インド洋に浮かぶリゾート地!フランス領のレユニオン島の魅力

5,700

views

0

インド洋に浮かぶフランスの海外県・レユニオン島は、サトウキビ・バニラ・コーヒーなどの生産と観光業で栄える小さな島です。フランス人や旅慣れた人だけが訪れていた穴場のリゾート地は、2010年に世界遺産に登録された島の尖峰群の他にも魅力がいっぱい!今回はそんなレユニオン島の見どころをご紹介します!

レユニオン島の美しい海

レユニオン島西部の街サン・ジルは、島で一番のリゾート地です。島で唯一の砂浜があり、サーファーやダイバーに人気です。気軽に楽しめるのはシュノーケリング!海中では亀やカラフルな魚たちが待っていますよ!

レユニオン島では一時サメによる事故が多発し、サーフィンが禁止されていました。現在ではシャークネットの設置などのサメ対策が終了し、再びサーフィンができるようになっています。しかし未だ遊泳禁止エリアになっている場所があるのでご注意を!

サン・ジル港(Port of Saint-Gilles)
住所:
Saint-Gilles,Réunion
アクセス:
ローラン・ギャロス国際空港から車で約50分

レユニオン島の2つの山

レユニオン島には「ピトン・デ・ネージュ山」と「ピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ山」の2つの山があり、どちらも「レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群」の名で世界遺産に登録されています。

ピトン・デ・ネージュ山はインド洋で最高峰の山で、標高が3,070mにもなります。こちらは火山活動はありません。この山のふもとにはサトウキビ畑が広がっています。

一方、ピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ山は活火山です。通称「ル・ヴォカン(火山)」と呼ばれています。こちらの標高は2,631mで、現在でも年に3~4回の噴火が起こっています。登山口からそう遠くない場所に、火口「フォーマイカ・レオ」を見ることができます。

レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群( Pitons, cirques and remparts of Reunion Island)
住所:
Piton des Neiges,Réunion
アクセス:
ローラン・ギャロス国際空港から車で約2時間

製糖工場 ボワ・ルージュ

レユニオン島はサトウキビの栽培・砂糖の生産が盛んです。島中から収穫されたサトウキビが続々と工場へ運ばれていきます。製糖の様子はボワ・ルージュという製糖工場で見学できますよ!

1668年頃にマダガスカルからサトウキビが伝わると、プランテーションが作られて製糖が島のメイン産業になりました。製糖途中のサトウキビジュースはラム酒にも加工され、島の特産品になっています。

ボワ・ルージュ(Bois-Rouge)
住所:
2, chemin Bois-Rouge、97440 Saint-André,Réunion
アクセス:
ローラン・ギャロス国際空港から車で約20分
電話番号:
+262(0)2 62 58 83 30

ユニオン島のバニラ

出典: flic.kr

バニラは1800年代初めに持ち込まれていましたが、自然受粉ができずに栽培は失敗の連続でした。しかし1841年に、奴隷だった少年エドモンド・アルビアスが人工授粉に成功すると、ユニオン島や周辺の島ではバニラビーンズ栽培は盛んになりました。

収穫後のバニラビーンズに香りは無く、キュアリングという工程を経ることで初めて甘い香りと風味が出てきます。その製造過程をガイド付きで見ることができるのが「バニラ会館」です。

バニラ会館(Maison de la Vanille)
住所:
466 Rue de la Gare 97440 Saint-André,Réunion
アクセス:
ローラン・ギャロス空港から車で約20分
定休日:
日・月曜日
営業時間:
11:30、14:00~17:30 
電話番号:
02.62.59.00.26
料金:
一般€5、団体€3 ※13歳以下無料

幻のコーヒー「ブルボン・ポワンテュ」

1700年代に突然変異したコーヒーが発見され「ブルボン・ポワンテュ」と名付けられました。当時はコーヒー栽培も盛んでしたが「ブルボン・ポワンテュ」は生産性が低く、コーヒー栽培はどんどん衰退していき、1800年代には産業としては終了してしまいました。

しかし1999年にUCC上島珈琲が野生化した木を発見してから、少量ではありますがコーヒー栽培が再開しました。現在は幻のコーヒーとして、年に一度、限定発売されています。

レユニオン島(Réunion)
住所:
Réunion,France
アクセス:
日本からバンコク経由でローラン・ギャロス国際空港まで飛行機で約20時間
おすすめ時期:
一年を通して暖かいので、どの季節に行っても楽しめます!

美しいビーチや世界遺産の険しい活火山など、様々な景色が楽しめるリゾート地レユニオン島は、約2,500平米の島の中にたくさんの見どころが詰まっています。人気のリゾート地に飽きてしまったら、ぜひレユニオン島に足を運んでみてください!

umi

北海道在住の旅行大好きな30代女子です。
旅行では主に世界遺産や絶景スポット巡りをしています(*^_^*)
もちろん、ご当地グルメもはずせないポイントのひとつ♪
その中でもわたしのおススメなトコをアップしていきます☆

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フランス産おすすめバター5選!フランス菓子・料理のコクの秘...

    言わずと知れた農業国フランス。チーズ、牛乳、ヨーグルト、そしてバターの種類と美味しさは他国を抜きんでています。フランスらしい専門店としてチーズ専門店や、乳製品専門店が商売として成り立っているあたりに農業、とりわけ乳業の底力、そして乳製品のニーズの高さを肌で感じるのです。フランス旅行中、一度は口にするはずのバターやチーズ。そして多くのツーリストがそのコクと舌触りに驚きを感じることでしょう。今回は、フランス乳製品でイチオシのバターを取り上げてみたいと思います。

  • フランスで絶対ゲットしたいお土産15選!外さない人気のフラ...

    フランスのお土産はグルメやファッションと選ぶのにも迷ってしまいます。フランスらしいお洒落なアイテムに、贈られたお友達やご家族も気持ちもワクワクすることでしょう。大切なお友達や自分用にも買いたい、お洒落で持ち運びしやすいフランスのお土産をまとめました!

  • フランス土産5選!本場で買ったら格段にお得なおすすめアイテム

    相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶ「お土産探し」は旅の楽しみの一つでもありますね。今回はフランスで買って帰りたいお土産をユニークなテーマでお届けしたいと思います。そのテーマとは「日本で買うと”さすがおフランス産!”と思わずにはいられないプライシング。なのに本場で買ったらお得感満載のアイテム」。ちょっと長めですが記事はすっきりズバリと切り込みたいと思います。

  • モンサンミッシェルに行ったら絶対買い!日本入手困難品も!...

    モンサンミッシェルで購入可能な誰もが喜ぶお土産を15商品ご紹介します。日本未入荷のフランス生まれのブランド品物やモンサンミッシェル発祥スイーツなど、自分用のお土産から相手に喜ばれるお土産探しまで、この記事を読めばモンサンミッシェルのお土産選びが楽になります。

  • フランス在住者が教える!南仏ニースでのビーチの特徴とビー...

    ニース空港へ着いたら、大抵の方はタクシーやバスでニース市内へと向かわれるかと思います。その時に目に飛び込んでくるニースの海の青さには、誰もがきっと感動してしまうはずです。そんなニースのビーチを100%楽しむ、とっておきの情報をお伝えします。

  • パリジェンヌも憧れる!フランス高級シューズブランド5選

    パリと言えば世界のファッショントレンドを作り出す街として有名です。エッフェル塔や建造物はもちろん、道行く人々のファッション等、街全体がオシャレで、品のある雰囲気に包まれています。CHANELやHERMES、Dior等の高級ブランドの本店が軒を連ねていて、女子なら誰でも一度はパリに行ってお買い物をしてみたいと思うのではないでしょうか。今回はそんな女子のあこがれパリ発祥のシューズブランド5選をご紹介します。

このエリアの新着記事
  • フランス・ニースでおすすめの本場ニース料理レストラン3選!...

    150年前までイタリアの領土だったというフランス・ニース。地理的にもイタリアにほど近く、食文化もイタリアの影響を大きく受けているんだとか。そんな街中で美味しい「ニース料理」が食べられるレストラン3選を紹介します!

  • ヴェルサイユ街でショッピング!お土産も買えるエリア別おす...

    ヴェルサイユと聞くとすぐに思い浮かぶのが宮殿。ですが、その城下町であるヴェルサイユの街もまた華やかに栄えていたんです。王宮文化を思わせる優雅な街並みや、有名メゾンのショッピングを楽しめる街・ヴェルサイユの魅力をご紹介します。

  • フランス・コルマールの観光名所まとめ!美女と野獣の舞台と...

    戦火を逃れ今も昔のままの姿を残すフランス東部の町コルマール。アルザス地方特有のコロンバージュ様式の建物は、まるでおとぎの国へ来たのかと錯覚するほどの美しい町並み。美女と野獣の舞台に選ばれたのも納得。そんなディズニーの目に留まることとなったコルマールを紹介します。

  • フランス在住者が教える!南仏ニースでのビーチの特徴とビー...

    ニース空港へ着いたら、大抵の方はタクシーやバスでニース市内へと向かわれるかと思います。その時に目に飛び込んでくるニースの海の青さには、誰もがきっと感動してしまうはずです。そんなニースのビーチを100%楽しむ、とっておきの情報をお伝えします。

  • フランス・リヨンの人気観光スポットおすすめ7選!歴史地区で...

    フランス第二の都市であり世界遺産に登録された街リヨン。名前は聞いたことがあっても実は何があるかよく知らないという方も多いのでは?かつて絹産業で栄えたリヨンは美しい街並みや心地よい気候のおかげでフランスらしさを満喫できる場所。美食の街でもあり美味しいフランス料理に出会えます。ではさっそくリヨンの見どころをご紹介します。

  • フランスで絶対ゲットしたいお土産15選!外さない人気のフラ...

    フランスのお土産はグルメやファッションと選ぶのにも迷ってしまいます。フランスらしいお洒落なアイテムに、贈られたお友達やご家族も気持ちもワクワクすることでしょう。大切なお友達や自分用にも買いたい、お洒落で持ち運びしやすいフランスのお土産をまとめました!

  • フランス・パリで泊まりたい最高のホテル15選

    花の都とも称されるフランス・パリ。凱旋門やエッフェル塔、ルーヴル美術館等見どころも沢山。そんなパリで宿泊するのに相応しい最高のホテルをご紹介していきます。気分はパリジャン・パリジェンヌになれますよ。

  • フランスで絶対欲しい!ディズニーランド・パリのお土産ベスト13

    ヨーロッパ唯一のディズニーパーク、ディズニーランド・パリ。せっかく行ったのならパリらしいおみやげを購入したいですよね。今回はそんな方のためにディズニーランド・パリのおすすめのおみやげ13品をご紹介します。

  • モンサンミッシェルに行ったら絶対買い!日本入手困難品も!...

    モンサンミッシェルで購入可能な誰もが喜ぶお土産を15商品ご紹介します。日本未入荷のフランス生まれのブランド品物やモンサンミッシェル発祥スイーツなど、自分用のお土産から相手に喜ばれるお土産探しまで、この記事を読めばモンサンミッシェルのお土産選びが楽になります。

  • 「ラ・パティスリー・デ・レーヴ」でパリブレストを食べよう...

    「La Pâtisserie des rêves」有名パティシエ・Philippe CONTICINI(フィリップ・コンティシ二)が手掛けるスイーツSHOP。近未来的な店内に絶品スイーツが並びます。

この記事のキーワード
このエリアの人気記事