ドイツ旅行で絶対飲むべき人気ビール&ワイン特集♡

4,775

views

0

ドイツを訪れたら、やっぱり本場のビールとワインで乾杯~!といきたいところ。でもチョット待って。。ドイツビールとドイツワインといっても何を頼めばいいのかわからないわ~!!となっているあなたに、現地であたふたしない情報をお届けします!

ドイツビール

日本でもドイツの一大ビール祭り「オクトーバーフェスト」が各地で開催され、ドイツビールが普及し始めましたね!これから挙げるドイツビールは大変よく飲まれているものですので、チェックしてください!

ヘル(へレス)(Hell/Helles)

ミュンヘン生まれの苦味が少なく麦芽の甘みを感じられる、バイエルン州でポピュラーに飲まれているビール。淡い色味(ヘレス)が特徴。口当たりが軽いので、ゴクゴク飲めてしまうビールです。

シュヴァルツビア (Schwarz bier)

バイエルン州北部発祥の黒(シュヴァルツ)ビール。チョコレートやコーヒーのような深いコクと香ばしさを感じることが出来ます。見た目の印象から苦いのでは・・と敬遠する人もいるかと思いますが、実際は喉ごしなめらかで程よい甘みを感じることができるビールです。シュヴァルツビアには、肉料理が合いますよ!

ヴァイツェン(ヴァイスビア)(Weizen/Weissbier)

出典: winendine.se

ドイツ南部で生産されている白(ヴァイス)ビール。原料の半分が小麦で、酵母をろ過しないで作ると白濁することからこの名前がついたと言われています。フルーティな香りとすっきりとした味わいで、苦味がほとんど無いのが特徴。ビール独特のホップの苦味が苦手な人も、ゴクゴク飲めるビールです。

ベルリナー・ヴァイセ (Berlliner Weisse)

ベルリンへ行くと、街のあちこちで泡立ったカラフルな飲み物を見かけます。しかもストローで飲んでいるので??となる人もちらほら。でもこれも、立派なビールなのです。ベルリンで作られている白ビールで、酵母に加え、乳酸菌も用いられて発酵しているため酸味が強いのです。そのため、赤(木苺)や緑(野菜)のシロップを加えて飲まれています。カクテル感覚で飲めるので女性には人気のビールです。

ドイツワイン

出典: r.gnavi.co.jp

北緯50度と寒冷で、日照時間が短い地域で作られるドイツワインは、その葡萄が織り成す深くて繊細な味わいと、フルーティな香りで世界中に愛されています。

ラインガウ(Rheingau)

ライン川沿いの葡萄畑で作られているワイン。糖度の高い最高品質の葡萄がとれるため、ドイツでも最高級ワインとされています。赤白どちらのワインも作られています。

モーゼル・ザール・ルーヴァー(Mosel-Saar-Ruwer)

モーゼル川・ザール川・ルーヴァー川というライン川の支流で作られているワイン。一般にモーゼルワインと言われています。リースリング種のぶどう100%で作られたずっしりと重い辛口の白ワインが有名です。

バーデン(Baden)

ドイツのワイン産地、最南端のワイン。ドイツ南西部に南北に広がるバーデン地方で作られているぶどうの約60%は白ワイン用。グートエーデル種という、バーデン地方でしか栽培されていないぶどうで作られたワインは辛口ですが重くなく絶品!

フランケン(Franken)

フランケン地域(フランクフルト東部)で作られているワイン。後味がスッキリとした、ジルバーナー種辛口白ワインで有名。ボックスボイテルと言われる、この地域伝統のボトルも特徴的でお土産に良いかも。

出典: r.gnavi.co.jp

ドイツ旅行にはマストのビール&ワイン!ビアレストランやワイナリー巡りは、その地域ならではの味を堪能できるのでオススメです。是非、食事とともに楽しみましょう♪

maorun

旅行と食べ歩き大好きの神戸っこです☆センス溢れる記事を目標に頑張ってます!

この記事を読んだあなたにオススメの記事
このエリアの新着記事
このエリアの人気記事
新着記事