

では、炭酸入りかそうではないかはどうやって見分けるのでしょうか?
旅行中にも使えるドイツ語をお伝えします。 

【表示編】
炭酸入り
Klassik(Classic), Original, Sprudel, Spritzig

炭酸弱め
Medium, Sanft, Leicht
※mit weniger Kohlensäure(炭酸少なめ)

炭酸なし
Still, Naturell
※ ohne Kohlensäure(炭酸なし)

【注文方法】
ガスなし/ガス入りの水をボトルでください。
アイネ フラッシャー ヴァサー オーネ/ミッ コウレンザウレ ビッテ 
Eine Flasche Wasser ohne/mit Kohlensäule, bitte

使用済みのペットボトルは捨てないで! 

エコ大国・ドイツではペットボトルはお金です!

ドイツはエコ大国。
使用済みのペットボトルは貴重な資源。
スーパーマーケットに行くと、ペットボトルやビール瓶を回収しているボックスがあります。レシートが発行されますので、それをレジで精算するだけです。 

ペットボトル(1.5L) 0.25ユーロ
ペットボトル(0.5L) 0.15ユーロ
ジュース・水の瓶(0.75L,1L) 0.15ユーロ
ビール瓶(350mL,500mL) 0.08ユーロ
ビール瓶20本+ケース 3.10ユーロ

旅行中、お土産を買いにスーパーに立ち寄ることがあれば、この取り組みを利用してみましょう。観光地を訪れるだけではなく、ドイツという国をもっと知るきっかけになるでしょう。

最後に

今回はドイツのお水事情についてご紹介しました。
ドイツはエコに関する関心が高い国です。くれぐれもお水の無駄遣いには気をつえましょう! 

Amy

スペイン→オーストラリア→シンガポール生活を経て、現在はドイツ・ベルリン在住 
ドイツやヨーロッパのことを中心に情報発信しています。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
  • ドイツ・ベルリンの注目デザイナーアイテムやセレクト雑貨の...

    最新ファッションやアートなど、非常に魅力ある街としてベルリンが改めて注目されています。伝統的な建物も多く残しつつ再開発され、近代的なビルやさまざまなショップが軒を連ねます。今回ご紹介するのは、ベルリンの地元デザイナー発信のショップやオシャレなセレクトショップなどトレンドのお店4選です!どうぞお楽しみください♪

  • アディダスのコンセプトストアも!ベルリンで必見!ドイツ発...

    ドイツには有名なスポーツブランド「アディダス」をはじめ、世界で愛されるブランドがたくさんあります。ここでは、ドイツの首都・ベルリンにあるおすすめのドイツ発祥ブランドのショップを5つ紹介するので、ベルリンに行かれる際はぜひチェックしてくださいね!

  • ドイツ・ローテンブルクで人気のホテルおすすめ4選!日本人ス...

    絵本に出てくるようなメルヘンチックな街並みが魅力のドイツ・ローテンブルク(Rothenburg)。中世の文化や街並みが色濃く残るローテンブルクのおすすめホテルをまとめてみました。可愛らしいインテリアや伝統的な建築物にときめくこと間違いなし!

  • ドイツ・ミュンヘンおすすめカフェ4選!おいしいスイーツで素...

    ドイツといえばカフェ! カフェ文化が発達したドイツには、素敵なカフェがたくさんあります。その中でも、今回はミュンヘンにスポットを当て、スイーツのおいしいお店を中心に集めてみました! ミュンヘンの観光中に小腹が空いたらぜひ立ち寄って欲しい素敵なカフェばかりですよ♪

  • ドイツ・フランクフルトの人気ショッピングモール&おすすめ...

    ヨーロッパ経済の中心地と言われるフランクフルト(Frankfurt)。大規模な商業施設がたくさんあってショッピングし放題!♡今回はそんなフランクフルトでおすすめのショッピングモール&デパートをまとめてみました。

  • ドイツ・ミュンヘン観光スポット11選!見どころ満載の南部最...

    ドイツ南部最大の都市ミュンヘン!周辺地域の政治や文化の中心地であり、観光地としても知られています。この街を訪れたら行ってほしいスポットをご紹介します。

  • ドイツ有名音楽家ゆかりの場所5選!クラシックファン必見

    ドイツの有名な音楽家のゆかりのスポットがドイツにはたくさんあります。彼らが音楽と共に過ごしてきた場所や彼らの功績をたたえる建物はファンの方にとっては堪らない場所ではないでしょうか?もし、彼らが使っていたピアノなどを間近で見ることができたらきっと興奮してしまいますね。

  • ドイツに行ったら買いたい!「ビオ(オーガニック)製品」おす...

    ドイツといえばオーガニック先進国として知られていますよね。エコで体にもいいビオ製品は自分用としてもお土産用としても買いたいもの。そこで今回はドイツでおすすめのビオ製品6ブランドをご紹介します。

  • ドレスデン観光で必ず行くべき美しき名所11選!エルベ川に佇...

    16世紀、ザクセン王国の首都であった「ドレスデン」。百塔の都と謳われるこの商業都市は、第二次世界大戦で一夜にして瓦礫の山となりました。東西統一を経て、かつての建物・文化を取り戻し、さらに発展し続けるこの街の魅力に迫ります。

  • ミュンヘンでお土産探しにおすすめな人気ショッピングスポッ...

    旅で楽しみなのが、お土産探し。でも、何にしようかどこに行こうか…と迷ってしまいますよね。そういった方のために、ジャンル問わず色々と選べるスポットをチョイスしました!お土産選びも思い出になるよう、ミュンヘンを満喫しちゃいましょう♪

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事