ヴェルサイユ街でショッピング!お土産も買えるエリア別おすすめ店&人気レストラン10選

15,745

views

0

ヴェルサイユと聞くとすぐに思い浮かぶのが宮殿。ですが、その城下町であるヴェルサイユの街もまた華やかに栄えていたんです。王宮文化を思わせる優雅な街並みや、有名メゾンのショッピングを楽しめる街・ヴェルサイユの魅力をご紹介します。

◎ヴェルサイユってどんな街?

人口はおよそ8万6000人ほどです。かつては豊かな森が広がり、王侯貴族の狩場として愛された土地でしたが、ルイ14世が宮殿を建設してからはフランス王政において実質的な首都として機能しました。宮殿のための施設や、王に愛されていた婦人たちの館が残っていたりと、王宮文化の影響が残るパリとはまた違う華やかさを持つ街です。

◎クール・デ・サントゥール

2013年5月にオープンの、香りをテーマにした施設で、宮殿からほど近い立地。
有名香水店など4つの店舗では、ここでしか買えない限定商品も入手可能。

また、香りの良いものや香水原料の植物を集めた「香りの庭園」が併設されており、「Maison des Parfums(メゾン・デ・パルファン)」という小さな博物館スペースでは、紀元前1550年から現在までの香りや香水の歴史が紹介されています。

クール・デ・サントゥール (Cour des Senteurs)
住所:
8 Rue de la Chancellerie 78000
営業時間:
10:00~19:00
アクセス:
宮殿より徒歩5分
定休日:
月曜
電話番号:
01-39-51-17-21

ゲラン

フランスを代表する老舗香水店です。限定の香水「クール・デ・サントゥール」は、マリーアントワネットが愛したジャスミンの優雅な香りです。

香りに関する講習会も不定期で開催していて、香水作り入門(半日・100ユーロ、食事つき1日講習230ユーロ)、香水に使う原料などの説明講習会(1.5時間、70ユーロ)があります。開催日など詳しくはブティックへ直接お問い合わせ下さい。

ゲラン (GuerLain)
営業時間:
10:00~19:00
定休日:
月曜
電話番号:
01-30-84-14-60

ディプティック

1961年創業、アロマキャンドルから始まったパリのブランドです。50種類以上が展開される香りは、自然からインスピレーションを受けたものが中心で、良質の香料とシックでセンスのよいパッケージが日本でも高い人気を得ています。

ディプティック (Diptyque)
営業時間:
10~19時(日曜は12時~)
定休日:
月曜
電話番号:
01-39-63-29-98

◎パロワス通り

ヴェルサイユの街の目抜き通り、パロワス通りには、プチバトーやロクシタンなど日本でも御馴染みのブティックやパティスリーが並びます。宮殿に訪れたなら、庭園から少し足を延ばしてぜひ散策をしてみて下さい。

ゴリュポー

こちらはヴェルサイユで最も古いパティスリー。
きらびやかで美しいケーキがショーウインドウに並びます。

シックな内装のサロン・ド・テも併設されているのでイートインも可能で、紅茶の種類が豊富でおいしいと評判です。

ゴリュポー (Gaulupeau)
住所:
44 Rue de la Paroisse Quartier Notre-Dame 78000
アクセス:
宮殿から徒歩7分
営業時間:
9:00~18:00(日曜は~13:00)
定休日:
月曜
電話番号:
01-39-50-01-63

ケンタッキー・レイン

蚤の市などで入手したヴィンテージの布を使った、シックでかわいいオリジナル小物やアクセサリーのお店です。アメリカ出身作家の手作りがメインで、他では見つからないものが揃っています。フランスやアメリカの布がメインですが、日本のちりめんを使ったものもありますよ。

ケンタッキー・レイン (Kentucky Rain)
住所:
25 Rue de la Paroisse 78000
アクセス:
宮殿から徒歩7分
営業時間:
10:30~18:00(木曜14:30~18:00、土曜10:30~19:30)
定休日:
日・月曜
電話番号:
なし

◎古美術商エリア

古い石畳がのこる街の一角は、革命以前に裁判所があったそうです。今では骨董品満載のおしゃれなアンティークショップが並ぶ、歴史を偲ばせるエリアになっています。

リオネル・フィンク

小さなお店の内部には、軍隊で実際に使われていた小物や軍服などが充実しています。古くはローマ時代から、第一次世界大戦の頃までの骨董品が並んでいて、フランスの近代を垣間見ることのできる貴重なお店です。

リオネル・フィンク (Lionel Finck)
住所:
Passage de la Geole/10 Rue Rameau 78000
アクセス:
宮殿から徒歩10分
営業時間:
10:00~12:30、14:00~19:00
定休日:
月~木曜
電話番号:
06-11-94-59-47

◎ノートルダム市場

街の中心、ノートルダム地区にあるマルシェは、19世紀に設立され、今でも町の人々の暮らしに欠かせない存在です。屋外型マルシェの広場をぐるりと囲むように屋内型マルシェが建っていて、屋外では水・木・土曜日に生活雑貨の市場が、屋内は火・金・日曜日の午前に食料品の市場が開かれています。

ノートルダム市場(Marche Notre-Dame)
住所:
Place du Marche Notre-Dame, 78000 Versailles
アクセス:
宮殿より徒歩約10分、あるいはSNCF・ヴェルサイユ・リヴ・ドロワット駅(Versailles-rive-droite)より徒歩約5分
営業時間:
7:00~19:30(火~土曜)、7:00~14:00(日曜)
定休日:
月曜

ル・ブッフ・ア・ラ・モード

マルシェのほど近くにある、1930年創業のこのブラッスリーは、フレンドリーな接客で観光客のランチにも多く利用される人気店。

牛肉料理が名物で、野菜の旨みが溶け込んだ牛肉の煮込みやジューシーなステーキがお勧めです。

ル・ブッフ・ア・ラ・モード (Le bœuf à la mode)
住所:
4 Rue au Pain 78000 Versailles
アクセス:
宮殿から徒歩10分
営業時間:
12:00~14:00、19:00~23:00
定休日:
なし
電話番号:
01-39-50-31-99

◎王の菜園

王宮に献上するための野菜や果物をつくるため、ルイ14世の命令で1683年に完成した菜園。

現在はオーガニックを心がけた栽培でつくられた農産物や、その加工品のジャムやヌガーなどを販売しており、お土産品にも人気。
9ヘクタールもの広大な敷地には野菜畑と果樹園が広がっていて、毎年20トンの野菜や、30トンの果物等、合計400種類ほどを生産中なのだそうです。

週に3日の野菜販売では、パリからも買いに来るファンがいるほどで、農場見学もショッピングも楽しむことができます。

王の菜園(le Potager du Roi ル・ポタジェ・ドゥ・ロワ)
住所:
10 rue du Marechal-Joffre 78000 Versailles
アクセス:
RER・C線 ヴェルサイユ・リブ・ゴーシュ(Versailles Rive-Gauche)駅から徒歩15分
営業時間:
10:00~18:00(11・12月の土曜は~13時)
定休日:
月曜、11~3月は金・土・日も休業
電話番号:
01-39-24-62-62
料金:
大人4.5ユーロ、12歳以下の子供:無料(土日は6.5ユーロ、11~3月は3ユーロ)

◎大厩舎

出典: www.offi.fr

かつて王族が狩りや戦争、儀式の際に使用する馬の管理をしていた大厩舎は、1680年に建設されたもので、現在は博物館として公開されています。
天井が高く馬たちが行き来できる広々とした建物や、調教のデモンストレーション、馬たちによるスペクタクルショーを見学可能。

また歴史の面影を色濃く残す馬車のコレクションもあり、馬車博物館としても有名です。

大厩舎(La Grande Ecurie ラ・グランド・エキュリ)
住所:
1 Av. de Paris 78000
アクセス:
宮殿から徒歩7分
営業時間:
馬の調教 木・土・日曜 11時~(木曜は不定休)
スペクタクルショー 木曜15時~(不定休) 土曜18時~ 日曜15時~
※公式サイトで確認の上訪問
休日:
1~3月、7~9月中旬
電話番号:
08-92-68-18-91

いかがでしたか?宮殿文化の華やかさが残る、興味深くて優雅な街、ヴェルサイユ。宮殿に訪れたならぜひ足を延ばしてみてくださいね。

この記事を読んだあなたにオススメの記事
  • フランス産おすすめバター5選!フランス菓子・料理のコクの秘...

    言わずと知れた農業国フランス。チーズ、牛乳、ヨーグルト、そしてバターの種類と美味しさは他国を抜きんでています。フランスらしい専門店としてチーズ専門店や、乳製品専門店が商売として成り立っているあたりに農業、とりわけ乳業の底力、そして乳製品のニーズの高さを肌で感じるのです。フランス旅行中、一度は口にするはずのバターやチーズ。そして多くのツーリストがそのコクと舌触りに驚きを感じることでしょう。今回は、フランス乳製品でイチオシのバターを取り上げてみたいと思います。

  • フランス土産5選!本場で買ったら格段にお得なおすすめアイテム

    相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら選ぶ「お土産探し」は旅の楽しみの一つでもありますね。今回はフランスで買って帰りたいお土産をユニークなテーマでお届けしたいと思います。そのテーマとは「日本で買うと”さすがおフランス産!”と思わずにはいられないプライシング。なのに本場で買ったらお得感満載のアイテム」。ちょっと長めですが記事はすっきりズバリと切り込みたいと思います。

  • フランス在住者が教える!南仏ニースでのビーチの特徴とビー...

    ニース空港へ着いたら、大抵の方はタクシーやバスでニース市内へと向かわれるかと思います。その時に目に飛び込んでくるニースの海の青さには、誰もがきっと感動してしまうはずです。そんなニースのビーチを100%楽しむ、とっておきの情報をお伝えします。

  • フランス料理で絶対おさえておきたい定番料理10選!

    みなさんは本場のフランス料理と言ってもピンと来るものありますか? 見たことはあるけど、名前がわからないと言う食べ物もあると思います。なので、今回はフランスに来たら是非試してほしい定番料理を紹介します♪

  • パリジェンヌも憧れる!フランス高級シューズブランド5選

    パリと言えば世界のファッショントレンドを作り出す街として有名です。エッフェル塔や建造物はもちろん、道行く人々のファッション等、街全体がオシャレで、品のある雰囲気に包まれています。CHANELやHERMES、Dior等の高級ブランドの本店が軒を連ねていて、女子なら誰でも一度はパリに行ってお買い物をしてみたいと思うのではないでしょうか。今回はそんな女子のあこがれパリ発祥のシューズブランド5選をご紹介します。

  • フランス・コルマールの観光名所まとめ!美女と野獣の舞台と...

    戦火を逃れ今も昔のままの姿を残すフランス東部の町コルマール。アルザス地方特有のコロンバージュ様式の建物は、まるでおとぎの国へ来たのかと錯覚するほどの美しい町並み。美女と野獣の舞台に選ばれたのも納得。そんなディズニーの目に留まることとなったコルマールを紹介します。

このエリアの新着記事
  • ここだけは外せない!フランス・リヨンでまずは押さえておき...

    フランス南東部にあるリヨンはフランス第二の都市。中世の街並みが残る石畳の旧市街や郷土色豊かなブション(リヨンの郷土料理を楽しめるビストロ)も魅力です。美食の街とも呼ばれ、華やかパリとはまた違った魅力を持つ街です。そんなリヨンでまずは押さえておきたい観光スポットをご紹介します!

  • レストラン&カフェdeフランス語!注文時に役立つ無敵のフレ...

    フランスって英語が通じないんでしょう?とはよく聞く噂。本当かどうかを確かめる前にアナタもフランス語にチャレンジしてみませんか?相手も一生懸命に母国語を話そうとする旅行者に、優しく耳を傾けてくれはずですよ。今回は旅行中、もっともフランス語を話すチャンスとも言えるレストラン・カフェで使える数フレーズを、無敵フレーズと共にご紹介します。

  • フランスのお洒落なおすすめホテル15選!

    ヨーロッパ旅行でも人気なフランス!観光客の数は世界一だそう。美術館、世界遺産、大聖堂もそれぞれ有名な観光名所が多数あります。フランス料理やワインも最高ですね。そんな魅力溢れるフランスの数多くあるホテルの中でちょっと贅沢な高級ホテルを紹介します。

  • フランス・リヨンの人気観光スポットおすすめ7選!歴史地区で...

    フランス第二の都市であり世界遺産に登録された街リヨン。名前は聞いたことがあっても実は何があるかよく知らないという方も多いのでは?かつて絹産業で栄えたリヨンは美しい街並みや心地よい気候のおかげでフランスらしさを満喫できる場所。美食の街でもあり美味しいフランス料理に出会えます。では、さっそくリヨンの見どころをご紹介します。

  • フランス・ニースでおすすめの本場ニース料理レストラン3選!...

    150年前までイタリアの領土だったというフランス・ニース。地理的にもイタリアにほど近く、食文化もイタリアの影響を大きく受けているんだとか。そんな街中で美味しい「ニース料理」が食べられるレストラン3選を紹介します!

  • フランス・コルマールの観光名所まとめ!美女と野獣の舞台と...

    戦火を逃れ今も昔のままの姿を残すフランス東部の町コルマール。アルザス地方特有のコロンバージュ様式の建物は、まるでおとぎの国へ来たのかと錯覚するほどの美しい町並み。美女と野獣の舞台に選ばれたのも納得。そんなディズニーの目に留まることとなったコルマールを紹介します。

  • フランス在住者が教える!南仏ニースでのビーチの特徴とビー...

    ニース空港へ着いたら、大抵の方はタクシーやバスでニース市内へと向かわれるかと思います。その時に目に飛び込んでくるニースの海の青さには、誰もがきっと感動してしまうはずです。そんなニースのビーチを100%楽しむ、とっておきの情報をお伝えします。

  • フランスの人気お土産ランキングTOP15!外さない人気のフラン...

    フランスのお土産はグルメやファッションと選ぶのにも迷ってしまいます。フランスらしいお洒落なアイテムに、贈られたお友達やご家族も気持ちもワクワクすることでしょう。大切なお友達や自分用にも買いたい、お洒落で持ち運びしやすいフランスのお土産をまとめました!

  • インド洋に浮かぶリゾート地!フランス領のレユニオン島の魅力

    インド洋に浮かぶフランスの海外県・レユニオン島は、サトウキビ・バニラ・コーヒーなどの生産と観光業で栄える小さな島です。フランス人や旅慣れた人だけが訪れていた穴場のリゾート地は、2010年に世界遺産に登録された島の尖峰群の他にも魅力がいっぱい!今回はそんなレユニオン島の見どころをご紹介します!

  • モンサンミッシェルに行ったら絶対買い!日本入手困難品も!...

    モンサンミッシェルで購入可能な誰もが喜ぶお土産を15商品ご紹介します。日本未入荷のフランス生まれのブランド品物やモンサンミッシェル発祥スイーツなど、自分用のお土産から相手に喜ばれるお土産探しまで、この記事を読めばモンサンミッシェルのお土産選びが楽になります。

このエリアの人気記事
新着記事