エジプト・メンフィスの世界遺産を巡る!ギザからダハシュールまで一挙公開!

1,434

views

0

エジプトと言えばいくつも連なるピラミッド!これらは「メンフィスとその墓地遺跡・ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」として世界遺産にも登録されています。その他の遺産とともに、この壮大な世界遺産について詳しくご紹介していきましょう。

三大ピラミッドがあるギザ

まずはギザにあるピラミッドからご紹介。エジプトを代表する光景とも言えるギザの三大ピラミッドは、左からメンカウラー王、カフラー王、クフ王が葬られています。造られたのはなんと紀元前2500年ごろ!
中央が1番大きいように見えますが、地盤が高いだけで、純粋なピラミッドの高さではクフ王のものが最大なのですよ。

クフ王のピラミッド(Great Pyramid of Giza)

「ギザの大ピラミッド」という呼び方もある通り、もっとも大きいものがこのクフ王のピラミッドです。高さは当時146メートル、現在は139メートル。ピラミッド自体の大きさもさることながら、積み上げられている1つ1つの石の重さは約2.5トン、それが280万個ほどあるのだとか。聞いただけで気が遠くなりかけますね。

カフラー王のピラミッド(Pyramid of Khafre)

高さ136メートルの、カフラー王のピラミッド。参道入り口に全長73メートル、高さ20メートルの大スフィンクスがピラミッドを守るように置かれています。
もともとは全面が化粧石で外装されていたとされ、その名残は現在頂上に見られる部分のみとなっています。

メンカウラー王のピラミッド(Pyramid of Menkaure)

現在の高さは62メートルと、クフ王のものの半分以下の規模であるメンカウラー王のピラミッド。なぜこれだけが他の2つに比べ極端に小さいのかという理由には諸説あるそうで、王が民衆をピラミッド建設のために労働させることを嫌がった説、単に財政が窮迫していたという説など、さまざまです。

ギザ(Giza)
住所:
Pyramids Road, Giza
営業時間:
9:00~17:00
アクセス:
ギザ駅からミニバスかタクシー、またはヘリオポリスからバス

メンフィスのネクロポリス、サッカラ

ギザから南へ30キロほど離れた地にあるサッカラは、古代エジプトの首都メンフィスのネクロポリス(巨大な墓所)であり、たくさんのピラミッドを見ることができます。

ジェゼル王の階段ピラミッド(Pyramid of Djoser)

「サッカラのピラミッド」や単に「階段ピラミッド」とも呼ばれることから、サッカラのピラミッドの代表かつ階段ピラミッドの代表として知られています。紀元前2700年に建築された史上最古のピラミッドでもあり、高さは約62メートル。ギザの三大ピラミッドが正方形の底面を持つのに対し、こちらの底面は長方形となっています。

ペピ1世のピラミッド(Pyramid of Pepi I)

古代エジプト第6王朝のファラオ、ペピ1世のピラミッド…と言っても、現在では崩れてしまってほとんど形を成していません。内部の壁や通路からは「ピラミッド・テキスト」と呼ばれる、儀式や魔術の言葉が発見されています。

メルエンラー1世のピラミッド(Pyramid of Merenre I)

ペピ1世の息子であるメルエンラー1世のピラミッドも、やはりほとんど崩れてしまっていますね。当時の高さは52メートルほどだったのだとか。内部ではペピ1世のピラミッド同様、ピラミッド・テキストが彫られているのが確認されています。

サッカラ(Saqarah)
住所:
Al Badrashin, Saqarah
アクセス:
ギザから車で約1時間

王家のネクロポリス、ダハシュール

サッカラからさらに南へ下ること約10キロ、見えてくるのは王家のネクロポリスだったダハシュール。ここでは特に保存状態の良い2つのピラミッドがよく知られています。

スネフェル王の赤いピラミッド(Red Pyramid of Sneferu)

クフ王の父親にあたるスネフェル王は、生涯で5基のピラミッドを建造しており、赤いピラミッドは5番目のもの。化粧石が持ち去られて、赤い花崗岩が見えているためこのように呼ばれています。高さはクフ王のピラミッドにおよびませんが、傾斜が非常に緩やかなため、どっしりと大きく見えます。

スネフェル王の屈折ピラミッド(Bent Pyramid of Sneferu)

中央付近から突然傾斜が緩やかになる、屈折ピラミッド。こちらもスネフェル王が建造したものです。屈折している理由ははっきりとしておらず、建設中に構造上の問題が発生したとする説、何らかの理由で完成を急いだ説などが唱えられています。

ダハシュール(Dahshur)
住所:
Al Badrashin, Monshaat Dahshour
アクセス:
ギザから車で約30分

アラバスター製のスフィンクス

世界遺産として登録されているのは、ピラミッドだけではありません!こちらのスフィンクスもその構成遺産の1つ。長さ8メートル、高さ4メートル超の、ギザの大スフィンクスに次ぐ大きさで、継ぎ目のないひとつのアラバスタ―(大理石の一種)から彫られています。
右半身が水につかった状態で発見されたそうで、そのためか損傷が目立ちますね。

アラバスター製のスフィンクス (Alabaster Sphinx)
住所:
Memphis, Cairo
観覧時間:
9:00~16:00
アクセス:
タハリール広場から車で約70分

ラムセスⅡ世の立像

紀元前1200年代のファラオ、ラムセス2世が自らプタハ神殿に奉納したという巨大な像。高さは約7メートルもあります。素晴らしいできなのですが、別のファラオの像だったものを、名前だけ書きかえたという逸話が残っているそうですよ。

ラムセス2世の立像 (Statue of Ramesses II)
住所:
Memphis, Cairo
観覧時間:
9:00~16:00
アクセス:
タハリール広場から車で約70分
umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • エジプトの人気お土産決定版!バザールでゲットできるおすす...

    友人へのお土産って、何を選んだら良いのか迷うものですが、そんな悩める時間も最大限楽しめるのが、エジプトです。テレビで観るより、実際に、その目で見つめるファラオやスフィンクスの思い出は、旅人経験値アップ!異国情緒溢れるバザールでは、他の国にはない掘り出し物が、安く、たっくさん揃っていますよ!

  • エジプト基本情報 【お金編】

    スフィンクスにギザの3大ピラミッドなど、誰もが知る観光スポットがひしめく悠久の歴史を誇るエジプト。しかし、使われている通貨については、意外にどのようなものか知られていません。観光旅行をする時に役立つ両替のやり方や、チップ事情、エジプト特有の「バクシーシ」という習慣など、お金に関する豆知識をまとめました。旅行に出かける前に、是非事前に確認いただけたらと思います。

  • スイーツ好きなら絶対食べて!伝統のエジプシャン・デザート

    エジプト料理のデザートと言われてもピンとくる人は少ないかもしれません。実は、エジプト人は甘いものが大好き!甘党のあなたも大満足の伝統的なエジプシャン・デザートを紹介しちゃいます。思わずびっくりする甘さのものから、ちょっと変わった素材を使ったものまで、日本では味わえないエジプトの味を楽しんでみてください。

  • エジプト・カイロで観光しながらプチプラお土産探しプラン!...

    エジプトに行ったら買って帰りたい手軽なお土産をご紹介します。エジプトのカイロには素晴しい観光名所がいっぱい!思い出を沢山作ったら、その合間に市場やスーパーを回って小さな思い出のお持ち帰り・おすそ分けはいかがですか?手のひらサイズのアラバスターの置きものやお気に入りのエジプトの味をお家で味わうのもいいかも。

  • ミネラルウォーターだから安心!ではない?エジプトの水ガイド

    エジプトでは、水を飲むならボトルに入ったミネラルウォーターがおすすめ。しかし、ミネラルウォーターというだけで安心とは言えないので要注意です!エジプトのミネラルウォーターは硬度が高いものがあり、日本人はおなかを壊してしまうことも。ここでは日本人でも安心して飲めるボトルウォーターを集めてみました。エジプトに行かれる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • カイロ最大!ショッピングモール「スターズセンター」で絶対...

    600以上もの店が軒を連ねるカイロ最大のショッピングモール「スターズセンター」。カイロに滞在するなら絶対に訪れたいお買い物スポットです。洗練された雰囲気に思わずうっとり♪日本食レストランやシネマコンプレックスまであるスターズセンターで、ぜひ行っておきたいエジプトらしいお店をご紹介します。

このエリアの新着記事
  • エジプト・ルクソール西岸アメノフィスホテルは、じっくり観...

    西岸観光の重要ポイント、遺跡のチケットオフィスに近いホテル。メムノンの巨像周辺の発掘隊御用達。長期滞在者にはフラットや一軒家のレンタルも可能。ルクソール西岸を満喫する拠点には最高のローケーションです。 フラットはハブ神殿の正面!ホテルも朝から夜のライトアップまで神殿ビューが楽しめます。

  • エジプト・ルクソールで行くべき観光スポット「カーターの家...

    幻の少年王ツタンカーメンの存在を信じて発掘を続けた、イギリス人考古学者ハワード・カーター。20世紀最大の発見といわれるツタンカーメン王墓の発見と、その後の発掘の拠点ともなったカーターの家で考古学者になった気分を味わってみませんか。ツタンカーメン王墓のレプリカも併設されています。

  • エジプト・カイロのイスラーム地区で人気の観光スポット5選...

    カイロはアフリカ最大の都市でありエジプトの首都。東洋の魅力と中東の側面両方の印象を持つ場所として観光の要所となっています。特にイスラーム地区は宗教色が色濃くあるので、神秘的であり静寂さが伺えます。世界遺産にもなったこの町の散策スポットを紹介します。

  • エジプト・ルクソール最高級ホテル「ウィンターパレス」で優...

    ルクソールのランドマーク!ウィンターパレスは一度は泊まってみたいゴージャスホテル。エジプトの冬は冷え込みが厳しく、ルクソールはそんなエジプトでの避寒地となっています。王侯貴族やアガサ・クリスティなどの著名人に愛された19世紀のホテルです。

  • エジプト観光で行くべきパワースポット!ルクソール神殿と神...

    ファラオの時代約2000年の間エジプトの都として栄えたテーベ(ルクソール)は「古代都市テーベとその墓地遺跡 」として世界遺産に登録されています。古代からの熱いエネルギーは今も人々にパワーを与えているようです。現在は一角がモスクになり多くの人の憩いの場になっています。

  • エジプト・ルクソールで観光でおすすめ!偉大な建築家ハッサ...

    古代の遺跡で有名なルクソール西岸には、現代の有名建造物もあります。泥棒村の異名を持つ、遺跡の上に立っていたクルナ村の移転先の現状は? エジプト生まれの中東を代表する建築家ハッサン・ファトヒーのつくった村と日干し煉瓦のお宅拝見!

  • カイロ最大!ショッピングモール「スターズセンター」で絶対...

    600以上もの店が軒を連ねるカイロ最大のショッピングモール「スターズセンター」。カイロに滞在するなら絶対に訪れたいお買い物スポットです。洗練された雰囲気に思わずうっとり♪日本食レストランやシネマコンプレックスまであるスターズセンターで、ぜひ行っておきたいエジプトらしいお店をご紹介します。

  • エジプト・カイロで観光しながらプチプラお土産探しプラン!...

    エジプトに行ったら買って帰りたい手軽なお土産をご紹介します。エジプトのカイロには素晴しい観光名所がいっぱい!思い出を沢山作ったら、その合間に市場やスーパーを回って小さな思い出のお持ち帰り・おすそ分けはいかがですか?手のひらサイズのアラバスターの置きものやお気に入りのエジプトの味をお家で味わうのもいいかも。

  • エジプトの人気お土産決定版!バザールでゲットできるおすす...

    友人へのお土産って、何を選んだら良いのか迷うものですが、そんな悩める時間も最大限楽しめるのが、エジプトです。テレビで観るより、実際に、その目で見つめるファラオやスフィンクスの思い出は、旅人経験値アップ!異国情緒溢れるバザールでは、他の国にはない掘り出し物が、安く、たっくさん揃っていますよ!

  • エジプトおすすめ観光スポット13選!ピラミッドで撮れる面白...

    歴史、文化、風景、食事、全てにおいて独特で、謎が多く神秘的な国エジプト。ピラミッドやスフィンクス等の有名な文化遺産を始め、ラクダや馬にのって砂漠を散歩してみたり、街中のカフェで本場の水タバコを吸ったり、伝統衣装を着てモスクに入ったり、日本では味わえない体験が可能。そんな神秘的な国、エジプトで必ず行くべき観光スポットを紹介します。

このエリアの人気記事