函館でおすすめの定番観光スポット!アクセス情報やベストシーズンも!

638

views

0

ついに北海道にも新幹線が上陸!というわけで、はやぶさに乗って北海道に行ってしまいましょう。函館市は新幹線が停車する北斗市から近く、アクセスも良好です。年間で約450万人以上もの人が訪れる函館市。定番ともいえる観光スポットを紹介します。

函館とはどんなところ?

北海道函館市は北海道の南、渡島(おしま)半島南東部に位置し、北海道の中でも札幌市、旭川市に次ぐ北海道第三の人口約26万人の都市です。
北海道と本州を結ぶ「北海道の南の玄関口」であり、函館港、函館空港、JR函館駅があり様々な交通機関による国内各地からのアクセスが可能で年間約500万人の観光客が訪れています。

北海道の中でもその歴史は古く、江戸時代から海産物交易の集積地として栄えてきました。
江戸時代末期、1854年の日米和親条約の締結により、函館は、江戸幕府により開港が決定され日本国内初となる対外貿易港として開港ししました。
その時代から外国人の居留が盛んとなり、歴史ある建造物、外国公館や公会堂、教会など異国情緒漂う豊かな街並みとなり、現在では有名な観光名所となっています。

ちなみに江戸時代までは、その名前を「箱館」と書いたそうですが、明治時代になると「函館」へ改称されたそうです(プチネタです)

さて函館の魅力と言えば、なんといっても異国情緒やその歴史を感じさせる「観光」と海の幸を中心とした「食」です。
ちなみに私は北海道民ですが、道民の私でもわざわざ美味しいグルメを求めて函館に行く程、函館のグルメはとても充実しています。

函館までのアクセス 空からも、陸からも、海からも行ける街

飛行機で函館へ

【函館空港を利用する】

函館空港へは、羽田空港からJAL、ANA、AIRDOの直行便がありフライト時間は約1時間20分です。

函館空港と函館市内はシャトルバスが運行しています。
料金は大人420円、子ども230円で乗車時間は約20分。
シャトルバスは昼間だと1時間に3便ほど運行していますので乗車時間も短く便利です。
函館駅方面行きの路線バス96系統も運行しており、料金は大人290円、子ども150円でシャトルバスよりもお安いですが乗車時間は少し長くて約33分です。

空港周辺にはレンタカー会社も6社ほどありますので、広い北海道を車で移動したい方は空港からレンタカーを利用されるのもおススメです。




【新千歳空港を利用する】

新千歳空港は北海道の「空の玄関口」です。
羽田空港、中部国際空港、関西空港他、全国各空港から乗り入れが可能です。
新千歳空港から函館までの移動はJRを利用するのが時間的にも確実です。
乗車時間は約3時間40分。
JR新千歳空港駅から一駅だけお隣の駅にある「南千歳駅」へ出て、特急「スーパー北斗」に乗り換えて函館へ向かいます。
乗車料金は特急指定席込みで片道8,630円(時期により若干の変更あり)です。

JR(新幹線、特急)で函館へ

北海道新幹線が開通し、JR東京駅-JR新函館北斗駅の間が新幹線「はやぶさ」だと4時間10分~20分ほどの乗車時間で移動できるようになりました。
(北海道民にとっては念願の新幹線開通でした)
ゆくゆくは東京ー札幌間の乗車時間は4時間の壁を破る、とJR北海道が言っていますので、これからは本州と函館がもっともっと近くなることでしょう。
また札幌までの延伸も工事が着々と進んでおり2031年には開通・開業予定です。
とても楽しみですが、もうしばらく先になりますね。

【東京方面から新幹線で函館へ】

新幹線はJR新函館北斗駅までで函館までは行きません。
JR函館北斗駅からJR函館駅までは「快速はこだてライナー」に乗って15分ほどです。

どうしても飛行機に乗るのが苦手という方にとっては、北海道は新幹線の開通により、近くて行きやすい場所になりましたね。
時間だけでみると、同じ北海道内の「札幌ー函館間」よりも、函館から青森や本州の一部地域の方が早く着いてしまうくらいです。

【札幌方面から特急で函館へ】

JR札幌駅からだと「特急スーパー北斗」に乗って約3時間30分ほどの乗車時間でJR函館駅へ移動できます。

ちなみにこの特急スーパー北斗は「ふりこ特急」です。
直線で最高時速130km、カーブでも振り子式ディーゼル特急としての性能を発揮し最高時速85kmは出るそうです。
「ふりこ特急」には何度も乗車したことがありますが、カーブに来ると相当車体が傾きます。
遠心力で身体にはそれほど揺れを感じることが無いのですが、乗り物酔いしやすい方だと、知らず知らずのうちに酔っている、ということもあるようです。
それでも以前に比べて車体そのものも改良されてきていて、乗り物酔いはかなり軽減されているようですよ。

フェリーで函館へ

自家用車やバイクで函館に行く場合は、フェリー(船)で行く方法があります。
青森ー函館間の津軽海峡フェリーが運航していて、所要乗船時間は3時間40分です。
フェリーの料金はシーズンによって変わり、スタンダード料金で片道約2,000円~3,000円ほどとなります。
船の料金なので等級によっても運賃が随分と変わります。
これに自家用車やバイクの特殊手荷物運賃が加わります。

また全船舶にドッグルーム(収容ケージのあるルーム)が設置され、更には特定の船舶には愛犬と同じ部屋で過ごせるプライベートドッグルームが2部屋あります。
大事な家族の一員である愛犬を連れての乗船、旅ができるのは嬉しいですね。

函館フェリーターミナルから函館市内までのアクセスも良く、JR函館駅やベイエリア、各観光地までは定額タクシーが利用できます。(函館市内までで1,270円~)

ノンビリと津軽海峡を飛び交うカモメを眺めながらの船旅も優雅です。
もしも運が良ければ船と並んで泳ぐ可愛いイルカを観るチャンスがあるかもしれません。

高速バスで函館へ

札幌から函館へ行く場合、JRで行く方法の他に高速バスを利用して行く方法があります。
札幌や北海道内の他の地域を観光した後に函館へ行く、または函館観光の後に札幌も観光する場合、バスだとJRの半分ほどの運賃で移動することができます。
ただし乗車時間は5時間30分でJRよりも2時間ほど長くかかりますが、時間に制限のないゆっくり旅であれば、バスの車窓から北海道の景色をゆっくりと眺めながらの旅も素敵ですね。
観光で北海道に来る私の友人、知人たちの中にも、この高速バスを利用して札幌ー函館間を移動する人が意外と多いです。

函館観光のベストシーズンは?

函館観光のベストシーズン・・・と言っても春夏秋冬それぞれに良さがあり、なかなかベストな季節を決めるのは難しいです。

春の満開の桜を楽しみたいのであれば4月末から5月初めにかけてが良いでしょう。
「五稜郭公園」は桜の名所で、約1600本の桜が星形の五稜郭を埋め尽くす風景はまさに圧巻です。
また道路の両端並ぶ桜並木のアーチが約800m続く「桜が丘通」も、ゆっくり眺めながら歩くのがおススメの桜の名所です。

この頃はまだまだ肌寒く気温は11度~18度くらいですので温かな上着を羽織っての観光となります。

3月~5月の旬の海鮮は、ヤリイカ、ニシン、アマエビなどです。

6月1日からは函館名物のイカ漁が解禁となり新鮮なイカをいただける他、夜には津軽海峡に彩られるイカ釣り漁船の「漁火」を函館山から眺めるのもおススメです。

本州がちょうど梅雨の時期に入るこの頃には、北海道は梅雨がありませんのでカラッとした爽やかな暖かさの北海道を楽しむことができます。
1年のうちでも太陽もキラキラと光り輝く時期ですので、晴れた日には「青い空」と「青い海」の絶景が楽しめる季節です。
6月頃の気温は16度~20度前後。
急に温かな日もあったりしますので、脱ぎ着できる服装がおススメです。

5月~6月の旬の海鮮は、ウニ、ボタンエビ、ソイ、毛ガニ、イカ、ホッキ、ホヤ、アサリなどです。

7月、8月、9月の夏の函館は平均気温が23度~24度くらいですが、北海道とはいえ暑い日は30度を超える日もあります。しかし夜になると比較的過ごしやすくなりますので、日中と夜の寒暖差には少し注意が必要です。軽く羽織れるカーディガンなどがあると良いと思います。

この時期は観光シーズンで函館が最も賑わう時期でもあります。
特に8月初旬に開催される「函館港まつり」は地元の大きなお祭りで、花火大会や函館市民が繰り出して踊る函館名物の「いか踊り」などもあり函館が最高に盛り上がります。
暖かな時期ですので、少し涼しい夜の函館山から夜景を眺めるのには良い季節ですね。

この頃の旬の海鮮は、毛ガニ、マイカ、アブラコ、ホッキ、ホヤ、アサリ、ホッケ、サンマ、鮭などです。
毛ガニの塩ゆでなどは最高ですね!なにも付けずに素材の味そのままでも楽しむのがおススメ。

函館朝市では全国発送の送料無料サービスも充実していますので、贈り物、お土産選びにも最適です。

秋から冬の函館は気温も低く寒い季節ですが、特に夜の雪景色がキレイなことで有名です。
北海道内でも南に位置するため、北海道の中でも比較的雪も少なめで穏やかな気候ですが、それでも冬の北海道ですので寒いです。特に1月~2月にかけては、最高気温が0度に届かない日もありますので防寒対策はしっかりと!
また函館は坂道があるので、平らな場所でも勿論ですが、雪道には靴の滑り止め対策が必要です。
ゴムに金具が付いているタイプで、簡単に取り外し可能な滑り止めをご用意することをおススメします。

12月~2月までは「はこだて冬フェスティバル」の開催期間で、市内の観光名所はライトアップされてさまざまなイベントが行われます。「函館海上冬花火」、市内各所のライトアップ、函館山のふもとの八幡坂と二十間坂、そして函館明治館前の開港通りのイルミネーションが雪あかりに照らされてとてもキレイに輝きます。

この頃の旬の海鮮は、ウニ、カキ、ホタテ、カスベ、タコ、カジカ、スケソウダラ、マダラ、キンキなどです。

函館でおすすめの観光スポット:①函館山

函館山は、牛が寝そべっているかのように見えることから、別名を臥牛山といいます。函館山とは御殿山や入江山など13からなる山の総称で、最も高い標高は334mです。

函館といえば夜景といわれるように、函館山から望む夜景には特別な美しさがあります。時期になるとイカ釣り漁が始まり、幻想的な漁火の明かりはさらに夜の景色の美しさを引き立てます。世界3大夜景のひとつといわれるのも納得できるでしょう。

かつては要塞が築かれ、一般人は立ち入ることが許されない場所でした。そのため、一時期は地図上から消されてしまったとか。現在はロープウェイや車で上ることができます。

函館山
アクセス:
ロープウェイで3分、もしくはJR函館駅から函館山登山バス(11月中旬から4月中旬までは登山道閉鎖のため休止)で30分

函館でおすすめの観光スポット:②元町公園

函館山の裾野にある元町公園。もとは奉行所があった場所です。公園内には函館写真歴史観や、函館市の発展に貢献した四天王像があります。

元町公園周辺には旧函館区公会堂やイギリス領事館、ハリストス正教会などの観光スポットが立ち並んでいます。

イベント会場として使われることも多く、8月上旬には世界中からアーティストが集まる「はこだて国際民俗芸術祭」が開かれています。

函館元町公園
住所:
函館市元町12
アクセス:
市電末広駅から徒歩5分

函館でおすすめの観光スポット:③五稜郭公園

星形の形をした五稜郭は、江戸時代末期に築かれた城砦です。その後明治初期に起こった戊辰戦争で榎本武揚らが立てこもり、最後の箱館戦争の舞台となりました。

現在は公園として整備されており、市民の憩いの場となっています。春には約1,600本のソメイヨシノが花を咲かせる、桜の名所としても知られています。

五稜郭公園
住所:
函館市五稜郭町44
アクセス:
五稜郭公園入口バス停から徒歩10分

函館でおすすめの観光スポット:④五稜郭タワー

五稜郭公園のすぐわきにそびえたつ五稜郭タワー。五稜郭を見下ろす観光スポットなのですが、函館がイカの姿をした宇宙人に襲われるという動画では函館を守るロボットに変形し、話題を集めました。

五稜郭タワー
住所:
函館市五稜郭町43-9
営業時間:
8:00~19:00(4月21日~10月20日)
     9:
00~18:00(10月21日~4月20日)
     9:
00~19:00(五稜星の夢期間中・冬季)
     6:
00~19:00(1月1日)
電話番号:
0138-51-4785
展望料金:
840円
アクセス:
五稜郭公園入口バス停から徒歩7分

函館でおすすめの観光スポット:⑤金森赤レンガ倉庫

お土産屋さんや飲食店が入っており、いつも観光客でにぎわっている赤レンガ倉庫。ノスタルジックな佇まいが趣きを感じさせる一画です。建物は明治時代に建てられており、一部は今でも倉庫として使われています。

11月下旬になると、姉妹都市提携を結んでいるカナダのハリファックス市からクリスマスツリー用のモミの木が贈られます。この木は函館の冬を彩る「函館クリスマスファンタジー」の象徴として、12月25日まで赤レンガ倉庫のあるベイエリアに飾られます。

金森赤レンガ倉庫
住所:
函館市末広町13-9(金森洋物館)
営業時間:
9:30~19:00
電話番号:
0138-23-0350
定休日:
年中無休(施設メンテナンスのため、休業する場合あり)
アクセス:
十字街電停より徒歩2分

函館でおすすめの観光スポット:⑥朝市

JR函館駅のすぐそばに位置している朝市。昭和20年に農家の人が駅前周辺で野菜を売り始めたのがきっかけです。何度か移転を繰り返し、現在の場所に落ち着いたのが、昭和62年。

3万坪の土地に、乾物や加工品、青果・生鮮品のほかに衣類や生花、日用品まで幅広く扱う一大マーケットを形成しています。店舗数は約280店。1日に平均4,000人から5,000人の観光客が訪れます。

函館朝市
住所:
函館市若松町9-19
営業時間:
6:00~12:00(1月~4月・一部店舗は14:00頃まで)
     5:
00~12:00(5月~12月・一部店舗は15:00頃まで)
電話番号:
0138-22-7981
定休日:
年中無休(但し店舗ごとに異なる)
アクセス:
JR函館駅から徒歩1分

函館市の定番ともいえる観光スポット6ヶ所を紹介しました。食べ物がおいしくて、それぞれの季節ごとの見どころもあります。東京駅からはやぶさに乗って、びゅーっと行ってみてはいかがでしょうか。

函館のおすすめ記事はこちら

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • 【北海道】古くから愛される函館銘菓5選

    観光地がたくさんある北海道の中でも、国内外を問わず多くの観光客が訪れる街・函館。ざまざまな観光スポットや楽しみ方のある街ですよね。そんな函館のお土産としてぜひ知っておいてほしい函館銘菓を5つご紹介します。

  • 函館のお土産おすすめ15選!人気の定番お菓子から、限定品ま...

    函館は北海道でも人気の観光地です。函館山からの夜景、五稜郭、ベイエリアなど多くの観光スポットがあります。そんな函館のお土産には何を買ったらいいでしょう?ここでは函館の人気のお土産を紹介しましょう!

  • 【北海道・函館】はこだて和牛とはこだて大沼黒牛がおいしい...

    北海道は豊かな自然と澄んだ空気と水があり、四季を通じて湿度が低く、牛を育てるには最適な環境となり北海道のほぼ全域で牛肉を生産しているのです。函館でも赤毛の「はこだて和牛」や黒毛の「はこだて大沼黒牛」を生産しています。そこで、和牛をじっくり味わうことができるお店を紹介します。

  • あれもこれも全部飲みたい!函館と道南の美味しいお酒

    お酒にはそれぞれ特徴があり、同じ種類のものでも産地や造られた年代で風味はずいぶんと変わってくるものです。北海道にはビールやワインをはじめとする美味しいお酒がたくさんあります。ここでは函館と道南自慢のお酒を紹介します!

  • 函館観光はココへ行こう!専門家おすすめの旅行スポット20選

    函館は古くから港町として栄えた歴史のある街です。五稜郭や赤レンガ倉庫、元町のレトロな街並みなど見どころも多く、またグルメやショッピングも楽しいところです。ここではそんな函館の観光スポットを紹介しましょう!

  • 北海道函館で土方歳三ゆかりの地を観光!新撰組のイケメン「...

    新撰組「鬼の副長」として恐れられたにもかかわらず、幕末当時から絶大な人気を誇ったといわれる土方歳三。それは現代でも変わらず、幕末イケメンランキング、彼氏にしたいランキングなどでは必ず上位(というかほとんど1位)に輝くことで証明されています。そんな土方さんが最期に過ごした函館の地をミーハー目線で歩いてみましょう。

このエリアの新着記事
  • 新函館北斗駅から車で5分!「ラッキーピエロ峠下総本店」が色...

    函館を中心とする道南地区にチェーン展開している、人気ご当地バーガーショップ「ラッキーピエロ」。たくさんの店舗がありますが、北海道新幹線・新函館北斗駅の近くにある峠下総本店は他とは一線を画するちょっと変わったお店なんです。函館市内へ観光に向かう前に足を伸ばしてみる価値はありますよ!

  • 北海道・函館旅行で見逃せない観光スポット魅力の教会3選!北...

    北海道の異国情緒あふれる街・函館。幕末早期に開港したこの港町には、海外文化を感じさせる魅力的な観光スポットがたくさん!2016年3月の北海道新幹線により、さらにアクセスが良くなり、行ってみたいと思われている方も多いのでは?そこで今回は函館の西部地区にあるスポットの中でぜひ訪れたい教会3つをご紹介します。

  • 北海道の味を堪能!函館朝市でイカ釣り体験を楽しもう

    北海道といえば新鮮な海の幸!たくさんの海産物が所狭しと並ぶ函館朝市は、函館を代表する観光スポットです。そんな函館朝市では、生きているイカを釣ってその場で食べることができる「イカ釣り体験」が大人気!函館を訪れたならぜひやってみたいイカ釣り体験を、今回はたっぷりとご紹介します。

  • 新撰組終焉の地・函館五稜郭の観光スポット

    北海道函館にある国有財産・五稜郭。幕末から明治維新に至るまでの日本の歴史を知るには欠かせない名スポットです。今回は、歴史を楽しめる五稜郭と近隣の観光スポットをご紹介。

  • 異国情緒あふれる街!映画「世界から猫が消えたなら」函館ロ...

    100万部突破の感涙ベストセラーを映画化。「世界から猫が消えたなら」は、佐藤健さんや宮﨑あおいさんが出演し、2016年最も泣ける感動映画として話題の作品です。この映画には主人公が住む街として、函館のさまざまな風景が登場します。2014年10月に函館市内各所で撮影が行われました。今回は、映画の中に登場するロケ地をめぐりましょう。

  • 函館・車で動く派に教えたい!あの店のソフトクリーム(大沼方...

    函館・大沼エリアは道南観光定番の地。移動には車が便利です。一気に目的地まで走るのもいいですが、もし時間があるなら、途中でソフトクリームのお店に立ち寄ってみてはどうでしょう。ここで紹介する4件は、ゆっくりくつろげたり、お土産が充実していたりと様々な楽しみ方ができます。ぜひ場所を覚えて行ってみてくださいね。

  • 観光ついでに行ける函館の映画ロケ地4選・作品を知らない人に...

    ミニシアター系を中心とした映画のロケ地が多い函館は、多くの映画監督からオープンセットのような街と称されています。ここでは映画に登場したスポットを4つご紹介。予備知識無しで行っても充分魅力的ですが、映画に出ていたことを知ってから行くともっとステキに感じられるでしょう。

  • 北海道新幹線開業!函館で食べ歩きたいケーキのお店5店

    平成28年3月、北海道新幹線が開業!それにあわせて新函館北斗駅が作られました。駅がある北斗市のとなり、函館市は全国に名を知られた観光地なんです。そこで、函館市を観光する際にちょっと立ち寄りたいケーキのお店を5店、厳選してお届けします。

  • 函館名物の塩ラーメン!地元民も絶賛する食べるべき人気店お...

    ラーメンの本場北海道で、札幌の味噌、旭川の醤油と並ぶ函館の塩ラーメンは三大ラーメンのひとつとして有名です。グルメの街函館の、ラーメンが本当に旨い店をご紹介します!

  • 北海道函館朝市で食べたい海鮮丼!新鮮グルメを味わえるオス...

    北海道といえば新鮮な海の幸。中でも活気、鮮度が抜群な函館朝市にレッツゴー!今回は函館朝市の中でも特に絶品がいただけるお店を厳選して5店ご紹介します。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事
新着記事